FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-09-29 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今朝の朝食時、なぜだか古参の従業員と亡くなった父の話に花が咲きました。今に比べて格段に労働状況が悪かった数十年前の話です。

そんな中でも父は映画を見に行ったり飲み屋に通ったりしていたようです。

そういえばまかない婦が二十歳を過ぎたころ社会見学だといって高級なクラブに連れて行かれたことがありました。

でもそんなところに息子ならまだしも二十歳の娘を連れて行くか?

まかない婦自体もちっとも嬉しくもなかったしホステスさんだって困ったと思うぞ。

父の名前が柿本なので『カーさん』と呼ばれやに下がっていましたがそんな姿を私に見せたかったわけ? 

う~ん、全く理解できんおっさんです。

しかもそのホステスさんの中に明らかに初心者マークの人がいてまかない婦の水割り用のグラスにウイスキーの原液を2/3ほども注いだのです。水や氷の入る余地がありません。

いくらものを知らない若いころと言ってもこれは違うだろうと思ったのを覚えています。

人の記憶って不思議ですね。つい先日の宴会後半の模様は切り取られた羊羹のようにきれいさっぱりないのに、こんなにも昔のことは覚えているのですね。

あっ、これって年取った証ってやつか?

二日に一度の休肝日では取り戻せんほど長年の飲酒で脳がダメージを受けているようです。

まっ、いっか、楽しいからな。
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する