FC2ブログ
11 << 2020/12 >> 01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-11-22 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日バックヤードから降ろしてきた一升瓶にかぶせてあった白い和紙風の袋がすれてやぶれていました。こんなボロひんむいてしまっていいなと思ったのですが、我が妹はそれを許してくれません。新しい袋をかぶせてきれいに整えろとまかない婦に命じます。

仕方がないので袋の入っているはずの引き出しを開け探り出した袋を見て妹が呆れます。どうやらこちらは四合用だったようです。
「そんなん入るわけないやろ。見て分からんがか?」えーっと、分らんかったけど何か?

若干切れ気味に非難され、さらに引き出しを探ります。それにしてもこの引き出しいろんなものがグッチャグチャに突っ込まれていてどこに何があるのかわかりずらいです。まあ、グッチャグチャに物を突っ込んだのは何を隠そうこのまかない婦です。

いつまでたっても袋が見つからず、少々じれたまかない婦は引き出しの中身を地面に放り出しながら探索を続けていました。すると妹の怒声が響きます。

「あんたがいっつもグッチャグチャにするからそんなことになるんや、えーなどけ!どかんかいやデブ!出っ歯!」とうとう実力行使で自分で探すことにしたようです。体当たりによろめきながらあまりの暴言に笑いの発作がひき起り、腹の皮がよじれます。

そんな阿鼻叫喚のただなかにいつも来てくださるお客様が来店され、狂ったように笑い続ける2人のおばさんを見てひきつっていました。

まかない婦はお客様に訴えます。
「この人私のこと出っ歯だとかデブだとかダラババアなんて言ってこき下ろすんですよ。ひどいと思いませんか?」

自分のしでかしちゃってる不始末の方は伏せて、妹の悪口の方だけあげつらうというやや卑怯な訴えにお客様も操られ
「ひどいと思います。」とまかない婦に同意しちゃっています。

口の悪い妹はそれでもひどいことを言っているという自覚はあるらしく、反論せずに笑っていました。見た目一見おとなしそうに見える我が妹は口の悪さではたぶん会社の中でも一番だと思います。ある意味その種の天才です。

妹の悪口三昧を録音して酒屋のBGMとして流したいくらいです。すーごいんだからぁ。(奥様は魔女のグラディスさん風に発音してください。あっ、誰も知らねーか?残念!)(。´・(ェ)・)
スポンサーサイト



* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する