FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-05-12 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっきまたしても当社で火災報知器が耳障りな音をたてました。 ピーピーピーピー

最初電話のフックが外れているのか、冷蔵庫が微妙に開けっ放しになっているのかと思ったのですが、まかない婦のテリトリーである3階ではないようです。

階段のほうに近づくと音が大きくなりました。えっ?4階?それとも5階?

とりあえず自宅部分である5階へ行ってみましたが音が弱まったのでここではないようです。4階にも行って確かめたけどここでもない。

音をたどって階段を下りれば2階の水場で社員が戸惑っていました。まったく使用していないガス台と湯沸かし器がありますが火の気はありません。

見てみると3階でしょっちゅう煮物の臭いに反応している火災報知器が鳴り続けていました。

ぶっ壊す!!と不穏な言葉が思わず口から漏れ出してきます。

こいつの止め方なら分かっています。軽くひねればすぐにはずれ音も止むタイプです。丁度通りかかった背の高い社員に外してもらいました。

でもなんとなく気になります。なんで鳴ったんだろう?火の気のないこの場でそればかりが不思議でザワリと心が揺れます。あとは集まっていた社員たちに任せて場を離れましたがなぜ鳴ったのだろう?

さほど多くもない物しか持っていかない泥棒と違って火事はすべてを奪いつくします。そのことに少し寒さを覚えました。

つい最近弟の自宅近くで3軒の家が焼ける火事があったばかりです。

ただの誤作動であればいいのだけれど・・・

ちなみに先日まかない婦がぶっ壊したのは火災報知器ではなく非常ベルです。報知器より数段うるさい気違いじみたベルの音は酒に酔った女を破壊王に代える魔力を持っています。

うるさ過ぎんだよなーほんとに・・・まあ、それが正しいことではあるのですけどね。
スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する