FC2ブログ
個別記事の管理2015-10-08 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は中央市場が休みなので会社も休みでした。休みと言っても出番の人たちの食事は作らなければなりません。

ですが昼ごはんの後片付けが終われば自分の時間です。日曜はバス旅行で楽しかったのですが少々疲れました。そんなわけで午後からゆっくり休めるのが楽しみだったのです。

けど今日が叔母の誕生日なので何か買ってこなければなりません。外出せずにグダグダするという夢の計画は実現不可能なようです。

厨房の後片付けがほとんど終わり、まかない婦がブログを書いていると母が美容院へ行ってくると言い出しました。どうぞどうぞと送り出し自分は夕方までグタグタすることにしました。

寝転がってテレビをつけ、好きな本を読みながらうとうとしたりしているうちに時間が過ぎていきました。

母に声をかけられたときは夕方の4時半を過ぎていたでしょうか?

母「遅くなってごめん、出かけるんやろ?」髪をきれいにセットした母が立っていました。

気持ち的にもう少しグダグダしていたかったのでまともに返事をしなかったまかない婦に向かって母は畳み掛けるように言います。

母「出かけんがか?テレビずっと見とるつもりか?本読んどるんか?出かけんがやね?良いけど出かけんがやろう?」

その口調から母がお出かけをしたがっているのはよくわかりましたが、つい3日前にハードなバス旅行をしただけではなく同窓会の泊りがけの温泉旅行は1週間前、その前の週末は父の命日で親戚が集まり宴会をしたのですがその日の夕方までまた友人たちとお出かけをしていた母です。

どんだけお出かけ好きなのか?またなぜにこんなにタフなのか?まかない婦の理解力をはるかに超えた母の底力は空恐ろしいものがあります。

あきれて見上げるまかない婦に見切りをつけ、母は残念そうに去っていきました。

どんだけ、どんだけ、どんだけ凄い『お出かけ命』御見それいたしました。
スポンサーサイト



* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |