個別記事の管理2016-01-31 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

1月29日、手取川の吉田酒造さんに招待され『THE BURTH OF SAKE』の上映会に行ってきました。妹と2人で行ったので酒屋は臨時閉店で夕方からまた開店します。

この映画は吉田酒造の時期蔵元吉田泰之さんがニューヨークで知り合った映画監督と作り上げたドキュメンタリーです。いえ、作ったのは監督さんですが泰之さんの思いがこもった作品になっていると思います。

何より蔵人たちの生活、仕事、つかの間の息抜きの時がありのままに映し出され、その中で美しく作り上げられていく酒の存在が一本の芯のように通っていました。

ああ、こんな風にあの酒は作られていたのだと改めて思ったまかない婦です。

そして一緒に酒を造っていた蔵人の突然の死。声を詰まらせ泣かずにおこうとする時期蔵元の声を聴きながらまかない婦も亡くした友人に思いをはせました。

山小屋で働いていたころ寝食を共にした仲間の突然の死が思った以上に辛かったです。一緒に暮らした仲間というのはただの友人とはまた違うようです。

素晴らしい映画の中の世界に取り込まれながらそんなことも思っていたまかない婦でした。

良い映画です。日本酒が好きな人達に観てほしいですね。

スポンサーサイト
* Category : イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-30 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今朝目覚ましを止めてゆっくり眠っていると部屋の電話から母の声が聞こえました。
「あんたどうしたん。何しとるが?」何してるも何も寝てますけど何か?
「今日日曜じゃないよ!!」

ええーーーー!

嘘?日曜のはずだけど?

とにかくこの後ぶっ飛んで厨房へ向かい、寝巻の上にエプロン、西田敏行頭はとりあえず日本手ぬぐいで縛ってとりあえず、とりあえず朝食を調えました。

あーびっくりした。母が起こしてくれなかったらまだまだずーっと寝てたですよ。そんでもって逆上した社長にたたき起こされたことでしょう。

ただ一人まかない婦の日本手ぬぐいでしばりつけた頭を見た社員はドン引きしていた模様です。ま、そんな日も有るさね。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-29 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

最近金沢にできた片町きららというビルの中にロフトが登場しました。先日初めて訪れて堪能させていただきました。

そこでどうしても惹き付けられるある商品を買いました。

DSCF7718_convert_20160129121438.jpg
油汚れを溶かす『なまはげ』という台所用の洗剤です。

何ともインパクトのあるこの洗剤をどうしても使ってみたくて朝からフライヤーにこびりついた重合してガッチガチに固まっている油汚れにかけてみました。

20分ほど放置して、スクイーパーでこすってみたら気持ちよく取れていきました。ただこいつでひっかいてみても全く歯が立たなかった頑固な汚れです。

ですがこんなことをしている余裕があるはずもなく、今日も12時ギリギリにおかずを作り終わりヒヤヒヤ綱渡り状態のまかない婦です。

今日はこの後、手取川さんのドキュメンタリー映画の上映会に招待されているので時間はさらにタイトです。

ああ、時間ばかりタイトなのにこの身はどんどんファッティになっていきます。足して二で割れば丁度良い具合になるだろうに・・・

そんなことを思いながらなまはげの魅力に逆らえそうもない今日のまかない婦でした。
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-28 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は亡くなった父の月命日だったので母と2人墓参りに行ってきました。毎月月末の休日に行く墓参りはもう19年続いています。

そしてその帰りに東急ホテルで一休みしカクテルとチーズでまったりします。

長年通っているのでホテルラウンジの方々の中にも顔なじみの方が何人かいて、訪れるととても丁重に扱ってくださるのでますます居心地の良い避難場所になっています。日常生活からほんの一時遊離する場です。

昨日はさらに近所のカフェアルコ・メルカートで夕食を取ることにしました。

このお店がオープンした時から気に入ってたびたび食事をしていたのですが最近はとんとご無沙汰です。というのも最近激しく外食に誘ってくる友禅作家の叔父が、和食一辺倒なのでなかなか行く機会が無くなってしまったからです。

このお店の野菜は当社から買ってもらっているのですが、それを別にしてもとにかく料理がおいしいのです。

それに注文するとコース料理のように順に出してくれるのでゆっくりと食事を楽しむことができます。昨日頼んだ料理は今日のおすすめのボードの中から選びました。

IMG_3908_convert_20160128115457.jpg
キノコと厚切りベーコンの温かサラダ 温玉のせです。珍しい野菜が満載です。一番上に乗っていたスライスされた野菜がなんなのだろうと思って食べたら人参でした。確認してみると黄色い人参だそうですが照明をかなり落とした店内では白く見えました。

IMG_3910_convert_20160128115529.jpg
4種魚介と法蓮草のオイルソーススパゲティです。アサリ、ムール貝、エビ、イカですね。縮緬キャベツも入っていて結構おいしかったので今度から当社でも炒め物に使ってもいいなと思いました。

時々いただくのですが煮る以外にどう使ってよいのやらと少々困っていたところです。先日は千切りにした後茹で、お好み焼きの具にしました。

IMG_3913_convert_20160128115602.jpg
もっちり牛肉のタリアータ(薄切り)仕立て バルサミコソースで!だそうです。とてもおいしかったけどこれって薄切り?揚げたゴボウも美味しかったです。

母はビール、まかない婦はアメリカのワインを頂きました。この後コーヒーで絞めてここでも顔なじみの店長さんやスタッフの方に丁重に送り出され機嫌よく帰った母とまかない婦でした。
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-27 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

月末なので来月のホームページ用の仕事に追われています。つい先日ようやく来月のオリジナル料理を作りました。

来月の素材は『のとてまり』という巨大原木椎茸にしました。コラボする日本酒は竹葉さんの能登純米のしずくです。舌に残るピリピリ感も初々しい季節限定のしぼりたての無濾過生原酒です。

DSCF7673_convert_20160127125429.jpg
今回はこの6玉ののとてまりを使いました。6玉ですのでのとてまりの中では特に大きい方でもありません。それでもこの大きさなので2個で4人分と踏みました。

これを1.5cm幅にスライスしてつけダレに浸けた後フライパンで焼きました。

DSCF7688_convert_20160127130610.jpg
良い感じに焼けたと思い、薄くスライスした鴨肉を同じたれに浸けてあったものをまた焼いたのです。鴨肉は250gほどだったので4人分ならこんなものかと思っていました。

ところがこの2つを最終的にもう一度温めるため陶板鍋に並べたところのとてまりが焼き縮んでいてどうしても4人分では無理があります。2人分で丁度といったところです。肉の量とのバランスが悪すぎます。

チッ!やり直しだぜ。

幸いのとてまりはもう2個残っていますがカモ肉がありません。今から買いに行っても鴨肉はほとんど冷凍なので今日中に料理を作ることは無理です。

あー、どうしよう。別に明日でもいいような気もしますが、いろいろと不測の事態が起こることもありできればその日のうちに作り終えたかったのです。

あっ、鶏もも肉ならある。まあ、鴨肉の方が季節感もあってこの料理に合ってるとは思うけどしょうがありません。急いで作り直しました。

そんで、出来たは良いのですが結局4人分の椎茸と6人分になってしまった肉を母と2人で食べることになりました。

まあ、美味しいから良いけどね。

ただ日々増殖中の自分のおなかを見ると、いくばくかの哀しみを覚える今日この頃です。
* Category : レシピ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-26 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今わたくし非常に気になっていることがあります。実は当社の近所に皮膚科の医院があったのですが、先生が70歳になったのを機にリタイヤされ、住居も別の場所にマンションを買われたようでほとんどお見かけしなくなりました。

とはいっても時々はいらっしゃって建物に風を入れておられるようです。

ところがこの医院跡の駐車スペースにどこぞの黒い車が毎日違法駐車をしておりました。様子を見に来られた先生が腹を立てて警察を呼んだのですが、道路ではない場合レッカー移動はできないのだそうです。

先生は玄関前に大きく『違法駐車禁止』と張り紙をしていかれましたが、黒い車は平然と違法駐車を続けていました。

業を煮やした先生は2つのコーンをポールでつなぎ駐車スペースの真ん中に置きました。

その後もその黒い車は来ましたがポールを見て諦めて去っていきました。

どんな人が乗っているのだろう?まかない婦は車しか見たことがないのですが、他人事ながらあまりに図々しいその車の主に少し腹を立てていました。

そして今日、またその車が来たのです。

有ろうことか車から降りたその人はコーンからポールを抜き去り車を駐車しました。

あまりのことになけなしの勇気を振り絞ってまかない婦はその人に声をかけました。
ま「そこ、駐車禁止ですけど。」
黒「ああ、知り合いですから。」

えっ?知り合い?本当だろうか、だったら先生なんで警察まで呼ぶかな?全く信用できない気がしたし、長年ご近所で迷惑をかけ続けたこの身としては先生のためにもうひと頑張りせねばと、ありったけの勇気を振り絞ってもう1回聞きました。
ま「すみませんがお名前をお聞かせ願いますか?」
黒「○○です。」

それ以上詰問することもできず、忘れてしまわぬうちにとその名前と人相風体をメモしました。昼食から戻ってきた妹は車種とナンバーをさらに書き加えました。今度先生がいらっしゃったら本当に知り合いなのか聞くつもりです。

それにしても近所に駐車場も結構あるのに何で他人の家の前にそんなに止めたいのかしら?駐車料金が惜しいのなら車になんか乗らなきゃいいのに。

黒い車の主を全く信用できないまかない婦は相変わらずちょっと立腹モードでした。

夕方になり妹と酒屋の店番を交代する時、まだあの車は停まっているのだろうかと覗いてみたまかない婦の目に信じられない光景が映りました。

今度は別の白い車の主が勝手にポールを抜いて駐車していたのです。

これ本当の話です。その証拠にまかない婦と同じくその車を見た当社の社員が酒屋にやってきて
社「あれがんこやわ!先生に知らせてあげた方が良いよ。」と目をギラギラさせて言っていきました。

絶対に先生の知り合いなんかじゃねーだろ!!白も黒も。

なんだかものすごく不愉快なものを見せつけられたような気がして心落ち着かぬ今日のまかない婦です。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-25 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日一日すっごく風が吹いて出かける気になれなかったので一日中自宅でグダグダ過ごしました。

そしてやっぱり街中は大変なことになっていたようです。

DSCF7671_convert_20160125120724.jpg
これが今現在の窓の外です。積雪の量は金沢としては特別多いというわけでもありません。ただ、ムチャ寒いです。

道路も凍てついて『きんかんなまなま』です。これはツルッツル状態を表す金沢弁です。

車の運転がとっても怖かったと何人もの社員が言っています。ブレーキなんて全く利かないし初心者マークの車でもそばにきた日には震え上がると言っていました。

雪や悪天候に慣れている金沢人でさえこのありさまですから、雪に慣れていない地方の人たちは大丈夫だったのかなと気になります。

今回はそこまでではないのですが、何年か前に一日でドカッと降ったときがありました。その時会社まで帰ってこられなくって道沿いの宿泊施設に泊まった人や、会社から自宅に戻れずホテルに泊まった人、はては車が雪の中で立ち往生して何とか抜け出そうとエンジンをふかし続け、車一台ダメにした人など様々でした。

雪に慣れていたはずの金沢人としてはちょっと情けないと思ったのを覚えています。

今回は10年に1度の大寒波だそうですが、あの時ほどではなさそうです。現にいま明るい光がさしています。

それでも長靴でないと外出できないよと言われているので、ゴアテックスの登山靴で買い物に行くつもりです。

外出用のダウンもいまどきの薄手の物ではなくモッコモコの厚手のものなので義妹や妹にビバンダムだの、ベイマックスだの言われています。

大好きなモンベルのフッカフカのダウンは肌触りもよくあったかいんだから~♪

そういえば年末に兼六園でカキツバタが咲いたとか、能登で筍が採れたとか言っていましたがどうなってんのかな?

とにかく天気はいつも悪いのが当たり前の土地なので『きんかんなまなま』 以外は問題なさそうです。

* Category : 天気
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-24 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の夜からずっとかなり風が吹いていて戸や障子が鳴りっぱなしでやっかましいです。

職場である3階に下りてくれば遠い昔の遺産、『閉めることのできない窓』から吹き込む寒風を防ぐため立てかけられたコンパネが風が吹くたびバンバンと大きな音を立てて鳴りつづけています。やっかましいです。

昔は厨房の換気のため閉められない窓が必須だったのですが、厨房と食堂がほぼ一体化した当社の食堂のような構造の場合こんな厄介な窓は必要ないことになりました。

夏は熱風が吹きこみ、冬は身を切る寒風が雪を伴って吹き付けます。ひどいときは体の左半分が凍えて動きが鈍くなってしまいます。

その風を防ぐためコンパネを置き、電子レンジで窓に押しつけてあるのですが金沢は風も結構強いのでレンジなんかでおとなしくはなりません。

日本中で一番雷の多いこの土地は食べ物もおいしく、災害も少ないのですが天気は徹底的に悪いのが自慢です。

今こうやってブログを書いていてもコンパネのバンバンの他、換気扇に吹き込む風がヴォーヴォーと天井の換気口から聞こえてきます。全く持ってうるさいのです。

こんな大荒れの天気の日、外出する気にもならないのでまたしても大好きな読書に溺れながらグタグタすることになりそうです。幸い読んだ本が面白くてこれから再々々々読に突入します。まだ読んでいない本も面白そうなので楽しみです。

ほんじゃあまた明日。
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-23 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

毎日すったもんだしながら楽しく働いています。というのも当社の社員たちがユニークな人が多く、話しているのを聞いているだけでも結構笑えるということが利いているのかもしれません。

まかない婦は食堂にいるので食事をしながら気を許して話をしているのを聞く機会がよくあります。

まあ、それはさておいて今日の話は先日の昼ご飯チャプスイの翌朝のことです。

DSCF7656_convert_20160123120313.jpg
この舟形の器に入っているのがチャプスイで、病院の栄養士をしているときにサイクルメニューに入っていました。

この料理や八宝菜に入っているウズラ卵をかっさらって食べる社員が続出し、まかない婦含めの厨房チームを悩ませています。

さて、この翌日余ったチャプスイをセラミックの鍋に入れ朝ごはんのおかずとして温めながらおいてありました。

すると社員のAさんが小さな皿をもってチャプスイを取りに来て、ウズラ卵だけを5個ほど取ったのです。
ま「ちょっとちょっと、それダメやろう!」
A「安心してください、肉もとります。」
「ダメダメ、ダメー!!」

どうしてバランスよく食べないかな?そんな食べ方マナーも何もなってないし、ダメだって自分でもわかっているだろうに・・・

だけどまかない婦に叱られたAさん、いったん卵と肉をもって自分の席に着いたけどやっぱり自分でもダメだと思ったのか半分ほど返しに来ました。

ま「オイオイ、こんだけ叱られてかっさらっていったんなら食べちゃえばどうなん?」

やってることはエグイけど、返しに来た後恥ずかしそうにしている姿はちょっと可愛かったです。ま、ちーっとも可愛くないやからも居ますけどね。

ある日の朝のちょっと笑える当社の社員でした。

* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-22 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日2年ぶりほどで昔働いていた医師会検査センター時代の友人たちとの食事会でした。

駅近くのこじんまりとした和食のお店です。ご主人はワインのソムリエと日本酒の利き酒師の資格を持っているらしいです。

すでにお料理は決まっていたので飲み物をチョイスします。5人のうち2人は車で来ているのでノンアルコールのカクテルにしました。

ここは当然日本酒だと思ったのですが1人が体調いまいちで日本酒はきついらしく赤ワインならと言い出しました。

飲み物のメニューを見るとちょっとがっかりです。大きく書かれているワインは国産のワインで当社酒部にもおいてはありますが全く好みに合いません。と言うかまかない婦にとったらお金払ってまで飲みたくない銘柄でした。

とりあえずソムリエ様におすすめを聞いてみるとドンピシャ、そのワインです。

ああこの人とは好みが合わないんだとは思いましたが、まかない婦好みのワインはシラーやテンプラニーリョなどの濃い味のワインです。和食には合わないかもしれません。

その意味では勧められたワインなら料理の邪魔はしないでしょう。でもね、嫌いなんですそのワイン。

結構珍しいワインだったので飲んだことはないだろうとふんだ御主人はワインの瓶を見せて
「これですよ。」と飲んだことねぇだろオーラ満載でしたが、残念ながら飲んでます。本当に心ならずも・・・

その後ワインの銘柄選びでまかない婦と御主人の間に嫌~な空気が流れました。まかない婦の好きなぶどうの銘柄を告げると
「それらの品種の味は随分違いますよ。」と責めるようにおっしゃいました。

そうかもしれません。でも好き嫌いって基本的に理不尽なものなのです。20年以上調理に関わってきたこの身には痛いほど染みついている常識ですが、若いご主人には達観できないのかもしれません。

少しキレ気味に御主人が出してきたのは日本人のオーナーがカリフォルニアで作っているワインでした。
ま「あっ、違い鷹羽ですね。」珍しいワインを見た嬉しさに寄って瓶を見るまかない婦に御主人が言います。
主「イガイタカハです。」

そうでした、違い鷹羽はオーナーの奥様の実家の家紋で、それから一字違えてシャトーの名前を付けたと言っていたのをしばらくして思い出しました。以前ホテルトラスティで食事をしたときにそのオーナー夫妻がいらっしゃっていてそう言っていたのです。

そして娘さんが韓国の方と結婚され、生まれた孫娘の名前を付けたという『ジウン』というロゼワインがとてもおいしかったことも思い出しました。イガイタカハのワインは懐かしく感じましたが、御主人が出してきたこの銘柄は飲んだことはないものです。

御主人は
「まあ、このワインだと値段もかなり高いです。」とおっしゃいましたがそれも知っています。まかない婦にジウンを薦められトラスティで食事をした弟たちがジウンではないイガイタカハの赤ワインを飲み、しびれるほどに高かったと言っていたからです。

まあ、いくら良いワインでも割り勘の食事会で飲むワインではありません。

結局外国産のワインを選び、頂きましたがほどよく濃くて結構おいしかったです。まあ、和食に合わないことは最初っから了解済みなので許してほしいです。

料理はとても美味しかったです。これだけ自負を持った料理人さんの方が良い料理を作るのかもしれません。今日、まかない婦は義妹にこのお店をお勧めしておきました。

彼女は時々昔の知り合いの方々とランチを食べに行っています。たぶん彼女好みの味です。

ワイン選びで冷たい風が吹いたけど、そんなことより昔馴染みの人たちとのおしゃべりと食事はとっても楽しかったです。

次回はいつになるかはわかりませんが、また一年後くらいに美味しい食事とおしゃべりを楽しめれば良いねと手を振って別れた昔馴染みの人たちでした。 

あっ、このお店で最後の最後に真澄泉の貴醸酒を頂きました。貴醸酒は一度も飲んだことが無かったの飲んでみたいと思っていました。少し甘口ですが想像ほどに濃くもなく飲みやすいお酒でした。

また一つ知っていることが増えました。長く生きるのも悪いことばかりではありませんね。
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-21 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

19日の新年会の折、今日から働き始める新入社員の男の人も参加していました。なかなか良さそうな人なので当社に居ついてくれればよいがと思っています。

たまたますぐそばの席だったのでいろいろお話も聞けました。驚いたことに隣に座っている人に
「まかない婦さんって誰ですか?」と聞いています。

オレオレ、オレですちゃ。

まあ、入社しようかと思う会社のホームページは必ずチェックするだろうし、このブログもそこに引っ付いていますからね。

ですがこのやり取りを聞いてまかない婦と新人さんの間に座っていた社員がドン引きしながら注意しています。
「そんな風に呼んだらアカン!」関西出身です。

えっ、でもなんでダメなの?仕事の内容はまかない婦そのまんまだし、わざわざまかない婦と名乗ってブログ書いてるのにそう呼ばれて気を悪くしたりなんてしないよ。

てか、気を悪くするって思われる方が心外だな。だってこれでもこの職業に結構誇りを持ってんだけどなあ・・・

この仕事誰でもできるって類のものではないし、この押し寄せるヘタレ野菜の向こうを張ってやっつけるって結構大変です。

でもまあ、以前栄養士会の勉強会の場だったかで「仕事はまかない婦。」と宣言した時何やら居心地のよくない風が吹いた気がしました。

そんなもんか・・・

そんでもめげずに続けていくつもりです。あたしとおんなじ仕事やれるもんならやってみな!

多分全国に居るまかない婦のみんなもおんなじように思ってると思うよ。臨機応変、物を無駄にしない、えこひいきなし、我儘な人間が得をしないように気を付ける、これでもいろいろ大変なんだよ。
* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-20 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は当社の新年会でした。今日のブログでご披露しようと思ったのですが、当社にとっては大きな行事でもありますし、これは来月の『柿市こぼればなし』に回すことにします。

ただ、とってもおいしかったお料理は今日紹介しますね。

IMG_3854_convert_20160120131603.jpg
新年会の会場は森本のシノアぶどうの木さんです。金沢でもパタパタと雪が降って、時々雷もなっていました。そんな日の新年会が妙に似合う柿市商店です。

IMG_3871_convert_20160120131644.jpg
アミューズのきのことアワビ入りコンソメロワイヤル トリュフを添えてです。

デミタスカップで出てきたので『えっ?しょっぱなからコーヒーかよ?』っとちょっと驚きましたが内容は洋風茶わん蒸しと言ったところでした。アワビの存在感が凄いです。キノコはブナピーと花びら茸かなと隣に座った社員がつぶやいていました。

IMG_3873_convert_20160120131712.jpg
前菜の海の幸と大地の恵み 極品冷菜のデフォルマシオンです。

「デフォルマシオンってなんだ?」と聞かれましたがまかない婦も知りません。長い人生でたぶん初めて聞いた言葉です。スタッフの方に聞くと
「盛り合わせというような意味です。」と教えてくださいました。うーん、当社用のメニューなら盛り合わせって書いてもらった方が良かったかもね・・・

このあたりからワインを頂いて食事を勧めます。

IMG_3875_convert_20160120131735.jpg
温菜のフランス産フォアグラと豚肉のパテです。どちらも美味しいしカリッと揚がった蓮根のチップスも良かったです。

IMG_3876_convert_20160120131800.jpg
海老料理のオマール海老と帆立のオーブン焼き アメリケーヌソースです。身がしっかりしていて美味しかったです。添え物につぼみ菜が付いていました。

IMG_3884_convert_20160120131827.jpg
肉料理の牛フィレ肉のロティ ぶどうと赤ワインのソースです。肉は軟らかく美味しかったし、ケールやヤリガイ君、アスパラもそれぞれ美味しかったです。

IMG_3891_convert_20160120131855.jpg
デザートはオリジナルデザート盛り合わせです。かなり酔ってしまいましたが旨かったことは間違いありません。

と言うわけで今日はお食事だけ紹介しました。詳しいあれこれは来月のこぼれ話で見てくださいませ。ではでは
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-19 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

天気予報通り金沢も大荒れの天気になりました。特に風が強いです。

時々雷もなっていますが、それはこのあたりでは珍しいことでもないのでだあれも気にしていません。

ただ風のため建具などが激しく鳴り続けています。今日の家鳴りは機嫌が悪いようです。

まかない婦はビルの五階で寝ているので下の階より風当たりが厳しいのだと思います。家鳴りがうるさすぎて熟睡できませんでした。

それどころか昨日の夕刻にはまたしても当社ビル前に積み上げられたプラスチックの箱が風で道に散乱したので、哀しい思いと恨みを抱えながら1人片づけました。

まかない婦がどれだけ言ってもビルの前に箱を積むのが大好きな輩がいるらしく、箱積は一向に収まりません。

その箱を見るたびむかっ腹が立ちますが、1人で片づけるには量が多すぎます。仕方がないので今日は社長に苦情を言ってほんの少し溜飲を下げたまかない婦です。

そしてこの最悪の天気の中、柿市商店の新年会が郊外のレストランで開催されます。

なんかいっつも天気が悪いです。

今年の新年会が無事終わるのかどうか、明日のブログでお知らせします。ではまた明日。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-18 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は月に一度の休日だったのですが、午後から母と2人で出かけました。まず妹の誕生日プレゼントを買いにアミングという大きな雑貨屋さんのようなところに行きました。

久しぶりに訪れたアミングはすっかり様変わりして、ますます素敵になっていました。

そこで目当てのものを買ったところまではよかったのですが、急におなかが痛くなってきました。

まずい!下痢をしそうです。

キョロキョロとトイレを探しましたが見つかりません。なんとか治まったので家へ帰りたくて仕方がなかったのですが、お出かけモード満開の母のことを思うとそうとも言えず、バスに乗って駅に向かいました。

駅に着き、間違いなくトイレのあるところに着いたと安心した途端また腹痛全開です。

慌ててトイレに駆け込みました。

どこか空いているトイレはないものかと必死に探していると
「順番ついていますよ」と後ろから声がしました。

ハッ!緊急事態だったのと、清掃員の方とその人が話をしていたので順番をついている人とは思ってもいませんでした。

我に返り恐縮してすみませんと謝ると、その人は極上の笑みを浮かべて許してくれました。

幸いすぐにトイレが空き、大失態には至りませんでしたがすれすれでしたね。

いやはやあんなところでもし大きい方のおもらしをしたりすれば一生のトラウマになるところでした。

間に合って本当に良かったです。 
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-17 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日久しぶりに友禅作家の叔父からお誘いの電話があり、今年初めての割り勘会が決行されました。今回は近江町いちば館二階の口福さんです。

実は年末にも3回ほど予約の電話を入れたのですが、すべて満席で予約が取れませんでした。価格もリーズナブルでありながら料理のレベルも高く、大学生や留学生のバイトを入れて外国人への対応もばっちりです。

この日も隣の席には韓国人らしきご夫婦が石川県産の証水色のタグをつけたカニを食べていらっしゃいました。

IMG_3831_convert_20160117132130.jpg
ビールで乾杯する叔父と母を前にまかない婦は竹葉さんの上撰を熱燗にしてもらってのスタートです。突き出しは鱈の真子の煮付けです。

IMG_3833_convert_20160117132152.jpg
刺身の盛り合わせを頼みました。これで一人前ですがとても新鮮です。ただ、イカ、タコ、貝が好きなまかない婦たち、のどぐろやガスエビが好きな叔父のどちらの好みにも合わなかったのが残念です。

でもこの時期に金沢に来たらブリは外せないし、イワシや金目も鮮度抜群でおいしかったです。カジキと甘海老も入っています。それにありがちな機械で作ったつまではなくちゃんと包丁で作ったつまです。もちろん野菜も全部いただきました。

IMG_3834_convert_20160117132217.jpg
ナマコの酢の物です。酢の物って意外とメニューにないお店もありますよね。酢の物好きの叔父には嬉しい店です。酢の物だけでも何種類もあります。

IMG_3837_convert_20160117132239.jpg
鱈の白子の酢の物です。美しいピンク色をしています。魚屋さんに教わったのですが赤すぎるものはまだ未熟、白くてだれているのはお年寄りだそうです。これは丁度食べごろですね。

IMG_3839_convert_20160117132303.jpg
この店に来たら必ず食べるジャコと根菜の温玉サラダです。パリパリに揚がったゴボウと絡む温玉が旨いですよ。

IMG_3840_convert_20160117132326.jpg
母の好物蓮蒸しです。3人で分け合って食べました。

IMG_3843_convert_20160117132350.jpg
一人前の湯豆腐は叔父のオーダーです。熱々を3人で食べました。

IMG_3844_convert_20160117132415.jpg
この日頼んだものの中のメインでしょうか、焼きガニです。自宅では作らないのでこんな機会に頂きます。

IMG_3846_convert_20160117132443.jpg
他にも北陸の珍味セットも頼んだのに写真に撮るのを忘れました。これは〆のおにぎりセットです。母も叔父も食欲旺盛です。

IMG_3848_convert_20160117132514.jpg
〆〆の冷たい茶そばです。温かいのも頼んだことがあったのですがやっぱり冷たい方がおいしいです。

この後店長さんからデザートの差し入れがありました。写真に撮る前に食べてしまって跡形もなしです。

叔父が終始楽しそうなのでこちらまで幸せになります。正月は忙しくて徹夜続きの毎日だったとか、道理で年賀状も新年のあいさつもなかったはずです。

今年も3人で楽しくやっていけそうな割り勘会の新年会でした。
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-16 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

先日近江町市場の肉屋さんで買い物をしていたら外国人らしいグループがすぐ隣にやってきて肉の品定めを始めました。どうやら牛の薄切りを買いたいみたいです。

外国人のグループは多分中国人の方々だと思うのですが、どう見ても旅行者風です。

『あのね、その肉買ってどうすんの?どこで料理するのかな?』まかない婦は聞いてみたくて仕方ありません。

何とか英語を話せる店員さんがりりしく相手をしていましたが、親切とまでは言えません。だって薄切りの肉とステーキソースを買っています。

『あのね、そのソースステーキ用だよ、その肉ならすき焼きか冷しゃぶ、もしくはプルコギでしょ?ねえねえ、あんたたち日本語読めるの?』聞きたいことが膨れ上がりますが、気弱大王なので質問できません。

それに焼肉って英語でなんて言うんだろう、バーベキューでいいのかな?

結局そのグループはミスマッチの肉とソースを買っていきました。やっぱり話しかけてあげたほうが良かったよね。金沢人のおもてなし心のためにも次の機会には頑張ります。

でも昨日酒屋へ来られた中国人の方には英語で話しかけましたよ。あちらの方から英語できましたからね。菊姫さんのBY大吟醸を買っていかれました。

「グッドチョイス」と持ち上げてみましたが、返事もありませんでした。 実はBYはまかない婦の好きな銘柄で、ワンランク上の大吟醸より好きだと思います。

でもここ数年菊姫さんの大吟醸飲んでないな。次の宴会の時にでも買っちゃおうか?次は社長や義妹、義弟の誕生日だから3月中ごろかしら?

ちなみに焼肉は英語ではコリアンスタイル・バーベキューで良いらしいです。やっぱバーベキューなんだね。

あの人たちどこでバーベキューしてんのかな?謎多き外国人グループでした。 
* Category : 近江町市場
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-15 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

ここ数日ぐっと寒い日が続いています。昨日は母と2人寄せ鍋を楽しみました。

寒い日に鍋を囲めば温かく美味しく、鍋を囲む相手の居ることもありがたく思う冬の日です。お酒は萬歳楽さんのM2大吟醸を冷酒でいただきました。

今、日本酒界ははしぼりたてやにごり酒が豊富に並ぶ酒飲みにとってうれしい季節です。

IMG_3829_convert_20160115173203.jpg
酒屋の冷蔵庫もいつの間にか新酒に占領されつつあります。

気になるお酒をピックアップしていきましょう。

一番上左端の手取川さんの露燦然は大吟醸の生酒、斗瓶取りの無濾過です。価格は4536円と少々高めですが、間違いなく値段以上の高貴な味わいです。

左から四番目の宗玄さんの生原酒は去年より少し甘めに戻ったようです。去年の味の方が好きでしたが今年も悪くありません。先ほどもお客様と話していたのですが宗玄さんは安定して美味しいです。

真ん中の手取川あらばしり大吟醸生酒はこの値段にしては出色の出来です。あっ、値段は1701円です。

上段右から三番目天狗舞さんのしぼりたて本醸造生酒は972円と破格の値付けです。安くても安心して飲めます。右端の大吟醸50の生酒は世間的には欠品していますが、720mlだけは季節商品の後ろで静かに眠っていました。

二段目左端の常きげんさんのしぼりたて山廃純米無濾過生原酒は去年の味の方が美しくて好きでした。今年はいかにも山廃と言う感じで好きな人にはこれも良いのかもしれません。この写真には写っていませんが参五磨の大吟醸は素晴らしく美味しかったです。

真ん中あたりの奥能登の白菊さんの純米酒と本醸造のにごり酒はまだ飲んでいないのですが間違いなく美味しそう&吹き上がりそうです。

竹葉さんのにごり酒もまだ飲んではいないのですがお客様の評判は上々です。しぼりたてやかすみ酒もコスパ◎の美味しさですし、能登純米のしずくは舌にピリピリときて抜群に旨いです。

三段目左端の加越酒造さんの袋しぼり無濾過生の純米大吟醸月光は1620円と信じられぬほど割安な値段です。味も上々ですよ。

左から三本目の手取川さんの純米にごり酒白寿は以前のものより活性が強く辛口になりました。まかない婦は今の白寿の方が好きです。

真ん中あたりの夢醸さんのうすにごり純米生酒はうすにごりというにはかなりにごっていますが、ピリピリとフレッシュで美味しいです。

右の方には最後のひやおろしが一本だけ残っています。右端の遼は末広さんの純米酒で、先代社長の後を継いだ息子さんが自分の名前を付けた渾身の作で、義妹がある酒の会で飲んだ日本酒の中で一番うまかったと褒めていました。

こんな感じでダーッと並んでいますが、まだこれから出てくる銘柄もあるので楽しみにしています。

今晩は休肝日なので明日またどの子とお付き合いするか、楽しく迷うまかない婦です。

* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-14 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

年が明けてもいまだに在庫表の書き直しを続けています。そんな中昨日はウイスキーの部分を直しました。

ここ一年でウイスキーの販売が大きく変わりました。何度かこのブログでも言っていますが海外で大きな賞を取ったことと、NHKのまっさんと言うドラマ、そして小雪さんにつられてだんだん膨らんだハイボール人気などでウイスキーの需要が大きく跳ね上がりました。

売れすぎて原料のモルトまで手を付けてしまったのか、通常出回っていたシングルモルトの年代物などはほとんど市場から消えました。

そして4月に大きく値上がりしてしまい、7500円ほどだった12年物は9000円を超える定価になりました。あれっ?サントリー山崎の12年は値上がりしていないぞと思ったら、入荷がないので旧価格のままになっていただけでした。

それでも元から細々仕入れていたおかげか仕入れ先から時々福音のように年代物が入荷してきます。それも店頭に並べるとあっという間に売れてしまいます。

そんな高いウイスキーを買うのはほとんどが外国人のお客さんで、特に中国人の方々の高級ウイスキー買いはけた外れでした。

そんなことが、この在庫表を見ているとよくわかります。一年間に値上がりした商品は赤字でとりあえずの変更が書き入れられ、定番商品が入らないため代替え品として違う銘柄のものがどんどん追加されています。

すべての在庫表の中でこの部分が二番目に変更箇所が多かったです。3/4ほどが変わったかな?

ちなみに一番はある蔵元さんの日本酒の価格です。どういうわけかはわかりませんが、価格の変更がしょっちゅうでまだ全部の在庫表を新しくしていないのに、すでに変更箇所が何点か記されています。

ここだけは2か月に一度くらいは新しく打ち出したほうが良さそうな・・・

何の変哲もない在庫表、その中に一年間の商売の苦労が垣間見えます。次に大きく変わるのは消費税値上げの時期ですね。8%に代わったときの作業の大変さを思い出すとゾッとします。

本体価格表示にしてしまえば良いかと言うとそれも問題です。顔見知りのお客様にせめて端数を切っておまけをしてあげようとしてもまたぞろ端数が合わなくなって意味不明の値引きになりがちです。

それに結局支払いは税込み価格なので、税込みの価格の方がお客様にはわかりやすいと思うのです。

消費税が10%になっても飲料などは8%のままだそうで、本体価格で打ち込むのも難しいことになるでしょう。

どうなることやらと言うのが正直なところです。

まあ、お国にお金がないのだから仕方ないのでしょうね。

今日もこの後在庫表の更新をすることになりそうです。それではまた明日。

あっ、昨日ブログをアップするの忘れてました。一応書いてあったので昼過ぎに載せときました。ゴメンネゴメネー
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-13 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日の柿市商店のお昼御飯は「小ガスエビの天ぷら」です。ガスエビって知っていますか?金沢と言えば甘海老が有名ですが、実はガスエビというエビもよく捕れます。

ただこのガスエビは劣化が早く、頭がすぐに黒くなってしまうので他県にはあまり出回らないのだと思います。

DSCF7636_convert_20160113120147.jpg
というわけでこれが小ガスの天ぷらです。子持ちで新鮮だったので美味しくできているはずです。

ただ、この暴挙により柿市商店全体に揚げたえびのにおいが充満しています。揚げ油も絶望的な状態の上エビ臭くなったので廃棄寸前です。

この悪くなりまくった揚げ油で最後に揚げ出し豆腐を作ります。揚げ出し豆腐には新しい油はあまり向かないと以前調理師学校で習いました。

確かに新しい油で作るとこんがりとした揚げ色がつかないような気がしますし、衣が剥がれ落ちて油が汚れるのでやはり古い油で良いのでしよう。

そして会社だけではなく調理したまかない婦にも濃くエビのにおいがついているはずです。この状態で酒屋へ行くと妹が
「あんた、美味しそうな匂いやね。それで買い物に行ったらガブッって食らいつかれるんじゃないか?」と言うのです。

何度もこれで買い物に行っていますが、誰も食らいつきに来た人はいません。臭すぎて逃げ出した人はいるのかもしれません。

念のためこれから買い物に行き確かめてみることにします。

* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-12 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

先日従妹が埼玉名物の肉汁うどんなるものを送ってくれました。美味しいものをよく知っている従妹が送ってくれるものはいつもはずれなく美味しいです。

ですが、先に食べたらしい妹が
「2人分って書いてあっても量が多いぞ。3人分だと思って作った方がいいよ。」と言っていたので麺だけは3つに分けて準備しました。

買い置きの牛タンがあったのでそれを焼いて食べた後肉汁うどんにトライしました。

モッチモチの麺とボリュームたっぷりの豚コマやぶつ切りネギ、揚げなどが入ったつけダレは思っていた以上に食べ応えがあって、結構食べる派のまかない婦でさえ途中でギブアップしそうになりましたが、気合を入れ直し完食しました。

オイオイ、これで麺を2つに分けてあったら絶対食べきれなかったぜ。

あれって本当に2人前?

自宅ではこんな風ですが、柿市従食でも食べ物がやや余り気味です。ですが今朝休み前に余っていたかに玉の卵液と出汁を合わせたものをレンチンして巨大茶わん蒸し風のものを作ろうとしたら酸っぱいにおいがするのです。

一口食べてみると完全に行っちゃった味がしてペペペッと吐き出してしまいました。

ショック!このおかずが傷んだことは今までなかったのに・・・

まあ、そのあと作ったキムチ鍋があったし、里芋の揚げ団子なども作ってあったのでおかずがないという非常事態には至りませんでした。めでたしめでたし・・・ですか?
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-11 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日予告通り妹の誕生日パーティーを開きました。いつも通り寿司とローストビーフ、チーズの盛り合わせ、牛肉のたたきなどを並べ写真を撮っていたのですが弟から
「毎回毎回そんなん撮らんなんかい?もういいやろ。」と言われ、それもそうだと写真を撮るのはやめました。

でも楽しい写真が撮れたので載せておきます。

DSCF7623_convert_20160111134610.jpg
ジャーン!義弟です。かぶっているのは取引先のレストランから頂いたパイに付いていました。

ガレット・デ・ロアというお菓子だそうで中に陶製の人形が入っているはずですが、歯が欠けたりするといかんということか、別の食べられるものが入っていたようです。これが当たった人がこの王冠をかぶります。

DSCF7627_convert_20160111134533.jpg
母にもかぶせてみました。楽しいホームパーティです。

この席で弟の話していたことが面白かったので載せておきます。

マイナスオーラ満載のまかない婦ですが、当社にはもっとすごい強者が居ます。まかない婦より少し年上の女性社員で結構美人なのに考えていることは悲観的なことが多いようです。

その彼女が昨日出番で、左義長に飾り藁などを持っていくことになっていたのですが、青い顔をして社長のところにやってきて
「社長、私あんなもの怖くて持っていけません。」というのだそうですあんなものとは何なのかと聞くと蜂の巣だというのです。

「ダラかいや、あれは蜂の巣じゃない、杉玉や!」

実は酒屋に下げてあった杉玉が古くなり、地面に落ちてしまったので新しいものと取り換えたのです。ですが無下に捨てるわけにもいかずこの日を待ってとりおいていたものです。

確かに大きさはスズメバチの巣に似ていますが、それ以外全く共通点はないような・・・

さすがのマイナスオーラ女王様です。彼女にこそ王冠をささげたほうが良さそうな。

とっても笑えた柿市商店の小ネタでした。  
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-10 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

日曜日の午後、仕事もほとんど片付きのんびりブログを書くことにしました。

さて、妹と2人何とか営業している小さな酒屋ですが、手伝い程度しか働いていないまかない婦にも任されている仕事があります。自販機の管理と在庫の酒の出し入れです。

もともとそういうパズルっぽい側面のある仕事は好きです。たとえば自販機の中の売れ筋の商品はギッチリ詰めるけど、売れ行きいまいちのものはその売れ行きによって補充する本数を変えています。そしてもっとも売れない自販機は売り切れのランプがついてから補充するようにしています。

この作業と、その後手を付けた飲料をわかりやすくストックするために頭を使って楽しんでいます。二段に重ねる時は下の箱にはギッチリと品物が詰まるよう、組み合わせを考えて詰合せます。下の箱に空いたスペースがあると上の箱の重みで荷崩れしたりするのでここ重要です。

酒にしてもできるだけわかりやすく在庫できるように気を使っています。一升びん用の箱には取引先様の名前を白いテープに書いたうえそれぞれの酒瓶にも店名を張り付けるようにしています。

そんな中、プラスチックの酒瓶用ケースは扱いやすいのですが段ボール箱だと持ち手がないものはとても扱い辛く困っていました。

すると母がカッターを使って持ち手を作っているのに気が付きました。なんでも名古屋の叔父のアドバイスだそうです。

それ以来酒屋で使う段ボール箱にもカッターで持ち手を作るようにしました。これで随分と仕事が楽になりました。

ですが先日、間違って配達された箱に持ち手を作ってしまい、中の紙箱まで傷つけてしまうという失態をしでかしてしまったのです。

気が付いて引き返してこられた加越酒造の奥田さんは
「大丈夫です。」と笑って許してくださいましたが、笑える事態ではなかったです。

その奥田さんがまた酒を納品しに来てくださったとき
「見てください、柿市さん仕様にしてきましたよ。やはり女の方だからこのほうが良いかと思って。」と段ボールの箱に自ら取っ手を作って持ってきてくださったのです。なんでも蔵の方がそうやって用意してくださったとか・・・

優しさと思いやりに心が温かくなりました。取っ手をつければ確かに持ちやすくはなります。ですがそれを過信すると取っ手のところから破れて箱ごと取り落とすという大事故になりかねません。

蔵元さんとしてはそればかりは避けたいところでしょうに、あえて持ち手を作ってきてくれたのです。

ありがたいことです。温かい心遣いが嬉しいのはもちろんですが、そんな優しい蔵元さんたちと知り合えたのもこの仕事をしていたおかげです。

ねじくれ曲がった心のまかない婦も、感謝の気持ちで頭が下がります。この関係がいつまでも続けば嬉しいと思った年の初めの出来事でした。
* Category : お取引先
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-09 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

年末に膀胱炎をこじらせた話は何回かこのブログに書きました。年も押し詰まったころからうすうすその気配はあったのですがあまりにも忙しくて医者に行くことができなかったのです。

ですが、自分の薬箱の中に何かそれ用の薬があるのではないかと期待して探してみました。すると何かいかにも効きそうな薬があったのでこれだと思い、パソコンで検索してみました。

コントール5mg錠。しかし、期待に反してこの薬は心の緊張などを和らげる薬だったのです。

そういえば以前膀胱炎になった時3日分しか薬が出なかったのでスッキリ治らず、近所の皮膚科に行ってまた薬をもらおうと診察を受けたところ、子供のころから顔なじみだったその医者様は
「膀胱炎ではありません。精神的なものでしょう。」と言ってこの薬を出してくださったのです。

クッソー!!この緊急時に心の緊張和らいでもダメなんだけど

小さなころから知っているだけにまかない婦のねじくれ曲がった性格をよく知っていただろうこの先生の判断は、この時ばかりは外れていたようです。先生、お願いしますよ、へんちくりんな性格は一旦脇に置いといて、膀胱炎の薬ください。

とはいえ今ではこの先生も引退して、時々顔を合わせるくらいです。薬をもらうお相手ではなくなってしまいました。

そうそう、年が明け膀胱炎も収まったころ、ねじくれ曲がったこのわたくしにたった一つ胸のすく出来事がありました。

まかない婦が寝ている仏間は本社ビルの5階にあり、時としてカラスのガオガオ鳴きで目を覚ますことがあるのですがこれがとっても不愉快なのです。しかも時にはしつこくすぐそばで鳴きつづけまかない婦を苛立たせています。

そこでまかない婦音だけのクラッカーを買ってきました。

そして年が明けたある朝、すぐそばで鳴いていた姿の見えぬうるさい奴に向けクラッカーのひもを引きました。

パン!鋭く大きな音がしてカラスは一発で沈黙しました。

まがった心は嬉しさに震えたものです。

その罰が当たったのか翌日には虫歯でもない歯が大きく欠けてしまい、ようやく歯を治したと思ったら今度は軽くめまいがしています。

いやはや全く忙しいことです。 

今はすべてのごたごたが収まり、明日からの連休で少しはゆっくりできるかと期待しています。

ですが明日は妹の誕生日を祝ってまた宴会の予定なので、饅頭怖い状態の今のまかない婦です。
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-08 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

年が明けて酒屋にいらっしゃるお客様も若干減りました。それでも常に店員1人の小さな酒屋は忙しくさせていただいています。これもみなお取引先様と常連のお客様のおかげかとありがたく思っています。

昨日のお昼すぎ昼ご飯を食べに行っている妹の代わりに酒屋の店番をしていた時です。見かけない年配のお客様が来店されました。

客「この前来た時まだなかったんだけど、日めくりのカレンダー届いているかしら?」日めくりのカレンダーは毎年長生舞さんが一部くださいますが、他にはないのでこれのことだろうとは思ったのですが、丁度電話がかかり、しかも商品を持ってきてくださった蔵元からの配送とも重なってしまいました。

しばらく待っていただいて電話の応対を済まし、カレンダーを探し出してお渡しすると袋に入れてくれというのです。雨にぬれると嫌だとおっしゃいましたがぴっちりとビニールの中に納まったカレンダーに濡れる心配はなさそうです。

とにかくそれを持ち帰られた後、帰ってきた妹に報告しておきました。すると妹の顔が不機嫌そうにゆがみます。
妹「あんた気が付かなかった?あの人年末にあんたが相手した厄介なお客さんだよ。」

そういえばそうかもしれません。そのお客様の相手をしたことはほとんどありませんが妹に呼ばれちょっと応対しただけで分かりました。

満員のお客様が何人もレジの前にいらっしゃるのにカップの焼酎を持ってきてその説明を求めたり、買うと決めた品物をやはりいらないと言ったりでまったくレジが打てません。後ろに並んでいるほかのお客様がまるで見えないようでした。

その時はとりあえずレジから外れたところで品物が決まるまで選んでいただきましたが、1人で店番をしているときに来店されればかなり困るお客様です。以前も先にレジを打っている中のお客様に割り込んで自分を優先させようとして妹を困らせたみたいです。

そしてここ何年も当酒屋にたった一部の日めくりカレンダーを
「私がもらうことになっているのだ。」と主張して持って帰るのだそうです。

以前にもたった120円のペットボトルの水を配達しろとうるさく主張するお客様がいらっしゃいました。常に一人しかいない酒屋は配達と言われてもなかなかに難しいのです。

手伝ってあげたくなるようなそんな人ならまだしも、このような要求をしてくる方はほぼ高飛車です。

思えばいろいろなお客様に揉まれ揉まれてここまでやってきました。これからもいろいろあるのでしょうね。

とりあえず日めくりカレンダーを欲しがるお客様が1人だけで良かったと思った昨日のまかない婦でした。
* Category : お客様
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-07 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

年の初めはいろいろな売れ残り食材が上がってきます、その食材も年越しのものが混ざっているので使えないこともしばしばです。

今日は折れた胡瓜と、売れ残りのレタス、大量に在庫を抱えたエノキの軸、年越しベビーリーフをやっつけました。

エノキの軸は肉種に入れるとほとんどわからないのでかさまし食材としても有効ですし、味噌汁などに入れても良い出汁が出ます。

今日は豆腐ハンバーグに混ぜ込みました。

DSCF7610_convert_20160107120130.jpg
社員の食欲に差があるのでハンバーグの大小は激しく違います。

丁度いらっしゃっていた厨房機器のホシザキさんの営業の方がこのハンバーグを見て目をむいていました。

DSCF7611_convert_20160107120053.jpg
大きいのと小さいのを並べてみたら軽く6~7倍の差があります。わざと大きさをちがえているのだと話すとやっとホッとして
「言って良いものかどうか迷いました。」と言われましたが、作為的ではなしにこれだけ差がつくということは普通あり得ません。

何せ当社にはすごい人が居るのですわ。

明日は溜まった牛乳を消費するためシチューにする予定です。

それではまた明日。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-06 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

最近会社の携帯がスマホに代わりました。それに伴いいろいろな事件が起こっています。

まず、スマホを全く触ったこともない人間が何人もいたので(まかない婦もその1人です)通話ができない人がいたり、なぜかすべて着信拒否になり連絡が全く取れない社員が居たり。

のっけから不具合があってショップへ直行の人も何人かいたようです。

都合の悪いことにスマホを扱えない人の携帯が不具合を起こし、ショップへ行けと言われ行っては見たものの、何を言われているのかちんぷんかんぷんであわや喧嘩になりそうになったということすらあったみたいです。

