FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-05-25 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日は月に一度のまかない婦のお休みの日です。昼過ぎから母と買い物に行く約束をしましたが、それまでは寝ていようと歌っていようと自由な自分の時間です。

いちばん好きなことをして時間を過ごそうと昨日は明け方5時まで小説を読んでいたのでそこから朝寝に入りました。

すると午前中の9時過ぎあたりに何やら大きな音がして人が入ってきた気配で目が覚めました。なんだか失礼しましたなどと聞こえたような気がします。

まかない婦が眠っていたのは自分の部屋ではなく本社ビル5階の自宅部分で以前は父の居室だったところです。

自分の部屋に寝ていると朝3時ごろからの騒音が凄まじいうえ、出入り口に荷物を積み上げ出入りすることもできない状態に毎朝腹を立てなければならないという理不尽に耐え切れず父の居室に避難生活を続けるここ何年かの毎日です。

この部屋の入り口のドアには鍵をかけていたはず、そこを突破してはいってくるのはマスターキーを持っている人か何らかのメンテナンスの会社でしょう。

思い当たるのはエアコンのお掃除です。

知ったことか!どうせこの部屋ではメンテナンスが必要なほどエアコンなんかは使っていません。ふてぶてしく寝続けさらに本を読みグタグタと時を過ごしました。

母と約束した午後3時にエレベーターで降りてくると、エアコン掃除の人たちがまだ働いていました。まかない婦の中ではふてぶてしいおっさんの様相を呈していたはずのその人たちはまだ若いお兄さんたちでした。

す、すまん・・・でも月にたった1日の朝寝をだれにも邪魔されたくはなかったです。自分の部屋ではないので文句も言えませんが、こんなことがあるのを理解しているので100%くつろぐこともできない哀れなまかない婦です。

いずれ会社が移転すれば晴れて自分の部屋で眠れるはずです。避難場所がいくら素晴らしい部屋でも自分の部屋ほどに良い部屋はありません。

いつか心にかかる雲もなく、ゆっくりと眠れる日が来れば嬉しいのにと思う今日のまかない婦でした。
スポンサーサイト



* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する