FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-05-18 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日取引先の営業の方が配置換えになるからと新しく当店の担当になる人を連れて挨拶に来てくれました。

まかない婦はその場にいなかったのですが、そのあと近江町市場でたまたまお会いしました。

ここ何年もお世話になった浜ちゃんは当店にとても良くしてくれました。一般に回りにくい品を入れてくれたり、無理な注文にも対応してくれてまかない婦の知る限り代々の営業の方の中でも断トツ一位の貢献度です。

以前の営業の方には
ま「あ~あ、前の営業の人の方が良かった。」と面と向かって言い放ちズンドコまで落とし込んだり
ま「ねえねえ、いつもメモしていくその手帳、ひょっとして消える手帳?この前お願いしたこと書いてたよね?」などと真顔で聞き、かなりフレンドリーな営業の方をドン引きさせたりしていたのですが浜ちゃんに限ってはそんなことほとんどなかったです。

あっ、これ悪気とか嫌味ではなく心から素直に滑り出て行った言葉です。ほんと傷つける思惑は0%だったのですが・・・

新しい係りの方が浜ちゃんほど使える人なのかどうか今少し心配しています。

当社でも諸事情により配置換えがありました。あっちこちに飛ばされる社員は迷惑なのでしょうが、どこにも使えない男というわけではなかったということで納めていただくしかなさそうです。

そう言えば酒屋の取引先会社の店長さんたちの移動が激しすぎて、今どこのお店にいらっしゃるのか追い切れなくなってしまいそうです。

この会社の場合は業務拡張が著しいのである意味おめでたいことなのですが、日々衰えるこの頭ではすべてを把握するのがどんどん難しくなり、今では酒屋の仕事はほぼ妹に頼りっきりでただのパシリに成り下がっているまかない婦です。

考えることを止め、ただパシっているのは存外気楽なご身分です。

ああ、今日のお昼に以前当社で長年働いてくれていた人に呼び止められました。手土産に焼き立てのぱんをもってきてくれたそうですが、母は同窓会で県外へ、弟はゴルフで出社しておらず、義妹は外出中、そんなわけで焼きたてのパンは妹のところに持って行ってくれました。

妹が生まれる前から当社で働いてくれていたこの人はことのほか妹を可愛がっていました。最も今では可愛らしさのかけらもないわが妹ですが、過去の幻影の中に生きている小さな女の子をいまだに可愛く思ってくれているようです。

人間って不思議ですよね。

まかない婦もさっきちょっとだけかじってみましたが、身の危険を感じてしまうほど美味しいパンでした。3切れだけわけまえとして頂きましたが速攻食べそうで怖かったのですぐに冷凍しました。

デブにはメガトン級に危険な食べ物のようです。
スポンサーサイト



* Category : お取引先
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する