FC2ブログ
個別記事の管理2015-02-07 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

酒屋では今しぼりたてや濁り酒のフレッシュなお酒が勢ぞろいしています。正に真っ盛りですし、これから出荷される酒も有るので楽しみです。

昔は濁り酒が苦手だったまかない婦ですが最近ではかなり好きな部類になってきました。特に活性の強い濁り酒は大好きです。

大好きですが、ド外れて活性の強い濁り酒が有り、数年前は恐る恐る開けた奥能登の白菊さんのにごり酒だかおり酒が酒屋の中で噴きあがり、5m四方の物体全てがアメーバーのように貼りついた濁り酒で大変なことになりました。

酒を開けたまかない婦はもちろんそばに居た柿市社員(酒好きで利き酒師の免許も持っている)、ある程度警戒して離れたところで見ていたわが妹の3人共に服を着替えなければならないことになり、壁や扉、ディスプレイしてあるワインの樽など全てがベトベトになってしまったのです。

一応蔵元さんから注意するようにと忠告されていたので丼をかまして開けたのですが、ゆるめた栓が吹き飛んだように思いました。瓶の酒1/3ほどが無くなっていて、丼に溜った噴きあがった酒が丼の中でもまだボコボコと沸き立っていました。

呆然とするまかない婦を押しのけて妹が
「もったいない。」と言いながら丼の酒をグビグビ飲んだのもドン引きでした。

そんなことが有ってから濁り酒を開けるときは用心深くなったまかない婦です。

今年の白菊さんのにごり酒も元気ですが、あの時ほどの暴れん坊ではありません。ただ、どうしても噴きあがらずには開栓出来ないお転婆ぶりは治まってはいません。

そしてここにもう1人大変な暴れん坊を見つけました。

宗玄さんのにごり酒です。宗玄さんのにごり酒は2種類あるらしく一般には噴きあがったりしないおとなしい濁り酒が流通しています。これはこれでするりと飲めるうまい酒なのですが、ひどく活性が強い濁り酒が有ると最近親しく話すようになった営業の方から聞きました。

本来はうちの店に入荷するはずの無いお酒なのですが姉妹そろって爆裂酒好きなので頼み込んで数本分けていただきました。

どれほど激しく噴きあがるのだろうと楽しみにしていたのですが、来店されたお客様がすでに飲んだと言われ
「今年は白菊も宗玄もおとなしかった。」とおっしゃったのでちょっとがっかりしてしまいました。

でもある意味ホッとする自分が居たのです。そしてその日まかない婦は宗玄さんのにごり酒を買って帰り、それでも念のため部屋ではなく厨房で開栓することにしたのです。

お客さんに聞いた通り脱気するために開いている特殊栓の穴にキリをつきたてました。そしてそれをゆるめて脱気・・・する予定だったのです。

ドピュー 小さな穴から噴きあがった酒の柱は天井を直撃し、壁や調理器具にもぶっかかっています。

話が違うと思いながらも栓は飛んでいなかったので穴を指で押さえましたが指の下からさらに酒があふれ出しました。話が違うじゃん!!

結局天井や壁の掃除をしなければならなくなったまかない婦ですが、拭き残しがあったらしく後日義妹がせっせと拭いてくれていました。・・・スマン

この話を妹が宗玄の営業の方にしたところ
「だから噴くって言ったじゃないか。」と呆れられたらしいです。・・・だってお客様が・・・

思うにお客様が召し上がったのは一般に流通しているおとなし目の方だったかと・・・

それ以来店の冷蔵庫の中でおとなしくしていた暴れん坊君、つい昨日他のお酒を探すのに冷蔵庫内から出して店内の棚に20分ほど置いておいたら。

DSCF6077_convert_20150207173612.jpg
こんな感じでますますやる気満々になってしまいました。てか、もう少し漏れてます・・・

あっ、あーーーーーー・・・

しょうがないのでまかない婦が買って、今日ホームパーティーをするという妹に持たせました。パーティーを大きく盛り上げること間違いありません。

お酒自体は飲むというより食べる感じです。食べた濁り酒が口の中でまた暴れるという素敵な体験ができますよ。

皆様いかがでしょうか?楽しく盛り上がること間違いなしですが、袋をかぶせて開栓することをお勧めいたします。天井の掃除をしたい方はそのまま開栓してくださって結構です。

あっ、念のために言っておきますが当店にご注文いただいた場合宅急便でお送りしますが、ご自宅に着く前にこの暴れん坊がどんなふうになるのか・・・そのアクシデント込のご注文しかお受けできませんのでその点よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する