FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-03-03 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今朝の朝食の時まかない婦はサラダに使う半熟卵をむいていました。するとその卵から社員の人たちとお弁当の話になったのです。

まかない婦が幼稚園の時、同級生のお弁当を間違えて食べてしまったことがあります。同じようなピンクのお弁当箱だったし、ストーブのそばで温めてあったので間違えたらしいです。

そしてまかない婦のお弁当を食べる羽目に陥った子はオイオイと泣いていました。

まかない婦のお弁当にはおかずというものが全くなくて、ただ海苔を貼り付けてあるのり弁です。そののり弁が同級生の心を引き裂いたようです。

まかない婦の方も困惑していました。だっておかずが付いていたから・・・『変なお弁当だ』と思ったのを覚えていますが、変だったのは多分まかない婦のお弁当の方だったのでしょう。

まかない婦のお弁当を作っていたのは婆ちゃんでした。のり弁に限らず婆ちゃんの弁当は凄いものが多かったです。

たとえば弁当を作る暇がなかったとバナナを1房渡されたことがありました。オイオイ、あたいは猿かよ?

チーズケーキの半ホールだったこともあるし、おかず入れにぎっしりハムが詰められていたこともあります。おかずはハムだけですがある意味豪華な弁当です。

コンビーフの缶を持たされることもたびたびでした。知らないかもしれませんが、コンビーフって缶から出すと結構な量があります。そんなものかと思っていたので、恥ずかしいとも思わず不満もありませんでした。

でも妹はかなり抵抗したようで、こんなお弁当を作ってほしいといろいろ注文を付けた挙句、キャラぶきでご飯に名前を書かれ恥ずかしくて蓋でかくして食べる羽目に陥ったようです。

婆ちゃんなりにいろいろ頑張ってくれたようなんですがね・・・

そういえば母の作ったお弁当というものを食べたことがありません。母は料理というものをほとんどしたことが無いようで、そのことをまた自慢げに公言しています。

どうなんかねこれって・・・

まあ、あんまり普通ではないまかない婦の家族は、喧嘩ばかりして緊張感漂う家庭生活を送り、それでも兄弟は割とまともに大人になり巣立っていきました。まともになりきれなかったまかない婦だけを残して・・・

妹曰く
「どこの家にも必ず1人はおかしなもんが居るもんや」だそうです。どんどはれ
スポンサーサイト



* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する