09 << 2017/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-10-06 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日社員の1人が結構な大きさの鯛を一尾くれました。冷凍してあったので解凍して煮物にすることにしました。

丁度市場でキンメダイの頭をたくさん売っていたのでそれも買ってきて大根と一緒にアラ炊きを作ることにしました。大根の在庫も豊富です。

DSCF5881_convert_20171006174749.jpg
出来上がったアラ炊きがこれです。金目の頭がついていたり鯛の尻尾がついていたり様々です。

DSCF5879_convert_20171006174710.jpg
頭がかなり残ってしまったので不要と思われる分はほぐして鯛デンブを作ろうとよけてあります。これはひょっとしてほしい人がいるかもと思いねんのためによけてあるお代わり用の頭です。

調理するとき、盛り付けするとき、デンブのために身をほぐす時と何度も魚まみれになっていたのでまかない婦は近所中のお猫様にむしゃぶりつかれそうなほど魚臭くなってしまいました。

そのまま酒屋で店番をしていたときお客様に試飲用の酒を差し出そうとしてふと戸惑いました。『ありっ、俺って魚臭いんじゃね?今お勧めした日本酒の香りも良いですって言ってまったけど、差し出したこの手がすっごく魚臭いはず・・・アリか?』

お客様は
「ほんとうだ。」って笑ってくれたけど心の中では『なにこのおばさん、臭っ!』とか思ってたりして・・・

その後もボタン海老の皮をむいたり、アユの下ごしらえをしたり、甘エビを炊いたりしたから魚まみれは続行中です。

でも結構嫌がらずに食べてくれた人が多かったから少しは良かったです。

魚料理の時は
1、魚の値段が高い
2、無茶苦茶手間がかかる
3、その割に人気がなくてお残しが多い

の三拍子がそろってて、いきおい『くたびれ損』になることが多いです。空しいかもしれません・・・

でも鯛デンブまで進めばまたぞろ大人気か?こうご期待♡

スポンサーサイト
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |