FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-10-15 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の法事を何とかクリアしてようやく金沢に帰ってきました。想像以上に大変だったまかない婦の苦労話を聞いてください

千葉の法事に行くことになっていたまかない婦の弟が、突然ぎっくり腰になり叔父伯母の引率者として急遽まかない婦が出動することになったのは先にお話したとおりです。

その際弟が言いました。 「お前ワシに成りすまして飛行機に乗ってくれ。」 なりすませと言われてもいくらなんでも性別が違えばバレバレでしょう?乗り込むとき、もしくは乗った後にしてもばれれば大変な騒ぎになるのは目に見えています。

トラブル回避のためチェックインカウンターで事情を話せば済むことだろうとまかない婦も高をくくっていました。

しかぁし、世間はそんなにゃぁ甘くは無かった

帰ってきた答えは「ご本人以外の方が乗ることは出来ません。」同情しながらもきっぱりとした答え・・・まかない婦の鼻先で重いシャッターがガラガラドシャーンと閉まった音が聞こえたような気がしましたまかない婦は乗れないのか・・・

動揺する心を奮い立たせ、それならばと弟の席をキャンセルして新たにチケットを買うことにしました。

・・・ここで第二のシャッターが下ります

行きは何とか席が取れたのですが、帰りは満席だというのです。「何で?弟の席があるはずでしょう?」

返ってくる答えは「申し訳ありません。」の一辺倒・・・それでも誰かがこの年配の叔父や伯母たちを千葉の八千代緑ヶ丘まで連れて行かねばなりません。帰りはキャンセル待ちでも良いからとにかく行くことにしました。

小松ー成田便の飛行機は驚くほど小型です。49日の法要のときも同じ便に乗り、危うくタラップから転がり落ちそうになったまかない婦は高齢の伯母が心配でした。

何しろ飛行機こんなです。30人乗りのミニミニ飛行機君です。

IMG_0098_convert_20121015112503.jpg

幸いCAが荷物を持って下さったので、伯母は無事に地面を踏むことが出来ましたが成田便が初めてだった2人の伯母はさすがに怖かったと後でこぼしておりました。

何とか八千代緑ヶ丘に着くと千葉と名古屋の叔父はすでに先乗りして食事会という名の飲みに突入していました

チェックインを済ませ食事会に案内された私たちは一様に驚きました。食事会の会場はなんと前回大量の犠牲者を出した飲み放題のお店です。

IMG_0099_convert_20121015112601.jpg
「何じゃ、また同じ店かいや?」加賀友禅作家の叔父が遠慮会釈無く不満を漏らします。

幸い主催者の千葉の叔父は小さいことなど気にしない人なので薄っすら笑いながら「飲み放題にはしてないから。」と小さく言いました。でも、言ってるそばから「ただし、3杯以上飲むと自動的に飲み放題になるシステムなんだ。」と言い放ちます

もしもし叔父さん、それでは今回も飲み放題確定ではありませんか?この10人の顔ぶれの中に3杯以下で済む人1人しかいませんよね?

今回参加した伯母のうち1人だけがお酒を飲みません。当家の親戚の中では珍しい存在です。それ以外では30杯ほど飲みそうな人ばかり・・・叔父さん、危険です・・・

しかし、あまりにひどかった前回の飲み放題の惨劇がまかない婦一族の狂った血さえも凍らせていました。お陰で奇跡的に泥酔者なしで飲み放題の店から全員生還しました

とりあえずは第二関門クリアということでホッ! この続きはまた次の機会にします。ホナ
スポンサーサイト



* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する