FC2ブログ
個別記事の管理2015-10-15 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の夕刻酒屋の店番を妹から引き継いで社員の買い物を伝票につけていると若手の社員A君が入ってきました。そして焼酎を買っていた古参の社員Bさんに聞くのです。

A「むき栗の容器に水流しっぱなしになってるんすけど、どうすればいいですか?なんか結構ぬるっとしているんですが・・・」
B「水を細くして一晩さらしておけばいいやろ。」
A「それで良いんすか?」とA君が確認したのはBさんにではなく、流しっぱなしの水にむっちゃ厳しいわが妹でした。

「ハッ?家で一晩中水流しっぱなしなんかしたら叩きふせるわ!」 

まかない婦は頭の中で考えていました。一旦傷んだむき栗に一晩中水を補給し続けたら再生するのだろうか?

・・・ゾンビか?

どう考えてもありえん話のように思いました。徹底的に洗うとか、傷んだ部分をむきなおすとか何等か別の手だてが必要なはずです。

時間も遅かったのでBさんの案は厳しく却下し、担当者に判断させるため氷を詰めて冷蔵庫で保存するようA君に頼みました。

Bさんは不服そうに黙り込んでいましたが、売り物になるかどうかはなはだ怪しいむき栗のために一晩中水を出しっぱなしにして下水道代金までかける価値があるとは思えません。

その水流しっぱなしは何かのまじないなのでしょうか?

野菜についてはまかない婦よりはるかに詳しい社長に今朝聞いてみました(念のため)。
ま「ねえ、一晩中水出しっぱなしにしてさらしておいたら傷んだむき栗がまともになるってことある?」
社「あるわけない。捨てるか、食べれるようなら従食で使うしかないな。」

捨てると食べるが同レベで並んでいることに少しく疑問を感じはしましたが、いくらハロウィンが近いとはいえむき栗のゾンビはありえんことがはっきり確認できたのでやっと納得したまかない婦です。

しかし、当社で多分このようなことがまかり通っているのだろうことは充分分かってしまいます。そういえばかのむき栗はどうなったのでしょう?今日になっても厨房に上がってこなかったところを見ると捨てられちゃったかな?

まったくヤレヤレです。
スポンサーサイト



* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |