個別記事の管理2014-09-30 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

日曜日は墓参りに行って来ました。 毎月月末の休日には墓参りに行きます。父の命日が27日、祖母が4日なのでそのあたりに行くことにしています。

行きはタクシーで行くのですが帰りはぶらぶらと歩いて帰ってきます。

その際道すがらいろいろな庭木などを見ながら帰ってきます。

IMG_2164_convert_20140929165525.jpg
側溝に咲くネジ花を見つけました。これって買ったら高いのだそうです。実家が花屋さんの社員がそう言っていました。

IMG_2171_convert_20140929165552.jpg
小さな小さな青い花です。風に揺れてなかなかピントが合いませんでした。

IMG_2173_convert_20140929165619.jpg
これは花ではなく実でしょうか?見事な植木です。

お寺のスズランの実はオレンジ色になっていくつかは地面に落ちていました。母が拾っていましたがいったいどこで育てるのやら・・・?まさかまた食堂で育てるつもりじゃないよね。

この後いつもなら東急ホテルのラウンジで一服するのですが、今改装中なので前回は新しいホテルのカフェに寄ったのです。でも50人くらい座れるカフェにたった1人しかお客が居なかったのに隅っこの狭苦しい席に案内され、カクテルはあったけどつまみが無くて母は鼻をつまみながらキールを飲んでいました。

そんな訳で今回はプレーゴという中庭風になった場所を囲む一軒のお店に寄ってみました。実は当社のお客様です。

そちらでは店員さんの接客もまずまずで、席もほどほど、飲み物もおつまみもあったのでいつもの墓参りのエンディングとしては上々でした。

IMG_2174_convert_20140929165646.jpg
前菜の盛り合わせです。右からキッシュ、鴨肉、糸瓜のピクルスを使ったサラダ、生ハムメロン、トマトにモッツァレラです。特に糸瓜のピクルスが斬新で美味しかった。まかない婦も真似っこしてみようかしら?

でもやっぱり東急ホテルのラウンジが恋しいまかない婦です。数えればもう18年間も毎月1回通い続けているのです。スタッフの人ともそれは顔なじみになりますよね。

来月初旬にリニューアルオープンするそうで、待ち遠しくもあり少し不安もあり複雑な心境です。以前のゆったりした感じが損なわれなければ良いのですがねぇ・・・

待ってます。
スポンサーサイト
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-29 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

27日が父の祥月命日だったということはこのブログに書いたのですが、それにかこつけての宴会での昔話がまかない婦的にかなりおもしろかったので聞いていただきたいと思います。

一番受けたのは私たち3人姉弟妹がまだ小さかったころに弟と妹がやらかした悪戯です。

この2人部屋の中に5kg入る砂糖壺の中身をぶちまけてダムを作り、そこにポット1本分のお茶を流し込んだのです。

砂糖で丘のようなものを作っているのを見たときにゾーっとしました。

なにせまかない婦たちの父親ときたら今では絶滅危惧種になっているガミガミ暴力親父だったのです。こんな悪戯を見つかればタダではすみません。

巻き添えにならないように妹たちから距離を取りました。この後お茶を注ぐのを見て、可笑しくなりました。この2人殺されるかもしれません。

しかし実際には怒られることもなかったのです。あまりにひどい悪戯にガミガミ親父は笑い出してしまい怒ることが出来なかったようです。何十年も前のこととはいえ忘れることのできない出来事です。

弟に何であんなことをしたのか聞いてみたのですが理由ははっきりしませんでした。やりたいからやっただけのもようです。へっ?

次に盛り上がった話は当社の100周年記念のハワイ旅行で起こった誰に言ってもなかなか信じてもらえない話です。

初めての海外旅行に舞い上がった若い社員のA君が石川県からセントレアに行く間に飲み過ぎてアルコール中毒を起こし、空港に着くや否や医務室に担ぎ込まれ尿道留置=>点滴フルスロットル=>意識朦朧状態で紙おむつ着用後車いすで出国できるか最終確認=>その場で大量嘔吐するも検査をパス=>紙おむつ着用のままハワイへ

もっとも全責任は当社が取ると念書を入れての出発でした。へたをすれば100周年が最終年になったかもしれない当社の武勇伝ですがこの話におまけがあります。

奇跡的に全員ハワイ行の飛行機に乗れた当社社員の第3班、ホッとしたのもつかの間機内で体調の悪い人が出たとかでアナウンスが入りました。当社社長散々迷惑をかけた償いが出来ると勇んで義妹に出動を命じました。義妹は元ナースです。

しかし、様子を見に行って社長が目にしたものは信じられない光景でした。飲み過ぎてぶっ倒れた当社の女子社員です。キャーーーー

穴があったら入りたい・・・当社社長が入る穴ですからけっこう大きな穴が必要です。でもそんな穴がハワイ行きの飛行機にあるはずもなく、席に戻ってアナウンスは聞かなかったことにした社長でした。

でも大丈夫、勇敢な義妹が後処理しましたから。

そしてこの後泥酔からようやく目覚めたA君が「スチワーデスさん、ビール!」と注文したのを聞いて脳が沸騰しA君をどやしつけたそうです。

でも、しようがないんじゃないかな?だってA君ほとんど何も覚えてないみたいだから・・・

当家の宴会で久々に聞いた笑える昔話でした。
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-28 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は父の祥月命日だったので、それにかこつけての宴会が催されました。参加したのはまかない婦と母、弟、妹とその旦那1、子供2、近所に住む叔母と友禅作家の叔父の9人です。

まず弟が仏間で坊さん気取りでお経をあげたのですが、当家の宗派曹洞宗はお経が長いことで有名です。まかない婦の隣で甥がため息をついていました。

その後3階食堂に場を移して宴会が始まりました。

DSCF5400_convert_20140928131149.jpg
寿司が2桶来ていました。

DSCF5402_convert_20140928131219 - コピー
妹はでっかいピザ持参です。

DSCF5388_convert_20140928131002 - コピー
まかない婦も牛タンを用意。

DSCF5390_convert_20140928131025.jpg
鰻も切ってあります。

DSCF5394_convert_20140928131051.jpg
この日のためにイクラの醤油漬けも作って置きました。

DSCF5411_convert_20140928131421 - コピー
そしてこの日になくてはならないのがこの豚カツです。晩年の父がとんかつ屋になるとまで言った好物なので命日にはできるだけ作るようにしています。昨日は10枚の特上の豚カツを揚げました。

勿論余ってしまいましたが、残りは甥が嬉しそうに持って帰りました。長いお経に耐えた甲斐もあったというものです。

他にもチューリップを20本くらい揚げたのですが写真に撮るのを忘れました。これには叔父が食いついて、帰りには少し包んで持って帰りました。亡くなった祖母が良く作っていたそうですから懐かしかったのかもしれませんね。今はあまり売っている店もないので見かけると買ってきたりもします。

叔父は千切りキャベツも気に入ったようでした。チューリップと一緒に持ち帰っていました。

DSCF5406_convert_20140928131318 - コピー
これは叔父が持ってきてくれた和菓子です。この栗きんとん1個で400円だそうです。亡くなった父の大好物でした。

DSCF5408_convert_20140928131343 - コピー
実は東京の従姉妹も一箱送ってくれました。ありがとう千秋 ちょっとかぶっちゃったけどみんなで分けて食べたから安心してね。

いつもなら宴会の締めはケーキとコーヒーなのですが、今回は緑茶と和菓子になりました。まっ、当然の成り行きですね。

延々と続いた楽しい宴会は妹の下品な発言でドッチラケになりお開きになりました。ドッチラケってのも最近聞かん言葉ですね。

宴会の中で盛り上がった楽しい昔話はまたの機会にご披露することにいたします。そんじゃあまた・・・・

あー、肝心なこと忘れていました。

昨日は現在発売中のひやおろしの頂上対決をしたのでした。

DSCF5405_convert_20140928131246 - コピー
奥能登の白菊の純米大吟醸ひやおろしと神泉の大吟醸のひやおろし黒ラベルです。

口に含んだ時深みや味わいなどがあふれるのは黒ラベルですが、白菊の奥ゆかしい旨さも捨てがたいものです。どちらが旨いかと言われれば黒ラベルかしら?でもずっと飲み続けるとなると白菊の出しゃばらず美しい味も良いですねぇ・・・

皆さんも機会があれば飲み比べてください。なかなか素晴らしい対決ですよ。ではでは今度こそまた明日。
* Category : 宴会
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-27 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

最初に良いお知らせが有ります。酒屋のお客様で入院していらっしゃった元気印の奥様の退院が決まったそうです。良かったー、万歳です。

事故に合われた取引先の方々もそれぞれ仕事に復帰されたようで、嬉しい知らせがここへ来ていっぱいです。

けれど個人的には凹むようなことも・・・

実は昨日社員をせっついてようやく手に入れたえのきだけの切り落とされた軸を、時間を掛けて細かくし佃煮風に炊いて自家製なめたけを作ったのです。作ったのは今朝ですよ。

そしてそのなめたけを大鉢に一杯出してあったのが今日の昼食後には大さじ1杯ほどに減っていたのです。

あれほど時間を掛けて作ったものがあっという間に・・・

しかもなめたけの為にご飯もかなり減ってしまいました。実は今当社従業員食堂は米不足です。

取引先から米も売って欲しいと言われ、従食用に買っていた米を転売することになりました。するとそちらの売れ行きがかなりハイペースなので買っても買ってもすぐになくなり、おちおち従食の米櫃に米を入れることさえできません。この米櫃100kg以上のお米がストックできます。

この米櫃も今ほぼスッカラカン状態です。

それなのに忙しい時間を割いて社員がバクバク飯を食う飯の友を作ってどうするのだという話ですわ・・・

作ったものが大人気というのも素直に喜べないもう1つの理由は、明らかに食べすぎている人たちの検診での検査値の気になる正常値オーバーです。このまま無制限に食べ続けていれば・・・

血液検査センターで働き、病院の栄養科で働いてきたこの身にはこの先のストーリーが読めてしまいます。怖いことです。

特に気になる人が2~3人いるのですが食べ物に憑りつかれているかのように食べるその様を見て心配しています。

まあ、まかない婦自体もかなり危ういところに立っている状態なので人のことをとやかく言っている場合でもないのですが・・・

とにかく、余分な仕事で自分の首を絞める=>社員が飯を食べ過ぎて被害甚大=>食べ過ぎた社員の健康状態が心配という三つ巴のマイナスオーラ輝くむなしい仕事に首をかしげる今日の日のまかない婦でした。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-26 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

明日は父の祥月命日です。亡くなって18年もの月日が経っていることに改めて驚いています。

こんなに何年もたっているのに親戚や商売上の知り合いから花が送られてきます。でも、その中の1人からの花が毎年まかない婦たちの悩みの種です。

その方からの花でこの18年の間まともな物が届いたのはほんの1~2回だけです。多分ずっと同じ花屋さんから送ってくださっているのでしょうがいつもしおれていたり、一部腐っていたり、花に穴が開いていたりと何かしらの問題があります。

今年の花は満開に咲き過ぎていて箱から取りだす際にかなり散ってしまったり、花びらが折れたりしたことと、ランの花に茶色の斑点が出ていたのが目立ちました。しかし、例年の中ではましな方です。 

しかし、その後すぐに贈られてきた別の方からの花がすべてフレッシュで見るからに美しく心がこもって見えたので並べて飾るのが忍びないような気さえしました。花には何の罪もありませんもの、ただ咲いているだけです。

まかない婦宅には父や祖母の命日にかなりたくさん花が届きます。しかし、この花屋さんの花以外問題があったことはありません。みな素晴らしい花ばかりです。ですから余計に目立つのでもあるのですが・・・

ある年あまりにもひどかったので送った花屋をつきとめて義妹がクレームの電話をしたことがありました。その時は「へー、そうですか?」みたいな対応だったみたいです。

そんな場合たいていすぐに代品を送ってくるものですが、全くなしのつぶてで2ヶ月ほど経ってから突然新しいアレンジメントフラワーが届きました。その花屋さんから来た花が初めてまともだったのを覚えています。

その次の年もまともな花でしたが、その後はもう元の木阿弥です。 いったいどんな花屋なのかと怒るを通り越してあきれています。

せっかく律儀に毎年贈ってくださっている人のことを思うと、どうしても納得できないものがあります。どう考えてもただのミスではないでしょう?見えない相手だと思っていい加減な花を使っているとしか思えません。

浅ましきも人、美しきも人。自分は美しい人でありたいと願うまかない婦です。いえ、外見はもうあきらめていますけどね。

明日は又親しい人たちが顔をそろえての宴会になります。あまり飲み過ぎないようにしなければとうっすら思っているまかない婦、「酒は飲んでも飲まれるな!」耳に痛い言葉ですね。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-25 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

月末なので来月のトップページ用の料理を作らねばなりません。加賀丸芋にしようと思ったのですが11月にならないと出荷されないと聞き頭を悩ましました。

思いついたのは松茸です。加賀野菜ではありませんが丁度昨日から能登松茸の出荷が始まりました。

DSCF5343_convert_20140925122233.jpg
なかなかにご立派な姿です。せっかくだからと社長がトップページ用に立派な松茸を持ってきてくれました。

DSCF5348_convert_20140925123642.jpg
これで料理を作ります。1本が100g近くある立派な松茸です。

DSCF5368_convert_20140925122305.jpg
そんでもって出来上がった料理がこれです。トップページ用には違う盛り付けにしましたが、内容はこれです。松茸も椎茸も美味しかったし、ポイントの木の芽が利いていました。

昨日のひやおろしは夢醸さんの純米酒のひやおろしでした。まかない婦実は純米酒が苦手なのですが、このお酒は特有の匂いもなくて美味しかったです。

他には小さすぎて使えなかった茄子を煮付け、魚屋さんで買ってくれと言われ断りきれなかった甘海老を煮ました。刺身用だったのですがそんな余裕はあるはずの無い月末です。

甘海老と一緒に茗荷も煮てみたのです。義妹が薬味と思わず普通の野菜として扱えば良いと言っていたので試してみました。結構おいしかった。 肉と煮たりしても良いかもしれません。

今日欠品していた神泉の『黒ラベル』が入荷してきました。これで白菊対神泉のひやおろし頂上対決が可能になりました。どちらが旨いのか・・・?今週末の宴会でみんなでジャッジします。

週末は亡くなった父の祥月命日なのでみんなで集っての宴会です。まかない婦は豚カツを揚げなければなりません。晩年の父はしょっちゅう豚カツを作ってくれとまかない婦に言い、しまいに頭にきたまかない婦が「そんなに豚カツが好きなら豚カツ屋にでもなれば!」と凄んだら「なるよ。」と、しらっと言い放ちました。

2人のもめごとの種の豚カツを今年も揚げる予定のまかない婦です。父は喜んでくれるでしょうか?

とりあえずは集まった身内が喜んで食べるだろうことは分かっています。それもまた楽しみですねぇ。ではでは・・・
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-24 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

IMG_2159_convert_20140924171026.jpg
新しいコーヒーメーカーを買いました。

以前に買ったポッド式の物が壊れて義妹がネッスルのバリスタを買ってきてくれてからずっとインスタントコーヒーを飲んでいたのですが、インスタントにしては画期的においしいとはいえ、やはりレギラーコーヒーとは違います。

深い香りや切れのある苦味が恋しくて夏の間はレギラーコーヒーを沸かしては冷し、美味しいアイスコーヒーを楽しんでいました。

でも、流石に今はアイスの季節ではなくなってしまいました。 ホットコーヒーの恋しい季節です。

買ったばかりなのでせっせと沸かしているのですが・・・なんだかやっぱりやかんで入れたレギラーコーヒーの方が美味しいような・・・

入れているときから立ち上る香りが蓋で遮られているせいでしょうか?とにかくどこか味わいが薄いです。

やはり美味しいものを頂きたいのならそれなりの手間はかけねばならんものなのかもしれません。ですが、ほぼほぼ美味しいコーヒーは作れるので、時間の無いこの身としてはありがたい機械です。

毎日飲むコーヒーや赤ワイン、大好きなカレーなどでまかない婦の歯はどんどん黄色くなっていきます。まかない婦のお口の中も秋模様といったところでしようか・・・

さて、ブログには載せなくてもまかない婦宅ではほとんど毎日ひやおろしの宴です。先日叔父とひやおろしを飲んだ時に全部は飲みきれなかったので昨日は残ったお酒をやっつけました。

DSCF5337_convert_20140924123740.jpg
母が勘違いをして太胡瓜と蓮根を持ってきてしまったのでそれで料理を作りました。太胡瓜と鶏腿肉の煮物と蓮根のキンピラです。茗荷の甘酢漬けも食べ放題ですわ。

胡瓜と言っても瓜ほどの大きさのあるジャンボ胡瓜なので加熱調理にも向いています。地元ではよくあんかけにして食べていると思います。勿論酢の物なども美味しいですし、サラダの素材としてもいいですね。

この煮物はわざと歯ざわりを残し、カリッと食べていますが。僅かの加熱でとろけるほど柔らかくなるのでそちらの方もお勧めです。

お酒は穂の香を頂きましたが、ほんの少ししか残っていなかったので手取川さんの吟白寿に移行しました。これもさほど沢山無かったので、その後は奥能登の白菊さんの純米大吟醸です。

どの酒も旨い酒ばかりで石川県に生まれた酒飲みとしての幸せをしみじみ感じておりました。 うっ、旨すぎる・・・

さて、今晩は何を飲もうか・・・

実は先ほど来月のトップページ用の料理を作ったので今晩は豪華な夕食になりそうです。・・・となると旨い酒が必要なのですが、この料理の相棒である神泉さんの大吟醸ひやおろし『黒ラベル』が切れています。かなり残念です。

そうそう、話はころりと変わりますが、今日とても嬉しいことがありました。5月に事故に合われた取引先の方が元気な顔を見せてくださったのです。事故以来初めてお会いしたのですがお元気そうでホッとしました。

今までほとんど接点の無かった方なのですが、それでも嬉しくて・・・人が元気でいるというだけで嬉しいものですね。

みんな元気で幸せに暮らしてくれれば良いのですが、この世はままなりません。辛い話も多い今日この頃、元気なお顔に少し幸せを分けてもらった今日のまかない婦でした。
* Category : 日常生活
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

二重投稿 * by いぬこ
まかない婦さんこんばんは。
コメントしたら、「不正」と表示され、送信できていないようだったので、書き直したら、送信できていて、同じようなもの二つ送ってしまいました。
ごめんなさい。v-390

Re: 二重投稿 * by まかない婦
いぬこさん、私も時々おかしなことをやるので気にすることもありませんよ。

尾瀬はルートさえ選べば決して大変ではないと思います。Kさんも元気でしたよ。

個別記事の管理2014-09-23 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

金沢も一日ごとに秋が深まって行きます。今までずっと半そでTシャツで過ごしてきましたが朝晩の薄ら寒さに別の着る物を物色中です。

ポロシャツやブラウス、7分袖の物などが良いように思うのですが調理をしていると無茶苦茶暑いときもあるので迷いますね。

そういえば今年のまかない婦の誕生日に義妹がブラウスとカーディガンをくれました。ところがこのブラウスがパフスリーブ・・・いわゆるちょうちん袖です。

あの~、まかない婦のような太っていて薄毛で年配のオババがちょうちん袖のブラウスを着て良いものでしょうか?義妹には申し訳ないけどかなり抵抗があります。

でも、ひょっとして世間一般的にはOKなのかもしれないと思い義理ではないほうの妹に聞いてみました。

妹「ハッ!ちょうちん袖?あんた体はドラえもんで顔がのび太なんにちょうちん袖?ありえんやろう。」

実の妹の指摘は厳しく鋭いものでした。 アハハ

秋の日の風がなぜか冷たく感じる今日この頃です。

* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-22 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今日は当社の常備菜のご紹介をしようかと思います。なぜなら最近その常備菜の素材がちょくちょく上がってくるので当社従業員食堂は常備菜長者になりつつあるからです。

とは言え1度には出しません。そんなことをすればあれもこれも中途半端になり結局傷んでしまうことになりかねません。常備菜と言えども傷まないわけではありませんから。

DSCF5325_convert_20140922124048.jpg
まずこれです。これは椎茸の軸のキンピラです。これが結構根強い人気です。要らないでしょうがレシピ化されているので貼り付けておきます。
Cpicon 椎茸の軸のキンピラ(結構旨い) by かきいち

この常備菜は税務署の査察が入った時に税務署の人たちにも食べてもらいました。勿論200円は頂きましたよ。当社の食費が安すぎるとクレームがついていただけに椎茸の軸はインパクトがあったようです。

DSCF5326_convert_20140922124115.jpg
これはエノキの軸を使った佃煮です。エノキをばらして納入する取引先があるのでエノキの軸も結構豊富にあるはずなのですが、担当者がなかなか厨房に渡してくれません。毎日エノキがあると何やかやと言われるもとになるので嫌がっているようです。

こちらはまだレシピ化していなかったようです。山椒と刻み唐辛子が入っていてこれも結構人気です。近々レシピ化しようかと思います。

DSCF5327_convert_20140922124142.jpg
これは茗荷の甘酢漬けです。時々能登の親戚から大量に茗荷を頂くので、その時には作ります。熱湯で1分ほど茹でてから甘酢に漬け込みます。こいつもなかなか美味ですよ。

IMG_3850_convert_20140922173438.jpg
これは自家製のガリです。社員が見向きもしない折り取られた生姜で作ります。不動の定番常備菜です。お嫌でしょうがレシピ付けときます。
Cpicon 自家製のガリ by かきいち

IMG_3051_convert_20140922173350.jpg
これは海苔の佃煮です。ギフト用の海苔が売れ残った時などに作ります。常備菜の中でも最も人気があるものかもしれません。嫌がらせのようにレシピを付けます。
Cpicon 湿気った海苔でも作れる海苔の佃煮♡ by かきいち

IMG_3818_convert_20140922173415.jpg
これは椎茸の佃煮です。売れ残った中国産の椎茸がたくさんあったら作ります。

このほかにも大根の甘酢漬けも定番化していたのですが飽きてしまったのかあまり食べなくなってしまったので最近は作っていません。

漬物は切れ漬けと白菜キムチは毎日食卓に出ています。最近は白菜の糠漬けも出していますが、もうしばらくして大根がいい感じに干せるようになれば大根のぬか漬けに変わります。

こんなところかな・・・?一度に出すことはありませんが、切れ漬けとキムチ、ガリはほぼ毎日出ていて後はもう1~2品目先が変わるように出しています。今は椎茸の軸ですが明日辺りえのきの軸になりそうです。

そうそう、昨日は久しぶりにワインを飲んだのですがなんとなくそれも写真に撮ったので紹介しておきますね。

DSCF5322_convert_20140922124022.jpg
牛カルビと野菜の炒め物、アボカドとソーセージ&水牛のモッツァレラチーズ、紀文の生ちくわ胡瓜詰めなどです。ワインはチリのカリテラ・レゼルヴァ・カリネメールです。久しぶりに飲んだ赤ワインが旨かったです。

まあ、こんな感じで毎晩酒盛りやってます。今晩は又ひやおろしに逆戻りですがあらかた美味しそうなところは責めてしまったのでちょっと不安です・・・

それでは皆様、又明日。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (5) * Trackback : (0) |

みょうがの卵とじ美味しかったよ * by いっこ
みょうがと卵だけの卵とじ作ってみました。
みょうがはほぐして水にさらしてから油で炒めてみましたがえぐみなく美味しい味でした。
めんつゆに砂糖を追加した味で簡単!

食べてみてくれー!

今更ですが * by いぬこ
まかない婦さんお久ぶりです。
尾瀬に行くとのことで、ブログを楽しみにしていました。
ブログは見たのですが、突然超忙しくなり、コメントできませんでした。
楽しそうでなによりでした。
ブログに足の爪がはがれそうに云々というくだりがあったとl思うのですが、今改めて見ても探せませんでした。
私の思い違いでしょうか?
また、メールのようにこの場をお借りしてすみません。

Re: 今更ですが * by まかない婦
いぬこさん、お久しぶりです。

まかない婦もどこに書いたかは忘れましたが、確かに一枚だけ爪がはがれかけています。これは山が悪いわけではなく靴が合わないからです。

しかし幅広で指が長く、かかとが小さいという特殊な足なので合う靴が見つけられません。普通の足の人がうらやましいです。

爪はがれ * by いぬこ
やっぱりそうでしたか。
来年に向けて尾瀬のガイドブックを買いに行ったのですが、ありませんでした。
どこか大きな街に行ったときに探そうと思いますが、
やっぱり尾瀬は手怖そうですね。
Kさんはお元気でしたか。

爪はがれ * by いぬこ
やっぱりそうでしたか。私もくるぶしの位置が低すぎる足のようで、靴は慎重です。
来年に向けて尾瀬の調査をと思っていますが、
やっぱり尾瀬は手怖そうですね。

Kさんはお元気でしたか。

個別記事の管理2014-09-21 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

二週間に一度の割合で友禅作家の叔父から外食のお誘いがあります。誘われればホイホイと出かけるまかない婦と母ですが、最近石川県で一斉発売されたひやおろしが旨くてはまっています。

外食した先にどんなひやおろしが用意されているか、ちょっと不明ですよね。そこで自宅のひやおろしの宴を拡大して叔父を誘って当社3階食堂で割り勘会をやることにしました。と言っても今日は割り勘ではなくまかない婦からのご招待です。

DSCF5316_convert_20140921143545.jpg
今日の主役はこの2本。神泉さんの穂の香と奥能登の白菊さんの純米大吟醸のひやおろしです。一度は穂の香の方が美味しいと判断したのですが、飲み比べたわけではありません。2本一緒に飲み比べてみればひょっとして違う結果が出そうな気もしました。

まかない婦の中でナンバーワンの神泉さんの大吟醸ひやおろし黒ラベルはただ今欠品中。今週末には入荷してくる予定です。

お酒は他にプレミア焼酎やビールなども用意しました。

DSCF5300_convert_20140921144136.jpg
ドジョウのかば焼きは金沢名物です。親戚中これが好きみたいで鰻より人気があるかもしれません。今日は川木という店のかば焼きです。

DSCF5305_convert_20140921144230.jpg
うなぎも川木で買いました。これで3000円です。この後グリルで温めたのですが、他の物を用意している間に少し焦がしてしまいました。

DSCF5302_convert_20140921144203.jpg
へしこも近所の塩乾物の名店沖津さんで買ってきました。切り方が少し分厚過ぎたようで塩がきつく感じました。軽く火であぶればよいかもしれません。

DSCF5306_convert_20140921144253.jpg
刺身はヒラメと赤貝、カジキの刺身です。調達してきたのは近江町市場内の新力という魚屋さんです。

DSCF5309_convert_20140921141254.jpg
秋刀魚も焼いたのですがあいにく叔父は秋刀魚が好きではないということだったので、残った1尾は今日グリズリーの昼ご飯になりました。皿に見えますが陶板鍋なので熱々のまま食べられます。

DSCF5312_convert_20140921141338.jpg
今日のメインデッシュ松茸の酒蒸しです。少し焦げてしまいましたがそれもパリッとしてて悪くなかったです。

この他にも甘海老の煮物、酢蓮根、茄子の煮物などもあったので結構余ってしまいました。

でも叔父が刺身以外はほとんど持って帰りました。今日のおかずにするそうです。「松茸は朝ご飯の味噌汁に入れる。」と言っていました。食材のリサイクルにもなかなかのセンスを感じます。

DSCF5319_convert_20140921152449.jpg
叔父の大好きなグラスを選ぶサービスも真似してみました。名古屋の叔父に頂いた大切な黒薩摩を叔父に貸してあげました。普段の宴会には絶対に出ない器です。

叔父は嬉しそうに黒薩摩で白菊のひやおろしを飲み名古屋の叔父に写真を撮って送ってくれと言っていました。

まかない婦も2つのグラスでひやおろしを飲み比べましたが、穂の香の方が好きだと思っていたのですが穏やかな白菊の方の杯が進みます。グラスのせいではないようです。

DSCF5320_convert_20140921153638.jpg
まかない婦が使っていたグラスはこの2つ。グリーンの薩摩切子で穂の香を右のグラスはヘリは結構薄いけどリーズナブルな値段の物です。こちらで白菊を飲みました。

2つを交互に飲むと白菊の穏やかさに魅かれていきます。白菊純米大吟醸ひやおろしの底力ですか・・・

次回の飲み比べは神泉と白菊の黒ラベルどうしに決定です。

それでは皆様また明日。今晩はひやおろしは一時中断して赤ワインなど頂こうかと思っています。おかずが肉になりそうだからです。ほんじゃあねっ。
* Category : 宴会
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-20 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今朝当社従業員食堂で大事件が起きました。朝食のテーブルにオロオロと巨大なゴキブリが登場したのです。

「ぐぅえー!!」人の物とも思えぬ声で叫んだ社員のすぐそばにヨロヨロのゴキブリが居ました。

すぐにハエ叩きでぶっ潰せたところを見るとかなり弱っていたのでしよう。そもそもこの食堂でゴキブリを見ることはほとんどなかったのです。

多分何かの段ボール箱の中にでも紛れ込んでいたのでしょう。

ぶっ潰したのは社員ですが、とどめを刺したのはまかない婦です。その後使い捨ての雑巾で掃除し、アルコール消毒もしておきました。

A「良かった俺ゴキブリじゃなくて。出て来ただけで即処刑だもんな。」おはよう、ブチッ!さようなら~です。
まかない婦「外部の方は200円いただくことになっているけど、お金持っていなかったみたいだからお引き取り願ったわ。」
B「えーっ、そんなことがあったんですか?」

えーな、シャレのわかんないやつだなぁ、ゴキブリのことだよ!

とにかく、ものすごーく久しぶりに見たゴキブリはあっという間に退治されてしまいました。実をいうと本社ビルが建つ前の古い建物にはゴキブリどころか訳の分からん虫も見たものです。このビルに越してきてゴキブリやネズミと縁が切れて本当に幸せでした。

特に今年は夏が短かったせいかコバエもほとんど居なくて助かりました。何せ当社の食卓には常備菜として生姜の甘酢漬けがほとんど毎日出ているのでコバエには悩まされます。

それにしてもこんな3階までコバエはどうやって来るのでしょうか?自力でここまで上がってくるとしたら大した冒険野郎です。あるのかどうかも分からん酢の物のためにここまで来るとしたら・・・

さてさて、不愉快な虫の話はほどほどにして、昨日のひやおろしの宴を紹介しておきます。

DSCF5296_convert_20140920181926.jpg
昨日は谷泉さんの純米吟醸酒のひやおろしです。ここの蔵のひやおろしはここ数年銘柄がコロコロ変わります。去年は確か純米酒だったと思いますがその前は吟醸でした。

特に吟醸のひやおろしは美味しかった上名前が『愛』で手書きのラベルが又良い味を出していました。今年の純米吟醸も悪くはありませんが、出来れば愛が又飲みたいところです。

ひやおろし用のご馳走に昨日はとうとう松茸を持ち出しました。松茸と大黒シメジ、赤海老となた割れカボチャのタジン鍋です。あとは、大根とレモン、ホタテとディルのサラダ、鰯の山椒煮、ソーセージとパプリカ、ヤングコーンの炒め物です。

勿論食べ切れませんでしたが、タジン鍋だけは食べきりました。秋の恵です。

そういえば最近このレシピがかきいちのキッチンの中で一番人気です。良かったらそちらの方も覗いてみてください。

では又明日
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、夕の宴のお料理は口福さんやくすの樹にも負けない品々ですね!
この話題に参加するのはどうかと思いましたが、社長さんのはじかみ。もし蜂蜜が入ってないようなら・・・。
「グリズリーのエコはじかみ、ノン蜂蜜」はいかが?
随分長い品名ですが(笑)。
どうも失礼しました。
<穂の香>ブラボーです!

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、穂の香美味しかったですか?良かったです。

昨日は叔父と3人でひやおろしの宴です。本当は焼酎好きの叔父のためプレミア焼酎も用意していたのですが、ひやおろしだけで満足したらしく堪能して帰って行きました。

日本酒が旨い季節です。もうしばらくするとボジョレーヌーヴォの宴になるんですよ。忙しいです。

個別記事の管理2014-09-19 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっきやっとかかりつけのクリニックへ行って来ました。他の物はともかくとして花粉症の薬が切れるのは厳しいです。

昨日の朝は両目が真っ赤で、まつ毛が目ヤニまみれになっていました。シャレにならんです。

先日の敬老の日に母が姪っ子からプレゼントを貰いました。美尻になるクッションだそうです。

母は嬉しそうにそのクッションに座っていますが、後期高齢者が美尻になって今更どうしようと言うのか良くわかりません。母のお尻がどうであろうが誰~も気にしないと思うのはまかない婦の思い違いでしょうか?

さてさて、昨晩もまかない婦宅ではひやおろしの宴です。今まで飲んできた中で神泉さんの純米大吟醸のひやおろし『穂の香』が一番美味しいと思っていたのですが、実はこの蔵にはもうワンランク上のひやおろしがあるのです。

大吟醸のひやおろしで格調高い黒ラベルです。4合瓶で3240円とかなり高いのですが、せっかくなのでこれも仕入れてみました。穂の香の方は4合瓶で2592円ですから648円高いわけです。

DSCF5292_convert_20140919123241.jpg
母と2人じっくりと飲み比べた結果、やはり黒ラベルの方が美味しいということに落ち着きました。黒ラベルの方が味が綺麗で穏やかでありながら深いように思いました。

でも穂の香で充分美味しいので黒ラベルまでは行かなくても良いような気もします。まかない婦とにかく以前から穂の香のファンで、ひやおろしのシーズンが過ぎても延々と注文し続け、蔵から「もうありません。」の声を聞くまで注文し続けるという粘着質な仕入れをしています。

ひやおろしの為に作ったおかずはとんかつの卵とじと紀文の焼きちくわの胡瓜詰め、うなぎの蒲焼の尻尾で作ったウザクです。それと弟がボウフの甘酢漬けを作って少しくれました。

昨日の酒も料理も抜群に美味しかったです。ボウフ、黒ラベル、卵とじ、穂の香、竹輪は特A級に旨く、思わず自分は料理上手なのではと思ったほどです。

でも考えてみればしょっちゅう天カスで卵とじを作っているので今では卵とじの達人になっているのかもしれません。まかない婦は卵がゆるいほうが好きなので、従食で作る卵とじよりゆるい卵とじでしたがこれが又抜群に旨かったのです。

そして今晩もひやおろしの宴は続きます。明日もまたお知らせする予定です。当分の間ご辛抱下さい。
* Category :
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ターチK
まかない婦さんお久しぶりです。毎夜のひやおろしの宴最高ですね。私も監視付で粛々と進んでおります。昨日は「穂の香」を頂きました。濃厚で芳醇な味わいで旨しの一言です。女性好みかもしれませんね、どのひやおろしも大満足ですが機会があったら「黒ラベル」に出会いたいものです。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ターチKさんお久しぶりです。

毎夜のひやおろしの宴が楽しいまかない婦とその母です。今晩は友禅作家の叔父を誘おうかと言っているのですが、また外食になってしまうのかもしれませんね。

個別記事の管理2014-09-18 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

金沢では季節も進みすっかり秋の気配です。昨日まではそうでもなかったのですが今日は日中でも半そででは少し寒いような・・・社員の制服もピンクの半そでから朱色の長袖に代わっています。

毎度の事なのですが色々なヘタレ野菜が当社3階厨房へなだれ込んでいます。今日著しく多かったのは中国産の葱でした。

渡された物を使いながらでないとあっという間に食材地獄になってしまうので今日はこのネギをみんな使い切ってやりました。副菜に使ったのですが、チビチビ渡されるいろいろなものと煮付けました。一口ガンモ、焼き豆腐、木綿豆腐、高野豆腐です。

ネギの煮物は結構好評でお代わり用の鉢は大鉢から小鉢に代わっています。主菜のシチューは結構残っているので明日の朝ご飯は何とか乗り切れそうです。

一緒に働いていた義妹が私とたった2人しかいない厨房で大声で喋っています。その大声、今必要か?元気ですわ彼女・・・  

今日は昼過ぎから駅前のホテルでのワインの商談会に行くことになっていたのですが、直前になって社長からストップがかかりました。何でも取引先の方がいらっしゃるので会社内に居るようにというお達しですこれでほぼ商談会へ出かけるのは無理になったので市場で魚を大量に仕入れてきました。

今金沢では底引き漁が解禁になり、魚屋さんの店先にはいろいろな魚があふれかえっています。本当はカレイでも煮付けてみんなに食べてもらいたいところですが、魚体が小さいものばかりなので煮物には向きません。

そこで今日はハタハタを買ってきました。

DSCF5288_convert_20140918170321.jpg
大小とりどりですが思っていた以上に数が有ったみたいです。明日はこれがから揚げになります。

こんなことをしていたので本当に何もする時間がなくなってしまいました。花粉症のヤクが切れているので鼻がグズグズです。

DSCF5284_convert_20140918123827.jpg
そうそう、これは昨日のひやおろしの宴です。ひやおろしは大日盛りさんの十代目。純米大吟醸のひやおろしなので勿論美味しかったです。

料理はノドグロの塩焼きですが、又焦がしてしまいました。でもこの魚超ジューシーなのでパサパサにはなりません。美味しかったです。母の好きなアボカドを切り、パプリカとチョリソーを添えサラダとして食べました。ほうれん草の納豆和えも定番化しつつあるお気に入りのおかずです。

毎日続くひやおろしの宴、今晩は何にしましょうか?商談会に行く予定だったので出来合いの豚カツなど買って来てあるのですが、それをカツ煮の卵とじにアレンジすることにします。それなら日本酒に合いそうです。

それでは皆様、又明日。
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-17 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

朝晩すっかり涼しくなりましたね。金沢ももう秋です。

秋の到来とともにまたぞろ花粉が力を盛り返してきました。この頃鼻水がまたきついことになってきています。

薬が切れたので、かかりつけ医まで行ってみたら今日は午後から休診でした。せっかく着替えて行ったのにただでさえ足りない時間を無駄にしてしまいがっかりです。

あっ、着替えて行ったのはまかない婦のダイナマイトボディがあまり強烈な印象にならないようTシャツの下にタンクトップを着ただけなんですけど・・・どんどん肥大化しつつある昨今のこの体、ますます見苦しき物になってきているので余計な気を使わなければならなくなっています。まったく我ながらうんざりです。

そう言えばさっき酒屋の前をおかしな人が通って行きました。ロリータファッションですか?ピンクに白のフリフリが何段も付いたワンピースは良いとしても、それにまったくそぐわない黒くて大きな斜め掛けバック。しかもお顔を見ればどう見ても40代。髪の毛もバサバサでひっ詰めていました。

40代は仕方ないとしてもそれらしい化粧や可愛いバック、ふんわりした髪型は必要でしょう?そのフリフリ着るならそのくらいしようよ!

ダメ出しをするまかない婦に妹が大きなお世話だと言いますが、多分妹のダメ出しの方がまかない婦より数段厳しいものになるはずだと思います。彼女のダメ出しいつも切れ味抜群です。

さて、話は変わります。今朝当社の食堂で数人の社員がご飯を食べていました。その中の1人がテーブルに置いてあった山葵で山葵茶漬けをしたらしいのですがどうやら入れすぎたみたいでずっとケホケホしていました。

咳き込みながらも「最近山葵にはまっとるげん。」と言っていますが、ケホケホはずっと続いています。しかもまかない婦に何か言われるのではないかと警戒し、きょろきょろと挙動不審な有様です。

ねえ、もうそろそろ落ち着こうよ。とまかない婦が言うとそばで食べていた別の社員が「A君50才でーす。」と茶化します。50近くになってきょろきょろのケホケホではこの先落ち着く日が来るのかどうだか怪しいものです。

まあ、当社には相ふさわしい社員とも言えるかも・・・柿市商店、かなり素敵な会社です。

DSCF5256_convert_20140917170252.jpg
あっ、これ昨晩のひやおろしの宴です。昨日は獅子の里さんの純米吟醸『絆』のひやおろしにしました。美味しかったです。

酒のお供は子持ち鮎の塩焼き、梅貝とピリ辛コンニャクの煮物、酢蓮根と弟が作ったはじかみの削りカスの甘酢漬けです。鮎と日本酒の相性は抜群ですね。

ひやおろしのお陰で毎日幸せな夕食を楽しんでいるまかない婦とその母です。今晩は谷泉さんにしようかな?十代目も良さそうだし迷うわ~。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さんの家飲みのひやおろしが毎晩目まぐるしく代わり、飲まれたお酒も日本酒冥利に尽きるのではないでしょうか?(笑)
我が家は四合瓶最短で三日です。
さて二番手AKIRAは、しっかり味のお酒を主張した選手のように感じました。美味しかったですよ。金沢の有機酒米?。いろいろ工夫した酒造りがなされているんですね。
日本酒には関取のような名前が多い中(偏見?)、変わった命名ですね。


削りカスって * by いっこ
エコキッチンな柿市商店だけど、削りかすではなくて 何か素晴らしい表現ないか?
手前味噌で、取引銀行さんにもプレゼントした品なんやから。
でも、私もどう表したらいいかわからん。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、まかない婦もAKIRAは飲んだのですがあまり好きな味ではなかったです。ひやおろしではない方のAKIRAの方が美味しかったように思います。

とにかく自分はあまり純米酒好きではないのだから注意すれば良かったかと思います。

ひやおろしのシーズンはしばらく続きます。10月初めに出る銘柄もあるので当分楽しめそうです。

個別記事の管理2014-09-16 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日夕方に母が帰ってきました。同級生と食事に行ったのだそうですが、1000円もしない弁当を昼ご飯に食べ、その後のお茶はココスだったそうで、朝の10時半から夕方5時くらいまで外出していたわけですが、昼食の時間はごく短かったようですから、その後そんなに何時間もココスに居たのかとお店の人が少し気の毒になりました。

しかし、ココスは大人気だったそうで、入るのに列を付いて待ったそうです。母曰く「待ってまで入る店か?」だそうですがこんなところで毒を吐いても後の祭りです。

しかも、母の友人の中にココスの割引券を束にして持っている人が居るので払う金額もほんの少しなのだそうです。いろんなところを食べ歩いている母にはやや不満な食事会らしいですよ。

まかない婦の方は休日とは言え後片付けやブログのアップなどで夕方の4時を過ぎてしまいどこにも出かけずゴロゴロして過ごすことにしました。丁度アガサクリスティーの誕生日だったこともあり2つのチャンネルでクリスティーの番組をやっていました。

まかない婦はポワロもミス・マーブルも大好きなので飽きずに見てしまいました。同じ題材でも役者が変るとまた面白いものです。久しぶりにエリザベス・テーラーを見てその美しさに舌を巻きました。

そして昨日の晩御飯はまたしてもひやおろしが主役です。

DSCF5252_convert_20140916121126.jpg
昨日のひやおろしは中村酒造の有機純米酒AKIRAのひやおろしです。元のお酒が結構好きだと思っていたので期待は高まりましたが、飲んでみるとあまり好みの味ではないことが分かりました。

まかない婦実は純米酒があまり好きではないのです。純米酒好きの人にはこのお酒は良いと思いますよ。米の旨味、香りがしっかりと存在しています。

ひやおろし用に作ったおかずは酢蓮根と茹でブロッコリ、大根おろしには自家製のいくらの醤油漬けを混ぜて食べました。メインは鶏肉の塩焼きですが、鶏からかなり脂が出るのでジャガイモも一緒に焼いて旨味を吸わせました。どちらもパリッと焼けていて美味しかったです。

あっ、パリッと焼けすぎてちょっと焦がしちゃったかな?

あー、今日カナカンの担当者の方に聞いて初めて気が付いたのですがワイン金沢が終わってしまったそうです。まったくアンテナを張っていなかったので当然なのかもしれませんが残念です。

来年は伺いますと鬼の笑うような話をして担当者さんと別れました。気づくとワインの試飲会も1つ終わっています。次は明後日のようなので忘れず行かねばと思っています。

とにかくひやおろしでいっぱいいっぱいになっていたので全ての情報がズル抜けになってしまったようです。やはり歳ですか・・・

明後日の試飲会は結構期待できそうなので出かけて安くて旨い、もしくは高くてもそれだけ払っても飲みたいと思うほど旨いワインを見つけたいと思っています。

それではまた明日。今日ボジョレーヌーヴォの予約を頂きました。時は刻々と過ぎています。気持ちを切り替え次に向かってゴーです。
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-15 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日酒屋の店は開けたのですが、お客様が入って下さった割に買い物された方が少なく大した商いにはなりませんでした。

でも名古屋の叔父に注文されたひやおろしを送り、好きな本もかなり読め、近所のお客様がまたぞろダブルストックで来店されお元気そうな顔が見れたので、まずまず良い日だったと言えるでしょう。

店を閉まってから母と2人で外食のため出かけました。行先は決まってはいなかったのですが多分母の大好きなカフェ・アルコさんかなと思っていたのです。

思っていたのですが、そこに行きつく前に気になるお店の照明が煌々と点いていたのでついフラフラとそちらに足を向けました。以前から気になっていたシーフードバーベキューのお店で『やじもん』という店名です。

表に出ていた看板やメニューに誘われるようにエレベーターに乗り2階に下りると思っていた以上に明るい感じの店内です。お客さんは若い女性グループが多かったですね。

なんとなく店内なのに外で食べているような開放感のあるお店です。

IMG_2150_convert_20140915151109.jpg
意外なことに日本酒の品ぞろえが凄い!菊姫BY大吟醸はまかない婦も大好きな銘柄ですが、ちょっとした日本料理店でもお目にかかったことはありません。4合瓶で本体価格5000円の大吟醸ですし、キス・オブ・ファイヤーだって4000円ぐらいです。

まかない婦の友人の超ヘンチクリンな旦那は毎月この酒を庭に撒いています。まかない婦が抗議すると「ダラ!神様にあげとるんやぞ!」と、でかい声でがなり立てますが、怖くもないし説得力もありません。神様はそんな無意味な反もったいない行動は止めよとおっしゃっているはずです。

話がまたずれてしまいました。あの旦那にはどうやっても慣れるということがありません。

IMG_2152_convert_20140915151147.jpg
料理はお勧めのスチームポットという蒸し料理にしました。ムール貝がむちゃくちやたくさん入っています。食べ終わった後この鍋でおじやにする予定でしたが、野菜もたくさん入っていて食べ終われませんでした。

キャベツとかミニトマト、コーンにヤリガイカリフラワー、チビチビのジャガイモに芽キャベツなど盛りだくさんです。キャベツがことのほか旨かったですよ。テーブル上にあった珠洲の塩をふりかけて食べました。

IMG_2146_convert_20140915150947.jpg
飲み物はこれもお勧めのワインバーにしました。何杯飲んでも1500円だそうで、まかない婦は6杯くらいは飲んだと思います。スパークリングワインやサングリアが美味しかったです。

それになんだかとっても楽しい感じのお店でした。店内には若い女性以外にも外国人のカップルが居て、その方たちとまかない婦になぜか海賊の帽子がかぶせられました。知らん顔して飲んでいたら母に大うけしてしまいました。

IMG_2155_convert_20140915151303.jpg
最期に自らかぶらせてくれと言いだしたのでかぶらせて写真を撮りました。かなり楽しそうです。

今度は又妹家族とくれば楽しいかもしれません。次回はスチームポットではなくバーベキューの方に挑戦したいと思います。

さて、明日からまた通常の仕事が始まります。今日はこの後ゆっくりするつもりですが、わが母は午前中から同級生たちとご飯を食べるのだと出かけています。夜には戻ってくるのでしようか?

糸の切れた凧のようにフラフラと遊びまわっている母は驚くほどに元気です。ありがたや、ありがたや・・・このまま元気に遊び続けてくれることを願っています。 
* Category : 外食
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
お母様、最高の笑顔です!
なんだかんだでも毎日親孝行してる娘さんも最高!

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、母は自分から写してくれと言いだしたのにブログに載せたと言ったらご機嫌斜めでした。意味が分かりませんわ・・・

個別記事の管理2014-09-14 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日もひやおろしが結構売れました。 調子に乗って今日も昼過ぎから店を開けています。好きな読書でもしながらゆっくりと店番をする予定です。

ひやおろしが結構人気が有るらしく、当店ばかりでなく近所のデパートでも売り切れの銘柄が出ているそうです。当然手取川さんは売り切れで、能登桜も無かったと来店されたお客様から聞きました。

当店では能登桜はまだ有りますが手取川さんはキャンペーン品ではない山廃純米酒のひやおろしならあります。元々ひやおろしを造っていた神泉さんや竹葉さん、宗玄さんなどでは少なくても2種類、神泉さんにいたっては4種類のひやおろしの銘柄を持っていらっしゃいます。

ですが本当の事を言うと手取川さんの山廃純米酒ひやおろしは発注する予定ではなかったのです。妹が天狗舞さんのひやおろしと間違えて注文してしまったのです。でもやはりキャンペーン品が無いなら入れておいたほうが良かったのかもしれません。既に予約が1本付きました。

さて、まかない婦宅では昨日も当然の如くひやおろしの宴です。

DSCF5249_convert_20140914112553.jpg
昨日は奥能登の白菊さんの純米大吟醸のひやおろしにしました。勿論美味しかったのですが、前日の穂の香とは明らかに違うことが日本酒が余り得意でもない母にも分かったようです。

母は穂の香の方が好きだといっていました。白菊の方は例えて言えば妙齢の上品な奥様のような感じです。すーっと流れるように口に入り、そのままはかなく消えていくような美しい味わいでした。

穂の香の方は元気はつらつとした美人と言った趣でしょうか?味に切れやパンチがあり、口に含んだ途端に惚れこんでしまいます。

昨日はひやおろしの為にお高いうなぎの蒲焼を奮発しました。他には梅貝のお刺身やほうれん草の納豆和え、その他です。うなぎも旨かったですよ。

もともと母もまかない婦もうなぎはさほど好きではなく、祖母の好物なので付き合いで食べていたようなものなのですが、最近値が上がってありがたくなったせいか妙に美味しく感じました。尻尾の方だけ残ったので小さくきざんでウザクにでもしようかと思っています。まかない婦実は蒲焼そのものよりウザクの方が好きなんです。

所詮は安上がりな女です。

今日も本当はひやおろしの予定だったのですが、店を開けることにして母と付き合えないお詫びに外食にすることにしました。お出かけ大好きの母は昼でも夜でもOKなので、ある意味便利です。

今日はどこへ行こうかしら?それもまた楽しそうでは有りますよね。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (8) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、手取川さんのひやおろし、とって美味しかったです。ありがとうございました。
元々手取川さんは好みのお味ですが、味に厚みというか深みが一層出てくるのでしょうか。
・・・まだひやおろし一本目ですけどね(笑)。
次にどれを頂きましょか(楽)。
ところでひやおろしのキャンペーン以外の品は何か違いがおありですか?

* by ごえもん
何回もチェックしたのに、誤字脱字ごめんなさい(汗)

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、キャンペーン以外の品とは手取川さんの山廃純米酒のひやおろしでしょうか?銘柄もお酒の種類も違うので味も全く別物だと思います。
まかない婦も妹も、ひやおろしではない手取川さんの山廃純米酒が少し苦手なので買っても飲んでもいません。
妹が天狗舞と間違えて仕入れてしまいちょっと困ったと思っていたのですが、すでに3本売れて残り3本だけになっています。もう少し仕入れても売れるのかもしれませんね。
手取川さんの王冠の開け辛さは半端ないところです。まかない婦はいつも鋏で、妹はせん抜きで開けています。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、誤字脱字があったなんて気づきませんでしたよ。

* by ごえもん
まかない婦さん、無知ゆえの疑問です。
ひと夏越したこの時期にタンク?から取り出されるお酒をみんなひやおろしと解釈してよろしいですか?
それは各蔵何種かもバラバラ、キャンペーンに登録?は自由でその蔵のおすすめ選手を出す・・・?。県内全蔵元がキャンペーンに参加とは限らない?。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、詳しくは『日本名門酒会』というサイトをご覧ください。とても分かりやすく書いてあります。

簡単に言うと春先一度火入れして夏を越すと酒の熟成が進みます。秋になり味ののった酒を『ひやおろし』『秋あがり』などと銘打って出荷するのですが、それぞれの蔵によって熟成の度合いは違うもの。本来一斉発売のキャンペーンは無理な話でした。

ですが以前の能登地震で深いつながりを得た石川の蔵元は一斉に発売することで知名度を上げ、売り上げも確実に上がっていると思います。

他県ではこの協力体制がなかなか整わないようです。新潟も同じく地震でひどい目に遭っていますが、蔵が90以上と屋台が大きすぎるのがネックになっているのではないでしょうか?

このキャンペーンが始まる前からひやおろしを作っていた蔵は1銘柄だけでなくほとんど2銘柄はひやおろしを作っていました。ですから今でも何種類かのひやおろしを作っている蔵はあります。

ただ、キャンペーンには一定の条件があるらしく、奥能登の白菊さんが今年キャンペーンに参加しなかったのはアルコール度数が条件まで上がらなかったからだそうです。

こんな返事で分かりましたでしょうか?くわしくは先のサイトをご覧ください。

* by ごえもん
まかない婦さん、丁寧でわかりやすい説明をありがとうございました。
日本酒の一年をまだ経験していませんが、柿市酒部さんのお陰で「旨い」だけでなく「面白楽しい」が加わったお酒を味わえています。
二番手はAKIRAです。
金沢を想いながら頂く事にします。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、AKIRAはいかがでしたか?まかない婦はあまり好きではなかったです。

もっとおいしいと思ってごえもんさんにもお勧めしたと思いますがすみません。v-435

毎年銘柄も変わったりするので難しいところです。

個別記事の管理2014-09-13 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は石川県の「ひやおろし一斉発売」の日でした。まかない婦もどれにしようか迷ってしまいました。だって28種類もあったのですから・・・

妹はほまれを買っていきました。まかない婦はよほど手取川さんのにしようかと思ったのですが、数量制限でお得意様にもお分けすることが出来なかった酒を自分が飲んでもいいものかと迷ったので、とりあえずは神泉さんの純米大吟醸「穂の香」にしました。勿論こちらもひやおろしですが、毎年とてもおいしいのでもうありませんと言われるまで注文し続けています。

およそ一年ぶりほどに味わう穂の香は思っていた以上に美味しく、まかない婦と母に一時の幸せをくれました。今日の日のひやおろしのため秋刀魚を焼き、甘海老の煮物とトリ貝の刺身も用意しました。

DSCF5243_convert_20140913122128.jpg
この秋刀魚がまた本当においしくてグッときましたね。大根おろしとの味のコラボも完璧です。至福のひと時でした。

友禅作家の叔父としょっちゅう外食しているまかない婦ですが、たまには当家で食事も良いのではないかとふと思うまかない婦です。旨い酒と素晴らしい食材があればまかない婦の作る料理もいつもより美味しくなるはずです。

今日も何人もの人がひやおろしを買っていかれました。手取川さんのひやおろしは今日完売しました。 ちょっぴり・・・いえ、結構残念ですが買ってくださったお客様は顔見知りの方ですからまずは良しというところでしょうか?また来年手に入れて飲みたいと思います。

ブログのコメント欄に昔の同僚から書き込みがありました。紅顔の美青年は今はどんな大人になっているのでしょうか?

それにしてもどこからまかない婦のブログにたどり着いたのか・・・?親戚や友人以外にもこのブログを見ている人がいるということが少し不思議で現実感がありません。

見てくれている人が少しでも元気になってくれればと、そんなことを思いながら母曰くのくだらないことを書き続けるまかない婦でした。
* Category :
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-12 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

金沢今日も爽やかな秋の一日になりました。朝晩冷えるようになってきたのでそろそろ自販機にホットの飲料を入れなければならないかもしれません。

昨日ひやおろしの酒を店舗内に収めただけでも疲れましたが、夕方はそのお酒のバーコード入力です。おかげで帰宅するのも少し遅れてしまいました。

へとへとになって3階食堂に帰ってくると自宅用の食材もなく外食しようかとも考えたのですが、日本手ぬぐいで半日しばりつけられた髪の毛がまかない婦の外食をはばみました。

とんでもないことになっていました。

仕方がないのでありあわせのもので夕食を何とかしようと考えていると不自然な場所にケチャップが置いてありました。あれっ、どうしてこんなところにケチャップが・・・?

よく見てみるとそのケチャップカビが生えています。

「えーっ、ケチャップでも腐るんだ!」

長い間生きてきて腐ったケチャップを見たのは初めてでした。何でこんなことになったのか考えてみると当社社員の毎日の振る舞いに思い至りました。

当社の食堂は結構ゆったりと座れるようになっています。8人座れる長テーブルが3つあるのですが、ほとんどの社員が窓際のテーブルに座ります。一度に全員が食べるわけではないので大体そのテーブルだけで済むか、もしくは真ん中のテーブルに2~3人座る程度です。

ですからテーブル上の醤油やマヨネーズ、ケチャップなどは窓際のテーブルの物が減りが早いのですが、ある程度少なくなるとそれ以上は使わず後ろのテーブルのたくさん入っている調味料を取ってきて使う人が何人もいます。

一度その調味料の使い方がダメだと若い社員がベテラン社員に注意し、かなりの喧嘩になったことがあります。どう考えても悪いのはベテラン社員の方でしたが一向に折れず、食堂内の空気が冷え冷えしていました。

そんなですからあと3~4人ぶんになってしまったケチャップはずっと窓際のテーブルに放置されていたのかも知れません。まったく、何気ないくだらん行いがこの結果を生んだということでしょう。

以前少なくなったマヨネーズを見て「俺にこんなマヨネーズを使えということか?」と言った社員が居ましたが、だったらその少なくなったマヨネーズはどうしろってことですか?家庭でも使い切るのが当然でしょう?

まったくどこどこまでも偉い人ばかりなので怖くなりますよ。

とにかく昨晩の夕食は冷凍してあったシュウマイを温め、千葉の叔父さんに頂いたハムを刻んで炒め、レタスと一緒に食べました。何とかなるものですね。

さて、今晩は待望のひやおろしを買いこんでいただくことになりそうです。楽しみですねぇ・・・

ひやおろしを美味しくいただくために今日は秋刀魚を買ってきました。秋刀魚に大根おろし、お刺身と甘海老と糸こんにゃくの煮物の予定です。準備万端です。

実はひやおろしがらみで今日も1日異常に忙しく、妹は半壊れ状態になっています。頭の中がしびれたようになって何も考えられないようです。

妹の指図を受け粛々と仕事をこなすまかない婦を見て「あんたこんなに疲れとるのに、まだこの上夜中に本を読んでるんか?」と聞くのです。

「実は昨日も夜中の1時過ぎまで本を読んでた。」とまかない婦がゲロすると「馬鹿んねぇか?あんた本当に体が丈夫やね。」と呆れていました。本当に自分でも驚くほど丈夫な体です。その分精神的には弱めに作られた人間のようで、アンバランスなのか、ある意味バランスが取れているのか?自分でもよくわかりません・・・

こんな人間はある日パタリと死ぬのかも?と言ってみると「あんたが死んだら私も1人ではやって行かれんから、続いて死ぬかも?」と言っていました。かなり疲れているようですね。

大丈夫!まかない婦にとって一番大変だった仕分けの日はもう終わりました。あれに比べりゃ多少の忙しさもなんてことはありません。

今日は何組かのお客様が注文されたひやおろしを取りに見えられ嬉しそうに持って帰られました。そんな様子を見るのも又心温まるものです。

奥様が入院中のお客様もひやおろしを引き取りに見えられました。入院当初よりかなりお元気になられたとか・・・良かったです。 一日も早くお元気なお顔が見たいものです。

嬉しそうにお酒を抱えて出て行かれるお客様方を見送りながら、その姿に元気を貰っている今日のまかない婦でした。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2014-09-11 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

とうとう今日は決戦の日!石川県の「ひやおろし一斉発売キャンペーン」の前日で一度に何百本ものお酒が入荷してきます。取引先のカナカンさんでも気合を入れて準備をしていることでしょう。

まかない婦今日はかなり緊張しています。今日の日のためにいろいろと準備はしていますが、まかない婦の本業である従食作りも考え抜かれた手抜きメニューです。ソーセージを添えた目玉焼きと焼きそば風スパゲティです。

着々と仕事は進み鬼気迫る迫力のまかない婦に義妹は恐れをなしています。仕事が妙に早く進みます。

今日は自宅の食事作りや買い出しに出かける時間もないかもしれません。それやこれやもすべて考えあわせ万全の対策です。すでにクックパッドのごはん日記はアップして、今このブログです。

これを書き終わったら妹に早めの食事をさせて自分も恵方巻きをガブリと食べて酒の入荷を待つ覚悟です。 戦いはすでに始まっています。

戦いと言えば今、風野真知雄の『水の城』という本を読んでいるのですが、その題材が和田竜の『のぼうの城』と同じ忍城の戦いを書いたものなのです。まるで別のようでいて似ているところもあり読んでいてとても面白いです。

この本は山小屋友達のすーちゃんがくれたものなのですが他にも何冊もあり読むのが楽しみです。すーちゃんは「本の好みが似ているようだ。」と言っていました。そうかもしれません。

さて、現在夕刻の6時を過ぎたところです。結局お昼調度位にひやおろしが入荷し、恵方巻きをぐっと飲みして始めた仕分けはおよそ5時間かかりました。

疲れたよパトラッシュ、お前もだろ・・・

DSCF5235_convert_20140911182944.jpg
バックヤードの冷蔵室に詰め込まれたひやおろしです。いつもはもっとつつましく収まっているのですが、今日はそんなわけには行きませんでした。

DSCF5238_convert_20140911183008.jpg
酒屋の冷蔵庫には28種類のひやおろしが並びました。キャンペーンの品以外は4種類あるのでキャンペーン品は24種ですか・・・26種の発売ですから既に予約で2種類は売れてしまいました。

2回目の発売がない酒があるので今年は飲めないことになりそうです。

まっ、良いか?とりあえずは無事に終わりました。

今日は日本手ぬぐいで頭を縛り付けて頑張ったので社員たちがものめずらしそうに見ていました。でもお陰で汗も流れ落ちず良い具合でしたよ。

毎年工夫を加えてこの日を乗り切らねばなりません。今年はバインダーと、2Lのお茶が加えられ、注文書のコピーにも分かりやすく赤字で本数や銘柄をチェックしておいたので今までよりかなりスムーズにことが運びました。

いつまで元気でこの仕事が出来るかわかりませんが今年は乗り切りましたよ。

今晩は頑張ったご褒美に旨い酒でも買って飲もうと思っているまかない婦でした。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-10 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日金沢は爽やかな良い天気です。いや、実際は少し曇り空ですが金沢人にとっては上々の天気と言える部類です。

今日は中央市場が休みなので会社も休みです。少人数の静かなお昼御飯が粛々と進行中です。今日は片方がお刺身だったので焼き鳥に挑戦しました。

DSCF5230_convert_20140910124916.jpg
焼き鳥とネギトロ、冷たい稲庭うどんです。ネギを沢山渡されたのでこのメニューになりました。焼き鳥にはかなりのネギが必要ですがほんの7人分ほどなので大したこともなかったです。

とりあえずはネギはほとんど消費できました。 ところが一番食べるA君が二日酔いで焼き鳥を拒否ったのでお代わり用の焼き鳥は常人が食べきれない量になっています。食の破壊王も残念ながら今日はお休みです。

さて、それはさておき一番先に昼食を食べに来た社長に稲庭うどんを出してやろうとしたのですが、麺を取り分ける取り箸を用意しようとしてもたつきました。どの取り箸を出してみても長さが揃いません、5本が6本になり7本8本と増やしながら箸の高さを確認していると「どうでも良いやろ、そんなもん!」と社長がブチ切れました。

そしてまかない婦の手から箸をもぎ取り「これで充分や!お前はおかしいぞ!」とどやしつけたのです。すぐ横にいたわが母も「そうや、あんたはおかしいわ!」と同じような顔を2つ並べてまかない婦にダメ出しをしています。

ちょっとぉ~、その箸長さが揃ってないよ。あと何本か出せば揃った箸を用意できたのに・・・

柄までそろえるのはすでに不可能とあきらめていますがせめて長さくらいは揃えたい、そんなまかない婦の小さな願いを踏みにじる親子連れは不揃いな箸で取り分けた稲庭うどんを旨そうに食っていました。

自分でも少しおかしいとは感じていますが、名探偵モンクさんも同じなのです。お話の中の人物とは分かっていても、なんだか本当に仲間がいるようで少し心強く思え嬉しいのです。

どうせこの年までおかしいままでぶっちぎってきたまかない婦です。今さら普通にもなれっこありません。おかしいなりの人生をさらに突き進む予定でございますので今後ともどうぞよろしく。

ああ、明日はとうとうひやおろしが入荷してきます。500本近い酒を分類し、取引先に送り出し、冷蔵庫にしまった上に店舗内にディスプレイしなければなりません。緊張します。実は今日もそのことばかり考えていて早く目が覚めてしまいました。

そして予約を頂いたお客様の中に奥様が入院中のお客様の名前を見つけ、ひやおろしを飲んでいただけるほど元気になってほしいと強く思ったまかない婦であります。

まかない婦のくだらないブログをいつも楽しみにしてくださっていたお客様です。母はまかない婦にくだらないことばかり書くなとたびたび注意しますが、くだらないこと以外は書く予定もありません。だってくだらないことって結構面白いですよね?

くだらない話に少し笑って、みんなに元気になってほしいのです。そして、箸は長さの揃ったものを使いたい少しおかしなまかない婦でした。

それでは皆様また明日・・・とは言え明日はブログ書いている場合じゃないかも・・・?お休みになったらゴメンネ
* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-09 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今朝朝早くからヘリコプターが飛び、かなりやかましいです。どうやら金沢城公園に熊が出たらしいです。

金沢城公園は金沢のど真ん中にあるのですがそこに熊です。 数か月前にも当社からほど近い神社で熊が目撃されています。念のために言っておきますが金沢は山の中ではありません。

熊はまた逃げちまったようでヘリの音も今は止んでいます。熊だけでなく人間でもあれほどうるさかったら逃げ出したくなりますよ。

そんな訳で金沢城公園は今閉鎖中です。

熊にもクマッタものですが、カラスの被害もかなりです。毎朝小鳥のさえずりならぬカラスのガーガー声で目を覚ます哀しいまかない婦です。せめて鳴き声でももう少しましだったら良いのですが、うるさいうえに耳障りな鳴き声ですよね。

金沢では景観のため電線を地中に埋める工事が進みつつあります。電線につかまって寝ているガーガー君たちはどんどんねぐらを奪われまだ電線が残っているところに集まります。

ですから当社の前の道路はカラスの糞で白くなっています。きったないけどどうしようもありません。早くこのあたりの電線も埋めていただきたいものです。

長年当社で育つツバメを守るためにカラスに空箱を投げ続けたまかない婦ですが、最近では本社ビルの方で寝ているのでツバメに対する愛着も薄くなってきたように思います。人間と同じで距離が離れれば心も離れがちになるということでしょうか?

あっ、大変です。自販機の掃除をしなければならないのでした。先ほど自販機の中に虫の死骸が溜っているのに気が付かないのかと妹にこっぴどくやっつけられたのにまた忘れていました。

毎日自販機の世話をして愛着もあるだろうに虫の死骸にも蜘蛛の巣にも気づかないのかと呆れられたまかない婦です。まったく気づいていませんでした。

心も狭く視野も狭いセコセコまかない婦、ただ今より自販機お掃除に向かいます。それでは皆様また明日。 
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-08 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日整体院に行くのにバスに乗りました。

するとその乗客の中に1人でしゃべり続けている男の人が居ました。連れとしゃべっているのか、又は携帯かとそっと盗み見してみたのですが全くの1人でかなり大きな声でしゃべり続けています。

周りの人たちも不審に思っているのでしょうチラチラと彼の方を見ています。東京で暮らしていたころには結構こんな人を見かけましたが、金沢ではかなり珍しいです。

しかもこの人ただしゃべっているだけではなく下りる予定もないバス停で降車ボタンを押したようで運転手さんに注意されていました。かなりおかしな人です。

おかしな人は「完熟トマトラーメン。」などと大きな声で言っています。これは多分地元のラーメンチェーン店が最近キャンペーンをはっているものだと思います。

そして答える相手もいないのに見えない友人と何か話しているようでした。こんな人が1人いるだけでバスの中に緊張感が漂っていました。ごく普通の生活とは本当にもろいものです。

そう言えば東京にいたころ電車の乗降口のところに履き物が一足揃えられて脱いでありました。それを見た時もなんだかゾワゾワしたものです。誰かの悪戯だったのでしょうか?

さて、緊張感漂うバスを降りて整体院へ向かいました。

昨日はまかない婦の右手の傷みを何とかしようとしてくれたようです。小さなシリコン製のトンカチのようなもので体の外側を細かく叩き、ペンチで足や手の爪を引っ張っていました。

心の中でこれで本当に痛みが取れるのかといぶかしく思いましたが、口に出すことも出来ずポコボコ小槌で叩かれていました。なんだか不具合の出た家具を修理しているような道具立てです。

何度も「これでどうですか?」と聞かれるので特に改善したような気もしなかったのですが「なんだか前より良いようです。」と答えておきました。この程度のごまかしは生きていくために時に必要になるものですよね?

