FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2015-01-12 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は第2回目のまかない婦と母の定休日でした。

貴重な休日を何に使ったかと言えば「夕方まで寝床でゴロゴロ」です。

くだらんと思われるでしょうが、実は20年ほどの間インフルエンザに罹った2日間を除けば一度も実現したことの無い夢のプログラムです。

東京で働いていた時は労働組合が運営する病院だったので4日働いて2日休みのような勤務体制で、4日目には誰しもが働きすぎで疲れたと言いあっていたものです。ですから2日の休みの内1日は寝て過ごし、後の1日で買い物したり遊んだりの夢のような優雅な休日の過ごし方でした。

昨日20年ぶりほどで夕方まで寝床で過ごし、このまま何日も続行できるなと思いました。

ただ、寝床の周りが非常に散らかるし、身体も汗をかいていつもより汚れたような気がしました。ゴミ屋敷の女主人になる道は意外に側にありそうです。

ただ、まかない婦の場合ゴミだらけにする屋敷が無いのでその道も簡単ではないのかも・・・

しかし、この状態は健康にも良くないし、衛生上もよろしくないですね。夕方の4時に歯を磨き、夕食を作りに3階へ向かいました。

お昼はインスタント焼きそばを作って食べたのです。これも何年ぶりかの快挙です。

ですが自宅部分の5階では湯沸かし器以外のガスが止められており、3階まで下りてきてカセットコンロを持って上がりようやく焼きそばを作ることが出来ました。

そこまでするほどお腹もすいてはいなかったのですが、夕方までゴロゴロとインスタント焼きそばがセットになった小さな夢だったのでそれを外すことが出来なかったのです。

今日もお休みですが、月に一度の坊様の訪問のある日ですし、掃除や茶菓の用意などもあって結構忙しかったです。

その上妹が取引先様から頼まれて、東京に荷物を送らなくてはならないことになり出社していたのですが手伝ってやる余裕もありませんでした。

ただ、グダグダの後こうやって働くと、この方が良いなと思ってしまうのは貧乏性なのでしょうかね?

行きつけの整体院の院長さんに定休日がもらえるようになったと言ったら「麻痺しとる!感覚が麻痺しとるんや!」と言われてしまいました。

彼曰く「何代も続いている店の人たちの労働条件に対する感覚は麻痺しとる。」そうです。

そうかもしれません。100年続いた老舗と言えば聞こえはいいですが、こんなしんどい働き方を何代もに渡って続けてきたからこそ残った店です。

先代、先先代の苦労を思いながら休みの日にもついつい働いちゃうまかない婦とその母です。

ちなみに今はエノキの軸をほぐしています。これでナメタケ風の常備菜を作ります。

あっ、母は昨日の休日午後はずっと事務仕事をして過ごしたそうです。まかない婦より重症ですわ。

それではまた明日。
スポンサーサイト



* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する