FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-02-25 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日珍しく金沢は良い天気のようです。ですがまだ一度も戸外に出てはいないので本当のところは分かりません。

さて、昨日モンベルクラブから電話がかかってきました。まかない婦宛ではなく母だとは思いましたが不在だったので代わりに電話を取りました。

予想通り母が修理に出したダウンが出来上がったとのお知らせです。

実は2ヵ所もかぎ裂きを作ってしまい、新しいダウンを買おうとしていた母にまかない婦が進言したのです。モンベルではリペアという補修用のシートのようなものを売っているはずだからそれを買って直せば良いと。

モンベルのダウンは機能的なだけではなく色も良いです。えんじ色のダウンは母に似あっていましたし、廃棄処分はもったいないです。

まかない婦はまがりなりにも山小屋で数年働いていたので山関係の物は結構持っていますが、亡くなった父ほどではありません。

父は本気で山登りに打ち込んでいました。ダウンウエアーは海外から取り寄せていましたし、登山靴も何足も持っていました。

道具を大事にする人で病気でもう山に登れなくなったときに家族が、山の友達に高価な道具を譲ったらどうかと勧めたのですが
「絶対に嫌だ!そんなくらいなら山に持って行って捨ててくる。」と言い張りました。

それでいてまかない婦の友人で山岳会に入り海外登山もしていた山屋には自分の大事な登山靴をプレゼントしていました。足の大きさも違うし、山道具も日進月歩の世界ですからもらった方も困惑したとは思います。

一番困ったのは亡くなった後荷物の整理をしているときに『雅美へ』と書かれた箱を見つけ開けてみると、ザイルが箱いっぱいに入っているのを見つけた時です。自分が死ぬのだと覚悟してこれを箱に詰めていたのかと思うといまだに泣けてきます。

泣けますけどザイルの必要な登山をする趣味は無いので宝の持ち腐れ状態です。

今現在父のダウンはまかない婦が冷蔵庫内で酒の分類をするときに活用されていますし、寝袋は妹家族のキャンプ用品になりました。ヘルメットがちょうど2個あるので母と2人災害時にかぶって逃げるために出入り口にかけてあります。

そんな日が来ないように願ってはいますが何があるか分からないのが人生というものです。

だんだんと残り少なくなっているであろう自分の人生を楽しく生きていければ嬉しいのですが・・・

スポンサーサイト



* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する