FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-03-09 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日は雅楽倶での夕食と朝食をご紹介しましょう。

洋食と和食があったのですが社長から洋食を薦められたので洋食嫌いの叔父も巻き込んでフレンチのディナーにしました。

IMG_2935_convert_20150308172057.jpg
これは前菜です。どれも美味しかったけど真ん中のチカというお魚の料理が美味しかったです。

IMG_2937_convert_20150308172125.jpg
これは牛蒡を使ったポタージュのような料理でした。

IMG_2940_convert_20150308172157.jpg
下の方に3個ある滴状の形の物がフォアグラと干し柿を使ったものです。上の干し柿はディスプレイ用です。

IMG_2942_convert_20150308172225.jpg
魚料理です、大きな皿にのっている料理はほんの少し、これがとってもおしゃれです。鱒とナスタチュウム、あやめ蕪を使った料理です。

IMG_2944_convert_20150308172253.jpg
米粉のパンと海藻の入ったバターが出てきました。旨いパンです。

IMG_2945_convert_20150308172318.jpg
カキ貝の料理が出てきました。1人1個ずつです。

IMG_2947_convert_20150308172341.jpg
カキの殻にカリフラワーを使ったソースが仕込んでありました。カリッと揚がったカキ貝が絶品です。

IMG_2950_convert_20150308172437.jpg
鱈の白子とエゴマ、ホワイトアスパラを使った一品です。鱈の白子は今が旬ですものねぇ。

IMG_2953_convert_20150308172505.jpg
この料理小さい蓋物に入っていたのですがとってもおいしかったです。ズワイガニと里芋とトリュフを使ったあんかけのような料理だったと思います。

IMG_2955_convert_20150308172608.jpg
ヒラメと中島菜を使った料理です。皿が素晴らしくきれいで母は欲しがっていました。

IMG_2957_convert_20150308172634.jpg
メインの肉料理ですがほんの一口なので大丈夫、まだ食べられます。熟成牛を使ったステーキで添えられているのはオニオンヌーボーだそうです。

IMG_2959_convert_20150308172701.jpg
イチゴのデザートです。雪山に見立てたそうで凍った白い粉をかけに来てくださいました。器も個性的です。

IMG_2962_convert_20150308172733.jpg
デザートはスプーンにのるほどの大きさのチョコレートケーキとアイスです。小さくても食べごたえがあります。

IMG_2964_convert_20150308172819.jpg
コーヒーと紅茶で締めて帰りました。

あっ、お酒は赤ワインが2本とビール2杯です。ワインはメルローとシラーで作られた一本とグルナッチャのが一本、どちらも旨かったです。

部屋へ帰ってまたしたたか飲んだので温泉にも入らず寝てしまいました。

翌朝遅くに起きて温泉に入ってきましたが川が見えていて絶景の露天ぶろ付きです。他のお風呂もあるのは知っていましたが昨夜からマッサージ機に憑りつかれたように3人で座り、至福のマッサージタイムを過ごしていたのであまり時間の余裕はありませんでした。

それもあって朝は一番遅い9時半の朝食をお願いしました。

IMG_2968_convert_20150308172908.jpg
その時間に合わせて土鍋で炊いた炊き立てのご飯が出現しました。蒲鉾もセイロで蒸して熱々の物が出てきたので笹の葉を取るのも一苦労です。

おかずはたくさんありました。何かの味噌、魚と大根の炊き合わせ、切り干し大根、鶏肉と椎茸と昆布の佃煮風、小松菜の煮びたし、梅干と壺漬け、湯葉ののった豆腐、味噌汁、卵焼きに焼き魚、切れ漬け、アオリイカの刺身、目覚めのドリンクなどです。

一品一品は少なくても全部食べたら相当な量です。おもてなしの心のこもった朝食に満足しました。

結局この日、帰宅してもお腹がいっぱいで昼どころか夕ご飯も必要ないほどでした。

バッタバタの富山駅を右往左往しながら何とか金沢へ戻ってきました。駅の地下で太鼓の演奏をやっていて、太鼓の巻き起こす振動に釣られ思わず立ち見で聞き惚れていました。

開通間近の金沢駅ではお祝いムードがかなり盛り上がっています。何とはなしにそわそわしますね。

あっ、言い忘れていました。行の特急サンダーバードで富山まで行ったのですが、またしても反対方向へ向かうサンダーバードに乗り込もうとして駅員の方に反対方向だと指摘されなければ大阪方面に向かうところでした。

叔父は妹に
「反対方向へ連れて行かれないようにね。」と念押しされたそうですが、全くの杞憂というわけでもなかったですね。てか、かなりあぶなかったです。 テヘヘ

方向音痴というわけではないのですが、もともと思い込みの酷い人間だったのが最近さらにイノシシ状態になっているようで・・・ どーも、すいません。
スポンサーサイト



* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する