FC2ブログ
個別記事の管理2020-09-17 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

一昨日当社の小売部門で売っていた松茸が2本だけ売れ残ったので片づけようとした社員に社長が
「雅美に買ってもらえ」と言ったそうです。

雅美とはまかない婦の名前で、社長はまかない婦の弟です。要するに弟からの押し売りです。

でもまあ良いかと買い入れました。いつも思うのですが自分はまだしも高齢の母にあと何回松茸を食べさせてあげられるのか・・・そう思えばあながち高い買い物でもありません。

松茸は澄まし汁にして生の三つ葉をたっぷり散らしていただきました。

ふと我が家の食卓を見ると秋の恵みというタイトルが浮かびます。

IMG_9009_convert_20200917183225.jpg
汁物は松茸の澄まし汁。主菜は焼いたサーモンに大根おろしを添え、馬路村の赤キャップのポン酢でいただきます。

お酒は神泉の純米吟醸のひやおろしと奥能登の白菊の純米吟醸そのまんま、サブにトリ貝の刺身とイカと牛肉とキャベツのオイスターソース炒めです。なんだか季節感もあってかなり豪華な感じがします。(松茸効果か?)

どれもこれもがおいしくて、高齢者2人では食べきれませんでした。

母は薩摩切子のグラスで、まかない婦はお気に入りの江戸切子のグラスで日本酒グビグビコースです。

ああ、贅沢だなー、幸せだなーと母と2人酔いしれた秋の日でした。  
スポンサーサイト



* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |