FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-01-26 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今わたくし非常に気になっていることがあります。実は当社の近所に皮膚科の医院があったのですが、先生が70歳になったのを機にリタイヤされ、住居も別の場所にマンションを買われたようでほとんどお見かけしなくなりました。

とはいっても時々はいらっしゃって建物に風を入れておられるようです。

ところがこの医院跡の駐車スペースにどこぞの黒い車が毎日違法駐車をしておりました。様子を見に来られた先生が腹を立てて警察を呼んだのですが、道路ではない場合レッカー移動はできないのだそうです。

先生は玄関前に大きく『違法駐車禁止』と張り紙をしていかれましたが、黒い車は平然と違法駐車を続けていました。

業を煮やした先生は2つのコーンをポールでつなぎ駐車スペースの真ん中に置きました。

その後もその黒い車は来ましたがポールを見て諦めて去っていきました。

どんな人が乗っているのだろう?まかない婦は車しか見たことがないのですが、他人事ながらあまりに図々しいその車の主に少し腹を立てていました。

そして今日、またその車が来たのです。

有ろうことか車から降りたその人はコーンからポールを抜き去り車を駐車しました。

あまりのことになけなしの勇気を振り絞ってまかない婦はその人に声をかけました。
ま「そこ、駐車禁止ですけど。」
黒「ああ、知り合いですから。」

えっ?知り合い?本当だろうか、だったら先生なんで警察まで呼ぶかな?全く信用できない気がしたし、長年ご近所で迷惑をかけ続けたこの身としては先生のためにもうひと頑張りせねばと、ありったけの勇気を振り絞ってもう1回聞きました。
ま「すみませんがお名前をお聞かせ願いますか?」
黒「○○です。」

それ以上詰問することもできず、忘れてしまわぬうちにとその名前と人相風体をメモしました。昼食から戻ってきた妹は車種とナンバーをさらに書き加えました。今度先生がいらっしゃったら本当に知り合いなのか聞くつもりです。

それにしても近所に駐車場も結構あるのに何で他人の家の前にそんなに止めたいのかしら?駐車料金が惜しいのなら車になんか乗らなきゃいいのに。

黒い車の主を全く信用できないまかない婦は相変わらずちょっと立腹モードでした。

夕方になり妹と酒屋の店番を交代する時、まだあの車は停まっているのだろうかと覗いてみたまかない婦の目に信じられない光景が映りました。

今度は別の白い車の主が勝手にポールを抜いて駐車していたのです。

これ本当の話です。その証拠にまかない婦と同じくその車を見た当社の社員が酒屋にやってきて
社「あれがんこやわ!先生に知らせてあげた方が良いよ。」と目をギラギラさせて言っていきました。

絶対に先生の知り合いなんかじゃねーだろ!!白も黒も。

なんだかものすごく不愉快なものを見せつけられたような気がして心落ち着かぬ今日のまかない婦です。
スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する