FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-10-09 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

先日酒屋のお取引先様から『ふみこみ粕を扱っている蔵元を調べてほしい』と依頼がありました。

えっと・・・ふみこみ粕って何?

全く不勉強なので聞いたこともありません。でも蔵元に聞いてみればわかるだろうと思い、手当たり次第電話をかけてみることにしました。(とりあえずは酒粕を販売している蔵元さん中心で)

最初にかけた手取川さんで電話に出てくださった女性の方から教えていただきました。ふみこみ粕とは酒を搾った時に出る酒粕をタンク内で寝かせ夏前に熟成させて出す酒粕のことで、練粕とか土用粕と呼ばれているものと同じだそうです。

昔は蔵人がこの粕を踏んで練粕にしたのでふみこみ粕と呼ばれることもあるのだそうで、主に漬物の業者の方などがふみこみ粕と言うことがあるとの説明でした。

全く知らなかったことを的確に教えていただき思わず頭が下がります。
「勉強になりました。」とお礼を言いました。

ですが電話をかけたほかの蔵では反対にそれはなんでしょうかと聞かれることもありました。電話応対だけの事務職の方なら知らなくても当たり前なのかもしれません。知っている蔵の方からはそのあともいろいろ教えてもらってふみこみ粕が自分の中に根付く知識になりました。

酒屋としてはよちよち歩きの当店です、知らないこともまだまだ多いのでしょうね。(一応はひい爺さんの代から酒屋もやってはいたのですが本業は青果物業だったので酒屋としての家業の伝承が全くできていない状態だったわけです)

でもいろいろな催し物で何度か顔を合わすうち、親しくなった蔵の方もいらっしゃって問い合わせをしたりしても親身に聞いてくださるようになったのが嬉しいことです。

ちなみに当社で売れ残り、期限切れになった板粕を一袋持ってきて踏んでみたら本当に練粕のようになりました。これから寒い日も多くなります。このまかない婦謹製ふみこみ粕で粕汁を作って社員に喜んでもらうことにします。o(^▽^)oヨッシャー
スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する