FC2ブログ
個別記事の管理2015-05-01 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日の話は妹が是非ブログに載せてほしいと話してくれた逸話です。

会社のそばの細道で小さな子供をのせた若いお母さんの車が脱輪して溝にはまり脱出不能になっていたのだそうです。

妹はもう1人の女子社員と一緒でしたが女の力ではどうすることも出来ずいったんはその場を離れました。

しかしどうしても可哀そうだと思ったので会社でまだ働いていた男子社員に声をかけました。
「誰か助けてあげてほしい。」と

すると3人の若手社員が進んで母娘救出に向かってくれたのだそうです。

そして車を見て何とか助けようとしてくれたのですが、その若いお母さんが
「もうジャフを呼びました。でも来てくれてありがとう、どこから来てくれたのですか?」と聞かれ
「さっき見かけて会社から若いもんを呼んできました。会社はどっかあの辺にある会社です。」と答え丁寧にお礼を言われて会社に戻ってきたらしいです。

人助けに進んで行ってくれる若手の社員が何人もいることが妹にもまかない婦にも嬉しいのです。彼らを見直し拍手を送りたい今日のまかない婦です。

話は変わりますがネパールの地震ひどいことになっていますね。まかない婦の人生の中で大切な位置を占めるネパールの災難に心が痛みます。

見かける光景は見覚えのある場所だったりして、それがさらに哀しいです。

昨日たまたま来店した友人の旦那が
「お前ネパールのためになんかせんなんやろう。金持って行って来い。」と実現性の低い提案をしていきました。

まかない婦はモンベルクラブの会員なのでそこを通じて義捐金を送ろうと思っています。モンベルクラブはカトマンズにも店があるそうですし、災害時の支援の様子を見ても信頼できる企業です。

東日本の時も有名な企業が寄付したお金から上前を撥ねるような行為が堂々とまかり通っていた事実に驚きました。モンベルならそんなこともなく届くはずです。

丁度給料も貰ったばかり、渡りに船ですね。よし!
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する