FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2012-09-11 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今朝食事をしにきた義弟がまかない婦の内履きを見て言いました。「貧乏臭い!捨てまっし!」

IMG_2466_convert_20120911140805.jpg
まだまだいけると思っているのはまかない婦だけかもしれません。とりあえず全部ぶち切れたわけではないのですが・・・・

ダメかな?やっぱ・・・

貧乏つながりで思い出したけど、まかない婦が東京の栄養士専門学校で働いていた頃風呂なしのアパートに住んでいました。

お風呂は近所の銭湯に行っていたのですが、そこでよく一緒になる小母さんがいました。その人はいつも「背中を流してくれ。」とまかない婦に強要しました。

「代わりにあんたの背中も流してやる。」と言ってくれましたが、まかない婦は皮膚がかなり弱いのでゴシゴシこすったりしたらすぐにすりむけたようになってしまいます。

その小母さんの背中はまるでなめし皮のようにピカピカと黒光りしていました(色黒の方でした)。沢山の奴隷たちによって磨きつくされたピカピカ背中です

気をつけて見ているとその小母さんの背中を洗わされているのはまかない婦ばかりではなく、若い女の子が多かったですね。しかも、理不尽なことを言われても逆らえないようなおとなしそうな人ばかりです。

彼女たち一様に硬い表情でゴシゴシと小母さんの背中を洗っていました

まかない婦はそのお嬢さんたちより幾分年上でしたが、どうして弱い人間だとばれたのか一向に分かりません。ひょっとして顔に「ヘタレです」とでも書いてあったのかなぁ?

その人のずうずうしさが嫌で、銭湯に行く時間をずらしたりもしたけど、面と向かうと断れないですよねぇ

それどころか銭湯が休みの日に呼び出されて別の銭湯に連れて行かれ、背中を洗わされていましたオレハドレイカ?

結局この世の中強いものが勝つように出来ているのですよね?所詮まかない婦はサバンナではとても生きていかれそうもない筋金入りのヘタレです

あれから時は経ちましたが、一向に強い小母さんになれていない情けないまかない婦であります

スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
そうですね、この世の中は図々しい人間、鈍感なくらい神経の太い人間が勝つようにできているんでしょうね。
まかない婦さんのブログを読んでいますと、結構強そうに思えるんですが、神経は繊細なほうですか。
内弁慶かな?
でも、馬力はありそうですね。
働き者ですね。

私は全然ダメです。
昔から言います。
「色男、金と力は無かりけり」(笑)

Re: タイトルなし * by まかない婦
体力、持久力はかなりあると思いますが、精神的には弱いと思います。

いろいろな人につけこまれて嫌な思いも数多く・・・です。

しかも美人でもないのに「美人姉妹」などと言われてくさっています。

コメント:







管理者にだけ表示を許可する