FC2ブログ
個別記事の管理2021-02-10 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日、義妹と2人で働いていた時なんとなく昔の話になりました。

むかしむかし、まかない婦が医師会検査センターで働き始めた頃です。そのころ医師会館内で働いていた人たちで作っていた野球チームがありました。⚾

そのチームむっちゃ弱かったです。ゲームに勝ったことあったかな・・・

そして入社したばかりのまかない婦は野球のスコアをつけさせられていました。

あのね、ポンコツチームのスコア付けは激務です。だって普通のゲームじゃないよ。打たれるは、エラーするは、盗塁されるは、又送球ミスしたりしてゲームがしっちゃかめっちゃかでスコア初心者には追いきれないのよね。

結局何点は入ったかくらいしかわかんない、ポンコツチームのポンコツスコアラーだったわけです。

しかしなぜまかない婦がそんなことをさせられていたか今思うと謎です。だってスポーツはやるのも見るのも苦手だし、休みの日潰してスコアラーさせられて、弟が野球小僧だってばれてからは助っ人要員にさせられ、不本意ながら弟に小さくお礼したりしてたはず・・・

なぜ?今思い出しても全く思い当たる節がありません。まあ、あまりにも時が過ぎてしまいすべては忘却の彼方だということを鑑みても全く理解不能です。

そしてやはりスコアの付け方も毛ほども覚えていないという潔さです。

さっき弟に聞いてみたら4回ほど助っ人に行ったそうです。一応高校球児で、一応甲子園も行ったからね。

でも確かレフトだったのにピッチャーさせられてたよね。そして球が重すぎて受けられないと言われ弟の友人まで参戦していたはずです。

なんで?不思議です。みんな野球が好きだったのかしら?

遠い昔の理不尽で不可解なお話でした。
スポンサーサイト



* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |