FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-12-14 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

実は昨日報恩講でした。報恩講というのは年に一度祖先に感謝する仏教の行事で、金沢では『ほんこさん』と言われています。

この日は仏壇に赤いろうそくをともし、精進料理の御膳を作ってお供えしなければなりません。

仏間と仏壇の掃除は義妹と母にしてもらい、まかない婦は精進料理を作ります。

DSCF7485_convert_20151213135801.jpg
メインの煮物は昆布だしで蕪とシメジをまず煮付けます。この時出汁を多めに作り汁物にも使います。

汁を取り分けた後、薄揚げと砂糖を加え煮物を仕上げます。蕪の葉先もこのだし汁でさっと加熱して彩に使います。

DSCF7488_convert_20151213135824.jpg
出来た煮物がこちらです。

汁物はそばにしようと思ったので青ネギを刻み蕎麦を茹でました。

でもこればかりやっているわけにはいかないので、従食用の蕎麦も茹で、ネギも刻みました。

DSCF7489_convert_20151213135852.jpg
ご飯、煮物、大根おろし、作っておいたオカラを盛り付けあとはそばだけというタイミングで坊様が来てしまいました。

ゲッ!まだ蕎麦が茹であがってないよ。

約束の時間の10分前だし・・・この10分まかない婦にとっては大きいです。結局汁物はそばが入らず青ネギだけになってしまいました。

それでもそばを茹でている最中に仏間に上がるわけにもいかないので御膳は義妹に託し、蕎麦を茹でました。

蕎麦を茹で終わった後、仏間に上がると無事御膳は仏壇に収められていました。義妹と2人で
「ギリ間に合わなかったね。」と苦笑です。

DSCF7491_convert_20151213135927.jpg
残念だったので仏事が終わった後、蕎麦もインしておきました。ささやかな自己満足です。

DSCF7494_convert_20151213135954.jpg
どのみち仏壇に上げる時には蓋をしてあるのでどうということでもなく、出汁まで昆布でする必要があるのかも疑問です。

そしてこのお膳でご飯茶わんの蓋が妙に小さいのが気になっています。これで間違いはないはずなのですがなんでこれかね?

とりあえずほんこさんも無事終わり、誰も食べないので自分でこのままごとのような料理を食べました。結構うまかったです。

あっ、今気が付いたけどオカラはカツオだし使っちゃってたな・・・

まっ、いいか? ほんなこつでございみした。
スポンサーサイト



* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する