FC2ブログ
個別記事の管理2020-05-04 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

ゴールデンウイークの真ん中、今日は中央市場の開市で会社も酒屋も営業中です。

青果物業の方は相変わらず暇ぶっこいていますが、同じく従業員食堂の方は忙しくしています。

今現在伏見甘長唐辛子とアボカドが大挙して押し寄せていますし期限切れ間近の薄揚げもゲヘヘと笑いながらまかない婦を熱い目で見ています。👀

今日は最悪でも伏見甘長唐辛子をきれいにして軽く佃煮風に煮るまではやりたいと思っていましたし、それができるはずのタイムスケジュールだったはずです・・・

ですが予定は予定、決定ではありませんでした。

まず義妹のお友達に立派な筍を3本いただきました。頂いても明日も明後日も会社が休みなので使いようがなく、あく抜きして置いておかねばならないことになりました。

これが結構大変です。だって筍がバカでかいのです。要するにあく抜きしたくても入る鍋がありません。

結局以前会社で業務用に使っていた巨大な寸胴鍋を持ち出してきてあく抜きすることになりました。でも大きすぎてシンクで水を入れることができないので掃除用につないであったホースで加水しました。

筍を洗って穂先を切り糠と唐辛子を加えた水で茹でていきます。沸騰したらやや火を弱め沸騰をキープしながら1時間加熱を続けます。その後一晩放置するのですが今度はこの鍋が重すぎて持ち上げられません。

素晴らしい筍をいただいたのは嬉しいのですが何やら寂寥感に襲われます。

IMG_8345_convert_20200504184440.jpg
加熱が終わった筍です。

そのあと伏見甘長を料理しようとしていたら義妹から電話がかかってきました。

ご近所の方から50cmもある鯛をいただいたので何とかしてくれないかとの問い合わせです。

鯛?よりによって鯛・・・

うろこも骨も超ド級。さばきにくい魚の代表取締役ですよ。

でもほかに誰も捌けそうな人も居ません。伏見甘長は手つかずに冷蔵庫にしまい義妹に渡された鯛を見てため息しか出ません。

「じゃあよろしく」って手を振って帰った義妹を少し恨めしく思いながら、鯛のうろこを取り、頭を落とし、三枚にさばいて骨付きの方と頭とカマはあら炊きにしました。

IMG_8349_convert_20200504184629.jpg

簡単に言ってますが手間も時間も膨大にかかる作業でした。

更にすでに手を付けていた昆布の佃煮もやったりなんかして・・・
IMG_8347_convert_20200504184537.jpg

美味しいものいっぱい頂いて、こんなこと言うのも不遜なのですが言わせてください。

「今日は厄日に違いない」
スポンサーサイト



* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |