10 << 2017/11 >> 12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-09-10 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

午前10時を回った頃に弟から内線電話がかかりました。
「おっかさんまだ起きてこないけど・・・」

えっ?寝坊にしては遅すぎる時間です。嫌な予感がします。

居室が離れている私たちにとって朝起きてこないということはかなりな不安要素です。
「見てくる。」と言って母の部屋に向かいます。まさか具合が悪くて倒れてる?ひょっとして死んでる?

限りなく後ろ向きなことを考えながら階段を上ります。暗く静かな気配に気分はすっかり重くなっていきましたが母の部屋からテレビの音が聞こえました。

あっ、なんか生きてるっぽい。

それでも暗い部屋にビビりながらノックして戸を開けると、いつもとまるで違ったむさい姿の母がもぞもぞと動きました。生きてる~。良かったよ。

どうやら体調が悪く寝込んでいたようです。そのまま休んでもらうことにして本社ビルに向かい弟である社長に
「体調悪くて寝てるみたいよ。」と言いながら心の中では『生きてたよ。』と告げたのです。

弟の方も多分まかない婦の心の声を拾っています。母も80歳を超え、いつなにがあってもおかしくもないお年頃なので弟も心配するのでしょう。こんな休日の午前中は母と顔を合わせることはほとんどないのが常です。

まかない婦は3階厨房に母は1階事務所でそれぞれ仕事をしています。顔を合わせるのは昼食の時間からかな?

そんなわけで今回もギリセーフ。母が生きていました。めでたしめでたし。
スポンサーサイト
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する