個別記事の管理2017-04-15 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

土曜日の昼からテレビで『世界なぜそこに日本人』という番組をやっています。昼食を食べる社員と一緒にその番組を見ていると自分の昔もついつい思い出してしまいます。

今日は納得できない話を義妹にしていました。プラプラと外国を旅していたりすると納得できないことに数々突き当たります。

思いつくままにあげてみると。

日本からの乗り継ぎでバンコクのエアポートでロイヤルネパールの飛行機を待っていると小柄なネパール人らしき人がタタタと走ってきてボードのロイヤルネパールの便をキャンセルに素早く買え、タタタタタと素早く去っていきました。

あれっ?どゆこと?

待っていた人たちがざわつき始め大騒ぎになるまでしばらくあったのですが結局その日は飛行機が来ないということが判明しました。

こういった場合航空会社がホテルを用意して待ちぼうけを食らったお客さんを泊めるのが常識なのですが、タタタと走り去ったネパール人らしき人はどこを探しても見当たりません。

このときお客ははっきりと二手に分かれました。一方はまかない婦のようなバックパッカーの人たちで
「あ~あ。」と呆れてシティの方に帰っていきました。理不尽な扱いにすっかり慣れ切っている人たちです。

もう一方は海外駐在員のような人たちで怒り心頭です。しまいにはタイエアーのカウンターにまで苦情を言いに行っていましたが、どうにもならんかったでしょうね。

まあ、翌日には飛行機が来たので何とかはなりました・・・?

その次はインドから日本に帰ろうとして、期日の決まっていないチケットで帰りの便を押さえようとカウンターに行ったら
「今コンピューターがダウンしているのでとりあえずバンコクに行ってそこで帰りの便を押さえてほしい。」と言われたことです。

えーーーーー、インドのデリーのカウンターに行ったら、タイのバンコクに行ってみてくれって言われたんだよ。納得できねー!!

まあ、とりあえずバンコクに行って手続きしたら何の問題もなく一番早い便に乗れたから問題なかったっていえばなかったけどね。

それから北インドでポニートレッキングをすることになったとき坂道で馬が転んでまかない婦も落馬し馬糞まみれになってしまったこと。

何が一番腑に落ちないかというとガイドとまかない婦とその連れで馬を選んだ時一番ダメダメな感じの馬をあてがわれたことです。鞍もぐらぐらしてたしなんでガイドの方が良い馬に乗るのか全く納得いかないです。おかしいやろ、ダメ馬ガイドがのるべきやろ。こっちは客だよ。

それからオーストラリアで気球に乗った後気球をたたむ手伝いをさせられたことも納得いかねー。

なんか納得いかないことが多すぎるので今日はもうやめておきます。これらはあくまで小ネタにすぎず、本当に腹立たしかったことはほかにかなりあります。

外国をプラプラするってことはそんなことの繰り返しですよね。今は笑えることも多いけど、笑えない話もかなり抱えてるまかない婦です。
スポンサーサイト
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |