08 << 2017/09 >> 10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2017-08-20 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

ここ三年ほど外国人のお客さんが日本のウイスキー特にサントリーの山崎&響を求めてさまよっています。響はもともと仕入れていませんでした。

こんなことになるまでのなが~い時期ウイスキーに不遇の時代が続いていました。いつしかうちの酒屋でも在庫していたウイスキーを叩き売りウイスキーの無い数年が過ぎたのですがもともとワイルドターキーをわが友と認定しているまかない婦です。さらにちょっと高いけどサントリーの山崎を仕入れることにしていました。理由は親しい友人に山崎と言う名を持つ人がいたからただそれだけです。

それだけの理由でしたが山崎を仕入れ、さらに『山と渓谷』の記事から白州も置くようになりました。特に白秋の10年物の若々しさが好きで細々と仕入れていました。

そのあと仲良くなったお客様から『余市の方が旨い』と言われ余市も仕入れるようになりました。定番の12年物と10年物を2本ずつ、無くなったらまた仕入れるという密やかな営業です。

他には今野敏さんの作品に出てくるブッシュミルズやジョニ黒、アエラのウイスキーなんかですかね。アエラのウイスキーは個人的には好きではないのですがこれほど名高いウイスキーは置いておかねばならんかと店に並べました。でも所詮2本ずつです。

でもある年にサントリーの山埼と響が国際的なすごい賞を取ったときから小さな酒屋のウイスキー事情ががらりと変わってしまいました。

たった2本の仕入れは瞬く間に売り切れ、手違いで入荷してきた山崎の18年物や余市の12年物もあっという間に売り切れジャパニーズウイスキーの人気は高まる一方です。

あれっ?おかしいな、誰もこんな高い酒買わなかったはずだけど・・・

買いあさる外国人のお客様にある種ビビってしまいます。特に中国系のお客様の購買意欲パネェです。

あっという間に入荷が途絶えるようになりました。でも50mlのミニボトルだけは順調に入荷してきます。以前は困惑気味だった一箱の入数48本が頼もしく思えるようにすらなっていたのです。

でもそんな日も長く続かず、とうとうミニチュアボトルも売り切ってしまった今日の日がやってきました。

そしてとうとうエイジングされたウイスキーがなくなってしまいました。これからはバッタもんばかりですか・・・でもブッシュミルズはエイジングされたものです。

白州の12年のフルボトルと響の17年のミニチュアボトルが売り切れたまさにその瞬間に外国人のグループが来店しやジャパニーズウイスキーを求めてきました。

「ファミリーマートに行ってみて」義妹から得た情報ではファミリーマートには山崎のミニボトルが普通に売られているようです。

でも、うちの店的にはさよならまともなジャパニーズウイスキー。シェーンカンバーック!!いつか白州の10年物に会える日までさよなら、さよなら・・・

スポンサーサイト
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by いぬこ
久しぶりに拝読したら、心配していた話題でした。
私の友は、ニッカのカフェグレーンなので、まだ安心していますが、
買いだめしたほうが良いでしょうか?


Re: タイトルなし * by まかない婦
いぬこさん、たぶん山崎と響、竹鶴、余市以外は大丈夫だと思います。

感じとしては高いものが無くなってるって風ですね。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する