ごまかしも嘘も嫌いだけど人とギクシャクするのはまた苦手です。

いくつになっても大して生きやすくならんもんですよ。

仕事の方ではもうすぐひやおろしの一斉発売が有るのですでに緊張しています。毎年何時間もかかる分別と送り出しに今からビビっているからです。徹底的に小さい人間、それがわたくしです。

ただ、身体だけはまたしても大きくなりつつあるようで・・・それがまた結構哀しい今日この頃です

今晩は中秋の名月だそうで、月を見ながら旨いお酒でも飲もうかとまたぞろ酒を飲むことを考えているまかない婦でした。
* Category : 日常生活
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2014-09-07 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日また友禅作家の叔父からのお誘いがあって外食することになりました。確かまかない婦が山へ行って留守にしていた時も母と2人お寿司を食べに行ったと言っていましたから、かなりの連ちゃんです。

叔父の『食べに行こうよ攻撃』が回を追うごとに激しくなっているような気がするのはまかない婦の勘違いかしら?とにかく外食は嫌いではないので良いと言えば良いのですが、叔父の食のキャパが狭いので決まりきった店しか行けないのが少し残念です。

次は別の店に行けるよう手を打たねばと思っています。

さて、昨日まずは口福さんへ行ってみたのですがほぼ満席でカウンターしか空いていなかったので、またぞろくすの樹さんへ行ってみました。ここもほぼ満席でしたが座敷のいつもの席の反対側が空いていたのでそこへ3人で収まりました。

IMG_2120_convert_20140907124643.jpg
今日の突出しはだだ茶豆です。これはこれでおいしいのですが、絶対乾煎りした方が旨いと思います。最近はまかない婦宅でも枝豆は乾煎りが定番化しています。

IMG_2119_convert_20140907124421.jpg
いつも日本酒をオーダーするとグラスを何個か持ってきてくださり、好きなグラスを選ばしてくれます。このお酒は富山県の苗加屋さんの純米吟醸酒の無濾過生原酒です。石川の酒は自宅でほとんど飲めるのでちょっと浮気しています。

叔父もこのグラスのサービスがとても気に入っているようです。

IMG_2123_convert_20140907124705.jpg
叔父の大好物金時草の酢の物です。ですがまかない婦宅に来た時は作ってあったのに食べませんでした。さすがにくすの樹さんに来過ぎているので飽きているのかもしれません。

IMG_2124_convert_20140907124731.jpg
鰯のお刺身です。叔父の好みですがまかない婦もお相伴してみました。脂がのってます。

IMG_2127_convert_20140907124800.jpg
梅貝の刺身です。母もまかない婦も大好きな刺身です。茹でた肝も付いています。刺身のケンもご主人の作らしく美味しかったです。包丁で切ったものと機械で切ったものでは食感が全く違います。

IMG_2128_convert_20140907124824.jpg
刺身の盛り合わせです。そんなに刺身を食わんなんのかというほど叔父は刺身をオーダーします。左のはノドグロの肝だそうです。珍しいところでは八角の刺身があります。小ワニのような見てくれの恐ろしく醜い魚ですが、刺身にすると脂がのっていて旨いです。ガスエビ、しめ鯖、水蛸、鰯、ヒラマサだったかな?

IMG_2130_convert_20140907124855.jpg
イカの中入りです。肝も入ったまま干されていて火で少し炙って食べます。抜群においしく日本酒の友です。ビールなど飲んでいる場合ではないと叔父が言っています。

IMG_2132_convert_20140907124918.jpg
母の大好きな蓮蒸しです。

IMG_2135_convert_20140907124938.jpg
ここのへしこ鯖は本当に抜群に旨いのです。塩分過剰とわかっていても必ずオーダーしてしまう高血圧3人組です。

IMG_2136_convert_20140907125005.jpg
また能登牛も頼みました。ちっとだけ食べる肉がまた旨いものです。

IMG_2139_convert_20140907125029.jpg
今回は海老マヨもオーダーしてみましたが、まかない婦以外は誰も食べませんでした。・・・旨いのになぁ・・・

IMG_2140_convert_20140907125052.jpg
もうすでに結構お腹がいっぱいでしたが氷見うどんは頼みました。これで締めて家へ帰りましたがあまり高い日本酒を頼まなかったのでいつもよりリーズナブルな支払いになりました。

雨が降っていたので家は近いけどタクシーで帰りました。叔父との外食はいつも結構楽しいです。

また来ようね叔父さん。でも、今度は別のお店にしようよ。美味しいけど別の物も食べてみたいぞ。

そんな訳でね次お誘いがかかったら寿屋さんにでも行こうかなと思っているまかない婦でした。でもあそこはコースだけだったような・・・?お刺身3連ちゃんは無理だな。
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-06 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日山小屋の小家主さんからデンマークカクタスが届きました。メッセージカードにはありがとうの文字が書かれています。でも、ありがとうと言わねばならんのはこちらの方ではないでしょうか?

タダで泊めてもらい、パエリアも食べ放題。賞品争奪戦にも参加して尾瀬のマグまでもらいました。その上翌日はお客さんと同じ朝食を食べたのです。

いつもなら従業員の食事作りを頼まれるのですが、今回はそれすらなくこいつは宿泊料でも払わなければならんところかとまで思っていましたが、それも他人行儀だと食い逃げしてきた次第です。

頂いたデンマークカクタスを見てお昼を食べに来ていた義妹のお母さんが「これって山に咲いているのか?」と聞いていらっしゃったのですが、名だたる湿地帯にサボテンは生息不能でしょう。

尾瀬にも花はいろいろ咲きますが、小さな花が多いです。

IMG_2042_convert_20140904171908.jpg
名も知らぬ小さな花です。尾瀬ミズギクかもしれません。

IMG_2058_convert_20140904171943.jpg
これも本当に小さいのですが寄って撮ってみました。ウメバチ草の色違いみたいな感じです。

IMG_2060_convert_20140904172012.jpg
これはトリカブトでしょうか?

IMG_2065_convert_20140904172111.jpg
近づいて撮りました。

IMG_2063_convert_20140904172045.jpg
綺麗な青い虫が居たので写真に撮りました。

IMG_2069_convert_20140904172328.jpg
これって何と言う花?長年通っている割に何にも知らないまかない婦です。

IMG_2072_convert_20140904172202.jpg
この花はかろうじて知っています。ウメバチ草です。この花が好きなので何枚も写真に撮りました。

IMG_2094_convert_20140904172234.jpg

IMG_2095_convert_20140904172300.jpg

IMG_2076_convert_20140904172409.jpg
これはサワギキョウでしょうか?

IMG_2078_convert_20140904172435.jpg
アザミです。この花を見ると尾瀬ももう秋だなぁと思います。多分尾瀬沼アザミという種類ではないかと・・・?

IMG_2084_convert_20140904172459.jpg
何と言う花なのかは知りませんが以前この花の天ぷらを食べたことがあるように思います。

IMG_2087_convert_20140904172603.jpg
こちらも同じ花だと思うのですが・・・

IMG_2086_convert_20140904172534.jpg
何か変わった花です。

IMG_2089_convert_20140904172651.jpg
これも小さいです。

IMG_2091_convert_20140904172719.jpg
風にそよぐ花に虫がしがみついています。

IMG_2096_convert_20140904172750.jpg
何でしょねえ?

IMG_2107_convert_20140904171720.jpg
これは尾瀬ヶ原ではなく戸倉の山道で撮ったきのこです。

IMG_2108_convert_20140904171743.jpg

IMG_2109_convert_20140904171808.jpg
きのこ3連発でした。

IMG_2110_convert_20140904171833.jpg
きのこのそばで咲いていた花です。

さて、いかがでしたでしょう?花の名前誰か知っていますか?

写真はもっといっぱいあるのですが同じ花の写真が多いので割愛しました。まかない婦そうとうウメバチ草が好きみたいです。

この他にもキンコウカやヒツジ草も咲いていました。オゼコウホネは見なかったなあ・・・

今年もどうやら鹿が多いらしく、植物はかなり被害に遭っているようです。山を下りる日にいらっしゃったお客さんは御池方面からいらっしゃったそうですが鹿が目の前を横断していったとおっしゃっていました。

鹿の鳴き声は夜の尾瀬ヶ原に幻想的に響きます。でもそこたら中に糞をするのは止めてほしいですね。糞の数からみても相当沢山いるみたいです。

熊や鹿が昔より幅を利かすようになったのはなぜなのでしょうか?やはり異常気象が関係しているのかしら?

歳ばかりとっても知らないこと、知りたいことがいっぱいあるものですね。

今日は尾瀬の小さな花々の紹介でした。
* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-05 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日農家の方から頂いた赤かぼちゃでポタージュもどきを作りました。それをいつもの味噌汁の代わりに出してあったのですが、そのスープを見て「わー!カレーだー!」と喜んだ社員が居ました。

たちまち義妹にコテンパンにやっつけられていましたが「分かった、分かった。」と言いながらもこっそりご飯にかけてみたようです。だ・か・ら・カレーじゃねえって!

IMG_2117_convert_20140905123545.jpg
まあ、多少カレーに似ているといえばそうですがカレーならにおいがするはずでしょ?

このスープ昨日は温かくして、今朝は冷たく冷していただきました。

実は昨日祖母の祥月命日でした。平日なのでみんな自宅に帰ってしまい、母とまかない婦の2人は祖母の好きだったお寿司を出前でとって亡き人をしのびました。

IMG_2114_convert_20140905123516.jpg
祖母が好きだったのは甘エビの握りずしです。あと、鉄火巻きとかトロも好きでしたね。90歳を過ぎても1人で10貫以上は食べたものです。来年は忘れず鉄火巻きも頼もうと思います。

祖母のお相伴で母と2人美味しいお寿司を頂きました。おすし屋さんには訳を話してあったので甘エビの握りとかっぱ巻きは沢山入っていましたが他は2貫ずつ私達のすきそうな鮨ネタで作ってくれてありました。こんな時付き合いの長い相手は便利ですね。

あっ、今気づいたのですがまかない婦今朝Tシャツを後ろ前に着ていました。午前中に出社してきた妹に指摘されていたのですが直すのを忘れて・・・今に至る・・・

現在午後3時です。あ~あ、このまま市場やデパートに買い物に行ってきた後ですよ・・・どーなってんだかこの頭。 なんだか前首のあたりが窮屈だとは思っていたのですが・・・

これじゃあカボチャのスープとカレーを間違えたおバカさんとさほども変わらないよねぇ・・・

実年齢より妙に若く見える当社の勘違い君を見ていると、若く見えるということが良いことばかりではないのだとつくづく考えさせられます。

それにしてもうちの会社飽きるということがないわぁ~。凄っ!
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-04 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。 

今日も尾瀬の話の続きを聞いてもらおうと思います。

IMG_2038_convert_20140903123617.jpg
去年も作られていた巨大な壁です。わざわざ大工さんに来てもらって作っています。今回はクライミングも楽しめるようになっていました。右の方はロープを使った下垂です。

IMG_2044_convert_20140903123646.jpg
これは登り切って下りているところです。見てても面白かったですよ。

この他にも背負子さんの荷物を背負ってみる体験コーナーもあったのですが、あいにくの天気なのでチャレンジしている人は見かけませんでした。

そうそう、まかない婦せっかくなのでルビーロマンをお土産に持って行きました。

IMG_2045_convert_20140903123717.jpg
山小屋お嬢のノンちゃんが持っています。ちょっとおかしな顔ですがわざとふざけているようです。これで1kgほどの大きな房で色もかなり良い方だと思います。粒もたくさんついていたので従業員もたくさんいましたが1人一粒は食べれたようで良かったです。

IMG_2051_convert_20140903123746.jpg
みんなで一粒づつ食べているところです。勿論おいしいと言っていましたが、考えてみれば持ってきた本人を前に「さほどでもない。」とも言えんですわね。

IMG_2061_convert_20140903123958.jpg
祭りの翌日、巨大なパエリア鍋や寸胴を4人の背負子さんが担いで下ります。ド迫力の背負荷です。1人二日酔いで背負えるかどうか危ぶまれていましたが背負えませんとも言えないようで何とか頑張るようです。

こんな風に天気の良くないなかでもパエリア祭りは滞りなく終わりました。残ったパエリアはおにぎりにして翌日の従業員のお昼御飯になりました。スープや野菜などは冷凍したようです。

ちょっと気になったのはパエリア祭りなのに肝心のパエリアが苦手という人が結構居たことです。去年も思ったのですがお米にかなり芯が残っていて日本人的にはめっこご飯のように感じてしまうからだと思います。大量なのでしょうが無いのかもしれませんがもう少し何とかなればなぁとまかない婦も思いました。インディカ米だと違うのかしら?

スープの方にぶっこんでリゾット風に食べても良いのでは・・・?

とにかく祭りの翌日はほとんどすべての人たちが山を下りていきました。100人以上お泊りしていたのに翌日泊まったのは小家主の良一さんとかおりさん、息子のコーちゃんとまかない婦、すーちゃんの5人だけです。

てか、私たち2人がかなり強引に泊めてもらう感じになってしまいました・・・今年の従業員は私たちが連泊と聞いて唖然としていました。 だよねぇ・・・

私たちもちょっと驚きましたが、なにせ長年のお付き合いなもので結構我儘を聞いてもらえます。

来年もまた来れると良いのですが、どんどん体力が落ちていくし毎回天気が悪く足元が危ないのでいつまで来られることやら・・・

今回ほぼ完ぺきな足作りをしたはずなのですが水ぶくれ2つと爪がグラグラが1つ。う~ん、まだまだですね。

でも以前にはほとんどの爪がダメージを受け歩くたびに爪の間から血が噴き出すという悲惨な年もあったのですから、それを思えば御の字かも?

こんな感じでまかない婦の尾瀬行は終わりました。でも尾瀬に咲いていた小さな花々の写真があるので明日はそれをご披露しようと思います。

では、また明日。
* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-03 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日は弥四郎小屋でのパエリア祭りの様子をお知らせしようと思います。

まかない婦が弥四郎小屋に到着した時刻は夕方4時半位だったと思うのですが、すでに最初のパエリアが出来ていたように思います。

しかし、パエリアどころではありません。今年の従業員の人たちの中に浴衣姿の人が3人ばかりいました。しかもそのうち1人はどう見てもお姉キャラ。整った顔立ちで「パエリアもうすぐ出来まーすぅ。」とお客さんたちにお知らせしていました。

う~む、今年の従業員はかなり濃いな・・・浴衣3人組があまりに目立つので、長身のフランス人イーブの影が薄いです。

イーブはフランス人にあるまじき律義さでまかない婦に挨拶してくれています。今年も助っ人で来ているのでしょう。2年目の従業員も2人いて、小家主の良一さん、かおりさん、山小屋お嬢のノンちゃんと山小屋息子のコーちゃんの顔も見えます。

驚いたことにまかない婦やすーちゃんの1期前に働いていた加藤君夫婦の息子さんがバイトしていました。世代交代ですね。

ざっと見ても従業員は10人ほどいるようです。他にも顔見知りの背負子さんや去年も見たスペイン料理エルヴィエントの人たちの顔も見えますし、パワフルマドンナせつ子さんの顔も見えます。

まかない婦とすーちゃんは友人の山ちゃんとも会え、彼女の娘や息子と一緒にまるっきりのお客さんのようにパエリアやトマトスープなどを頂きました。下界で超高値の胡瓜やキャベツが山のようにふるまわれていました。

そうこうするうちにじゃんけん大会が始まりました。

IMG_2026_convert_20140903123258.jpg
去年はまるっきりダメだったのですが、今年は勝って尾瀬のマグをもらいました。もっと高価な賞品もあったのですが弥四郎小屋の包装紙にくるまれていたのでついついマグに手が伸びました。

IMG_2031_convert_20140903123457.jpg
パワフルマドンナせつ子さんのベリーダンスが特設ステージで始まりました。まかない婦今年もかぶりつきです。

IMG_2030_convert_20140903123318.jpg
文字通りパワフルなダンスなのに近くで見ていた若いお客さんは不満そうです。どうやらもっと若い踊り子を期待していたような・・・オイオイ、アンチャン達、踊りを見ようよ!

IMG_2033_convert_20140903123522.jpg
ブツブツ小声でいちゃもんを付けているお兄さんたちが居るかと思えば、チップをはずんでせつ子さんの胸にお札をねじ込んでいるお客さんもいます。

若者よ、人生の先輩たちにも少し優しくしておくれ。あなたたちも永遠に若いわけではないのですから・・・

IMG_2036_convert_20140903123549.jpg
この後何人かがステージに上がり一緒にダンスに興じましたが去年に比べ参加者が少なかったので浴衣の三人組も呼ばれて踊っていました。お姉キャラの彼のダンスがとても上手でまかない婦拍手喝采です。華のある人ですね。

せつ子さんにカバちゃんと呼ばれてハーイと明るく返事をしていました。従業員たちが盛り上げ係をやっていたのでまかない婦は少しだけ中でお手伝いをしました。明日早く出発するお客さんのお弁当の用意です。

パエリア祭りが終わった後も飲み会は延々と続き、いったい後片付けはどうなることかと心配しましたが今回はお客さん扱いのまかない婦たちは早々にお暇が出て風呂へ直行しました。

お湯は熱々でシャワーまであったのでびっくりしてしまいましたよ。ここ本当に山小屋なのかしら?

この後も勿論色々あったのですが、長くなったので今日はこのあたりにしておきます。

尾瀬とは関係ないのですが、今さっき当社の一棟でガス漏れがあったようで企業局の人が来ています。修理に金がかかると言っていますがガス漏れを放置することは出来んので即日ガス管の交換が行われるようです。

母は「シューシューと漏れているわけでもないんだけど・・・」などと言っていますが、シューシューだろうがジョージョーだろうが関係ありません。ガス漏れを放置するなど自殺行為、まったく母の天然には恐れ入ります。

おちおちブログ書いてる場合じゃない出来事が次々に起こります。柿市商店では話のネタの尽きることがありません。これって幸せなことかしら・・・ クラクラするねぇ・・・
* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-09-02 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨晩尾瀬から帰ってまいりました。

みなさん3日間お待たせいたしました。なーんて、誰も待っちゃないかアハハ。

えーっと、それで撮りためてきた山の写真なんかご披露しちゃおうかと思います。でも行は土砂降り、帰りも雨降り、中日だけ降らなかったので写真もそれなりです。

まずのっけから行のほくほく線が高岡の豪雨で30分ほど遅れてしまいました。越後湯沢の乗り換え時間が長すぎると文句を言っていましたがその待ち時間に救われました。それでもギリギリでしたけどね・・・

越後湯沢で乗り換えたMAX谷川号が満席になったのを初めて見ました。いつもは一車両にまかない婦1人と言うことが多いのに満席で立っている人さえいました。まかない婦は一駅だけだったので若い御嬢さんに席を譲りました。そびえたつようなザックを背負っているのに椅子に座っているのも何か恰好がつかんものです。

上毛高原では古い友人のすーちゃんが待っていてくれました。わざわざ所沢からまかない婦を迎えに来てくれたのです。

すーちゃんの小っちゃい車に乗せてもらって尾瀬へ向かいましたが、行けば行くほど黒雲がわいてきます。 すーご自慢の晴れ女パワーは今日の日には通用しないようです。

登山口の鳩待峠は雨でした。どうせ雨に濡れるのだからと雨降りの外のベンチでお昼御飯の稲荷ずしと鱒ずしを食べ(すーちゃんは天丼弁当を食べていました)出発します。いつもなら入念な日焼け対策をしていくのですがこの雨降りでは日焼け止め程度で良さそうです。

実はいつもでしたらさらにこの上にすでにしみが出来ている箇所にテープを貼りつけ紫外線を完全ブロックするので、まかない婦の顔はまるで戦闘状態のインディアンのようになります。

この顔を見てすーちゃんは「しみが濃くなるより、そのテープを貼った顔の方が変だよ。」とダメ出しをするのです。

しかし今回はダメ出しをするのはまかない婦の方でした。

すーちゃんは日本手ぬぐいでほっかむりをして歩いているのです。髪が雨に当たるとグリングリンになるののが嫌だからと言うことですが、でもね、グリングリンの髪の毛よりそのほっかむりの方が全然変だと思いますよ。あんたは夜鷹か?

そんなおかしな元インディアンと夜鷹は土砂降りの山道を下りていきました。尾瀬は登山口が峠にあり、そこからくだって尾瀬ヶ原へ入って行きます。ですから行きは下りから始まります。

雨でぬれているので石がことごとく滑ります。濡れた木道より不安定な分たちが悪いですが、去年の豪雨のことを思えばまだしもましでした。それでもすーちゃんはこんなひどい雨降りに歩いたことが無いとまかない婦に不満を漏らします。雨女のせいだと思っているらしいです。

弥四郎小屋に着くころには2人ともずぶ濡れでした。

すでにパエリアが炊き上がっていましたが、このあたりの話はまた今度にして今日は尾瀬の写真をアップしておきます。でも初日の写真は撮れませんでした。あんまりひどい雨降りだったのでデジカメが壊れる恐れがあったからです。

では、翌日の晴れ間の見えた尾瀬ヶ原からです。

IMG_2039_convert_20140902170907.jpg
朝、弥四郎小屋の前から尾瀬ヶ原の方を撮ってみました。至仏山は雲の中です。

IMG_2043_convert_20140902170959.jpg
ススキが丈高く生い茂り、風にそよいでいました。尾瀬はすっかり秋の風情です。

IMG_2075_convert_20140902171036.jpg
曇り空の下小さな白い花が咲いています。

IMG_2099_convert_20140902185916.jpg
温泉小屋と東電小屋への分岐のところです。誰かがベンチで横になっていたので邪魔しないようここから引き返しました。

IMG_2104_convert_20140902170750.jpg
翌日の帰り道。これは牛首と言う場所で尾瀬ヶ原のど真ん中です。雲に飲み込まれそうでしょ?

IMG_2105_convert_20140902170813.jpg
鳩待峠に戻ってきたときの写真ですが、霧の中に包み込まれそうです。

ねっ、行も帰りもかなりのお天気でしょ?それでも何とか帰ってきましたが、やはり疲れました。寄る年波には勝てんところです。来年また行けるのでしようか?

弥四郎小屋で一緒に働いていた清さんが今年一月亡くなったと聞きました。まかない婦より1つ年上だったと思います。これで仲間が亡くなったのは2人目ですが清さんは山の遭難ではなく病死らしいです。

山が泣いていたのは清さんを悼んでいたのかもしれません。尾瀬が大好きでみんなに好かれる良い人でした。いつかみんなでお墓参りに行けたらと・・・そんなことを思っています。
* Category : 山小屋
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、おかえりなさい!
里帰りで命の洗濯ができましたでしょうか?
                                              

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、ただ今です。

山はとても楽しかったし、友人達とも会えました。ただやはりもう自分たちの時は遠くに去ってしまったのだとつくづく実感しました。

少しさみしい気もしますがみんなにあえて良かったです。仲間の1人が亡くなったのがまた悲しいのですがこれも仕方のないことなのですよね。

世代交代を痛いほど感じた今回の訪問でした。