FC2ブログ
07 << 2020/08 >> 09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-12-21 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

ようやく気分も落ち着いてきました。そんな土曜日友禅作家の叔父から外食のお誘いがありました。

実は叔父は前立腺炎で一週間ほど入院していたのです。病院のご飯が味気なかったので美味しいものを食べたいのだと叔父が強く主張するので叔父の大好きな『くすの樹』さんを予約して3人で向かいました。

暖かな小上がりの席に落ち着くと、まずお酒を注文しました。黒龍の八十八号大吟醸です。

DSCF5764_convert_20141221143818.jpg
くすの樹さんで新しく買い求めたという輪島塗の作家ものの杯です。退院祝いの乾杯はこの杯でいたしました。まかない婦が選んだのは丈の高い真ん中の杯です。

この杯軽すぎてちょっと触ればひっくり返ってしまいそうです。酔っ払う前に使わせていただいて良かったですよ。 杯も高いのでしようが注いだお酒もかなり高価なお酒のはずです。

付き出しは春菊の軸を使った小鉢でした。写真に撮ったのですが珍しくピンボケだったので載せるのは遠慮します。春菊の軸はまかない婦も好きな食材です。当社ではキンピラにすることが多いですね。

DSCF5768_convert_20141221143905.jpg
ズワイガニの雌、香箱カニです。今年いっぱいでまた禁漁になってしまうので多少高くても食べておきます。石川県人はカニとアイスクリームに日本一お金を使うそうです。

DSCF5770_convert_20141221143927.jpg
モズクの酢の物です。上に飾られているのはエディブルフラワーの金魚草です。この酢の物とてもおいしかったです。

DSCF5771_convert_20141221143951.jpg
ホタルイカの沖漬けも旨すぎました。日本酒にぴったりです。

DSCF5772_convert_20141221144016.jpg
赤西貝のお刺身も頂きました。この貝を刺身にするのはかなり大変です。一度殻を壊したら中からヤドカリが出てきたことが有りました。

DSCF5773_convert_20141221144040.jpg
ガスエビのお刺身も頂きました。叔父の好物です。この海老は鮮度が悪くなるとすぐに頭が黒くなるので地場の人しか食べれないらしいですよ。

DSCF5776_convert_20141221144105.jpg
刺身好きの叔父のために刺身の盛り合わせも頼みました。ノドグロの肝が珍しいです。

DSCF5778_convert_20141221144137.jpg
鱈の白子の酢の物です。地元ではよく食べますが東京の友達に驚かれたことが有ります。鮮度が良ければ生食できる食材です。

DSCF5779_convert_20141221144203.jpg
こちらは白子の焼き物です。叔父は昆布まで食べていました。叔父も母も塩を付けすぎるので厳しく注意しておきました。病院の食事が味気ないのは高血圧の叔父に対して減塩食が出されたためでしょう。

DSCF5781_convert_20141221144256.jpg
アスパラの一本揚げを3本頼みました。また塩が付いてきたので目を光らせています。

DSCF5783_convert_20141221144324.jpg
なーんて言いながらも絶品のヘシコは外せません。また酒がすすみます。黒龍の後は中三郎、その後羽根屋の純米吟醸無濾過生原酒と進みました。

DSCF5785_convert_20141221144348.jpg
貝の酒蒸しです。この汁がまた旨いのです。

DSCF5787_convert_20141221144413.jpg
茶碗蒸しも頂きました。

DSCF5789_convert_20141221144450.jpg
〆は氷見うどんです。これは外せません。

退院祝いの宴も終わり3人で歩いて帰りました。当社に寄って酢蓮根と大根の煮物、茄子の刻み煮を入れ物に詰め叔父に持たせました。

これで今年の割り勘会も終わりですが、年末の宴会に誘いました。すべての仕事が終わった31日の昼過ぎからまかない婦の3兄弟の家族が集まり毎年宴会をしています。

それまでに棒ダラ、カイボシ、黒豆を作り、牛のたたきも作ろうと思っています。

その時までバイバイお兄ちゃん。子供のころ一緒に暮らしていた時の呼び名で今でもつい呼びかけてしまうまかない婦です。今では楽しい飲み仲間になっちゃってます。

来年もよろしくねー!
スポンサーサイト



* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する