FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-10-27 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっき取引先の銀行員の方がいらっしゃっていました。当社担当の方が最近代わったばかりなのですが、実は前任者さんが毎週来るたびに当社の従食を食べていたので、当たり前のようにそれが引き継がれるのではないかとちょっと困っていました。

いえ、一人くらいはどうっていうこともないのですが、最後の方は別の営業の方も引き連れて2人で食べていたのでさすがに困ったなと思ってたのです。

当社の従食は正社員以外の人は200円と決まっており、それは当社で働く人も外部の人も変わりありません。たぶんわかっていただけるとは思いますが200円では本当のところ材料代にもならないのです。

銀行の前任者の方はその前の方と交代したときにご飯を食べませんかとこちらから声をかけたのだと思いますが、こちらとしては顔つなぎの最初の一回のつもりでした。ところが翌週いらっしゃったときに当たり前のごとく『いただきます』状態だったので気弱な日本人としてはそれは困るとも言えず、ずるずるべったりに毎週食べることになってしまいました。

まあいいかとは思っていたのですが、それが2人ではちょっと困ります。ただでさえ人数が増えちょっと苦しいまかない婦です。とにかくいつものことですが余裕がありません。

今回の担当者さんに変わる前に前任者の方に毎回ご飯を食べるのはNGであるのでその申し送りは止めてくれるように母がくぎを刺してくれたので今は特別な献立の時、例えば松茸御飯とかカレーライス(外部の人にも人気のメニューです)のときだけ声をかけるという以前のスタンスに戻っています。┐(´д`)┌ヤレヤレ

食べたいと言ってくださるのはうれしいことではありますが、予算は会社のものであり基本当社で働く人の福利厚生の意味の食事なので、常に外部の人が食べているという状態は少々問題ありと思っています。

それはまかない婦以上に義妹も思っていたことらしく、ある日酒屋の品出しの途中で食堂に帰ってきたとき最近何度か一緒にご飯を食べに来ていた銀行員の方がまかない婦を待っていたのですが、様子がいつもと違っていました。

何だかびくびくしているのです。本来はそんなところのなさそうな人だと思っていたので不思議には思いました。

その人が帰った後まかない婦は義妹に聞いてみました。
「あんた威嚇したんか?」

やってねえと言っていましたが、何等かプレッシャーをかけたようです。多分・・・

でなきゃあのプルプル状態おかしいでしょ?

まあ200円で材料費出るならまだよいのですが世の中さほどには甘くないようです。というわけで義妹の威嚇により厨房の平安が戻りヤレヤレ気分のまかない婦です。たまになら良いんだけれどもねぇ・・・

分かりにくい話を長々書いてしまいましたが、要するに『義妹は偉い&ちょっと怖い』というお話でした。とっぴんぱらり
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する