07 << 2017/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-01-25 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日テレビで放送されていた大麻関連の話からまかない婦の過去の旅行の中で一番嫌だったことの話になりました。義妹が
「あれでしょ?荷物を切られたこと。」とまかない婦に問いかける。

えーっと、そんなことあったかな?いろんな目にはあったけど荷物切られたことはないような?

しかし、よくよく聞いてみれは゛以前に香港の税関で何らかの怪しい薬物を持っているのではないかと疑われお土産に買ったすべてのものをカッターで切り裂かれたときのことを言っているのだということが分かった。

えー、あんなの大したことない。どっちみちおかしなものに手を出したこともないチョー真面目人間だから誤解にすぎないし、もちろんどこを調べても不法なものの出る隙間もない。

そしてもちろん腹は立ったけど頭にきて周りを囲んでいた職員に日本語で怒鳴りつけ、ようやく間違いだと気づいた捜査官の人たちがまかない婦のお土産にバンドエイドを貼ったのを見て不覚にも笑ってしまったことで、この出来事のマイナスイメージから『良い土産話ができた』に認識が変わった後では嫌な思い出ではなく、おかしかった出来事に上書きされている。

嫌だったことと言われ一番に思い出されたのはインドのレーという街の銀行で黄色人種だからと200人抜きぐらいで順番抜かしをされ悔し涙にくれたことだろうか?

あの時は本当に腹が立った。他にも外国人旅行者は20人以上いたけどすべて西洋人で毛色が違うのはまかない婦とその連れの日本人女子、そして地元のチベット人ぽい女のひとだけだった。この3人が200人ほどの外国人や地元の兵隊さん(丁度彼らの給料日だったらしい)達の後回しにされて本当に腹が立った。

どれだけ訴えてもちっとも両替はされないし、腹を立てて帰ろうにもパスポートを預けちゃっている時点で勝ち目はない。人種差別というものを初めてしかも強烈に叩きつけられた出来事だった。ちなみにそれをやった人はインド人の女性行員だった。

今思い出しても腹立たしいが、チペタンの女性は抗議もせずに黙っておとなしく待っていた。多分こんなことは珍しくもなかったのだろう。

あんなに腹が立ったことは人生の中でも最大なのではなかろうか?でもそんなことに慣れてしまっている人たちがいる。あれほど腹立たしいことが日常茶飯事とあればそれは本当にひどすぎる話だ。

色んな国を旅行していろいろなことがあったけど世界には本当に理不尽な目にあっている人がたくさんいる。そのことついつい忘れてしまいがちな今のまかない婦だけど、忘れちゃいけないなと改めて思った次第です。
スポンサーサイト
* Category : 昔話
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by いぬこ
まかない婦さんお久しぶりです。
久しぶりに、ブログを見たら、印度のお話に、昔を思いだすいぬこです。
まかない婦さんとインド。ネパールの話をしたら、三日三晩くらいできそうです。
シリアの難民を想う日々です。

Re: タイトルなし * by まかない婦
いぬこさんお久しぶりです。

たまたまですがレーでの嫌な思い出を書いたやつですね。実は中国でもかなり嫌な目にあっています。

日本では平和な時が流れますが、海外ではそうはいきませんよね。

今にして思えば懐かしいです。e-348

コメント:







管理者にだけ表示を許可する