FC2ブログ
個別記事の管理2018-02-02 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

全国的に寒い日が続いていますね。もちろん金沢もです。

最近ベットで寝ているので窓が近くにあることもあり冷気がジワリとまとわりつきます。朝起きて布団をしまわなくても良いのは嬉しいのですが自分の部屋ではないのでそろそろベットは片づけて布団生活に戻らねばと思っています。

そもそも次の日曜日にはお坊様が月経を上げにいらっしゃるのにベットを出しっぱなしにしておくわけにもいきません。

整形外科でもらってきたロキソニンもとうとう無くなったので市販の痛み止めでこれからは何とかしていかねばなりません。再診を受けても良いのですがその整形外科に対する母の評価がどん底なのでまた行ったりしたら何を言われるか分かったものではありません。

まあ、あまりひどいことを言われるとひねくれ者の嗜虐趣味に火がついてまた笑ってしまい、傷めた傷がさらに痛むという負の連鎖に陥るので母を刺激するのは良くないです。

痛みも随分と軽くなってきました。これは咳やくしゃみをしないように気を付けているので患部の安静が保たれ以前より回復に向かっているのだと思います。

今までさんざん咳き込んできていろいろな病院で診察を受けましたが、考えてみれば今回ほど真剣に自分の咳き込みに目を向けたことはありませんでした。何せ今回咳をすると悶絶するほど痛いという症状がもれなくついてくるので咳き込む原因を深く追求しました。

どうやら急激な温度差や口にするものの濃度が濃すぎたりする場合に咳き込むらしいです。あと麺を啜るとか、刺激物を食べるとかするとまずいみたいです。

そこで『ゴホンと言えば龍角散』です。何となくこれが使えるのではと思い薬局で買ってきてから咳が出そうになったりくしゃみの予感がした時にこれを一包喉に流し込みます。龍角散ダイレクト、これが最近のまかない婦の友です。

これを何度も何度も飲むのを見て母や妹が心配をします。
「ねえ、それも薬なんだからそんなに飲んでも良いの?一日何包って決まってるでしょ?」なるほど御もっとも。でも咳したりしたら強烈に痛いから手放せんのですわ。

容量超え、何それおいしいの?痛み止めも龍角散もまかない婦が必要な分だけ頂くよ。今は副作用より主作用が強烈に必要な時なんだよ。

というわけで身内みんながまかない婦の薬漬けを心配していますが当分浸しておく必要アリと思うまかない婦であります。あっ、湿布薬は今現在貼っていません。実は貼りすぎてはがすときに皮膚が一部持っていかれました。この部分に絆創膏を貼ってその上から湿布薬貼ればいいかな?

ちょっと悩んじゃってるまかない婦です。
スポンサーサイト
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |