FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-02-16 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

もうしばらくすると会社から研修旅行に出かけます。実費負担すれば家族もつれていけるので姪も一緒に行くことになっていますが風邪を引いたらしく熱がかなりありました。今は熱も下がったそうで一安心です。

熱と言えば妹が子供だった頃に腎盂炎になり高熱を発して寝込んでいたことがありました。今現在なら入院なのでしょうがはるか昔の原始時代だったので縁側に素っ転がされで苦しんでいました。

まかない婦は覚えていないのですが妹によると同じく悪ガキだった弟(今現在当社の社長です)が妹の枕元で「ナンマンダー、ナンマンダー」と言いながらちびくろサンボのように回っていたそうです。

昨日そのことを弟に指摘すると
「そんなん覚えとらんわ。何十年前の話を持ち出してくるのか」と不満げでしたが、やった方は忘れてもやられた方はめったに忘れんもんです。

この話も妹から聞いた話なので間違いなさそうです。意外と執念深いもんですよね。

まかない婦は小学校に入学したとき上級生に
「一年生など赤ちゃんのようなものだ。」と言われ、大変腹立たしい思いをしました。

ですが自分が上級生になり新一年生を迎えることになったとき担任の先生が例の言葉を吐きました。
「一年生など赤ちゃんのようなものだ。」と・・・お前か?

お前がそんな心無いことを言ったためにうのみにした生徒が幼かったまかない婦に赤ちゃんなどと暴言を吐いたのだ。

多分その時まかない婦は先生に一年生は赤ちゃんではないと食って掛かったはずです。遠い昔のどうでもいい話ですがやられた方は忘れんものです。

こんなに何十年も経ってもあの時の悔しさを覚えているまかない婦の方が妹より幾分執念深いのかもしれません。

もっと昔のもっともっとえぐい記憶も残っているまかない婦は筋金入りの執念深い人間であります。悪しからず。
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する