多分ショップの店員さんにしてもそこまで分からない人が存在するのだということ自体が分からないのでしょう。

アプリ?シムカード?アカウント?何じゃそれ?の世界です。
「あんたが何を言っているのかがわからん。」と言ってあげたそうですが、相手も全くお手上げ状態であっただろうことはうっすら想像がつきます。

まあ、この件は義妹が中に入って上手く回してくれるものと思います。まかない婦にしても大差ない分からんちん振りです。

そういえば先日大みそかに当番医で何時間も診察を待っていたとき、哀れなまかない婦を迎えに行ってやろうと弟が電話をかけたところすぐそばでまかない婦の携帯が鳴りあんまりな忘れ物に家族がみんな呆れたようです。

大丈夫、安心してください。スマホが無くても文庫本があったので長い待ち時間も何とか過ごせました。

もともとほとんどの日本人が携帯を持ってるはずのところ、ほぼ自宅にいるのだからと携帯なしで過ごしてきたまかない婦です。買い物途中などに連絡がつかないと会社から渡された携帯が今はスマホで、結構でかいのでちょっぴりお邪魔だと感じています。

こんなものにガジリついている人の気持ちが今一つ理解できません。どうせガブリ寄るならたっぷり実体のある本の方が何ぼかましだと思えます。

今回ガラ系からスマホに変更する際、会社から貸与されているものなので自分のものではないのだとはっきりと告げられました。

それもあって、ますます携帯無視に傾いているこの頃のまかない婦です。

まあ、生きていくのに携帯も時計もなくてもさほども困らんもんです。今のところはね。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-05 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日から会社が営業を始めました。といっても2日ほど前からすでに出番の人たちと働き始めているので特に感慨もありません。

さて、年末に膀胱炎をこじらせて当番医に駆け込んだことは数日前のブログに書いたと思います。しかし、この話におまけがありました。

当番医の待合室は体調の悪さ抜群の人たちであふれかえっていました。自力で歩くのが難しそうな人さえ何人かいて、まかない婦など大したことのない方です。

それでも膀胱炎に罹ったことのある人なら耐えがたき症状をご理解いただけると思います。

その病院で診察を受けるまで2時間半まったまかない婦ですが、当社にさらに待たされた人がいたのです。待合室では会わなかったのでお互いに知らなかったのですがインフルエンザでフラフラになり同じ当番医に駆け込んだ社員がいたのです。偶然でしょうか?

ただ、熱が高かったのですぐに別室に隔離されベットで寝て待ったのだそうです。

それにしてもお互いさんざんな年末でした。病院で待たされた挙句、薬局でも待たされ10時に出かけて、戻ってきたのは3時を回っていたような・・・

妹のヘルプどころか、手伝おうとしてワインを割ってしまう粗相をしでかし足手まといにしかならなかったのです。

そして年明け歯を食いしばりすぎて歯が欠け落ちるという悪夢のような出来事が起こり、またしてもさんざんな年明けを迎えました。

今年1年の運勢がわかってしまうような嫌~な年明けです。おとろっしゃ、おとろっしゃ
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-04 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

年明け早々とんでもないことになっています。

実は2か月ほど前歯磨きしている最中にフロスに引っかかって歯が少し欠けてしまいました。ほんの小さなかけらだったので次の定期検診の時に申告しようと思っていたのです。

と・こ・ろ・が・・・昨日になってその歯が大きく欠けてしまいました。

いかん、明日は歯医者へ行こうと心に決めたのですが夜寝ている間にさらに大きく歯が欠けてしまったのです。このままではひょっとしたら歯が無くなってしまうのではと恐怖に駆られたまかない婦は以前に作ったマウスピースを引っ張り出し装着してやっと寝ました。

せっかくこの年まで全部自前の歯で頑張ってきたのにこれはいったいどういったことでしょう?

年の暮れは当番医に飛び込み、年明け早々歯医者がよいです。何とも不吉なこのありさま、まさにまかない婦にぴったりのまがまがしき年明けとなったようです。

この後歯医者さんへGOです。
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-03 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は当家恒例の新年の宴会でした。妹家族とまかない婦と母、弟夫婦といういつもの顔ぶれです。

DSCF7592_convert_20160103122443.jpg
まずは、これが無くては宴会にならない大スター 握りずしです。

DSCF7598_convert_20160103122625.jpg
今年は数の子も浸けてみました。といっても母と義妹にかなりの部分やってもらっています。色が少し黒いけど味はまあまあです。来年は薄口しょうゆでトライします。

DSCF7599_convert_20160103122650.jpg
多分いまみんなが一番食べたいのではないかと思いサラダを作りました。二種類のレタスとスナップエンドウ、エビとレモンです。

DSCF7595_convert_20160103122528.jpg
フルーツトマトも切りました。サラダにのせると母が嫌がるのでトマトだけ別に盛り付けてあります。

DSCF7594_convert_20160103122507.jpg
義弟が知り合いの料理人さんに頂いた出し巻き卵です。ドデカい卵を2本頂いたそうです。

DSCF7596_convert_20160103122603.jpg
今日は茹で鶏を作りました。そしてその茹で汁で卵スープも作ってあります。

DSCF7602_convert_20160103122713.jpg
酒は手取川さんの露燦然と常きげんさんの参五磨の大吟醸です。どちらも抜群に旨いです。

まかない婦いまだに体調万全ではないので少しだけお酒をセーブしました。

それでもきちんと記憶は脱落しています。先行き不安を思わせる年の初めの宴会でした。
* Category : 宴会
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2016-01-02 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

怒涛のような年末を乗り切り、静かな年の初めを迎えました。

元旦は昼までゆっくりと寝て、母と2人おせちを食べてお屠蘇を飲み、そのあと菩提寺に墓参りに行きました。タクシーで横切った街中はひっそりと休んでいましたが尾山神社だけは大変な人出でした。

IMG_3811_convert_20160101221819.jpg
前日に弟と義妹が墓参りに行ったので墓所は結構きれいでした。花を供え般若心経を唱え、帰途につきます。

IMG_3813_convert_20160101221904.jpg
菩提寺の庭には山茶花でしょうか、冬の花が咲いています。

IMG_3816_convert_20160101221951.jpg
歩きながらの帰り道、立派な門松を見ました。これは通称忍者寺と言われているお寺です。

IMG_3819_convert_20160101222040.jpg
IMG_3821_convert_20160101222117.jpg
この2つは109ビルのそれぞれの入り口に飾られていました。

IMG_3822_convert_20160101222201.jpg
墓参りの後はいつも通り東急ホテルのラウンジでカクテルとチーズです。すっかり顔なじみになったスタッフの方と新年のあいさつを交わしました。

IMG_3825_convert_20160101222241.jpg
ホテルの入り口には新年を寿ぐ華やかな生け花が飾られています。フロント脇には振る舞い酒も用意されていてとても正しいお正月のしつらえです。

ホテルを出てバスでマイタウンに戻りました。

バス停近くの文房具屋さんにお正月の折り紙が飾られています。このお店の人たちは折り紙アーティストです。

IMG_3808_convert_20160101221527.jpg
3匹のサルが腰かけています。

IMG_3809_convert_20160101221611.jpg
寄ってみると見ざる、言わざる、聞かざるの三猿でした。さすがです。

お正月の風情を楽しんだ1月1日、元旦の外出でした。
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |