個別記事の管理2015-07-31 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日買い物に行こうと外に出ると当社の名物社員おむすび改め『オム』が人懐っこい顔でまかない婦の側に寄ってきました。

どうせまたくだらんことを言いに来たのだと思い先手を打ってぴしゃりとやっつけます。
「あんた腹出とるよ。」
水泳と白山登山で鍛え上げたはずのオム自慢の肉体はいつの間にかポッコリ腹のコーラッコになっています。

それでもまかない婦の猫パンチ攻撃を気にも留めずにニコニコ笑いながらオムが言います。
「あのお~、さっき酒屋でゆうとってんけどその切ったズボンもっと切ってホットパンツにしたらどうなるんやろうねって言ったら、想像するだけで怖くなるから止めてくれって言われてん。」
「構わんといて!!それよりあんた飛び出した腹が汗か汁か知らんけど付いて濡れとるよ。」

オムは飛び出した腹の真ん中あたりのシミをちらりと見てニコニコしながら行ってしまいました。何がそんなに嬉しいのか知りませんが幸せそうです。 

このオムが以前働いていた会社では無口で暗い男だったというのですから驚きです。当社に来てから明るくなった彼はよほど柿市商店の水が合うのでしょう。

そういえばつい数か月前に入社してきた青年はとてもまじめで礼儀正しい人でしたが当社に合わないからと早々に辞めてしまいました。やっぱりまとも過ぎる人は無理な会社なのかもしれません。少し壊れている方がなじみが良いようです。

そんな訳でなじみまくっている社員総出で頑張っている柿市商店の夏です。
スポンサーサイト
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-30 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

梅雨明けしたというのがウソのようなじっとりジトジトした日が続いている金沢です。

DSCF6858_convert_20150730163945.jpg
近江町市場ではところどころに氷柱が置かれ、観光客ばかりではなく地元の人たちも触ったりハンカチを冷たくしたりして利用しています。

こんなうっとうしい天気の中、昨日恒例の墓参りに行って来ました。

蚊が多いだろうと思っていたのでズボンを長いものに履き替え靴下もくるぶしが隠れるものに代え、少々手薄な首周りには薄手のストールを巻いて出かけました。暑苦しいけど蚊に食われるよりはましな感じです。

ですがそんな努力もむなしく首やら腕やら何か所も食われてしまっています。

当家の墓参り用バックの中には線香やろうそくの他に虫よけスプレーと虫刺されの薬も入っています。ですがこんなにボッコボコにやられるなら次回からは殺虫剤も持参です。

そして殺生をしながらお経をあげるという矛盾した墓参りになるわけです。

実は携帯用のおりんもあるのですがそんなものまで鳴らしていたらちょっとやり過ぎな感じでしょう?一時期は持って行っていましたが今は祖母の写真の側に置き去りになっています。

墓参りの後はいつも通り東急ホテルのラウンジで一休みしました。

IMG_3371_convert_20150730164022.jpg
今日初めて母のカクテルに氷が入っていました。レシピからは外れているのでしょうがこんな暑い日にはありがたいサービスだったようで
「冷たくておいしい。」と母は喜んでいました。

ですがラウンジの奥まった席で大声で話し合っている2人組のお客さんが居て大層耳障りでした。どうやら政治家らしくでかい声であまり美しくない話を延々とぶちかましていました。

「よそでやってくれ!」 と言いたい気持ちでしたが揉めるのも嫌だったので黙って耐えました。

静かなラウンジで心穏やかなひと時を過ごしたいと思っていたのに台無しです。

他人に対する配慮のかけらもない人たちは私たちが席を立った後も延々ドデカ声で話していました。普通の声量で話すことは出来んのか?・・・出来んのだろうなぁあの人たち。

ジトジトの天気が一層不快になるざっかしい(見苦しい)出来事でした。
* Category : 天気
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-29 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

金沢は暑いながらも風が吹いていてそれなりに涼しい感じがしています。エアコンを点けず窓を大きく開けてしのいでいます。

今日は中央市場がお休みなので会社も休みです。休みの日の朝は朝ご飯を作らない代わりにおにぎりを握って出番の人たちの朝ご飯代わりに食べてもらっています。

DSCF6897_convert_20150729132806.jpg
これが今朝のオニギリです。休みの日は大体こんな感じですが、忙しくて朝食を食べに来れなそうな週末の朝などはこれが3列になり、2~3回作って出します。

何気ない混ぜ込みオニギリですが日本人のソールフードおにぎりは飽きるということもなく食べられています。

普通このようにオニギリが出ていたらいちばんまえからたべるでしょう?でも当社ではこのおにぎりの真ん中あたりから食べる人がいます。微妙な大きさの違い、海苔の幅などを比較して一番得をするおにぎりを取るらしいです。

それって見ているとあさましい感じがするしなんとなくイライラします。

そんなことをしている社員はおにぎりでわずかに得をしようとして自分の品性を落としています。

どっちが得なのかとまかない婦は問いたいです。

こんな些細なことに微妙にいらだつまかない婦、せっかく今日はお休みなのですから昼食の片づけが終わった後は心穏やかに過ごしたいです。

DSCF6901_convert_20150729132504.jpg
そんなわけで休日のティータイム用にかわいいケーキを買ってきました。今から母と2人いただくつもりです。

ではでは・・・

* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-28 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

蒸し暑く不快指数の高い金沢からちっとも爽やかではないこのブログをお届けします。

今日という一日は全くもって忙しい一日でした。 って、まだ終わってないけどね。

とにかくいつもは11時半までには作り終える従業員食堂の昼ご飯ですが、今日作り終えたのは12時半です。すでに食べちゃってる人たちも居ましたが前半の方の人たちの分は間に合っていたので何とかはなりました・・・

こんなに大変だったのはホームページについて話し合っていたためもあります。もともと手のかかる献立だったのに、調理以外のことで時間を取られるとたちまちこんなことになります。

勿論ホームページも大切ですが常にギリギリのところで動いている人間には生み出す時間がありません。

昼食を作り終えた後クックパッドのブランドページに今日の当社の昼食をのせました。

DSCF6878_convert_20150728174311.jpg
茄子の挟み揚げと副菜ですが作るの結構大変でした。茄子に挟む肉種が軟らかすぎて衣と一体化してだれてくるので始末が悪いです。余裕が無いのに揚げ物のついでだからと渡された米茄子の味噌炒めも作ったのでよけいに大変でした。

何とか間に合った昼食ですがさっき残ったコールスローサラダを見たら微妙に色が悪くなっていて今日中に卵焼きにでもしておかないと投入したロースハムまで無駄になってしまいそうです。

それにやっとかぼちゃを2個やっつけたと思っていたのにまた1個渡されたのでがっかりしてしまいました。

毎日こんなことばっかりでドンドン疲弊していきます。

とにかく昼食は作り終え、クックパッドのごはん日記もアップしたので酒屋へ向かい妹と交替しました。彼女は昼ごはんタイム、まかない婦はいつもならお客様への荷造りなどするのですが今日は発注が無かったので自販機の飲料を補充しました。

最近暑いので飲料の減りも激しいです。

そうこうするうち妹が戻ってきたので今度は買い出しに行きます。いつも従食の材料買ってきてもらっていた義弟が最近とても忙しいので少々割高ですが近場で材料を調達せねばなりません。

買い物も人数が多いと大変です。

会社に戻って自分の昼食、万年恵方巻きを作って食べる、この間10分です。

この後は来月のホームページのトップになるオリジナル料理を仕上げ写真撮りしました。もう汗だくです。

おまけに今日はいつもより1時間早く妹と交替せねばなりません。彼女取引先でのファミリーパーティーに出席せねばならんのです。お互い時間の余裕がなく苦しいスケジュールです。

そして酒屋の入り口に積まれた荷物を見て思い出しました。
「しまった、買い物の途中に料理酒を届けてほしいと頼まれたのだった・・・」

妹には帰ってもらいまかない婦は料理酒を2本かかえて近所の近江町市場に走りました。 神に慈悲の心は無いようです。 忘れてたまかない婦が悪いのですけど、何か?

この後店に戻っても外国人のお客様がいらっしゃったり、足りなくなったものを取りに行ったりで結構大変でした。HP用の原稿までなかなか行きつけません。

そうこうするうち終業の時間まで15分を切っています。疲れたよパトラッシュ、お前もだろ?

ネロとパトラッシュのように天国には行けそうもないまかない婦と妹は、この世の夏を歯を食いしばって生きています。 
* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-27 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

当社従業員食堂にはけっこう大きな米櫃があります。27kgの米が4袋入るのですからかなり大きいです。

その米櫃が最近ちょっと詰まり気味で正確な量出せているのか不安に思っていました。

丁度今日米櫃がスッカラカンになったので義妹が何が詰まっているのか見てくれました。結局計量カップが1個と小さな計量キャップが2個出てきました。

いったいどうしてこんなものが米櫃の中に入ったのかさっぱり訳が分かりません。

まあお米に虫が付かないように唐辛子などを入れることは有るのです。以前はこれを水切り袋に入れて米櫃の中に吊るしてあったのですが、たびたび落ちて詰まりの原因になったので最近では直接米の中に混ぜ込んでいます。

米をとぐときに取り除くことが出来るのでそれでも問題は無いのです。

これの代わりに製品化された『こめびつ先生』などを使うと高くつくのでそれの原料である唐辛子ぶっこみで対処しています。この方が安上がりかつ効果的な気がします。

検診の月が過ぎ、またぞろ飛躍的に飯を食らうようになった当社社員ですが、ここしばらくの蒸し暑さでさすがに食欲が落ちて来たようです。

梅雨が明けたというのがガセではないかとも思われるドンヨリ曇天の空は、誠に金沢らしい空模様ではあるのですがこのジットリ感はさすがにちょっと辛いです。

それに昔は35℃超えなんてほとんどなかったと思うのに最近では特に珍しくも無くなってきました。

冬場も沢山雪は降ったけど地面が凍ってこけた社員が怪我をするなんてことも無かったような・・・

暑さも寒さもなんだかどんどん厳しい方へシフトしているように感じているのは私だけでもないようです。

それでも暑さ厳しい折にかかわらず太りつづけているまかない婦はトヨタのハイブリット車なみの燃費の良さです。エコカー減税していただいた方が良いかも・・・

そしてまだこけてない2日に一度の休肝日、今日は飲んでも良い日なのですが休み前になる明日の方が飲みたい感じなので昨日に引き続きの休肝日にする予定です。

これを機会に自分の時計を少し巻き戻すことが出来るでしょうか?ちょっぴり期待しちゃっているまかない婦でした。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-26 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

叔父たちが帰り、またまかない婦の仏間での間借り生活が始まりました。

DSCF6844_convert_20150726135131.jpg
買ってきた百合の花が咲き、その香りでむせ返りそうです。きれいだけどちょっと毒々しい百合です。

日曜ですがまかない婦と母、社長も一応働いています。

DSCF6846_convert_20150726135202.jpg
でっかく育ちすぎた胡瓜を誰も品出ししないからと渡されました。加賀野菜に太胡瓜というのがあるのですが、これはデカ胡瓜ですね。

DSCF6849_convert_20150726135233.jpg
昨日渡されたミニトマトは双子のシャム双生児でお尻のようです。こんなのが何個もあります。

今日は出番の人たちだけの食事ですがそれでも結構大変です。あと少しで後片付けが終わるのでそしたら自分の時間です。

DSCF6854_convert_20150726135305.jpg
その後片付けに最近当食堂で大活躍の巨大ラップは、先日手取川の社長さんに頂きました。こんなでかいラップ初めて見ましたよ。

普通は30mか50m巻ですが、これは250m巻ですよ。価格もとっても高いのだと何でもネットで調べる義妹が言っております。まかない婦が酒屋の手伝いだけでなく従食も作っているのを知っていらっしゃるのでくださったのかもしれません。

ありがたいことです。

今日はこれからゆっくりする予定です。今晩も休肝日の予定なのですが、それ用に買いいれたペリエをさっき飲んでみたら思っていた以上に美味しかったので驚きました。

たかが炭酸水だと思っていましたが違うもんです。どう違うかというと、湧き上がってくる泡が口に入るまでにどんどん大きくなり、大小様々の泡が口の中ではじけ楽しい口当たりです。

この他今までのお気に入りは、サントリーのプレミアムソーダヤマザキです。これも良いですよ。ガスに切れがあります。

まかない婦の炭酸水生活しばらく続きそうですが皆さんもいかがですか?お勧めですよ。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-25 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

6月の健康診断のデーターが届き、去年よりさらにやばい方向へとジワリと歩を進めたそれらの値を見てこれはどうしても何らかの手立てを打たねばまずいと思いました。

しかし、今の自分に何が出来るのだろうとつくづく考えとうとう大英断を下したまかない婦です。

【休肝日】絶対不可能と思われたこの大命題にとうとう取り組む日が来ました。

自分に課した苦行は2日に一度の休肝日です。

とりあえず、今のところ3回目の休肝日が無事終わりました。やろうと思えば意外とやれるもんです。

思えばこの15年以上酒を飲まなかった日は1日くらいしか思い出せません。先日のファンタジー・オン・アイスのショーからの帰りがあまりに遅くなったのでそのまま寝たのがたった1日あるばかりだと思うのです。

自分には絶対無理だと思ったのですが、やるべきことはやるこの性格は良きことにも応用が利くようです。

お酒を飲まない日は寝るまでの時間が充実しています。読書も進むし、風呂にもきちんと入れてなかなかに良い感じです。

もっとつらいのかと思えば意外と楽勝。 酒の代わりに炭酸水を飲んでしのいでいるのですが、今日また仕入れたペリエも買って炭酸水のレパートリーも増やそうと思っています。

さてさて、このまま休肝日続行生るか?

意外と行けるかも~。
* Category : 健康
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ターチk
!!休肝日、天下分け目の大英断に100点、いやいや200点です。身体も喜んで受け入れているんではないでしょうか。倍返しはなしですね。続くことを願っています。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ターチKさん、今のところ何とか行けそうな感じです。

挫折したらお知らせしますね。e-277

個別記事の管理2015-07-24 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日まかない婦がいい加減に切ったズボンが社員の間で話題になったという話をしました。実はこの話に続きがあります。

ここで出てくるのはまたしても当社の名物社員オニギリ君です。 img src="http://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2012-09-08/684366.gif" alt="" border="0" style="border:0;" class="emoji">

オニギリっておむすびとも言いますよね?オニギリ君最近はおむすびからオムという呼び名に変遷して行っています。このオムが昨日の夕方忙しく働き続けるまかない婦のところにやってきて言うのです。
「あのね、あのね・・・」
「何や?」
「石川県観光協会からお達しが出とる。ふくらはぎの太い人は足出したらイカンって。」
「馬鹿か?構わんといて!」
「観光客の人に迷惑やから足出したらダメやよ。」

くそ忙しいさなかにバカバカしい話をしに来たオムにまかない婦は白鵬ばりの張り手を食らわし酒屋から撃退したのでありました。

そのオムも今度はうちの妹にやられたようです。

今日の午後オムがまたまかない婦を捕まえて言うのです。
「あのぉ、俺汗かきすぎやから迷惑防止条例に違反しとるって礼子さんが言うがや。」
「ほやろうね、あんた汚い汁がしたたっとるもんね。」

汗男と言っても間違いのないほどの汗の量です。彼の定位置のあたりには水たまり・・・汗たまり?が出来ているに違いありません。

そのオムがまたさっき酒屋に来て言っていったというのです。まかない婦のたるみ切ったふくらはぎをライザップで引き締めていただきたいと・・・

構うな!! お前はお前の汗を何とかしろ!!

こうやってそれぞれが好き勝手に誰かをへこましている会社です。楽しいよぉ~
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-23 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

北陸地方も2日ほど前に梅雨明けしたらしいのですが、今日はそんなことがウソのようなジメジメした雨模様の1日です。

暑いのでさすがにジーンズがきつくなってきたのですが、最近また太ってしまいはけるズボンがあまりありません。

そこで以前買ったままほとんど穿かずにほったらかしになっているエンペラジーンズの裾を切って穿くことにしました。

エンペラというのはイカの上のほうについているひし形のものです。試着もしなければ買う商品をよく見もしないまかない婦は寸足らずの上すその広がったおかしなジーンズを買ってしまったことがあります。

家ではいた途端変なズボンだとは思ったのですがどうせ誰もまかない婦のことなど見てはいないだろうと高をくくってはいて出勤したところ妹からクソミソにけなされ、別の女子社員からも変だと言われたのでさすがにはくことをあきらめていたのです。

こいつなら切ってしまっても惜しくもないと思ったのですが、どうやら少し切りすぎたようです。

しかも切りすぎたその裾がまたしてもそこはかとなくエンペラ感を醸し出していたので少し曲げてはいていたのですが、それを見た妹に
「あんたの足は世の中に出したらいかん物や。曲げんと伸ばしてはけ。」と言われ素直に伸ばしてはいていたのですが、とこをどうやってもおかしなズボンはあくまでおかしくあり続けようとするようです。

今日、わが社のそこかしこでまかない婦のおかしなズボンの話題が持ち上がっていたのだそうです。

母などは朝まかない婦を見た途端おかしくて笑い出しそうになったのをぐっとこらえたとか・・・そこまでおかしいのかな?

とにかく切った分だけ少しばかりの涼しさは手に入れることのできた今日のまかない婦でした。
* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-22 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

100年に一度の風が吹いたためか当社の仕事も忙しくなってきました。妹の旦那も当社で働いているのですが急に増えた取引先への対応に追われまくる毎日のようで、疲れかストレスかはわかりませんが唇にでっかいヘルペスが出来てしまい痛々しいです。

上唇と下唇に出来たヘルペスはただれたようにも見え、義弟はまるで巣から落っこちたツバメの雛のように見えます。

その義弟を見て当社の名物社員オニギリ君がまた要らぬことを言いました。わざわざ妹を捕まえてこう切り出したそうです。
「大変大変!」
妹「何が大変なんや?」
「旦那とチュー出来んよ。」
「馬鹿かー!!」

おバカな社員ばっかりの楽しい会社、柿市商店でしたー。
* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-21 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

先日読んだ『ねこまたのおばばと物の怪たち』という本がとても良かったです。香月日輪という方の本ですが童話のようでいながら大人でも身につまされて泣いてしまうような本でした。

内容は小学生の女の子が義母と上手くいかず、学校でもいじめられ行場が無いところがあるきっかけで物の怪の住む世界になじみそこで成長し、最後には学校でも家庭でも居場所を見つけるといったような筋です。

その女の子のいじけ方や切なさが自分に重なりいつの間にか泣いていました。心は小学五年生の子供になっていたようです。

思えばこの世の中にも辛いこと苦しいことが満載です。

ですが実生活では心に蓋をして更に大きなカギまでかけ絶対に傷つかないように身構えているので、反面実生活での感動や喜びも随分と目減りしています。

本の中では心を開放し、思い切り怒ったり悲しんだり喜んだりで自由に息が出来ます。多分まかない婦の生活の中で読書が無くてはならないものなのはそういった理由からでしょう。

ふと思ったのは昔のバックパッカー旅行も読書に似ているということです。自分から何もしなくても災難や感動、恐怖がドシドシと押し寄せてくるのでまるで静かなモノクロの世界からド派手なカラーの世界にぶち込まれたような感じでした。

今はそんな世界からも遠ざかり、もっぱら読書で遊ぶまかない婦です。やっぱモノクロ一辺倒ではつまらん人生ですよ。
* Category : お気に入り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-20 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日祭日だったので厨房で働いているのはまかない婦だけでした。塩鮭を焼くので大根おろしも付けたいと思い名古屋の叔父に頂いたおろし丸を使ってみました。

DSCF6818_convert_20150720144735.jpg
これです。

以前病院で働いているときに大きなフードカッターがあり、刃を代えると大根おろしも作れました。ゆっくりと大根を差し入れることにより良い感じの大根おろしが出来たものです。

このおろし丸はあのフードカッターに比べるとかなり小さいのですが大根おろしの出来は良く似ています。

他の病院へ実習で行ったときミキサーで大根おろしを作っていたのを見ましたが出来は大根おろしとは全く別物でただフワフワしていました。この大根おろしは全く美味しくありません。

DSCF6819_convert_20150720144803.jpg
これが出来上がった大根おろしです。機械でやった割には良い感じです。これからもお世話になる予定です。

祖母が生きていたころにはフードカッターを買ってもらいつい最近まで当社厨房で大活躍していました。今も一応現役なのですが、ガラスのボール部分に大きなひびが入りいつ壊れてもおかしくない状態なので新しいフードプロセッサーを買い、今はそちらに活躍してもらっています。

DSCF6824_convert_20150720150610.jpg
長年まかない婦を支えてくれたフードカッターです。ブラックジャックも真っつぁおの満身創痍状態ですが今でも時々義妹が使っています。

調理用の様々なツールや母や義妹、はては叔父にまで支えてもらってまかない婦の毎日の仕事が成り立っています。

明日から通常業務がまた始まります。当分忙しい日が続きそうですが頑張りますか・・・
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-19 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

お中元の時期が始まってから酒屋の仕事が異常に忙しくなり毎日過酷な労働に耐えながら頑張っています。

お中元もひと段落し少しは余裕が出るかと思ったら、もうはや秋の限定酒ひやおろしの注文を受けるための準備に追われる毎日です。

そんな中迎えたこの連休で来店されるお客様も増え、嬉しい悲鳴&大汗をかいた一日でした。
「もう疲れたよ・・・パトラッシュ、お前もだろ?」

まあ、来年は北海道に新幹線が付きますからこの忙しさもここ一年だけなのかもしれません。

それにしてもお客様が途切れることなく続き昨日は結局8時過ぎにようやく閉店したまかない婦です。

自宅部分に帰ってみるとこちらはこちらで何らかのトラブルがあったらしく、巻き込まれた母もヘトヘトでした。

とんでもない一日になり、夕食のテーブルを囲んだのは夜の9時過ぎでした。

ああ~本当に疲れたよ・・・
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-18 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

先日当家に滞在していた名古屋の叔父がまた大量の円空仏を持ってきてくれました。

DSCF6803_convert_20150718123601.jpg
その中の大作がこの2つの像です。で、でかいです。

左の方は千葉の叔父宅に、右は友禅作家の叔父の家に嫁入りしました。左側の仏様がまかない婦に似ていると当社のベテラン社員が言っていました。

DSCF6805_convert_20150718123644.jpg
こちらはミニミニサイズです。どうやら母がもらったようです。

当家にも結構大きいものから小さなものまで何体も頂いています。そのほかにもストラップになったカルラという仏様もいくつも頂きました。

まかない婦の携帯やUSBメモリーにもついています。

当家は仏の力と叔父の優しさに守られているようです。ありがたや、ありがたや
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-17 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日は先日叔父や伯母たちと行った兼見御亭での納涼会席『金沢の夏』でのお料理などをご披露しようと思います。

万灯みたままつりに参拝した後、この料理屋さんで食事をするのがここ数年の年中行事になりました。毎年渡されるチケットがさばけるので社長も喜んでいます。

IMG_3339_convert_20150717163618.jpg
梅ジュースで乾杯をし、先付の冷し茶碗蒸しを頂きます。明太子のあんがかかっていました。

IMG_3340_convert_20150717163641.jpg
虫かご仕立ての器の中に前菜が盛り込まれています。ドジョウのかば焼きやコハダの笹寿司、夏野菜の真薯や枝豆のカステラなど8種類ほどあったでしょうか?

IMG_3341_convert_20150717163705.jpg
お造りは毎年氷で作った器に盛られて出てきます。大きな涙型の器は風船を使って作るのだそうです。中トロが美味しかったし水蛸も良かったです。

IMG_3354_convert_20150717163935.jpg
ですが、去年に引き続き友禅作家の叔父の心をわしづかみにしたのは胡瓜で作ったカエルです。去年はラディッシュで作った金魚も居たのですが今年はカエルだけでした。

叔父はいたく気に入り着物の柄に仕立てたいと言っていました。ホントか?

IMG_3343_convert_20150717163727.jpg
煮物は治部煮でした。加賀野菜の太胡瓜が入っていました。美味しかったです。

IMG_3346_convert_20150717163754.jpg
おしのぎに蕎麦が出ました。とろろ蕎麦ですね。

IMG_3347_convert_20150717163816.jpg
枝豆のあんがかかった真薯のような料理です。

IMG_3350_convert_20150717163841.jpg
紙の鍋でシャブシャブをしました。レタスや太胡瓜が入っています。肉は和牛だそうです。

IMG_3351_convert_20150717163905.jpg
去年食べたときは美味しいと思ったのですが、今年はイマイチに感じた鮎の踊り揚げです。骨はやはりきついし、塩焼きの方が旨いように思います。

IMG_3356_convert_20150717163959 - コピー - コピー
酢の物がカクテルグラスで出てきました。

IMG_3357_convert_20150717164021 - コピー
深川風ご飯とお漬物、赤みそ仕立ての鴨団子の味噌汁です。

IMG_3359_convert_20150717164045 - コピー
かがやきと名付けられたデザートです。杏仁豆腐にいろいろなフルーツが入っていて真ん中の黒豆にお約束のように金箔がのっています。

どこまで金箔尽くしなんだ金沢って感じですか?

去年と同じようなお食事だったのですが微妙に去年の方が美味しかったような・・・気のせいかしら?

とにかく楽しく食事して、一年に一度の母の姉妹勢ぞろいディナーは終わりました。

まかない婦だけ代が違うのですがイササのトト混じりってことでご容赦ください。それではまた来年も1人も欠けずに食卓を囲めることを願って・・・ご馳走様でした。
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-16 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日叔父や伯母たちと一緒に『万灯みたままつり』に行って来ました。

IMG_3330_convert_20150716163217.jpg
護国神社という戦没者だけを祭ってある神社で毎年この7月のお盆に開催されます。神社の境内は広々としていてさすがに静かな空気が流れています。

まかない婦の祖父にあたる人が戦争で亡くなっています。母の姉妹は小さなころに亡くなった女の子を除き未だお元気で総勢7人になります。この7人に名古屋の叔父の奥さんとまかない婦が加わり9人で参拝しました。

IMG_3334_convert_20150716163344.jpg
祖父の名前の入った行燈は去年と同じような場所に掲げられていました。

IMG_3335_convert_20150716163414.jpg
昔金沢で一番の美女と言われた母の一番上のお姉さんも80歳をとうに超えていますが、叔父伯母が口をそろえて
「本当にきれいだった。」と言っております。

IMG_3337_convert_20150716163520.jpg
それにしてもたくさんの行燈です。これだけ沢山の人がわずか数年の間に亡くなったというのは恐ろしいことです。

IMG_3336_convert_20150716163449.jpg
ここ数年来ていますが、最初に見たときの畏怖の念がぬぐえません。

IMG_3338_convert_20150716163555.jpg
まかない婦ばかりではなく母の一番年下の叔父も見ることのできなかった祖父は大変なイケメンだったそうです。

手を合わせ黙しても浮かぶ面影の無い祖父を思います。

祖母は生前自分が死んだら必ず祖父の遺髪を懐に入れて旅立たせてくれとまかない婦に何度も頼んでいました。もちろん忘れずに懐に入れましたよ。

でも戦地に赴く前に二度と帰れぬかもと思い自分の髪を渡して行った祖父のことを思うと切ないですね。

みんなと楽しく過ごしながらも先に逝った人たちのことを思うこの時期です。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-15 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日叔父や叔母たちも交えて楽しく食事をしました。

その席でまかない婦は友禅作家の叔父にお中元の注文を聞いていたのだそうです。

・・・全く覚えがありません・・・

まだそんなに飲んでも居ない時だったそうですが・・・知らんわー

昨日のまかない婦のサブ、あまりいい仕事しなかったようです。

でも先日、月に一度のお休みの日たまにもと思い正気の状態で髪を染めてみました。

いつもは酔っ払ってちょっぴり狂った状態で髪を染めているので首を染めたり風呂を染めたりと結構へまをしています。

ですが正気でやってみてもけっこう難しいものだと分かりました。そんなこと思えばまかない婦のサブ結構いい仕事しています。

やっぱいろいろと波があるのかしら?そんなことを思った今日のまかない婦でした。

* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-14 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日お盆の精霊棚を作りました。亡くなった祖母に頼まれてから毎年作っています。

DSCF6798_convert_20150714165733.jpg
仏壇掃除は義妹にしてもらい、まかない婦は棚を作りました。

お供えに胡瓜の馬と茄子の牛を作るのですが、せっかくなので加賀野菜の太胡瓜で巨大な馬を作り、それに合わせて茄子も米茄子を使っています。

飾ったのは珠洲市の小玉スイカと中田のきんつば、森八のすずやかです。

DSCF6802_convert_20150714165810.jpg
盆提灯も組み立てました。なんとかかんとか用意がやっと間に合いました。

叔父や叔母も遠方から来てくれてにぎやかなお盆になりそうです。

ですが金沢あまりの暑さで大変なことになっています。

当社の冷凍庫がイカレ、酒屋の冷蔵庫がストを起こし、おまけにブレーカーが上がってエアコンも使えなくなりました。数日前には老朽化したファックスを買い換えたばかりです。

ファックスは暑さとは関係ないと思いますが次々起こる不具合に人間の方までぶっ壊れそうです。

騙し騙し使いながらこの猛暑を乗り切れればと思っています。ご先祖様ヘルプアス!
* Category :
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、猛暑時期に冷凍、冷蔵、エアコンのストライキは
ありえません。
何とか交渉(笑)できませんか?

中田屋のきんつば、森八のすずやか、どちらも美味しいですね。
私、きんつばはこちらが一番!と昔から思っています。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、ここ数日35℃以上の日が続いたので今日の31℃は涼しく感じます。

エアコンや冷蔵庫、冷凍庫はどうやら直ったようで今から水道の水漏れの工事に入るところです。

中田のきんつばはやはり旨いですよね。

個別記事の管理2015-07-13 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日お盆のお墓参りに行って来ました。

金沢の中心街の地区だけお盆は7月になります。少し離れると8月のお盆になるので、結局親戚の墓参りは8月になったりして両方回らなければならないので厄介です。

祖母が元気な時はもっとたくさん回っていたのですが、今は2人の伯母の嫁ぎ先の墓と、早くに亡くなった従兄弟の墓、遠い親戚の墓、そして菩提寺と五か所の墓を訪ねます。

そのリストを今日眺めていて恐ろしいことに気づきました。訪ねているのは母の姉妹の嫁ぎ先のお寺がほとんどです。だったらまかない婦の姉妹の嫁ぎ先やお郷の墓も回らねばならないのではないでしょうか?

いつの間にか代替わりして、今まで回っていたところをただまわっていたので今日まで気づきもしなかったのです。気づくのが遅すぎたと思いますが気づかないよりはましなわけで今後善処するつもりです。

それにしても義妹が嫁に来てからすでに30年ほど経っているわけですから気づくのがあまりにも遅かったです。

義妹の郷の伯父さん夫婦はとても良い方々なのですっぽ抜けの当家を責めることもなさらないでしょうが、まったく我ながら呆れてしまいます。

なーんも考えてない空っぽ頭のまかない婦と気を回すことの無いわが母にかかればこんな大失態も有りになってしまうのでしょう。深く反省します。

やらなければならないことが無茶苦茶多いこの夏の日に、何十年分もの失態を思い知った今日の日でした・・・
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-12 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日久しぶりに姪がやって来ました。中三になり部活も無くなったので母にくっついての久しぶりの出勤です。

ですが酒屋の忙しさは依然続いており、妹もまかない婦も半泣きになりながら働いています。こんな状況で姪にしてやれることもあまりなく、いつも以上の放置プレーです。

そんな中妹にぱしらされているまかない婦を見て姪が自分の母親である妹を非難しました。先日書いた『いじくらしい』がキーワードのようです。

すると酒屋のレジのあたりから暗いひとみでまかない婦を睨みつけながら妹が言っている声が聞こえました。
「全世界に向けてお母んの悪口を発信しとるんやぞ!」

どうやら先日書いたブログの内容に不満があるらしいです。

えっ?でも本当のことしか書いてないけどな?それって悪口になるのかな?

姪は問題のブログを読み小さく笑った挙句自分の母を『ぱしらせオバサン』と命名していました。

そして昨日という一日もパシリオバサンとぱしらせオバサンにとっては大変な一日でした。

遠い親戚でもある市場の知り合いに頼まれた法事の記念品を届けると、お手間に割り箸に刺したカットパインを姪っ子の分まで三本も貰い、汗をダラダラ流しながら帰ってきました。

一日中ダラダラと汗を流しながらあまりの忙しさにヒステリックに笑いつつ過ごしたまかない婦と妹の恐るべき一日がようやく終わった時、ぐったりと疲れた2人のオバサンは旨い酒と安らぎを求めて歩き出していました。

その道がどこへ続くのか神のみぞ知る事柄であります。アーメン
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-11 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

先日石川県のぶどう『ルビーロマン』の初競りで当社が100万円で競り落とした話は載せました。

担当者は別の社員からひゃくまんさんと呼ばれブチ切れ気味です。
「お前ワシのこと馬鹿にしとるんか?」睨みつけた目はかなり迫力がありました。

まあ分からなくもありません。まかない婦もあのキャラクターはどうかと思います。

IMG_3105_convert_20150711123846.jpg
これが石川県のゆるキャラひゃくまんさんです。加賀友禅のド派手な衣を身にまといながらのひげ面です。これってどうよ?

背中の方には石川県と書かれていてこれもまた・・・

ひゃくまんさんと呼ばれた彼が睨みつける気が分からなくもないまかない婦です。

* Category : 社員
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-10 (Fri)
こんにちは、まかない婦です

お中元シーズンもピークを迎え当社の小さな酒屋も悲鳴を上げたくなるほどの忙しさです。キャー!

当然妹1人ではどうしようもなく、まかない婦も厨房の仕事を少し手抜きにして早めに酒屋の手伝いに回ることにしています。

しかし、行けば妹に厳しくダメ出しをされることの連続で忙しいだけでなく全人格否定の嵐にさらされる毎日です。

例えば荷造りをしたとき
「ねえ、何でシールをまっすぐに貼れんが?あんたの頭どうなっとるが?可笑しいやろう!」

ダメ出しはさらに続きます。
「あんたいっつも道具出しっぱなしで全然片付けんね。カッターの刃は出しっぱなし、鉛筆もマジックも出しっぱなしのままや。分かっとるんけ?毎回毎回・・・」

毎回言われるところを見るとどうやら毎回出しっぱなしは本当らしいです・・・

更に小言は続きます。酒蔵から送られてきたお酒の箱を使って宅急便を作ったのですが、ゆうぱっくのシールがビッチリついていて一向にはがれません。カッターで起こして取り去ろうとしたのですが小さく裂けるばかりで無理です。

仕方なくその上からシールや送り状を貼り付け荷物を作りました。
「何やこれ、信じられん!こんな汚らしい荷造りあり得んやろう。」

怒りマックスのわが妹、カッターを持ち出し取り残したシールの後を取り除こうとしたのですがやり過ぎて段ボールに穴を開けていました。まあ、そこまでやらねば取り去ることのできないシールだったわけです。

しかし、垂れたまなじりを吊り上げてカッターをふるう妹を見ながらまかない婦の心の中に『偏執狂』という言葉が浮かび上がっていました。

今日もセロテープのはり方が真っ直ぐではないと呆れられながら、『そんなこと気にする人が居るのかよ?』とこちらも呆れていたわけです。

まかない婦は届けられた宅急便にはりつけられた『壊れもの』や『取り扱い注意』のシールの位置など気にしたこともありません。

世の中一般にはみんな気にして暮らしているのでしょうか?

妹を助けるために厨房の仕事を早めに片づけた後もなぜか酒屋に向かう足が鈍ってしまう今日この頃です。

金沢弁では妹のような性格の人間を指す絶好の言葉があります。いじっかしい奴!です。

同じ会社で働いている義弟もよく「いじっかしい!」と叫んで発狂しています。

人を狂わせる女・・・怖いです。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、あまりの偶然にビックリ笑いです(≧∇≦)。
昨日思わず「いじっかしい!」を使いました(^◇^)。
一瞬使用可能言語との認識でした。
周りの誰もがしばしフリーズ😳。
あれっ?
慌てて意味を説明しましたが正確だたかどうか^^;。

* by ごえもん
脱字ごめんなさいm(_ _)m。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、どれが脱字かわかりません。

いじっかしいもかなりですが、がっぱになるもなかなかでしょう?

かっきゃまが通用しないのも驚きですよね。

個別記事の管理2015-07-09 (Thu)
やったー!!\(^o^)/
出ました100万円のルビーロマンです。しかも競り落としたのは当社で~す。

DSCF6780_convert_20150709165230.jpg
ぶどうの横に1000000と入っていますよね、買主のところに書いてある403というのが当社のナンバーです。この房で700gだったそうです。

世界一高いぶどうの値段が更新されました。

北陸新幹線の開業で100年に一度と言われる注目の地金沢でとうとう出た100万円の競り値です。

勿論初競りのご祝儀相場ですが100万石のこの地に今年この値段を付けなければ、この先のるはずの無い大台です。

ここ数年他社に競り負けて悔しい思いをしていた当社ですが、今年はやりました。これで当社のお得意様にも顔向けができるというものです。

ちなみに買ってくださったお客様は金沢の日航ホテルさんです。

去年から社長に代わり担当を任された社員もさぞ喜んでいるでしょう。

旬の時期になれば一房5000円程の房もたくさん出るのですが、とりあえずはしばらく高値が続きそうです。

8月もお盆を過ぎたあたりが旬の時期になるこのぶどうです。一度食べてみたいとお考えの方はもうしばらくお待ち下さい。
* Category : 野菜・果物
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ターチk
やりましたね、それにしても100万とは恐れ入りました
こちらの夕刊にも大きく出ていてびっくりです。インタ-ネットでルビーロマンの横に403と出ていたので柿市と分りました。
しかし、1粒約38000円・口に入れるのももったいない

* by ごえもん
まかない婦さん、今日ニュースで知りました。
ルビーロマンの季節ですね。
柿市商店凄いです!。おめでとうございます。(祝)
100万石で100万円とはインパクトもなかなか。
どんな人の口にはいるのでしょうか?

Re: タイトルなし * by まかない婦
ターチKさん、やりました。v-221

実物を見たのですが、色がかなりきれいでしたね。でも大きさはまだまだ大きな物を見ているので物足りない気がしました。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、日航ホテルのレストランで1万円のコース料理の前菜とデザートに一粒ずつ付けたそうです。

一粒3万8千円だそうだから採算度外視コースってことですか・・・

個別記事の管理2015-07-08 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日はまかない婦と母の月に一度の定休日です。去年の暮れに弟から月に一度は休みを取れと言われたときそんなの無理だと反発したけど今となってはありがたい一日になりました。

今月は今日以外に取れそうな日もなかったので今日ということになったのですが、別にしたいこともなかったので映画を観に駅前のフォーラスに行きました。

今上映されている映画に特に見たいものもなかったのですがラジオのパーソナリティーがビリギャルを観て号泣したと言っていたのでこの映画にしてみました。

内容は学年でビリの成績の女の子が頑張って勉強して慶応大学に受かるというお話です。

現実味が無いようであって実現できそうなそんな気もしました。人生の中に素晴らしい先生と巡り合うことがあればその子の人生も可能性が広がるかもしれません。

まかない婦だって中学生のころにこんな先生と巡り合っていたら違った人生を歩んだかも・・・

実際にはろくでもない先生ばっかりでようやく尊敬できる先生に巡り合ったと思ったのは栄養士の専門学校での担任の先生でした。

その先生まかない婦の質問に初めて
「そんなことは分かりません。」と答えてくれたのです。先生にも分からないことがあるのかと30歳でもう一度学生にチャレンジしたまかない婦は初めて知りました。

先生って万能だと思っていたよ、30歳過ぎてまで・・・

質問の内容は『新生児黄疸って胎生ヘモグロビンが普通のヘモグロビンに変わることに起因するのかどうか。』ということで、未だ回答を得ていないまかない婦の疑問の1つです。

まかない婦と違って弟の担任の先生は熱い志を持った先生が2人いました(まかない婦の知る限りでは)。良い先生に巡り合って幸せ者の弟ですが、その先生は2人とも早死にしてしまったのです。

もっと長生きしてもっとたくさんの生徒の人生を開けたものに出来たはずの人たちです。本当に残念ですね。

ビリギャルは慶応大学に合格しました。きっとこの先別のビリギャルを救い上げてより良き人生に向かう道を切り開いてくれる人になるのでしよう。

まかない婦の楽しかった休日は終わり明日からまたろくでもないヘタレ食材に追われまくる日が続きます。とりあえずは一箱150個以上入っている卵を3箱渡され、もう一箱渡されそうだということが当面の課題になりそうです。

今日1日に貰った元気で残りの一月頑張ります。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-07 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日は七夕ですね。 金沢のお天気は今のところ重苦しい曇天です。この後雨に変わる予報ですから織姫と彦星のデートはお流れになりそうです。

でも一応栄養士なので今日のお昼御飯は行事食っぽいメニューにしたくて頑張りました。

DSCF6750_convert_20150707171650.jpg
お約束のソーメンと、織姫彦星に見立てた2色衣の鶏胸肉の揚げ物です。人参衣と青のりの衣で揚げました。本当はこの2つにしておけばよかったのですが獣化した社員たちはたった2枚の肉で満足するはずがありません。

本当は青のりの方が1個で人参衣が2個、それにかぼちゃも人参衣で揚げてあり4点盛りになっています。

これの他にエノキの軸のフライも作りました。

当社ではすぐに食材として使えるように皮をむいたり切りそろえたりした野菜の注文が結構あります。毎日のように注文のあるあるお店ではエノキは頭の部分だけの納品で下の方のおがくずの付いた石突のあたりはかなりバッサリと切り落とされてしまいます。

それがもったいないのでなるべく3階厨房に上げてくれるように言ってあるのです。

DSCF6751_convert_20150707170743.jpg
これは上げてもらった廃棄部分からおが屑の部分を切り取ったものです。

DSCF6754_convert_20150707170815.jpg
ギッチリと固まっているものとそうでないものがありますが、これは前者の方です。

DSCF6756_convert_20150707170843.jpg
今日はこれをフライにしました。今まで作ったエノキの料理の中でも最もおいしいかもしれません。

一番よく作るのは細かくほぐしてナメタケ風に炊くことです。それからほぐしたものを茹でて大根おろしで和え、酢醤油で味付けしたものもさっぱりしていて美味しいおかずです。

さっきの円盤状のエノキに小麦粉をまぶし油を敷いたフライパンで焼くとエノキのステーキです。天ぷらの衣を付けて揚げたりもしています。さつま芋の天ぷらと間違えてびっくりしていた社員もいるようです。

水炊きの中に入れたり、フードプロセッサーで微塵にして肉団子に混ぜたりもします。

あくまでも食材を無駄にしないことにこだわっています。

ですが先日きのこ仕入れ担当者から言われてしまいました。
「俺このナメタケみたい奴好きやから結構食うけど、おが屑がかなり入っとるよ。エノキなんて安い食材なんやからまともなもの使えばどうや?」

「ハハー、御もっともでございます。」

そしてまた別の日には軸だけ傷んだエノキが上がってきたのでその部分を使った味噌汁を作ったのです。そしたらある社員が
「わー、エノキの頭や。久しぶりで見た~。」

「ハハー、おっしゃる通りでございます。」

結構鍛えられちゃってる社員さえ呆れるほどのエコ食堂。まともな食材を使うことを忘れてしまった今日この頃のまかない婦でありました。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-06 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日友禅作家の叔父に貰った『伝統加賀友禅工芸展』の招待券を持って県立美術館に行って来ました。

金沢では『まるび』と呼ばれている21世紀美術館の方が有名になった感がありますが、県立美術館の落ち着いたたたずまいもなかなかの立派さです。

数年前からここで催されるようになった『伝統加賀友禅工芸展』は公募制で叔父は審査員を務めています。

今回叔父の長男である従兄弟が銀賞と引染技能賞をダブル受賞しました。

加賀友禅は糊を置く人、図案を考える人、地色を染める人と色々な工程での分業が多いのですが従兄弟は京都での修業時代に地色を染める工程もやっていたので今回自分でやったのだそうです。

楽しみにして観に行こうと思ったのですが遠方に暮らす叔父たちもさぞ観たいだろうと思いました。

2日ほど前に叔父と3人で食事をしているときに
「ねえ、着物の写真を撮って送ればどうや?」と言ったら
「あんた写真撮るまっし。」と言われてしまいました。

そして叔父の名刺を頂き、工芸展の受付でトライしてみることにしたのです。

ですが聞いてみると
「やはりそれは原則無理です。」と言われてしまったのですが、叔父の名刺を見せるとまあ仕方がないだろう的な雰囲気になりました。叔父の名刺、かなりなパワーを持っているようです。

それでも多分叔父と同じ加賀友禅技術保存会の会員(全員でも10人しかいないそうです)である友禅作家の先生様が
「断らなきゃダメだろう!」と吠えているのが聞こえました。

心は激しく動揺し、もう工芸展をゆっくり見て歩く余裕などバッサリと無くなりました。

母は耳が少し遠いので聞こえなかったようです。まかない婦このときばかりはその耳がうらやましく思われました。

そんな時に
「こんにちは。」と声をかけてくれたのは従兄弟の奥さんです。受賞した作品を見に来たらしいのですが、本人も叔父も居なかったので彼女自身自分の夫の作品を写真に撮れないと困っていました。

一応受付と、美術館の人には叔父と従兄弟の作品に限り写真を撮っても良いとOKをもらっていたのでそのことを話すと
「じゃあ私も一緒に写真を撮らせてもらおう。」ということになり、目立たぬように、目立たぬようにこっそりと数枚の写真を撮りました。多少周りの人の視線が刺さるような気もしましたがここは我慢です。

勿論友禅作家の先生が見ていないだろうタイミングでその行為は決行されました。

他の人の着物どころか叔父の作品さえ頭に入っても来ません。徹底的にちびた心のまかない婦本当にビビりまくってそれでも写真を撮ったのです。

撮れた写真の出来はイマイチでしたがそんなことに構う余裕さえありませんでした。従兄弟の奥さんはもう少し先生の解説を聞いていきたいということで会場で別れ、逃げるように美術館を後にしました。

あー怖かった。

凍えた心は東急ホテルのラウンジのカクテルで溶かし、ようやく帰途につきました。

来年からは従兄弟に頼んで写真を撮ってもらい叔父たちに送ってもらうことにしようと思ったまかない婦でした。クワバラクワバラ・・・

でもビビりの割に今回頑張ったです。
* Category : イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-05 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

先日駅前のファッションビルフォーラスで目玉おやじのシャッを見つけ気に入って買いました。

DSCF6740_convert_20150705130040.jpg
胸ポケットのところに刺繍された目玉おやじがポイントです。

DSCF6737_convert_20150705125947.jpg
中に着るためにTシャッも買ったのですが、プリントがでかすぎて年配のオバサンにはちょいと厳しいです。

DSCF6738_convert_20150705130014.jpg
バックの柄の方がはるかに気に入っています。フロントとバックを入れ替えてほしいですよ。

じつはこれ以外にも鬼太郎シリーズのTシャツを持っています。

DSCF6745_convert_20150705130200.jpg
かなり気に入っている一反もめんのTシャツです。こちらはバックの方。

DSCF6744_convert_20150705130135.jpg
フロントは胸に小さく妖の文字が入り裾の雲も控え目です。この程度の物が着ていて一番落ち着きます。

