個別記事の管理2018-05-06 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の晩、従妹とその息子、叔母夫婦に妹の家族、そして弟とまかない婦と母で当社食堂で宴会をしました。妹の娘は友達と回転ずしを食べに行くことになっていてお気に入りのお寿司屋さんの出前を食べられないことに悶えながらも抗議していましたが、何とか早めに切り上げてこちらの宴会に参加するそうです。

本当はこの顔ぶれでお寿司屋さんに行くはずだったのですが満席だそうで出前を取ることになりました。

前もってわかっていれば何とか出来たのですが連休の後半で食材もさほど豊富ではありません。母が鰻巻と卵巻を買ってきたのですが弟が出前のすしに卵巻を追加注文していたので却下されました。

とりあえず酢の物とニラ玉、豚肉を使って作った焼き豚風のおかずを用意し、遅々でピザも頼みました。

まあ何とかなった感じはしましたがちょっと寂しいごちそうになってしまいました。それでも寿司は充分あったからよかったかな?

それにしても当家の宴会に慣れ慣れの姪っ子は良いにしても、従妹の息子君はどうなんだろう?高校生の男子があまり付き合いのないおっさんおばさんに囲まれて寿司食っても楽しいのかな?まかない婦の子供のころは叔父さんおばさんに囲まれて育ったから楽しかったけど一般的に言ってどんなもん?

妙に頭の良さそうな彼は多分そんなに人懐っこい人ではないと思うし苦痛なんではなかろうか?自分が彼の立場ならちょっと困っちゃうだろーなーと密かに同情していたまかない婦です。

まあ、たまたま酒は『奥能登の白菊さんの純米吟醸酒のそのまんま』というレアものの極上酒を買い込んであったので自分的には旨旨な宴会でありました。小吉な感じかな?
スポンサーサイト
* Category : 宴会
* Comment : (0) * Trackback : (0) |