FC2ブログ
個別記事の管理2015-05-07 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日1人で映画を観に行って来ました。全く休日の無かったこのゴールデンウイークの最終日、6時過ぎなら自分の時間としても良いだろうと思い出かけてみました。

母も誘ったのですが行きたくないと断られたので1人で行きました。大丈夫インドだって1人で行ったのだから映画くらいは楽勝です。

映画は『一献の系譜』という作品で、能登杜氏のトップに君臨する方々とその技を継承していく次世代の杜氏たちの話です。

小さな劇場はほぼいっぱいの観客で埋まっていました。見かけたことのある酒屋さんが何人も来ていらっしゃったし、取引先の方の顔も見えました。

映画はもちろんドキュメンタリーで酒造りの様子やそれを支える家族の方々が多く出演されていました。

一番感銘を受けたのはタンクの中で発酵を続ける酒の美しさです。

この映画の監督がまだ若く美しい女性監督だったのにも驚きましたが、そんな美女監督に嫌とは言えなかったであろう能登杜氏の重鎮の方々が少しかわいく思えたりもするのです。

しかし、観ているうちに背中が痛みだし大変つらい鑑賞になってしまいました。前日に観に行った妹が腰痛持ちなのでどうだったのかと少し心配になりました。

映画が終わった後、大吟醸が飲みたいと思いましたが、結局行きつけのホテルのバーでマティーニを飲んだまかない婦です。

疲れた身体とヒートアップした頭に極上のマティーニがじんわりと浸みて本当においしい一杯でした。スタッフの方にも顔見知りの人が多く一人でもくつろいで飲むことが出来ます。

こんなお店があることがまたありがたいと思い、帰りは鼻歌を歌いながら歩いて帰りました。

おかしなねじ曲がった性格の割に幸せな人生を過ごしていることが不思議な気がします。

毎年当家の軒先で巣作りするツバメも今年は順調に子育てが進んでいるようで、雛の頭も大きくなりました。無事に巣立ってくれることを願いながらカラスの鳴き声に気を付けています。

随分前からツバメの緊急警報用の鳴き方が分かっているのでその声が聞こえたらカラスに投げつける箱を持って出動することになっています。

しかし、年と共に痛い部分が増えてきているこの身では小さなツバメさえ守りきれるのかどうだか・・・

とりあえずは今年も頑張らさしていただきます。

スポンサーサイト



* Category : 映画
* Comment : (0) * Trackback : (0) |