FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-11-26 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

新幹線開通以来本当に来県されるお客様が増えました。金沢観光では21世紀美術館や東山の茶屋街などが人気のようで、近江町市場にいらっしゃるお客様も増えました。

ですが市場のお客様は買い物よりも食事の方がお目当てのようです。

そんな中金沢人として意外なのは、金沢カレーや金沢おでんの台頭です。

金沢カレーの一番の特徴はカレーの端っこに千切りキャベツが結構たくさん添えられているところだと思います。カレー自体の味に特に特徴があるとは思えません。

おでんの方はそういわれれば少し変わったものが入っているかもしれません。特筆すべきは『カニ面』と呼ばれる具材です。これはカニの甲羅にカニの内子、外子、むいた足の身などをぎっちりと詰め込みおでんだしの中で炊かれたものです。

存在自体は昔から知ってはいましたが、おでんのくせにべらぼうに高いという認識があったので今まで食べたことがありませんでした。昨日初めて自分で作って(最近では普通に魚屋さんでカニ面が売られるようになってきました)食べてみましたが、まかない婦はやっぱり酢醤油でいただく茹でカニの方が良いなと思いました。

まずいわけではないけどわざわざ甲羅に詰めて煮る意味が分かりません。

それと梅貝という巻貝もおでん種になっていることがあります。車麩というのもあるのですが、これは汁を吸って巨大に膨れ上がります。でもこれは旨いわ。他には赤巻きという蒲鉾を入れる店もあるようです。

それで今日おでん屋さんの看板を見ていたらカニ面のほかに海老面というのもありました。なんでものどぐろ面というものもあるのだそうです。海老にしろのどぐろにしろ面とは縁もゆかりもないはずなのにどうなってんの?やっぱカニの甲羅に詰めてあるってことかな?

金沢おでん、謎の進化を遂げているみたいです。

そうそう、肝心のおでんスーパースター大根は加賀野菜の源助大根でお願いしますね。
スポンサーサイト



* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する