FC2ブログ
個別記事の管理2015-05-31 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日「日本酒のマエストロ・能登杜氏SAKEフェスティバル」に行って来ました。てっきり妹と2人で行くものだと思っていたのですが、月末の仕事が片付かずまかない婦1人で出かけることになりました。

考えてみれば以前からこのような催しものには1人で行くことが多かったように思います。

行ってみるとまず試飲の会場があって、500円を払うと試飲用の利き猪口と500mlのお水がもらえます。

IMG_3212_convert_20150531131416.jpg IMG_3217_convert_20150531131527.jpg

IMG_3216_convert_20150531131349.jpg IMG_3213_convert_20150531131500.jpg

IMG_3219_convert_20150531131559.jpg 
こんな感じで大ぶりの利き猪口にスポイトが添えられ、それで自分の猪口に酒を取り利きます。

素晴らしいお酒が多かったです。特に万歳楽さんと日栄さんのお酒が素晴らしかったように感じました。

会場で大日盛りの社長さんにお会いしてしばらく話し込みました。大日盛りの杜氏さんは今大江山さんの酒造りもやっていらっしゃるそうです。

この後奥能登の白菊さんと初桜さんにもお会いしました。初桜さんは今回出品していないそうですが、奥能登の白菊さんの純米大吟醸があまりおいしかったので通常商品なのかどうか聞いてみたところ、そうですと答えられました。

だったら当店の冷蔵庫に並んでいるじゃん。通常商品が他社の鑑評会出品酒と比べて引けを取らないというのは凄いと思いました。
「よし、お客さんには売らずに自分で飲んじゃおう。」とまかない婦が言うと奥能登の白菊さんが呆れて
「いやいや、お客さんに売ってくださいよ。」とおっしゃっていました。そりゃそうだよね・・・

試飲会場を出て蔵元のPRブースに行くと何人か顔見知りの方々がいらっしゃいました。

当店に時々お酒を買いに来てくださるお客様と楽しくしばらくすごし、静かにフェードアウトしてしいのき迎賓館を後にしました。

会社に戻り通常業務に帰りましたが、やはり行って良かったと思います。いろんな場所で縁を結んでおくのは商売上大切なことです。

妹ともども気の張る場所は苦手なのですがそうとばかり言っておれません。これからも色々な催し物には積極的に参加しようと思ったまかない婦でした。

スポンサーサイト



* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |