FC2ブログ
個別記事の管理2016-02-17 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日社長に頼まれてまたしてもマリエールオークパインさんでの日本料理の会に行ってきました。『抄春の膳』とうたわれたそのお料理はたぶん早い春を意味しているのだと思いますが、ドカ雪の降る中真冬真っ盛りの日となり春の気配さえ感じられません。テーマが少し先走った感じでした。

それでもここでのお食事はいつもおいしいし、フリードリンクもこちらが呼ぶ前にさっと聞きに来てくれるので数ある催し物の中でも良い感じなのです。

ですが風呂場で転倒し、さらに吹きすさぶ雪模様にすっかり行きたくないオーラを放ちまくっている母を連れて行くのは少しかわいそうでした。

でも着いてしまえばそれなりにお洒落して出てきた母はやはり根っからのお出かけ好きです。

いつも受付を済ますのが遅いのでとんでもなく後ろの席が多いのですが昨日は真ん中あたりの席でした。しかし、2人づつのゲストは隣の人たちと全く話をしようとせず、せっかく同席したのにこれではつまらんことです。

いつもならだれか社交的な女の人が居てテーブルが和やかな雑談の場になるのですが今日はおっさんと若造ばかりです。女の人が居ないテーブルはつまらんですね。

まかない婦も一応女ではありますが全く社交的ではないのでつまらんなりに誰ともしゃべらなくてもいい事態に心地よさも感じました。人間とは厄介なものです。

IMG_3923_convert_20160217124055.jpg
おっさんとオバサン、若造のテーブルに春の花が飾られていました。

IMG_3922_convert_20160217124022.jpg
前菜です。野菜の昆布締めと白エビとフィンガーライムのサラダがおいしかったです。ユキノシタまで食ってやりました。

IMG_3925_convert_20160217124115.jpg
おつくりはマグロとタイでした。鯛のお刺身を菜の花のピューレで食べてくださいと言われましたが、「醤油の方がうまいよ。」と向かいの席に座った人が言っています。まかない婦はピューレで食べてみましたがやはり醤油の方が良いように思いました。

IMG_3926_convert_20160217124136.jpg
そうこうするうちに催し物が始まりました。今回は南米パラグアイのアルバというハープに似た民族楽器とフルートの演奏です。なかなかに良かったですよ。

IMG_3929_convert_20160217124203.jpg
牛筋大根です。

IMG_3933_convert_20160217124233.jpg
天ぷらが出てきました。筍の天ぷらがコリッとしていて旨かったです。アナゴは味が付いたものを揚げたものでした。

IMG_3935_convert_20160217124253.jpg
このサラダの真ん中の赤いものはトマトのシャーベットです。これが本当においしかったです。

IMG_3937_convert_20160217124317.jpg
牛ロースとフォアグラに八朔を搾りかけていただきました。肉もフォアグラも美味しかったです。

IMG_3939_convert_20160217124338.jpg
筍ご飯と粕汁、野沢菜の漬物です。粕汁がすんごく旨かったのです。中に入っていた鮭も脂ノリノリの感じでした。

IMG_3940_convert_20160217124439.jpg
デザートには最近結構ポピュラーになってきた白いちごが使われていました。クレメ・ダンジュという軟らかいチーズがクレープに包まれています。やや食べにくい感がありました。

この後コーヒーで〆になりました。いつも通り結構なお食事でしたし、母は何やら抽選でいただいたらしく来た時とは別人のような恵比須顔でした。

ヤレヤレとホッとしたまかない婦、今回もやや体重を増やして帰還いたしました。

スポンサーサイト



* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する