FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-12-19 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

当社には籠盛り部という部門があります。ほかの地方はどうなのかわかりませんが、金沢では葬儀の際に親戚などからお供えのための籠盛りが飾られます。大体1万円とか1万3000円ほどの値段で菓子の詰め合わせやフルーツの盛りかごが主体です。

他には最中だったり故人の好物などが飾られることも多いですね。そしてもちろん花もです。

籠盛り部では菓子やフルーツの盛りかごを作っていましたが、今回新たに野菜の盛りかごもやることになったようです。

ここで退職した叔母が呼ばれ、彼女に作ってもらいました。

DSCF7505_convert_20151219112754.jpg
これがその野菜の籠盛りです。

籠盛り部には他にも社員はいるのですが、やはりこの道何十年の叔母の腕前は確かです。近所に住んでいて元気にしているので声をかければ気軽に来てくれます。

先日この見本の籠を作りに来てくれたあと3階の食堂に顔を出してくれました。丁度まかない婦と母は朝のお茶の時間で妹がお歳暮にとくれたサンニコラのボンボンショコラを頂いていました。

叔母はおなかがすいていたのかもしれません、あっという間に2~3個ボンボンショコラを引っ掴むとバクバクと食べ
「美味しいわ~。」とのたもうたのです。

それは美味しいはずです、何せ1個が200円以上の芸術品のようなチョコレートです。これ以上食べられたらあまりにも悲しいのであわてて別のお菓子を差し出すとそれもまた食べていました。

1個も同じ物のない麗しのボンボンショコラに未練を残しながら大多数のチョコを救うことができて心狭きまかない婦は安堵のため息を漏らしたのでありました。

そういえば昔、東京に住む従妹の誕生日プレゼントにいろいろな入浴剤を買って叔母が送る荷物に入れてくれるよう頼んだことがあるのですが、何個かは叔母が使ってしまったのです。彼女曰く
「同じものがあるものしか使っていない。」そうですが、袋のデザインが一緒でも中身はすべて違ったものを足を使って買い集めたのにと思うと少し・・・いえ、かなり悔しかったのを思い出しました。

あっ、まかない婦なんかちょっと執念深いタイプかな?まあ、人間ですから悪いところもたくさんありますよね。フフフ
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する