DSCF6742_convert_20150705130107.jpg
ぬりかべのTシャツも持っていますがまかない婦とぬりかべがかなりかぶったキャラなので外出するときに着ることはほとんどありません。もっぱらエプロンの下に隠れているこのぬりかべたちです。ぬ~って文字がちょっとだけ気に入っていますが、チビぬりかべは不必要と思っています。

ゲゲゲの鬼太郎の昔の絵はかなり不気味ですよね。最近はそれなりに可愛いのでちょっと違うのではないかと思っています。

グリム童話にしても元の話ってかなり残酷だったりしますよね。

桃太郎にしても桃を食べたおじいさんとおばあさんが若返ってできた子供が桃太郎だと聞いたことがあります。鬼退治も残酷だから変更されているようです。

昔話も年を経てどんどん穏便なものになって行くのでしょうか?私たちの生活も穏便になれば良いのですがねぇ・・・
* Category : お気に入り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-04 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の夕方、最近よく当社酒部でお酒を買ってくださるお客様がまた来店され、天狗舞さんの純米酒を買っていかれました。

このお酒は先日のブログでも紹介しましたが天皇陛下の来県のためだけに作られた石川県の開発した酒米と金沢酵母で作られたお酒です。

たった1000本しか作らなかったそうで勿論蔵でも売り切れています。

当店でも売り切れたと思っていたのですが、バックヤードに3本だけ残っているのを発見しました。その最後の2本を買っていかれたわけです。

そのお客様はレジを済ますと手持ちの袋をびりびりと裂き、中から佃煮を取り出されました。

「あげます。」と言われくださったその佃煮はわざわざ自分用に取り寄せたものらしいです。限定品の純米酒をゲットできたのが嬉しかったのと先日差し上げた期限切れの酒粕のお礼もあるのだそうです。

この方に限らず当店にいろいろなものを下さる方が結構いらっしゃいます。

今朝も頂いた塩鮭を当社食堂の朝ご飯のおかずとして出したところあっという間に完売してしまいました。

しょっちゅう売れ残って渡されたといっては高額な商品を下さる方がいらっしゃるかと思えば、間違って注文しすぎたからと当社の景品の籠用に大量のレターセットを下さった方もいらっしゃいました。

取引先からの見本品のプレゼントもかなりな量です。

東京で働いているお客様が手土産だけを渡すために来店されたこともありました。

どうやらまかない婦も妹もかなり物欲しそうな顔をしているみたいです。

そんな訳で当社の景品の籠はいつも素敵な景品であふれかえっています。

ただ、時々訪れる友人の旦那がわしづかみにして景品を持って帰るのが少々イラつくのです。

一度そんなにたくさんどうするのだと聞いたところ
「ダラ、ワシが欲しいがんないがやぞ、子供にやるがや。」(馬鹿、僕が欲しいのじゃなくて子供にやるんだよ。)と言われたのですが、彼ら夫婦には子供はいません。

それに人にやるためによその店の景品をかっさらっていくっておかしくないですか?

お客様に差し上げるための景品で、持って行かれても一向残念ではないのですが、なぜだかイラつく彼の言動です。

小さな酒屋で小さな心のまかない婦が店番をしながらこのブログを書いています。案外このブログが感情のはけ口になっているのではないでしょうか?

そんな訳で毎日更新の暴走ブログは明日も更新予定です。じゃね
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-03 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日酒屋の店番をしていたところ10人以上の中国人のグループが入ってきました。入ってきた途端に中国語が激しく飛び交っています。

昔中国を旅行していた時によく聞いたメイヨーが乱れ飛ぶ中、1人だけ日本語が堪能な人が居て次々と質問が繰り出されます。

他の人たちもどうやら英語は話せるようです。

中国も随分と変わったものです。昔まかない婦がザックを背負って旅行をしていたころは英語の喋れる人なんてほとんどいませんでした。ホテルのフロントでさえ筆談になったりしたものです。

さて、当店に現れたこのグループ、一升瓶の日本酒を2本買い、500mlの水1ケースとそのほかにもいろいろと買っていかれました。

声が大きいし押しが強い!滲み出すパワーは半端なく巨大です。爆買いの爆風に重量級のまかない婦でさえ吹っ飛ばされそうになりました。

いえ、吹っ飛んじまったみたいです。

青果の方でも桃を1ケース買ってくださったようで、それらの品を台車に載せてバスの駐車場までお供しましたが、丁寧でジェントルな対応でした。

個人対個人の対応では全く不都合はないように思いましたが、国対国では違ってくると言うのが少し残念です。

ですがわずかな時間お相手しただけでぐったりと疲れてしまったまかない婦です。

この有様を最初のうちから見ていた天狗舞さんの営業の方もチャイナパワーを半端なく感じられたようです。そして爆買いの風にぶっ飛ばされているまかない婦と妹がてっきり同じグループの方だと思っていた日本人のお客様を見つけてホローしてくださいました。

ありがたかったです。そのお客様勿論天狗舞さんのお酒を買っていかれました。

あっ、中国人の方々の買っていかれたのも天狗舞さんの山廃純米大吟醸の一升瓶です。めぐりあわせですかねぇ・・・?

とにかく疲れてしまったまかない婦たちですが、この先ますますチャイナのお客様が増えるのだと説明される天狗舞さんのお話にただただビビりまくった昨日のお昼すぎでした。

あー疲れた。 
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2015-07-02 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日当社の青タン大王の話をのせたのですが、その青タンを見て母が話していたことが面白かったので載せちゃいます。

実は数年前当社の駐車場で夏祭りをやった時に、酔っ払った社員が車を運転して帰らないようにタクシーチケットを渡そうと階段を走り下りようとして母が転落しました。

転落して眉間を割り出血したまま倒れていた母は救急車で病院に運ばれました。

付き添いで救急車に乗ったまかない婦も妹も、後から駆け付けた身内全てが酔っ払いで酒を飲んでいなかったのは子供だけです。

まかない婦は
「せっかく楽しい集まりの雰囲気をぶち壊した。」と嘆く母を何とか慰めようと
「お母さん良かったじ~、眉間が割れてお母さんの大好きな旗本退屈男と一緒や。良かった良かった。」と猫なで声で慰め、
「パッ、パッ!」と言いながら旗本退屈男の振り真似までして見せたのです。

妹はそんなまかない婦を見てあきれ返り、母はさらに落ち込んだみたいです。 チェッ!せっかく慰めたつもりだったのに・・・

この話にまかない婦の知らなかった部分があることが判明しました。

しこたまビールを飲んでいたわが母、傷口を縫う段階になってどうしてもトイレへ行かせてくれと医者様に懇願したそうです。

ですがそんな話が通るはずもなく、母は迫りくる尿意との戦いで傷が痛いとかそんなことを感じる余裕が全くなく、縫い終わるや否や脱兎のごとくトイレへ駆け込み事なきを得ました。

良かった、良かった。

今日は青タン大王の母のトイレが間に合って良かったというお話でした。
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |