FC2ブログ
11 << 2020/12 >> 01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-06-07 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

ここ数日、何だか頭がフラフラします。たぶんまた耳の中で耳石が動いているのでしょう。そんな砂粒のようなもののためにでっかいおばさんがふらつくなんてなんとなく理不尽です。

そしてここ数日なんとなく尿量が少ない気がしています。ひょっとしたら軽い膀胱炎なのかもしれません。

しばらく続いていた頭痛はほとんど感じなくなりました。血圧を測ってみたら久しぶりの正常値です。

なんかいろいろ気にしているのは明日が健康診断の日だからです。確実に異常値マークがつく項目は薄々わかっていますが、50歳を超してからじりじりと生活習慣病サイドに寄り添いつつある我がデーターに脅威を感じる今日この頃です。

明日は胃カメラの検査もあるので今晩9時から飲食禁止になっています。のどが渇いて舌がぱさぱさになっても水を飲んだらいけないのでしょうか?非人道的です。拷問か?

年の割には健康な方だとは思います。入院したこともないし、ケガだって掌にガラス管をぶっ刺したくらいで大したことはありません。ぶっ刺したのは高校生の時で化学の実験中でした。2針か3針縫ったと思います。

ほかの人たちは2人一組でやっていたのになぜだかまかない婦だけ1人で実験をすることになっていたので、そのあとから結構大変でしたね。でもそれ以上に大変だったのは通学です。

通学のバスの中では鞄を口にくわえていたので持ち手がよだれまみれになったうえ、かみ跡もついていました。よだれが渇いた後異臭を放っていなかったか、こんな何十年もたった今になって少し心配です。

片手で吊革につかまっていないと太いくせに不安定な下半身がバスの揺れに対応できないので鞄はくわえざるを得なかったのです。今にして思えば口にくわえるよりは背中に括り付けた方がへんちくりん度は下がっていたかもしれません。

まあどちらにしろ普通ではないですか・・・

どうせそのころから奇人変人で通っていたので普通ではないことにさほどの痛さも感じていませんでした。今思えばふざけていたのですね。誰にも理解されないダークなおふざけです。

ふざけすぎた我が人生もそろそろ終盤です。どこまで行けるかな?

この身に起こるまがまがしきことをすべて受け止めて嗤えれば何とかなるかも・・・ロー・アンド・ロー、ロー・アンド・ロー、振り返るなロー

そうそう、今思い出しましたがガラス管ぶっ刺したときすぐに血が出たわけではなかったのです。しばらく傷口のあたりが真っ白になって、そのあとどくどくと血があふれ出しました。

学校の廊下を血みどろにしたのがちょっと不本意だったのを覚えています。人間の体も記憶も面白いものですよね。
スポンサーサイト



* Category : 健康
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さんの過激な人生遍歴の中、12時間の絶飲食はさほど大したことなさそうと思ってしまいますが
(失礼)胃カメラ前に水も飲んではいけない所ってあるのですね。
それって水以外の水分は飲まないで!って事ではないのですか?
なにはともあれ
健診お疲れ様でした……?

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、ついさっき健診から帰ってきました。

のどが渇いて困ったよという私に、義妹が「ダラんねえけ。水くらい飲めよ。」と言っております。

だって健診の案内に書いてあったぞ・・・

コメント:







管理者にだけ表示を許可する