FC2ブログ
個別記事の管理2017-02-18 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日の夜から会社の研修旅行に出かけます。ほんの一部の社員だけですが、出かける方も出かけられる方もなんとなく浮足立っています。

さて、お出かけ組の古参の従業員が今朝の朝食の時に妄想を膨らませていました。もしも事故にあったときにエアバック代わりになるまかない婦か社長のそばが良いと言っています。同じ妄想するならも少し楽しいこと考えたらどうなん?

それにもう充分生きただろおっさん?そろそろ行くべき場所におとなしく行ったらどうかな?あんたより幾分若い私たちをエアバック代わりにする必要無くないか?

それにそんなすでに幽鬼のごとくやせ細ったおやじにそばにいられたら、それこそ事故の時あんたの骨が刺さりそうで嫌なんですけど・・・

そうそう、左の膝の調子が悪くてちょっと気にしているという話をしましたが、出先で同行する人たちに迷惑かけたくないですよね。遠い昔にひどく迷惑をかけられたことがあるので自分が加害者になるのだけはご免こうむりたいものです。

一番最初に働いてた職場でかなり年上の女の人に気に入られ断り切れずに2人で旅行することになったことがあります。その時その人は化粧品の入ったメイクボックスのようなものを持ってきていて、旅の間中まかない婦がその化粧ケースを持ち運ぶことになりました。

なぜならその女の人が腱鞘炎だったからです。

ねえ、普通だったらあんなもの持ってこないよね?腱鞘炎でなくても持ってこないよね?あんたはメイクさんかっちゅう話です。

いくらかなり年上とはいえあんまりな扱いでした。下女?

その人、会社からの慰安旅行の時も風邪をこじらせダウンしてしまい、まかない婦を指名して居残らせて面倒を見させようとしたのです。内心その人のことをさほど好きではなかったし、旅行を楽しみにしていたのでがっかりして泣きそうでしたが、優しい先輩がその役目を引き受けてくれました。本当にうれしかったです。

こう考えると友人関係にも片思いのようなことってあるみたいですよね。まあ、誰に対しても熱く執着することのない自分的には誰に気に入られても同じだったのかもしれません。

でも本当にいろいろ迷惑な人でした。年上なだけで先輩でもなかったしね。

更衣室で着替えているときに突然まかない婦のロッカーに手を入れてきて、まかない婦が丁度開いていた折り畳みのナイフで手をけがして嫌な思いをしたことも有りました。

まあなぜロッカーの中で自分がナイフをもてあそんでいたのかもおかしな話なのですが、そこに突然手を突っ込んでくる人ほどおかしくはないと自負しています。

その人はロッカーにかけられたまかない婦の私服を取り出してみてみたかったのだろうと思います。本当にとことんそりが合わないとこちらでは思っているのにやたら気に入られているような風情でした。なぜだろう?

こんなこと書いているとまかない婦って昔っから嫌な奴だったなあって再確認しましたよ。今の方が幾分かましかな?あんまり変わらないか?

人って年を取ったからってそんなにゃ変わらんもんですね。

というわけで明日から数日ブログもお休みになります。22日には復活できるかなと思っておりますのでよろしくね。
スポンサーサイト



* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する