FC2ブログ
個別記事の管理2015-10-19 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日は柿市商店の年に一度か二度しかやらない『松茸ご飯の日』 でございます。

昨日弟が切った松茸を大急ぎで煮ておきました。ここ数年松茸を洗って切るという大変な作業は弟が1人でやっています。

以前はまかない婦と2人でやっていたのですが、『柿市の松茸ご飯は凄いねー!』と言われたい。ただそれだけのためにどんどん松茸の量を増やしたのでまかない婦に見とがめられるのではないかと恐れ、こっそりと大変な仕事を一人で敢行しているようです。

不必要なほど松茸の入った当社の松茸ご飯を社員も喜んでいるようなので渇を入れるのはやめておきます。

DSCF7219_convert_20151019115540.jpg
ようやく出来上がった松茸ご飯のうち4升がこのジャーに入っています。あと1升別のジャーに入っていますがご近所や親戚にもおすそ分けしても5升あるので社員も充分食べられると思います。

おかずも松茸ご飯との取り合わせを考えて作っています。

DSCF7220_convert_20151019120531.jpg
主菜は目玉焼きです。いくら松茸ご飯が魅力的だとはいえ目玉焼きを要らないという人はいないと思います。しかもゆるめに焼いた目玉焼きを松茸ご飯にのせ、玉かけ松茸ご飯風に食べることもできます。

副菜はいつもなら里芋の煮物なのですが、渡された食材が多すぎたので頑張って副菜に仕立てました。茄子の煮物、ピーマンとエリンギのきんぴら風、ナメコおろしです。

汁物もいつもならありあわせの素材で作るのですが、今日はお客様も何人かいらっしゃるので若竹汁にしてもらいました。

今日社員に精一杯食べてもらって、明日はお世話になっている中央卸売り市場の方や今日昼ご飯を食べられなかった社員におにぎりにして食べてもらう予定です。

今も何人か食べていますが、楽しそうな笑い声が響いています。食べ物の力って偉大だなぁと思う今日の日です。

Cpicon 松茸の味を生かすならこれ!柿市の松茸ご飯 by かきいち
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する