FC2ブログ
個別記事の管理2018-05-04 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日買い物から帰ってくるとお隣のお屋敷のご主人と婿殿が塀の前で腕組をしていました。通りがかりに挨拶をすると木で作られた立派な塀の一部がバキッと折れています。別の場所に擦ったような跡もあります。

嫌ーな予感がしました。
まかない婦「あれっ、どうしたんですか?」
ご主人「あっこんにちは。あのこれなんですが何か音でも聞こえませんでしたか?きのうまではこんなになっていなかったんですけど・・・」

まかない婦の背中に嫌ーな汗が吹き出しました。
ま「まさかうちの車ですか?」
主「いや、それは見てないからどの車がやったのかわからないけど、結構大きい車のようです。」

ギーっと音がしたように擦れた跡はかなり上のほうについていました。折れている部分もあるばかりか塀自体が内側に凹んでいるそうです。ゾッとしました。ここ数日連休前で忙しく車の出入りも激しかったはずです。『うちの社員か?』心の中で嫌な声が聞こえます。

ま「とりあえず社長に言ってうちの社員かどうか聞いてもらいます。」
主「いや、柿市さんだと言っているわけではないんです。ただ昨日まではこんなになっていなかったので音でも聞かなかったかと・・・」

うーん、口には出していないけどうちの社員が怪しいよね?身内のまかない婦でさえ思わずうちかと思うほどだもの・・・

すると一緒にいた婿殿が
婿「とりあえず警察に来てもらいましょう。」と言い始めました。ご主人は
主「そこまでしなくても・・・」と言っていますが
婿「保険のこともあるし被害があったことをはっきりさせないと。」
主「こんなことに警察が来てくれるかな?」といぶかしげです。

ここで警察や救急車慣れしているまかない婦がアドバイスをしました。
ま「警察は通報があれば必ず来なくてはいけないようです。警察に通報したほうがいいですよ。」

結局警察が呼ばれ一番怪しい当社の車も見て回ったらしいのですが当社の車だとこの場所には傷がつかないらしいです。
 
良かったよー、警察呼んでくれて。もしうちの社員がやったことにしてもはっきりさせて弁償したいもんね。

とりあえずは違うらしいけど当社にはオフホワイトどころかダークグレーな人も何人か居るし、心の平安が揺らぎましたよ。

犯人見つかると良いですね。当社の社長の見解によるとあの塀を直すのに数十万円では済まないだろうと言っていました。さらに冷えた恐ろしい情報でした。
スポンサーサイト
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |