個別記事の管理2017-04-02 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

最近当社食堂でご飯を食べるようになった別会社の人がいます。今のところ当社の専属で働いてくださる方なのですがこの人の食べ物の好き嫌いが結構ネックになっています。

カレー、ケチャップ、フルーツ、トマトがダメだそうでうっかり忘れてほかの人と同じものを出してしまうことが結構あるのです。

ですが先日うっかりして豆のシチューを出してしまったのです。この中にはつぶしたフルーツやトマトがとってもたくさん使ってあったのです。ですが嫌い発言の割には全く気付かず食べてしまったようです。

厨房チームの中では『ホントはたべれるんじゃねーの?』ってことになっています。

ですが彼に限ったことではないのが現状です。

ある社員がおかずがオムレツの時は小さいオムレツにしてくれというので訳を聞いてみました。すると卵を食べると具合が悪くなるというのです。

その話を聞いて我が母が
「何言っとるんや、あの人朝ごはんの時卵とじを山ほどかけて食べとるぞ。」と顔をしかめて言っていました。

今朝たまたま朝ごはんの食卓に卵とじが出ていたのでまかない婦も注目して彼を見ていました。すると母の言う通りたっぷりと卵とじをかけた御飯を食べていました。母の目はまかない婦と違い節穴ではないようです。

厨房チーム3人の中では『単にオムレツが好きじゃないというだけではないのか』と意見のすり合わせができています。

そうそうもう一品
「メロンを食べると思わず口から出てしまう。」とメロン大嫌い、体が受け付けません宣言していましたが、先日大根のサラダに1/3ほどちっとも甘くないハネジューメロンが入っていたのですがメロン嫌いのことをすっかり忘れていたのでそのまま出してしまい、言ってた割には気が付くでもなく食べていたので『それも単なる思い込みでは?』という話になっています。

アレルギーではない単なる好き嫌いは結構道理が通らぬもののようです。

不条理の世界で今日も頑張るまかない婦であります。
スポンサーサイト
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |