FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-04-06 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

当社自社ビルは平成元年に建てられました。いま28歳です。人間なら良いお年頃ですが、建物の28歳はかなりお年寄りです。

建物ばかりではなくいろいろなものが老朽化してきています。つい最近冷凍室を修理しましたし、冷蔵庫や製氷機、コピー機など次々に壊れます。

当厨房でも業務用の冷蔵庫が数年前に壊れ、家庭用冷蔵庫の大きいものに買い替えましたが使用頻度が高いのでどこまで持ちこたえられるのかわかりません。

そんな中ガス台に火がつかなくなってしまいました。全く使えないわけではなく着火ができないという状態です。

修理をしようとみてもらったのですが古いので代えの部品が無いらしいです。

火口は4つなのですがそのうちメインの台の火が付きません。

こうなれば4つ丸ごとの取り換えとなり費用もばかにはなりません。

今現在着火できないガス台にはろうそくで火をつけています。着火マンでも使えよって話ですが、最近あの手のお道具は火がつけにくいこと甚だしきものとなっております。

子供の火遊び防止のためだということですが、万年手首痛のオバサンの業務妨害作用もあるようです。

DSCF8127_convert_20160406133117.jpg
こんな具合に恐る恐るろうそくで火をつけています。

義妹はこうなりゃ4つとも使いつぶすまでろうそくを使えば良いと言っていますし、まかない婦も同じ意見です。

長年続けてきた誕生日会の使い古しのろうそくがここで初めて役に立っています。

ただ、どうしても蝋が垂れてしまうのでガス台の前はかなり悲惨です。ダスターで拭いてもとれんのですわ・・・

耐えられないほどひどくなったら物差しなどでこすり落として使っています。

まっ、長い年月が過ぎると人ばかりではなくいろいろなお道具も傷むってことですよね。しゃーねーか・・・
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する