FC2ブログ
個別記事の管理2021-02-26 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

ずいぶん前の話になるのですがあるスーパーのレジに並んでいた時、まかない婦の前に並んでいた若い女の人が支払いの時に100円札を使おうとしたのです。

まかない婦の子供のころには見たこともありましたが今では一向にお目にかかれない『100円札』です。

『うわー、珍しい。なんでそんなもので買い物するかなー?ほぼ骨とう品じゃないのそれ・・・』驚愕に目を見開くまかない婦の前でレジ担当の女の人が
「それってお金ですか?」って聞いています。聞かれたお客さんの方は
「100円なんですけどこれって使えませんか?」
「えーっと、判断できないので上の者に聞いてきます」

ふつうこの手のもたつきはレジ待ちするお客にとって唾棄すべき出来事ですが、対象が面白すぎます。ああ、できればまかない婦が100円玉と両替してあげたいわー・・・」

でも気が小さいのでもちろんそんなことも言えず成り行きを見守りました。

結局上役の人が出てきて間違いなく正規のお金であることを確認して普通に100円として支払いのお金として使われていました。

ああ、私の100円札が・・・(おめーの札ではないぞ!!)

あのあとその100円札がどうなったのかいまだに気になっています。ちなみに義妹が調べていましたが今でも使えるお金だそうです。
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |