FC2ブログ
個別記事の管理2020-08-01 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

明日日曜日で会社は休みなのですが、月経で菩提寺のお坊様がいらっしゃいます。

幸い仕事は朝食代わりのおにぎりを作ることと、ご飯やお茶を用意することくらいなのですが最近の暑さで仏間の花がヨレヨレになっていました。

それを小一時間かけてきれいにした後お茶でも飲んで一息入れようと厨房に戻ったらベテラン社員が発泡スチロールの箱を抱えてやってきました。

箱の中には釣ったばかりの鯛が4尾鎮座していて。
「釣れたてだから刺身にすると旨いぞ」と言われました。

オイオイオイ、一尾40cmもある鯛4尾はまかない婦には荷が重すぎます。鯛ってうろこが凄いし骨も硬いし背びれなんかが鋭くって必ずと言っていいほど手に刺さったりするんただよね。

それにまかない婦加齢のためか右の手首が痛くて全く力が入らないのよ。しかもかなり痛いのよ。😰

けど渡されてしまえば仕方なくまず鱗を轢きました。この時点ですでに胸鰭が手を刺したので枝切りばさみを持ってきてすべてのひれを切り落とします。切れ味の良い鋏のはずですが鯛のひれは狂暴です。

IMG_8797_convert_20200801184800.jpg
うろこを落とした後今度は頭を落としたのですが、ここで手が痛くて散々てこずりました。

やっと頭を落とした後、はらわたをかき出し三枚おろしにします。

おろした身の皮をそぎ取り、骨の多い部分や中骨などをあら炊き用に切りだしていきます。

明日お休みで食べる人も居ないのでお刺身用におろした身は昆布締めにしました。

その後頭を2つに割り、熱湯をかけてうろこを取ります。

IMG_8799_convert_20200801184902.jpg
ここでやっとあら炊きです。

ここまでに2時間以上かかっています。涙しかありません。

この後これほど苦労したのだからと妹に昆布締めの刺身を渡したら。
「全部おろしてしまったのか?」と言われました。

何でもかのベテラン社員に一尾そのまま渡すと言われていたらしいです。自宅でカルパッチョにするべく旦那が待っているのだとか。

聞いてないよー!!

1尾でも2尾でも持ってってくれたら嬉しかったのに・・・

痛む手を見て哀しくうめいたまかない婦です。

ちなみに最初に胸鰭が刺さり、次に包丁がそれて手に傷がつき、極めつけは頭を割っていた時に鯛の歯が手に刺さりました。まさに踏んだり蹴ったりの今日の日でした。胸鰭が刺さった親指が腫れてズクズクと痛んでいます。

首や腕に乾いたうろこが貼り付いていますし、厨房はうろこだらけの大惨事です。ホントに涙しかありません。
スポンサーサイト



* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |