個別記事の管理2014-06-30 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

6月26日のお昼御飯は主菜が麻婆豆腐でした。

DSCF4804_convert_20140630155411.jpg
副菜はスナップエンドウの卵とじ、エノキおろし、ブロッコリと赤ウインナーの炒め物の3種類の中から選んでもらうセレクトメニュー(なんちゃって)です。

ところがこの日社員のA君が体調が悪いと言いだしました。胃腸炎だそうです。

そんでもって体調が悪いから副菜は食べずに麻婆豆腐だけを食べるのだと言うのです・・・なんか間違ってないか?

中で一番食べない方が良いものをあえて選んで食い、食べても問題のなさそうな大根おろしなんかは食わないのです。

これってあれでしょうか?カレーは食べ物ではなく飲み物だといった人が居たそうですが、同じパターン?てか、同族?

今日のこの日になっても胃腸炎は治っていないようですが普通人と遜色なく飲み食いしているようにお見受けしました。肉の2倍野菜を食えといつも言っているのですが、野菜で腹が膨れるのが嫌だそうです。

う~ん、行くところまで行かねば改心することもなさそうな野生化した男A君でした。

スポンサーサイト
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-29 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

月末で仕事が忙しくなっています。来月のホームページの原稿を作らなければならないので毎月月末は綱渡り状態です。

特に今月は柿市こぼれ話に何を書けばよいのか思いつかず仕事が遅れてしまいました。ブログを始めた時点でこぼれ話は止めようと思ったのですが、結構読んでくださっている人が多いとのことでシブシブ続けています。

でもブログに毎日の出来事を綴っているわけですからそうそうおもしろい話が転がっているわけでもないのです。かといってブログに載せた話を展開しても両方見ている人にはつまんないでしょうね?今ちょっと困っています・・・

ですがまだ締切日までは日があると思っていたのです。まかない婦どうやら日にちを1日間違えていたようなのです。数日前にパソコンの日付がずれていると思って日付変更をしたのですが、ずれていたのはパソコンではなくてまかない婦の方だったようです。

それでも何とか原稿も間に合い、ついさっき編集してもらっている会社にメールで原稿を送ることが出来ました。

今日はこれから墓参りに行く予定ですが、天候がくるくる変わっているのでちょっと引いています。午前中は煙るほど激しく雨が降ったのですが、今現在は曇り空です。

墓参りに行くとなると少し雨が降ってくれた方がありがたい気がします。何せまかない婦宅の菩提寺の墓所は恐ろしく強烈な蚊が居るのです。雨が降れば蚊も飛べないだろうし好都合なのですが・・・

それと、つい先日墓参りに行った社長がカラスに襲われたそうです。どうやらカラスも子育て中なのではないかと想像しています。大事な雛がグリズリーに狙われるのではないかと心配したのかも知れませんね。

彼以外の人は誰もカラスに襲われてなどいません。やっぱそうなのか・・・?当社のグリズリー社長、かなり大きく育ってきていますが、たった二羽のカラスに追われ這う這うの体で逃げ出してきたそうです。 怖いね~!
* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-28 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今朝の古参の従業員の話がおもしろかったので紹介します。

朝ご飯を食べていて、急に体が熱くなってきたというのでそれは当たり前のことなのだと教えてあげました。するともう1人の社員が「A君水みたいに酒を飲んで汗かいとるけどあれもそうかな?」というのです。

それにつられて古参の従業員が「そう言えばあいつら汗かいとる。」と言いだしました。あいつらというからには1人ではありません。彼の話ではA君とB君をつれて飲みに行くと一升瓶を突っ立てて水かと思うような勢いで2人が飲むのだそうです。

そして7合ほど飲んだところで突然2人とも汗をかき始めるのだとか・・・ 

うわ~っ、想像するだに怖い画ですわ。

まじめで気は優しいのだけれど大柄で『顔面凶器』とまで言われるド迫力の人相のA君と、カルビーのカールおじさんを強面にしたようなB君。2人とも縦横でかい大柄コンビだけど、その2人が汗をかきながらコキュコキュと酒を飲み、それを呆れ顔で見ている古参の従業員がまた凶暴なおっさんです。

誰がどう見ても八百屋のまじめな社員には見えん画でしょう。

なんか、うちの会社粒ぞろいやわぁ~。

かく言うまかない婦も昔は友人に呆れられたことがあります。古巣の尾瀬の弥四郎小屋に顔なじみのOGとよく一緒に遊びに行ったものですが、その際入山口の鳩待峠の売店で冷えたカップ酒を一気飲みして「それって酒だよね?水じゃないよね?」と驚かれました。

そう言っている山ちゃんもザックの中に何本ものカップ酒を持っており、弥四郎小屋が見えたところで休憩してゆっくりとそれを飲むのを楽しみにしていました。

人それぞれのスタイルがあるということでしょう。去年何年かぶりに山ちゃんファミリーと弥四郎小屋へ行ったけどお互い昔のような無茶飲みはしなくなったようです。2人ともようやく大人になったのかな?

今年も山で会うのを楽しみにしています。あっ、旨い酒を送るとブログに書いたのに送ってないな・・・

まあ彼女、このブログはあまり見てないはずなので良いか?今手持ちの旨い酒結構あるけどねっ・・・
* Category : 柿市商店
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、今回の無作為選出トップバッターは「加賀の月 虹」でした。うっすら濁りは無ろ過だから?袋しぼりだから?飲み口すっきり上品な旨みとなぜかお米を感じるやさしい味と思いました。美味しいです。昨日今日呑み始めた日本酒初心者の戯言と聞き流し下さいませ。水のごとくは飲めませんが<石川の日本酒応援します!>七色じゃなく八色の虹ですね!

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、虹が気に入って頂けたようで嬉しいです。でも高貴な味の割にラベルがねぇ・・・
一生懸命やっていらっしゃる蔵人の作と分かっているだけに少しばかり残念です。
まかない婦来店するお客様に大プッシュしています。美味しいお酒はいっぱいありますが値段も高いことが多い中でこの銘柄は割安です。
薄く濁っているのは無濾過だからだと思います。まかない婦は濁っていることも気づきませんでした。だめですねぇ・・・

個別記事の管理2014-06-27 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今朝朝食時に古参の従業員が興奮して話していました。どうも昨日の脱法ハーブ男に憤っての話のようです。

従「あんな奴は一生刑務所に閉じ込めておけば良いんや!」
ま「税金使って一生養うって話かな?」
従「島流しや、島流し!一生島に閉じ込めて自給自足の生活させれば良いんや!」
ま「島に流しても脱走するやろ。」
従「脱走しようとしたら鉄砲でバーンと撃ってしまえばいい。」

随分乱暴な話です。彼の話では彼が総理大臣になったら法律を代えて島流しを決行するそうです。大丈夫あんな凶暴なおっさんが総理大臣になることは彼の夢の世界の中でしかありえません。

夢の鬼が島話は続きます。

従「それから人殺した奴、1人につき25年の刑や!2人殺したら50年。それ以上は死刑や。どや、こうしてしっかり決めておけば裁判も無しで良いし、弁護士とかも要らん。子供もして良いことといかんことはっきり分かる。」興奮した従業員の話は続きました。

良かったよ、奴の夢の世界の住人じゃなくって・・・人権も何もあったもんじゃない鬼が島のお話でした。

そう言えばペプシネックスの宣伝凄いスケールですよね。あれ金かかってるなー。

* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-26 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

ムシムシした湿度の割に気温はさほども上がらず、曇天の空が重たそうなのに雨が降るでもない中途半端な天気の金沢です。先日は東京で局地的に雹が降ったとか?最近の天気の一点集中の凶暴さには驚いてしまいます。

さて、当社では若い女子社員はいないのですが男子社員は老若入り乱れて働いております。若い男子社員は(あまり若くないおっさんの中にも)今様のずり下がったズボンをはき長くもない足をさらに短く見せようとしている様が納得いかないまかない婦です。

それどころか最近ではトレパンかパジャマのズボンのようなものをはいて働いているおっさんたちがいます。一番目に余る従業員に注意したところ「これ高いんやぞ!」と鼻高々に宣言していました。

高いか安いかは関係ないのです。会社の看板を背負って仕事をしている人間の服装として不適切だと言っているのです。ずり下がったズボンまではOKとしてもわけのわからん股引様のズボンは問題外です。

まあ、まかない婦風情が意見したところで聞き入れる相手ではありません。

前にもいったと思うのですが、一応制服はあるものの当社での服装はかなり緩くなっています。特にこれからは暑いのでTシャツで働く人が増えてきます。

その中で好んでドクロ柄のTシャツを着ている男子社員が居ります。しかし彼、性格がよく、礼儀正しく、声も控え目という当社では珍しいタイプの若者です。おそらく柿市商店の中で一番ドクロから外れたところに位置する人です。それでも好きなのですねぇ。

中にはドクロが似合いすぎてドクロの面をかぶって働いていても違和感のない輩もいるというのに人の好みとはおもしろいものです。

まかない婦自体も厨房で働いているのでTシャッがほとんどです。好きなのはアースカラーの無地ですが口の悪い従業員に言わすと「くすんだ色の物ばっか着とる。」そうです。

ところが先日赤の地に金でインカの人型のレリーフのようなものをプリントしたTシャツを着ていたところある社員に拝まれてしまいました。後光が差して見えたのかしら?

まあ、こんなシャレの利いたところが当社の良いところでもあります。ちなみにこのTシャツは東京にいたころインカ展を見に行って記念に買い求めたものです。結構気に入っています。

DSCF4809_convert_20140626180257.jpg
これ以上金がはげなきゃ良いけど・・・

* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-25 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日まかない婦のところに洋服屋さんからセールのお知らせが届きました。いろんな服を着た女性の写真がたくさん載っています。その写真を見て母が言うのです。

母「この前服買った店やろうけど、若者向きの店やったんやね。写真の子若い子ばっかりや。」
ま「あのねお母さん、こんな写真に年寄り使うか?これが普通やろ?」

でもやっぱりターゲットは20~30代ぐらいのお店だと思います。駅前のフォーラスというファッションビルの中のお店なのですが、このビル自体が若者以外の人間の侵入を拒んでいるように感じることがあります。

でもこのビルの中に大きな本屋さんがあるのでまかない婦は結構侵入しちゃっています。

そんでもってさっきの洋服屋さんには結構好みの服が揃っているので時々ウインドゥショッピングをしているのですが、つい先日服を買ったのです。といってもシンプルなグレーのTシャツなので飛びぬけておかしなことにはなっていないと思うのですが・・・

けれど、最近結構お見かけしますよねどうかと思うような服を着ている年輩の方・・・勘違い・・・ですか?

まかない婦もそうならないように気を付けようと思っています。

そう言えば以前当社で働いていた女性社員が社員旅行でグァム島に行ったとき、ポニーテールでミニのワンピース姿で歩いていたら後ろから外国人の男の人に声をかけられて怖かったと言っていました。

ひょっとしたら相手の方が怖かったかもしれません。ミニスカートもポニーテールもその髪につけたリボンも50代後半の女性は遠慮しなければならないアイテムのような気がします。違いますでしょうか?

結構好き勝手なことばかりやっちゃってる割に保守的なところもあるまかない婦でございます。

P.S.まかない婦年輩の方がポニーテールにしたがる理由がなんとなくわかるような気がいたします。歳をとると顔全体が垂れ下がってきますよね。ポニーテールをすることによって少しだけ顔の皮膚が上がるのです。わずかの差ですがそのわずかが見た目年齢を大きく左右するものです。

気持ちは分かるのですがせめてリボンはよしましようよねっ。
* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-24 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

ちょっと聞いてください。 最近の飲み物、ペットボトルにしてもアルミ缶にしても少しペラペラすぎませんか?

実は昨日ビールの補充をしようとして箱からビールの缶を出すときに出しにくかったのでちょっと強く握って引き出そうとしました。その瞬間にブシューーーーっと嫌な音がしてビールの缶がつぶれてしまったのです。

IMG_1689_convert_20140623185435.jpg
オイオイ、まかない婦は超人ハルクじゃねぇし!何だよこのペコペコの缶は。

自慢じゃないけど右手の握力は10しかないんだよ。 更に今、オババの手首痛で確実に10以下の握力しかないはずです。それなのにこれかよ。

ペラペラなのはビールの缶だけではありません。2Lのペットボトルも空いたものの中に沸かしたお茶を入れて冷やしておこうとしてもペコペコ過ぎてすぐに形が変形してしまいます。ベコっとへっこんだ箇所がお茶を注ぐとボコンと音がしてまた元に戻ったりしています。 ふざけてんのか?

勿論ペットボトルは使い回しするために作られているわけではなく、基本飲んだ後はリサイクルですよね。わかってはいるのですが1日に多いときは20Lのお茶を沸かさなければならない身としてはしばしの間冷蔵庫のポケットに収まる姿でお茶を保管しておきたいのです。

そのため2Lペットがどれだけ入るかで冷蔵庫も選んだのですから・・・

全く技術の進歩が少しばかり恨めしいまかない婦です。

そうそう、話は変わりますが昨日ローピンを作ろうと張り切っていたまかない婦なのですが、結局作ったは作ったのですが昔の面影の無いおかしなものしか作れませんでした。やっぱり先生のレシピじゃなきゃダメみたいです。

それもあって今日は忙しかったのです。いつものおかずの他にローピンも作ったし、混ぜご飯まで作ったのですから。

この混ぜご飯は昔山小屋で働いていた時に小家主の叔母さんであるヲマンおばさんに教えていただいたものです。懐かしいですね。

こちらの方は成功してみんな喜んで食べてくれました。

ただちょっと張り切りすぎたようで今現在抜け殻のようになっています。 人の話を聞いていないとさっき妹にどやされましたが話しかけられたことさえ気付きませんでした。

今日は自分に少しやさしくしてあげようと思っています。終業時間まで後20分ほど有りますがボーっとして過ごすのもいいかもしれません。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-23 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

従業員食堂の冷蔵庫に長葱が大量にたまっています。焼き鳥でも作ろうかなとも思ったのですがそれにしては少し足りません。何に使えば良かろうかと考えていたら遠い昔に教えていただいたローピンと言う料理を思い出しました。ほとんど葱と小麦粉だけで作ったような記憶があるのですが、驚くほど美味しかったのを覚えています。

でもそれから既に20年ほど経っているのです。1度しか作っていないのに良く覚えているものだと思うのですが、教えてくださった先生が素晴らしい先生だったからかもしれません。

木村春子という中国料理の研究家の先生ですが、栄養士の専門学校で中華料理を教えていただいていました。まかない婦は友人と3人でこの先生のゼミで中華料理の乾物利用について勉強しました。

ちょうど在学中に中国旅行をしたと思うのですが、その際に乾物のアワビやアキレス腱を買ってきて先生の指導の下料理したのを覚えています。料理より乾物を戻すのが大変でしたけどね。

さっき検索してみたらお元気そうな先生の画像を見ることが出来たので嬉しかったです。

先生のコネで銀座アスターで生徒全員で食べた中華のコースの中の『酔っ払い上海蟹』がむちゃくちゃ美味しかったのを思い出しました。

ですが持っていたはずの先生のレシピ本が見つかりません。どうしても先生のレシピで作りたかったのですが仕方ないのでクックパッドで検索して良さそうなレシピをプリントアウトしておきました。明日作れる余裕があるかな?

明後日また休日なのでその日に作ろうかなとも考えています。

作るのも食べるのも楽しみです。
* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-22 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日3週間ぶりに友禅作家の叔父と母の3人で外食しました。このところのペースでは2週間に1度だったのですが、7月に県立美術館で開催される『伝統加賀友禅工芸展』の準備で叔父は忙しかったようです。

美術館で開かれるこの工芸展へ毎年行っている気がしますが、なかなかに良いものです。

さて、昨日の割り勘会の会場は『くすの樹』さんにしました。叔父はよほどこの店が気に入っているようでまかない婦が「今日はくすの樹さんにしよう。」と言ったとたんに顔がほころびました。

行ってみるとすでに指定席化した小上がりの席が私たち3人を待っていました。

叔父と母はビール、まかない婦は奥能登の白菊さんの純米吟醸酒で乾杯です。 

IMG_1671_convert_20140622130802.jpg
付き出しはヤングコーンの胡麻ドレッシング和えです。

IMG_1673_convert_20140622131134.jpg
赤西貝のお刺身です。器のガラスが涼しげでしょう?赤西貝は刺身にするのが結構大変なので好物なのにあまり買いません。それにしてもくすの樹のご主人はこの金魚草がお好きですね。

IMG_1676_convert_20140622131158.jpg
ガスエビのお刺身です。叔父はこのガスエビの刺身が好きなようで見つけるといつも注文しています。行きつけのお寿司屋さんではガスエビは出ないので嬉しそうに注文していました。

ガスエビはとても傷みやすいので地元で即消費されます。すぐに頭が黒くなってしまい、素人にも劣化がはっきりわかります。このガスエビはとてもきれいだったので頭の中身まで頂きました。

IMG_1678_convert_20140622131226.jpg
刺身の盛り合わせです。そうです刺身だけでも3品も頼んでしまいました。叔父は刺身や酢の物が大好きです。

IMG_1679_convert_20140622131251.jpg
金時草の酢の物です。

IMG_1682_convert_20140622131316.jpg
茄子の海老あんかけ、熱々で旨かったよ。まかない婦のオーダーです。叔父は茶碗蒸し、母は蓮蒸しを食べています。

IMG_1683_convert_20140622131415.jpg
コンカ鰯という郷土食です。鰯の米ぬか漬けで日本酒にぴったりの酒の友です。苗加屋の純米吟醸酒と日本の翼を頂きました。叔父もビールを飲んでいる場合ではないと言っております。

IMG_1685_convert_20140622131448.jpg
鯖のヘシコです。これも米ぬか漬けです。このあたりからまかない婦記憶がはっきりしませんが、これが旨かったのは脳のどこかが覚えているようです。食べた覚えがないのに旨かったと思っている自分に少々不安を覚えます。

IMG_1687_convert_20140622131511.jpg
やっぱりこれも食べたのね。 〆の稲庭うどんです。覚えてないけど美味しかったに違いありません。

この後支払いのお釣りをまかない婦が預かったのだそうです。覚えていませんがバックを開けてみるとちゃんと分かりやすく別に保管してありました。

まかない婦のサブルーチン相変わらずいい仕事をしているようです。

ホナ、今日はこれでおさらばです。
* Category : 外食
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
高校時代の数学の先生の愛車オンボロチャリ、友人と「こんかいわし号」と命名しました。懐かしい・・・。 
くすの樹さんに出現する日本酒、黒龍、苗加屋?、日本の翼?、まかない婦さんがサブルーチンに変貌するくらいのお酒なのですか?

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、まかない婦は普段は漬物や味噌汁も飲まずこんかいわしなど全く興味もないのですが、やはり酒の席には合いますね。特にヘシコは抜群に旨かったです(覚えてないけど脳のどこかがそう言っています)。

くすの樹さんの日本酒の品ぞろえは本当に素晴らしいのですが、実は先日我が家の宴会で飲んだ手取川さんと長生舞さんの入賞酒と、加越さんの純米大吟醸無濾過生原酒は抜群に美味しかったです。ちょっと勝っているかもしれません。

* by ごえもん
まかない婦さん、今日妹さんに恒例のお任せを電話にてお願いしました。よろしくお願い致します。ところで日本酒には辛口、甘口があるようですが辛口表示でも濃厚で旨いとこれで辛口なら甘口はどんな?と思ってしまいます。石川のお酒は旨口ばかり?・・・・・・(笑)

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、石川県のお酒は全体的に濃いものが多いようです。端麗辛口は県民性に合わないのかもしれません。金沢で大きな蔵元の福光屋さんの酒は割と薄いので、ごえもんさんのお手元にはなかなかいきませんよね。

まかない婦も妹もやはり濃くて香り高いお酒が好きなようです。今回お送りするお酒の中で奥能登の白菊さんの純米吟醸は甘口ですが後口がさっぱりしていて酒屋さんの中でも評価の高いお酒です。

まかない婦の一押しは加賀の月の虹ですかねぇ。昨日も買ってきて飲みました。

最近では母も口が肥えてしまったようで美味しくない酒を買っていくと文句を言います。厳しいです。虹は旨いと言っていましたから安心してお召し上がりください。

* by ごえもん
まかない婦さん、地元で、石川の菊姫を扱っている小さな酒屋さんを以前から知っていました。先日覗いたところ天狗舞、獅子の里、加賀鳶があり嬉しくなりました(笑)。又福井の黒龍を熱心に?扱ってるお店も発見!実は純米吟醸と大吟醸を買ったのですが殆ど飲まれてしまったのですよ(無念)。今回の選抜メンバー楽しみにしていますが我が家の日本酒グリズリー対策を考えねばなりません。「肥えてよいのは口だけ!」に留まる事を願うばかりです。買う私が悪い・・・・。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、そちらにもグリズリーが出るようになりましたか?それは困りますよね。

当社のグリズリーは最近何でも持って行くとまかない婦が怒ると言って略奪行為が縮小しています。e-257

黒龍は福井県の酒ですが石川県でもとても人気があります。ですが石川の酒をないがしろにして黒龍ばっかり大吟醸などを揃え、石川の酒は純米酒止まりという理不尽な料理屋さんがあるのでちょっと不満なまかない婦です。

石川の酒も美味しいぞと言ってやりたいです。


個別記事の管理2014-06-21 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

金沢は今日少し曇り空ですが涼しい風か吹いていて過ごしやすい天気になっています。あまりにも天気の悪い日が多いので曇り空でもついつい今日は良い天気だと思ってしまいます。慣れとは恐ろしいものです。

さて、6月も終盤に入りまかない婦的にはそろそろ尾瀬の山小屋が恋しくなってきています。今頃は水芭蕉も終わり、季節の花も切り替わっているころです。

弥四郎小屋のHPを覗いてみると今年はワタスゲの当たり年になるだろうと言っていました。それにニッコウキスゲの花芽が伸び始めたそうです。個人的にはキスゲよりワタスゲの方が好きなのですが、去年は鹿の食害でいつも見事なニッコウキスゲの群生があまり見られませんでした。今年は大丈夫なのでしょうか?

CIMG0112_convert_20140621121409.jpg
これがワタスゲです。ちなみに白いのは花ではありません。種を遠くまで飛ばすための綿毛だと思います。

CIMG0117_convert_20140621121446.jpg
こちらがニッコウキスゲです。山で咲く花の中では花が大きいです。黄色い百合といったところでしょうか?

IMG_0008_convert_20140621121516.jpg
まかない婦が尾瀬で咲く花の中で一番好きな羊草です。小さなスイレンのような花でひつじの刻(午後2時くらい?)に咲くので羊草だそうです。花の時期は結構長いのですが咲く時間が限られているのでいつでも見れるわけではありません。

それにしてもまかない婦は山に行けるのかしら?暇がないのは強引に暇を作って行くしかないのですが、上り下りの山道を歩ききることが出来るのかちょっと心配です。

さっき3階から5階の自宅部分まで階段で上がっただけて息が切れました。 こんなでお山へ行けるのかしら?

更に先日の突然膝が痛くなった時のことを思うと不安が募ります。山では自己責任が当然のルールですから膝くらい痛くなっても自力で戻ってこねばなりません。大丈夫かな?

暇も自信もないまかない婦、お山はまだまだ遠そうです。

* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-20 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

昨日はブログを書いたのにアップするのを忘れていました。時々こんなヘマもやらかします。

昨日のブログは今日のお昼ごろにアップしたので、お暇な方はそちらも読んでくださいね。何、大した話でもないのですが・・・

ヘマと言えば今朝起きたとき前日の酒が残っているのを感じました。テレビも付けっぱなしで寝ていたようです。

ヤレヤレと自分に呆れながら起き上がると左の手首に黒い墨痕のようなものが残っています。えっ?

洗面所に向かい鏡の中の自分を見るといたるところに黒い痕が残っています。どうやら酔っ払って髪を染めようとしたらしいですが、髪以外のところがかなり染まっちゃっています。

オイオイ、朝は忙しいのに勘弁してくれよ・・・ 昨夜の自分に喝を入れたい今朝のまかない婦です。

とりあえずリムーバーでこすっては見ましたが指先と左手首の痕はどうしても取れません。まっ、良いか?どうせ誰もまかない婦のことなど見てはいないのだから・・・

あきらめと開き直りでそのまま出勤した今朝のまかない婦です。

誰も見ていないと高をくくっていたまかない婦に毒口炸裂の妹が厳しいダメだしをします。

妹「あんた、頭の地肌に線路みたいに黒い後ついとるぞ。マニキュアやめて普通の毛染めにしたらどうや?」
ま「だってそれだと髪が傷むやろ?」
妹「あんたの髪の毛もう終わっとるし!今更傷むも何もないやろう?痛ましとけや!」妹の毒口はさらに続きます。
妹「それって日焼け止めの長手袋してへんちくりんな黒い帽子かぶっとるおばさんと一緒や!日焼けうんぬんよりあんたのその格好の方がずっと変やぞって話やろう?」

たっ、確かにそんな感じの人も居るね。

更に妹の話は続きました。近所のスーパーだか、ドラックストアで見かけるカーラー巻いたまま外出しているおばさんに妹は心の中で『あんたの勝負所はいつや?いつそのカーラーとって勝負するんや?』と突っ込んでいるのだとか・・・

おお怖!わが妹ながらツボを外さぬ突っ込みにはいつもながら脱帽です。

一種の才能かもと思えるほどの妹の毒舌は主に身内方面に向けられています。内容は厳しいけど当たっているだけに結構笑えますよ。

どなたか酒屋にカーラー巻いてお酒買に来てくれないかしら?その時の妹の顔見てみたいものです。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-19 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

ヘタレ野菜のブロッコリをやっつけ、明日は出来れば蓮根のハス蒸しを作りたいと思っています。

しかし、かなり褐変した蓮根ですし、フードプロセッサーでおろせるのかも少々疑問です。蓮蒸しは何回か作ったことはありますが35人分ぶっつけで作ってコケるわけにもいかんので、今試作品を作っています。

蓮根を下ろした時点で『ああ、ダメか・・・』と思いました。色が白くないのでダメかもと思いすでにあきらめモードに入りました。

でもその色の悪い種を見てある社員が「これでも良いんじゃないか?」と言ってくれたので心はまたしても揺れ動いています。

とりあえず試作のハス蒸しが上出来だったら考えようかと・・・・だってこんなにたくさん蓮根を使えることもめったにないですからね。

・・・そして数時間が経ちました。蓮蒸しはやっぱりダメみたいです。

とにかく色が悪いし、しっかりと固まりもしません。 とりあえずは作ってみて良かったです。

そんな訳で蓮根はキンピラにすることにしました。それなら何とかなりそうです。

そんでもって主菜は鰯のフライになる予定です。さっき市場で活きの良い鰯をトロ箱で買ってきました。捌きながら数を読むと47尾も入っていました。

特別大きいのは塩焼きにして、残りは手開きにしたのでフライにする予定です。鰯のフライもほとんどしないメニューですが、今日はいろいろな条件が合ったということでしょうね。

何か行き当たりばったりに献立を決めているように思われるかもしれませんが、いろいろ工夫できなければならない部分もあり結構大変なんですよ。

それと自宅用に2枚におろした金目鯛の片身を買ってきました。尾頭付きで400円という超破格値です。普段は1尾2000円位するのですから喜んで買ってきました。 ほしたらねぇ、まだまけてくれて350円にしてくれてん。(そうしたら、更におまけしてくれて350円にしてくれたんですよ。)

「もともと安いのにまだおまけしてくれるんか?」と驚いて聞くと、魚屋のアンチャンはニッと笑っておりました。おまけのし過ぎだとまかない婦は思っております。

その後肉屋さんで鶏肉を買ったのですが、その値段も全然安いのです。何かの間違いではないかと聞いてみると「いつも買ってくれるから2割引にしておきました。」とのお返事。そんなん有りかとまたしてもびっくりです。

どうやらまかない婦今日はお買い得デーだったようです。

金沢へ帰ってきてからもう20年近く経っていて、その間毎日のように近江町市場へ買い物に行っていますが、最初はだれにも相手にされないって感じだったんですよ。肉屋さんのカウンターの前でいつまでたっても声をかけてもらえず買い物もできずに帰ってきたことも何度もありました。

最近ようやく親切にしてもらったり声をかけられるようになった気がします。売り手が変わったのか?まかない婦の鴨葱ぶりが広く知れ渡ったのか?

親切にしてもらう頻度と押し売りされる頻度が正比例しているような気がするのは気のせいではないような・・・

私も要らないものは要らないと言えるようになれば良いのですが・・・せめて良い人ではない売り手相手には強くなりたいまかない婦です。(;一_一)
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-18 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日中央市場が休みなので会社は休みなのですが、押し寄せるヘタレ野菜に負け仕事を続けています。

明日当初の予定では枝豆コロッケを作る予定でした。ところが渡された蓮根の状態が悪すぎるので蓮根のハス蒸しに変更したのです。

と・こ・ろ・がこの後少し黄色くなり始めたブロッコリを渡されたのです。

DSCF4784_convert_20140618150818.jpg
もうダメダメ感満載のヘタレです。仕方なく明日の主菜は豚小間とブロッコリの炒め物にまたの変更です。そのため今日の仕事以外にブロッコリの下処理が必要になりました。明日まで置いといてどうにかなるブロッコリではないようですから仕方ありません。

枝豆は急ぎ冷凍しました。蓮根が明後日まで持つのか心配ですが、会社の冷蔵庫の中にまたも上がってきそうな蓮根を見つけたのでまとめて成敗する方が効率が良さそうです。

DSCF4786_convert_20140618150850.jpg
それに、さっきのヘタレブロッコリ以外にもまともなブロッコリも上がってきているのでこりゃもう仕方ありません。

野菜のDMATですか・・・?とりあえず今のところブラックは無しの認識です。

そんな訳で下処理も済んだので明日又頑張ります。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-17 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今月は当社柿市商店では健康診断の月です。なぜなら今月の水曜日がすべて休業日になっているので、時間のかかる胃カメラの検査を受けるのに都合が良く毎年6月が検診の時期と決まっています。

そんな訳で先日の朝食時の話題も検診がらみでした。

A「俺、全然太られへん・・・」
B「ワシのまねすれば大丈夫!」 自信満々でご指導しているB君は現在99kgを越したとか越さないとか・・・目指せ100kgなのかしら?

B君のご指導はさらに続きます。
B「マヨネーズの小さいやつ持っときゃ良い。チュッチューって時々吸えばOK!」

う~ん、AさんとB君では食べるものが全然違うからなぁ・・・Aさんは野菜ばっかありがたがって食ってるけど動物性たんぱく質も大事だよ!

それとB君、あんたは動物性たんぱく質の食べ過ぎ!肉食べたらその2倍の野菜食べんとね!

痩せたい人と太りたい人、食べてるものがその人の身体を作っているわけだから当然の結果ですか。

『太るも やせるも 食事が基本』いつも届けられる栄養士会からの雑誌が入った袋にはそう書かれています。まったくおっしゃる通りでございます。

な~んて、のんびりブログを書いている場合ではありません。たった今、大事件が起こりました!!

キャーアアアアアアアア!!自社ビル内に響き渡ったまかない婦の悲鳴に社員もびっくり。何事が起ったのかと尋ねられました。

DSCF4776_convert_20140617172213 - コピー
こっ、これを見てください。

実は今晩姪の誕生日パーティーをすることになっていて、丁度入荷してきた素晴らしい日本酒を身内のみんなで楽しく飲みたいとまかない婦は財布をはたいて買いそろえてきたのです。

DSCF4774_convert_20140617172145 - コピー
今日の一軍選手たちです。左から長生舞さんの鑑評会入賞酒、加越さんの袋しぼり純米大吟醸 無濾過の生原酒、手取川さんの鑑評会入賞酒、スペイン リオハのコリンボという高級ワインだったのですが・・・

宴会の用意のためぎゅう詰めになった冷蔵庫の扉を社長が開けた途端に ガチャンと魂も潰れる呪われた音がして麗しの手取川が無残にも破壊されていました。

「こりゃ、涙チョチョ切れるな。」と、他人事のように言う社長・・・冷蔵庫の扉を開けただけで飛び出してきたのですから彼が悪いわけではないのです。ないのですが・・・・何故だかお恨みもうしあげます

この後ひょっとしたらと思い粉々に破壊された手取川を濾過してみました。

DSCF4778_convert_20140617172240 - コピー
                                   
DSCF4780_convert_20140617172317 - コピー
小さな鍋にほんの一滴残ったお酒はティースプーン1杯ほどもなかったのです。

何故に割れたのが手取川だったのか?冷蔵庫の中には二軍選手もいっぱい居たのに・・・

まかない婦の恨み節は暗く哀しく自社ビルを満たしてゆきます。姪よお誕生日おめでとう。社長気にしなくていいんだよ。もう後しばらくしたら楽しい誕生日会の開幕です・・・



* Category : 出来事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
(驚愕)過ぎて思わず「ひょえ~~」って呟いた。 あってはならない出来事でしたね。   
まかない婦さん、本当に御無念、お見舞い申し上げます。トップバッターで頂いといてよかった!としみじみ・・・。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、あんまりな出来事だと思いませんか?

やっと正常値に落ち着いた血圧が急上昇したに違いありません。v-409

個別記事の管理2014-06-16 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今朝昼食に使う茹で卵を作っているときに頭に何かがぽとりと落ちてきました。

何だろうと上を見上げるとステンレスの巨大フードの端っこから汚い油滴が落ちてきたのだと分かりました。

髪の毛を触ってみるとたった一滴の油滴がまかない婦の髪の毛を小汚く汚しています。何度拭いてもやにのように粘った汚れがテッシュに残ります。しかも臭いは魚の匂いです。

それでもフードから滴が垂れるまでにしていたということは自分の責任もありますよね。誰に文句を言うことも出来ないのですがなんだか納得できません。何故にまかない婦が真下にいるそのタイミングで垂れなければならなかったのか・・・?

とにかくこの油というふざけた奴は調理場の中に置いてあるすべての物をダメにしてしまいます。一番激しくいかれてしまうのはラジオです。今使っているものでいったい何台目なのか・・・?

それから玉ねぎをむくときに手元から辛味成分を吹き飛ばしてもらっている小さな扇風機。これはどうかと思うほど油と埃で汚れています。

他にもフードプロセッサーや干し椎茸を保管している缶など油膜に覆われているものがたくさんあります。困ったもんです。

巷では油断大敵と申しますが、当社従業員食堂では油が大敵になっております。

それらの物も時間があればきれいに使い続けられそうな気がしますがとにかく毎日が時間との戦いです。普通の食材を使うよりヘタレ野菜相手では倍ほども時間がかかることはしょっちゅうです。

今日やっと一か月ぶりほどに渡された野菜がほとんど片付きホッとしたのもつかの間・・・

DSCF4771_convert_20140616165917.jpg
皮をむいた挙句返品された蓮根が大量に上がってきました。この鍋だけではありません。明日の主菜に使うことにしましたが多分一度では使いきれないと思います。

DSCF4768_convert_20140616165840.jpg
そして乾物の枝豆が4kgほど上がってきました。戻せば倍以上のボリュームになるので勿論使い切れません。蓄1年だそうです。道理で洗ったら乾物の豆とも思えない黒い汁が出たと思いましたよ・・・

こっちは明日の副菜の煮豆と木曜日の主菜を枝豆コロッケにして半分ほどは使えるかしらと見込んでいます。

毎日毎日こんなです・・・

話は変わりますが酒屋にしょっちゅう来てくださり、当社のHPもよく見てくださっているお客様ご夫婦の奥さんの方が最近いらっしゃっていないと妹が心配しております。鈴木さ~ん、どうされましたか~?単にうちの店に飽きたのなら良いのですが、お体でも壊されたのではないかと不肖の妹が心配しております。

今回少しだけまともな景品が揃っています。是非鈴木さんに貰っていただきたいと馬鹿者姉妹待っておりますよ。わたくしたちからのサマーギフトです。

貰っても多分馬鹿はうつらないと思います・・・多分・・・?

ご来店お待ちしております。

* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-15 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

一昨日買ってきたシャクヤクと百合の花が美しく咲きました。仏間に活けてあったのですがたくさんあったので3階の食堂にも一本持って行って飾ろうとシャクヤクを持って下りていきました。

そのまかない婦が持ってきたシャクヤクを見て義妹が言うのです。
「手前味噌かもしれんけど、家のシャクヤクの方が全然きれいやね?」

彼女が言っているのはしばらく前に自宅の庭から持ってきてくれた白いシャクヤクのことです。確かに美しい花でした。

しか~しキラーン!まかない婦から肯定の返事がもらえることを信じて疑わぬ無邪気な義妹にあえて鉄槌を打つ!

「あんた、確かに手前味噌やわ。」
「え~っ、そうかなぁ・・・?」


IMG_1668_convert_20140614170014.jpg
白い花、桃色の花、花はそれぞれ美しく咲いてくれます。優劣など付けなくても良いのでは?

まあ、本当はこんな風に返したら腹を立てられても仕方ないのですがそんなこともなく笑って済ませている義妹です。そのあたりはまかない婦が学ばなくてはならないところですね。

それにしても豪華な花です。ただ、散るときにバッサリと花が落ち、テーブルが汚れるのがちょっと哀しい心の小さなまかない婦でした。

* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-14 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今朝朝食時の社員の話題がかなりおもしろかったのでご披露します。

多分ワールドカップの話からそんな話題になったのでしょう。
A「スポーツブラっていやらしくないわ。」おやっ?朝っぱらから何の話だい?
A「俺、女子選手の胸とパンツしか見てねぇし。他全然見んから。」それって何宣言?顔とかプレーはどうでも良いってこと?
B「ダッラ!そんなん日本中でお前だけやわ!」ダラというのは金沢弁で馬鹿を指します。ダッラはそれをさらに強調したものです。
A「ほんでもパンツ見たくねぇ選手もおるわ。歳とった奴とか、頑固ごついやつな!・・・ゴルフの選手もっとミニスカートにしてくれんかな?」A君の妄想列車は今朝ちょっと暴走気味です。
A「歳とっとってもシャラポアやったら良いわ。何ぼ見ても良いパンツや。」オイオイ、まだ朝の7時なんですけど・・・

この後もバレーボールの選手はもっとブルマをくいこませてくれだのなんだのと散々エロ妄想を披露して、そのたびB君にやっつけられていました。

他の社員も何人か居て苦笑している人も居ましたが大方は無視です。大きな声でぶちかますA君の妄想列車は軽快に走り抜けていきました。

まっ、なんですか、結構健全なエロって感じでした。


昼過ぎに市場へ買い物に行くと魚屋さんの刺身売り場に人が群がっていました。

IMG_1667_convert_20140614165943.jpg
どうやらマグロの解体をやって、それを刺身にして売っていたようです。そのせいも有ったのか今日はいつもよりお客さんが多いような・・・

耳に入る言葉も日本語ばかりとは限りません。台湾の人やタイの人が最近は目立ちます。

それは近くのスカイホテルがホリディ・イン系列になったためもあるらしいです。何にしてもお客様が増えるのは嬉しいことですよね。

そう言えばさっき奥能登の白菊さんのお酒を買ってくださった大阪の方が「この店来るの3回目や。」と言ってくださいました。こんな時が商売をしていて本当に嬉しいときです。「また来てくださいね。」とお願いすると「おう!宣伝しといてやるよ。」と言って帰って行かれました。

宣伝していただいても店の名前も出ていないおかしな店です。どうにかしてくれと昔社長に言ったのですが「看板が無くても覚えてもらえる店にしたい。」などと訳の分からんたわごとをつぶやいておりました。お客様に対して不親切やろう!

エロ話の好きな社員の働く会社の社長は行きすぎた理想を追い求めるたわけ者です。大丈夫なのかなうちの会社・・・
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-13 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日また少し嬉しいことがありました。 実は先日使ってくれとかなりな量のカタハを渡されたのです。カタハとはヨシナ、ミズ、ミズブキ、ウワバミソウなどの別名を持つ山菜ですが、ほとんど使うことが無いのでいつもキンピラ風にしているだけだったのです。

それも少し芸が無いと思いクックパッドで検索しました。

するとトムラウシさんという人が昆布締めにしていたのでそれを参考にまかない婦も昆布締めにしてみました。

DSCF4758_convert_20140613172328.jpg
これです。昆布で巻いてから2日目に頂きましたが1日だと味ののりが薄すぎるようです。2日目のカタハは味もちょうど良くシャキシャキとして結構おいしかったですよ。

そこでせっかくだからとつくれぽを送ろうと思いました。つくれぽというのはクックパッドにアップされたレシピ通りに作って作者の人にサンキューメッセージに写真を添えて送るものです。

ですがつくれぽを送る前にコメントの部分にメッセージを送ったのです。トムラウシという名前からひょっとして山好きの人ではないかと思ったからです。トムラウシというのは北海道にある山の名前ですものね。

今日つくれぽを送ろうとして昆布締めのレシピを開いてみるとコメントの返事がのっていて、やはりの山屋でした。

まかない婦は山屋ではないのですが、以前に尾瀬の山小屋で働いていたことがあるので山好きの人にはなぜかひきつけられます。

それに驚いたことにこの方が尾瀬に行って来たばかりだということがわかり、クックパッドのごはん日記には尾瀬の写真がアップされていました。こんな偶然有るんかい?と思いながらなんだか嬉しいまかない婦です。

インターネットのお陰で会うはずのなかった人と繋がっていることには驚きます。本好きな人、山が好きな人、料理好き、元バックパッカー、そして酒好き いろんな人にひきつけられます。

ですが実生活では人と付き合うのが上手ではないので素直に心を開けないのが残念なところです。

今日はこのブログで知り合った方に勧められたグラッパの2本目を飲んでみようと思っています。色々と教えてくださる方がいらっしゃるのも嬉しいですね。

でもその方の疑問にまだお答えしていないのが気にかかっています。あと歯医者の定期健診をぶっ飛ばしていることと、手首の痛みに良いという針治療にまだ行っていないこと、などなど気がかりなことが山積しています。

もっと時間が欲しい~!!

* Category : クックパッド
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

尾瀬 * by いぬこ
まかない婦さんこんばんは。
いろいろな出会いがあるのですね。
いぬこは東京に行っていました。この上京のときに、尾瀬に行きたいと思っていたのですが、調べると尾瀬をなめていました。
今のいぬこには、ちょっと無理と判断。次に向けて、体力づくりをと思います。が、今が一番若いんですよね。
 2本目のグラッパ、どんなのか、ブログで発表していただけると嬉しいです。
その後、更に2本購入。その後も、また2本注文して、待っているところです。こんなんでよいのか?自問しております。

Re: 尾瀬 * by まかない婦
いぬこさん、お久しぶりです。

2本目のグラッバはモスカートと書いてあったので原料がマスカットなのだと思い期待して香りをかぎましたがマスカットの香りを嗅ぎ分けることはできませんでした。それでも香りは高くなかなかにおいしいです。

せっかく買ったグラスは飲みすぎてしまうので使わず、ショットグラスで頂いています。そのあたりがまかない婦には丁度良いようです。

尾瀬はこれから7月の初めころが一番良い時期だと思います。まかない婦も行きたい気持ちが高まっていますがなかなか機会をつかめません。

以前ご指摘を受けたジュンサイの話をついさっきも社長と話し合っていたところです。本当に驚きました。秋田のジュンサイにも天然物があるのですが、調べると秋田はそれらの指定を受けていない地域のようです。

とりあえずは自分で調べていてもらちが明かないので仕入れ先に問い合わせてくれるよう社長に頼みましたがやや腰が引けているようでした。

ただ、生産者の氏名や問い合わせ先も分かっているので最終的には生産者の方に聞いてみようと思っています。しばらく待ってくださいね。e-466

クックパッドで知り合ったトムラウシさんは本当に山や料理、旅行も好きな方のようで自分に近い何かを感じます。ただ、バックパッカーではないでしょう。自分の身の回り以外でバックパッカーだった人はいぬこさん以外には1人しか巡り合っていません。

いつか尾瀬で会えるとうれしいですね。

モスカート * by いぬこ
まかない婦さんこんばんは。
前からモスカートって?と思っていましたが。
わかりました。
まかない婦さんのブログを見ていると、いぬこの知らない野菜などが出てきて、日本は広いなあと思います。
じゅんさいのことは、ウィキペディアに書いてあったので「おや」って思っただけです。
いぬこの一言が波紋を起こしているよで申し訳ありません。気にしないでください。
本当に尾瀬でお会いできるとうれしいですね。
わたしの周辺に尾瀬体験者がいないので、、、。

Re: モスカート * by まかない婦
いぬこさん、ジュンサイのことは販売する会社としての責任があると思います。尻の重い社長の尻を叩いて追及するつもりです。

グラッバはやはり最初に飲んだものが美味しかったです。でも1万2千円ほどしたのでそれはそうだろうという感じです。空き瓶も美しく捨てられずにいます。

弥四郎小屋では秋口にパエリア祭りというお祭りがあり、まかない婦も去年初めて参加しましたが楽しかったです。ただし後片付けは地獄でしたv-40

その日は混むとは思いますがイベントいっぱいで楽しいですよ。ベリーダンスがかぶりつきで見られます。v-392

それに人が多いときは早く歩けないのでゆっくり歩く派には良いかもしれませんね。

9月に入ると結構寒いので背負っていく荷物が増えるので厳しいかも?その代り真夏でも結構涼しいですよ。

* by いぬこ
こんばんは。尾瀬は7月初めが良いというまかない婦さんの言葉が残っています。
いぬこが心配なのは、後からどんどん人が来たときに、あの狭い木道では、後の人に譲ってばかりいると、自分が前に進めないのでは?ということです。
追い越しの幅はあるのでしょうか?
混んでいるのも嫌だし、混んでいなくてもそういうことが頭をよぎります。
鳩待ち峠からが初心者向けとのことですが、普通の人はどのくらい時間がかかるのでしょうね。

Re: タイトルなし * by まかない婦
いぬこさん、7月初めはさほど混まない時期ですが、運悪く学校の遠足などとかぶってしまうことはあります。でもそんな時は先生が先導しているので大丈夫だと思うのですが・・・

まかない婦はクマよけならぬ人よけのベルをザックに付けています。足の遅いグループの後ろになった時などわざとベルが良く鳴るようにして道を譲ってもらったりしています。

基本的に木道は行き帰りの2本は有るので、ちょっと横の木道に移動して足の速い人に先に行ってもらうことも出来るようになっています。心配するほどのことはないと思いますよ。

鳩待ちから弥四郎小屋までは4時間ほどでしょうか?強者は1時間半ほどで歩きます。まかない婦は3時間ぐらいかしら?休憩が多いともっと時間もかかりますが調子が良ければあまり休憩しなくても歩ける道ですよ。

ただ、雨が降っているときは滑りやすいので、下りの道に気を付けることと木道を止めてある金具の上に足をのせないようにして歩くのが鉄則です。

行きかう人がみな嫌になるほど「こんにちわ」と挨拶してくるので寂しい思いはしたくても出来ないことになっています。

頑張ってください。

個別記事の管理2014-06-12 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日まかない婦は年に一度の健康診断を受けに駅の中にある病院に行って来ました。ここは検診に力を入れている病院なので色々な検査もかなり快適な環境で受けられるよう工夫されています。

婦人科の待合室にはアロマの香りが漂っています。

以前検診をしてもらっていた病院も悪いわけではないのですが、会社から遠いのと婦人科の専門医がいなかったこととマンモグラフィーが出来なかったことなどからこちらの病院に代えたわけです。

数年前までは小松市駅前のデパートに当社の出店があり、その人たちも簡単に受信できること、健やか検診も同時に受けられることなどいろいろな好条件が重なっていました。今は小松市のデパート自体が撤退してしまいましたが、やはり駅の中と言うのは何かと便利です。

ただ、やはり条件が整っているだけあってかなり混んでいます。待ち時間もけっこう長くなりがちです。

そこでまかない婦の検診グッズの登場です。まずポシェットです。この中には読みかけの文庫本を入れておきます。ちなみに昨日は今野敏さんのアキハバラでした。

このポシェットの中には他に財布と携帯も入れてあります。別にロッカーの中でもいいのですが、何でも自己責任のくせはやはりバックパッカー時代の名残でしょうか?

それと長い待ち時間の間に冷房で体が冷えてしまうことがあるので薄手のショールも必ず持参します。

これは普段の外出の時も必ずの鉄則なのですが、暑くても寒くても対応できるように冬に出かける時も半袖持参、真夏でもショールは必ず持って行きます。これが結構役に立つことが多いです。

この万全の装備で検診に挑みました。

嬉しいことにメタボも高血圧もクリアして胃カメラでも異常は見つからなかったようです。

胃カメラと言えば今回はじめて意識もなく眠ってしまい何の苦痛も感じずに30分後には目が覚めました。これって理想的ですよね。

後問題なのは血液検査の結果と脳ドックの結果です。血液検査の方はほぼ問題なしだと思うのですが脳ドックはどうかしら?

酒を飲んだ時の半端ない記憶のすっぽ抜けが受信のきっかけですが、認知症のリスクを高める飲酒が止められるのか?

昨日飲んだ手取川さんの全国新酒鑑評会入賞酒はうっとりするほど旨かった。 そんな素敵な物をあきらめる日が来るのかしら?だとすればまかない婦の人生の何パーセントかは色あせてしまうような・・・

そんな日が来ないことを願いながら今晩も旨い酒を飲んでしまうであろうまかない婦でした。

P.S.明日は先日なくなってしまった当社の元社員の49日です。彼は退社した後検診を一度も受けなかったので見つかったときには手遅れのガンに蝕まれ逝ってしまいました。

皆さんも周りの人を悲しませないように、検診は必ず受けてくださいね。お願いです。
* Category : 健康
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、ここ数日本当にお疲れ様でした。燃え尽きた日は少し心配しました。おいしいお酒で元気回復ですね。こちらもお陰様で少しずつ楽しませて頂いてます。選りすぐれのメンバーでうきうきです。ありがとうございました。これで料理の腕もあげたいところですが・・・・・。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、ご心配かけてすみませんでした。2人の妹たちもかなり元気になったので仕事も少しだけ楽になりました。

お送りした手取川さんの入賞酒、もう飲まれましたか?かなり旨いです。この先期待できる酒が2蔵から出る予定です。

まかない婦的にすごく期待しています。v-432

* by ごえもん
まかない婦さん、勿論手取川さんはトップバッター、本当に美味しいです!ありがとうございました。我が家はふたりで二合/日のスローペースで味わっています。仰るとおり体調が今ひとつだとお酒は楽しめませんね。なるべく長く楽しみたいものです。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、最初に飲んでいただいたとは本望でございます。v-290

酒は高いから旨いという物でもないのですが、このお酒は高くてもそれに見合う価値があると思っています。

でも、安くて美味しいお酒も探せば結構あるものです。これからも良い提案が出来るよう頑張ります。

個別記事の管理2014-06-11 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

先日から2人の妹たちの体調が悪くその分の仕事もかぶってきているのでまかない婦もかなりお疲れモードでした。

昨日も義妹が出社できるほどに回復しているのかもわからず、妹は相変わらずフラフラしていたので従業員食を手抜きにしてこの難局を乗り切ろうと思っていました。揚げるだけの冷凍コロッケとスパゲティでも作っておけば楽だし社員も喜ぶメニューです。

しかし、神はまかない婦に手抜き料理を作ることを許してはくれませんでした。

こんな日に限ってお得意様の方々が当社で食事を摂りたいと言ってこられたのです。しかもその顔ぶれの中には銀座などに10店舗ものお店を展開するこのお得意様の総料理長とその次の位置にいらっしゃる料理長もいらっしゃいます。そんな方々にまかない婦の作るくず野菜料理を出すと思うと嫌~な脇汗がドロドロと流れ落ちました。

とにかく冷凍コロッケは却下です。

・・・となると簡単にできて美味しいものは・・・このクソ暑いのにどうかとも思いますが先代まかない婦の婆ちゃんのオリジナル料理『水炊き』にすることにしました。社員に人気で自宅で作っている人が何人か居るみたいです。

もう一品はポテトサラダ。最近フードプロセッサーで薄切りにしたレモンを入れて作っている個人的に気に入っているメニューです。汁物もいつもは義妹に作ってもらっているのですがこの日ばかりはまかない婦が作ることにしました。時々リクエストをもらうかき玉汁は義弟からいつも誉められています。

よし、やるぞ! 

人間やる気になれば何とかなるものです。義妹も体調万全ではありませんが出勤してきましたし、妹はフラフラからフラくらいに回復してきています。

朝からアドレナリンを噴出しながら頑張って食事を作りました。

DSCF4755_convert_20140611152130.jpg
サラダと水炊きです。この他にかき玉汁が付き、カウンターの上に切れ漬け、自家製のガリ、キムチ、モヤシの炒め物、大学芋、などが誰でも取っていけるように用意されています。

この他に今当社で一押しの能登の天然物のジュンサイもお出ししました。ハジカミの削りカスの甘酢漬けも昨日のうちに社長の代わりに作っておきました。

DSCF4683_convert_20140531114059.jpg
これをさっと茹でて出しました。

DSCF4703_convert_20140531114247.jpg
これはポン酢をかけたものですが、まかない婦のお勧めはポン酢抜きでハジカミの削りカスを調味料代わりに加えたものです。

この特選素材のおかげでまかない婦は難局を何とか乗り切ることが出来、他の料理も美味しかったと褒めていただきました。婆ちゃんの水炊きのおかげです。

またしても嫌がらせのようにレシピを貼り付けておきますね。本当に簡単でおいしいのです。



お客様が帰られた後、まかない婦は疲れ果てひどい睡魔に襲われました。

そう言えば前日お取引先様の一周年記念で出かけた食味会で帰宅が遅くなり眠ったのは夜中の1時近くでした。疲れるはずです・・・

今日はこれから少し横になることにしようと思います。それでは皆様おやすみなさい。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-10 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日の金沢はどんよりと曇り、ついさっきは突然激しく雨も降り雷までなっていました。 金沢人は慣れっこですがついさっき当社から松任へ向かった県外のお取引先の方々はさぞかし驚いているでしょう。

金沢っていつもこんなですわ・・・

さて、今日はなぜこんなに眠いのだろうと思っていたら昨日の夜更かしがこたえていたのです。そう言えば帰宅したのは夜中の12時近かったです。

実はお取引先のトラスティ様の一周年記念の賞味会に行ってきたのです。とっかかりが夜の8時過ぎからだったので帰宅したのも遅くなったわけです。でも、行って料理をいただきワインを飲んでいるときは至福のひと時でした。

場所はホテルトラスティさんの凛庭という鉄板焼きのレストランです。

IMG_1635_convert_20140610164645.jpg
コックさんは可愛い女性シェフでしたよ。

IMG_1630_convert_20140610164537.jpg
まず出てきたのが生雲丹のフランです。雲丹の殻の中には茶碗蒸し状のものが仕込まれ生雲丹がのっていました。この前菜に合わせてロゼのシャンパンをグラスで頂きました。ブドウの品種はピノ・ノワールだそうです。淡い美しい色のシャンパンと雲丹が絶妙のコラボです。

IMG_1632_convert_20140610164623.jpg
次は鮑の肝ドレッシング和え 農園風サラダ仕立てだそうです。四角豆や蓮根、ホワイトアスパラ、チコリ、モロキュウ、人参、などのサラダの中に肝で和えられた鮑が仕込まれています。いろいろな野菜が楽しかったですね。

IMG_1640_convert_20140610164712.jpg
これはフォアグラのソテーです。下に敷いてあるのは新玉ねぎだそうで玉ねぎの甘味が口に広がります。この料理に合わせて薦められたイタリアのキャンティ・クラシコの干しブドウで作ったという甘口のワインが最高においしかったです。一口口に含むとチョコレートのような味がしたように思いましたが、よくよく探ってみればなるほど干しぶどうです。

鉄板焼きのお店なので目の前でフォアグラを焼いてくださいましたが、このパフォーマンスがまた楽しいですね。

IMG_1642_convert_20140610164747.jpg
ジュンサイの冷製コンソメスープです。このジュンサイは例の珠洲市の天然物のジュンサイでした。ここから辛口の白ワインを2杯頂きました。

IMG_1647_convert_20140610164831.jpg
オマールエビの蒸し焼きです。銅製のドームのような美しい蓋で蒸し焼きにしていました。海老の味が濃厚でとてもおいしかったです。

IMG_1650_convert_20140610164901.jpg
トマトのシャーベットがお口直しに出てきました。味はモロ、トマトです。飾りのトマトのスライスがきれいでした。

IMG_1652_convert_20140610164925.jpg
能登牛のサーロインステーキです。美味しかったのですが年配者には脂がきついかも・・・ヒレの方が良かったかな?お供はもちろん赤ワイン、デキャンテーションされていました。

IMG_1658_convert_20140610165028.jpg
この後お食事になったので、まかない婦はガーリックライスを頂きました。味噌汁の具はアオサだったと思います。

IMG_1654_convert_20140610164951.jpg
母はソーメンを頂いていました。美味しかったそうですよ。

IMG_1659_convert_20140610165100.jpg
この後は場所を替え、素敵なロビーでコーヒーとデザートを頂きました。コーヒーの器は九谷焼の青粒です。

IMG_1661_convert_20140610165129.jpg
デザートの青リンゴのムースとソルベです。最後まで手抜きの無い良いコースでした。

考えてみれば鉄板焼きのディナーは初めてかもしれません。お土産に『コリンボ』というスペインの赤ワインを一本ずつ頂いて帰りました。ブドウの品種はテンプラニーリョ100%だそうです。まかない婦の好きなブドウですから飲むのが楽しみです。

とっても素敵なディナーでしたが支払額がギョッとするほど高かったのと、終わった時間がかなり遅かったのが、しがない八百屋のまかない婦的には哀しいところでした。

まっ、たまにはいいですか・・・
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-09 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今朝急に義妹が体調不良で出社できなくなったのでまかない婦は今日一日目の回るような忙しさでした。

妹の方はぎっくり腰より薬の副作用で体調が悪いようです。

そんな中、まかない婦ばかりはどんなに忙しくてもびくともしない丈夫な体で働いています。腰痛も頭痛もまかない婦のマイナスパワーに跳ね返されているのでしょうか?

考えてみれば入院したこともないし、病気で仕事を休んだことはこの20年ほどの間にインフルエンザに罹ったほんの数日だけです。恐ろしく丈夫な体です。

さて、今朝の社員食堂でのまかない婦と古参の従業員の会話です。

最近テレビでよく見るようになった明治天皇の孫とかいう人の話でひとしきり盛り上がりました。何でもその方のお父様はたいそう整った顔をしていらっしゃるとか・・・
従「その割にあれは何や?」
ま「何やと言ってもそんなこともあるでしょう?不細工な親から可愛い子供が生まれることもあるんだから。」
従「すっげえ豪邸に住んでるらしいな。」
ま「あなただって結構資産家のお家にお生まれになったんじゃなかったっけ?だいぶん食いつぶしたみたいだけど。」
従「何言うとるんや?家まだあるぞ。」
ま「あっ、まだあったん?随分食べでのあるお家やったんやね。何軒ほど食うたんや?」
従「う~ん、4軒ほどかな・・・」
今朝の和やかな会話でした。

とにかく今日は疲れました。でもそんなこと言っている場合ではないのです。なぜなら今日仕事を終えてから取引先のホテルの一周年記念賞味会に行かねばならんのです。

8時から始まるその会がいったい何時に終わるのか・・・

5時よりかなり前には起きなければならないまかない婦、明日は寝坊せずに起きられるのか?・・・ちょっと・・・自信が無いような・・・
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-08 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の行列で前田利家公の役の人は水戸黄門の助さん役で出ていた人でした。

DSCF4735_convert_20140608131114.jpg
なかなかお似合いだったようです。まかない婦は仕事があるのでテレビでちらっと見ただけです。

DSCF4738_convert_20140608131142.jpg
乗っている白馬は人間の年にすると100才を超える老馬だそうですがとてもおとなしい馬です。それにしても人間で良かったよ、100才超えてまで働かされるのはどんなもんかね?

DSCF4739_convert_20140608131206.jpg
行列の中には梯子のぼりや奴さん行列、ミス金沢のパレード、ブラスバンドの演奏やバトントワリングなど盛りだくさんだったはずです。

行列以外にも踊り流しや兼六園でのお茶会、夜は薪能などもあったはずですがその割に街は静かでした。確かに人通りは多かったですけどもね。

あまり関係なかったかな?

そんなことより昨日のまかない婦の関心事は『カタハ』と呼ばれる山菜でした。これはヨシナとかミズとかウワバミソウと言われる山菜で片側だけに葉が付くところからカタハと呼ばれていると聞いたことがあります。

社員の1人に使ってくれと渡されたのですが、数回しか使ったことが無かったので(その時はキンピラ風に料理しました)クックパッドで検索してみました。

前から疑問に思っていたのですが皮はむかなくても良いようですね。根元の赤くて硬いところはどうしようかと思ったのですが以前にたたいて料理すると聞いたことがあったように思ったので茹でた後すりこ木で叩いて納豆と合わせてみました。

DSCF4742_convert_20140608142155.jpg
これです。ちょっと食べてみたら叩き潰したのにカタハがまだしゃきしゃきしていてなかなかにおいしかったです。

DSCF4744_convert_20140608142221.jpg
硬くなさそうなところは別に茹でて水にさらしてあります。これは肉とキンピラ風に炒めるつもりですが、検索したレシピの中に昆布締めというのがあったのでこちらも気になっています。

北陸の人間にとって昆布締めは1つの調理法です。普段から菜花やブロッコリ、刺身の昆布締めは時々作りますが。オリジナル料理の中の筍の昆布締めはかなりおいしかったです。赤かぼちゃの昆布締めは少し硬かったけれど赤かぼちゃの新しい食べ方として行けると思いました。

見たい人も居ないとは思いますがレシピを貼り付けておきますね。筍の時期は終わってしまいましたが、赤かぼちゃは数日前に初出荷されたと聞いています。



ということで、半分は昆布締めにしてみようかなと思っています。炒め物と昆布締めとどちらが美味しいかな?こうご期待
* Category : イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さん、実家ではヨシナのいしり煮を食べたことがあります。こぶ締めは自分で作ったことがありません。一度挑戦してみたいと思います。カボチャは生を締めるのですね。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、カボチャはごく薄くスライスして生で昆布締めにします。一日以上やるとしょっぱくなりすぎるので注意してください。

まかない婦は今日昆布締めを作りました。昨日は炒め物にして美味しくいただきましたよ。

いしりが出てくるところはやはり能登ですね。

個別記事の管理2014-06-07 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日から百万石まつりが始まりました。以前と違い決まった日ではなく6月の第一土曜日にメインの行事を持ってくることになっています。

今日の午後2時から行列がのらりくらりと街を練り歩きます。以前はこの出発時間ももっと早かったのですが、最近では少し遅くして終わった後金沢で宿泊しなければならないように差し向けたみたいです。

昨日は酒屋をしまうころになって太鼓の音と子供たちの声が聞こえてきました。

IMG_1628_convert_20140607112448.jpg
子供提灯行列です。大昔からやっている行事ですが、子供にしたら堂々と夜練り歩けるので楽しいものだと思います。それに太鼓の音ってどうしても心を浮き立たせますよね。

まかない婦戸締りした表戸を何度も開けて行列を見に出てみました。

直接は見ていないのですが浅野川では『友禅灯篭流し』が催されたようです。

IMG_1624_convert_20140607112303.jpg
義妹が見に行ったそうですが、今年は人手も少なくあまり盛り上がっていなかったみたいですね。

それに川の水も少なくて灯篭の流れが悪かったと言っています。

友禅作家の叔父は灯篭流しに参加したのかしら?

今日は街中にお祭りに付き物の音があふれなんとなく浮き足立っています。以前は酒屋の前を行列が行進していたのでジュースを買いに来る人やトイレを借りに来る人などで結構にぎやかでしたが、今は行列のコースから外れてしまったので少しさみしく感じています。

でも、昨日とても嬉しいことが3つもあったんですよ。

1つは交通事故に遭われ入院していらっしゃる取引先の方から電話が入り「元気ですよ。」との声を直接聞くことが出来たことです。人の命の大切さ、はかなさをつくづく感じてしまいました。

普通に生活していけることは決して当り前ではないのだとまたも思い知らされ、事故に遭われた方々の無事な便りを聞くことが出来て本当に嬉しかったです。

もう1つは5年前に当店でお酒を買ってくださったお客様が再来店され「金沢にまた来ることが有ったら絶対にこの店に来ようと思っていた。」と言ってくださったことです。ありがたくて頭が下がります。

最期の1つは当社のHPを見たことがきっかけで地酒や加賀野菜などを頻繁に買ってくださるお客様からまた注文の電話が入り、私たちのような者のことを完全に信頼してくださることが本当に嬉しく、ありがたく思いました。

この信頼を裏切ることが無いように頑張りたいと思います。

ただ、注文の電話を受けている間にファックスで同じ酒の注文が入り、そちらのお客様から先出ししなければならなくなったので、発送が来週頭にずれこんでしまいました。

お客様、このブログを見ていらっしゃったらどうぞお許しください。 ファックスのお客様の方がタッチの差で早かったのです。月曜日には発送できると思いますのでご勘弁ください。

日々の生活の中に時折訪れる幸福なひと時。それが昨日は3個もあったのです。本当に幸せな1日でした。

ただ、まかない婦の妹はぎっくり腰でありながら酒屋の仕事を続けているのでかなり辛そうです。今日は痛み止めの副作用で体調がよほど悪いらしくゾンビのような顔をして酒屋に憑りついていました。見ただけで祟りがありそうなほどの迫力です。

おとろっしゃ、おとろっしゃ・・・はっ、早く良くなるといいねっ!
* Category : イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
日常のささやかな喜びは本当に活力になりますね。実はまかない婦さんお気に入りのサンニコラのチョコ食べてみたくなり数日前に注文しちゃいました。週明け二つの幸せをゲットです。妹さんの腰痛どうぞお大事になさって下さい。くれぐれも内臓からの麻酔液で痛みの緩和はなさらないように。あっ、無理?百万石まつりでしたね・・・・。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、サンニコラのチョコレートは本当においしいです。でも見た目はあまり洗練されていません。ヌガーや焼き菓子も美味しいですよ。

妹はゾンビのようになっていましたが自宅で友人たちが集まって宴会なのだと昨日言っていました。妹の旦那は宴会命の人。妹より宴会優先は当たり前でしょう。週明け少しは回復して出社してくれると嬉しいのですが・・・

個別記事の管理2014-06-06 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

金沢は昨日梅雨入りしましたが、今日は曇り空ではありますが金沢にしてはまずまずのお天気です。

さて、昨日作った主菜の評判が良かったのかお代わり用の鉢もスッカラカンになり今朝の食卓で食べてもらうものがあまりないという非常事態に陥りました。

そこで余った時に冷凍しておいた金時豆のシチューを解凍して食べてもらうことにしました。ところが・・・

DSCF4728_convert_20140606120237.jpg
これだと思うのですがこのK61って何でしょう?一瞬ハングルかとも思いましたが、まかない婦にハングルの素養はありません。意味不明の表記に我ながら戸惑ってしまいました。

でも、数時間してようやく気が付いたのです。

DSCF4726_convert_20140606120308.jpg
という漢字だったのです。オイオイ、自分の書いた字も読めんとはかなりやばいのではないかい?

あと数日で検診を受けることになっているのですが、それと組み合わせて脳ドックも受けることにしてあります。結果を聞くのが少し怖い気もしますが、何らか手を打たなければならないのなら早い方が良いですものね。

それにしても怖いわー。キャー!

* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-05 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

今日の午前中妹が半泣きになって3階食堂にやってきました。 「腰が痛~い。ぎっくり腰かもしれん。」

妹の話によると酒屋に大きな蜂が居座って、時々攻撃してくるので逃げ回ったり上を見上げたりしているうちに腰を痛めたのだとか・・・

来てくれと言われ酒屋に行くとなるほどかなりの大きさの蜂が店から出ようとしても出れず、入り口のガラスのところを飛び回っていました。

「あの蜂を外に出してくれ。」そう言いおいて妹はペインクリニックに向かいました。

・・・蜂を出せと言ってもどうやって?ヘタに追い回したりしたら凶暴化するのでは・・・そんでもって攻撃されるのも困ります。

とりあえずは一番上の窓も開けて出て行ってくれることを願いましたが、一向出てはいきません。困りました。毎日のことですがまかない婦は余裕のない仕事をしています。こんなところでただボーっとしていられる身分ではないのです。

困った時の母頼み。食堂に電話をかけボーっとする役を母に代わってもらうことにしました。母は嫌がっていましたが弟の社長を連れてやってきました。

この2人にボーっとする役は任せて、まかない婦は急ぎ厨房に戻り今日のお昼御飯を作ることが出来ました。

結局いろいろやっても蜂は出ていかなかったので殺虫剤をぶっかけて昇天していただいたようです。

驚いたことに蜂は1匹だけでなく他に2匹も居たそうで、全員お隠れになりました。

ああ~、良かった。蜂も居なくなったし昼食も時間内に作ることが出来ました。これも色々とサポートしてくれる母のおかげです。あっ、弟もか・・・

なんだか1人で働いているようにキリキリしてばっかのまかない婦ですが、一緒に働いている人たちがいなかったら大変な思いをしなければなりません。現に数日前体調不良で義妹が休んだ時はすっごーく大変で疲れ果ててしまいました。

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』まだまだ実っていないまかない婦でございました。
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-04 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日は中央市場がお休みなので会社も休みです。出番の社員ほんの数人のお昼御飯が終わり、今後片付けの途中です。

今日も変わらず暑いのですが皆さんの街はどうですか?何でも今日は北海道がかなり暑いようですね。おかしなことになりました。

さて、今日調理場のカウンターの上に母の書いたメモを見つけました。確か昨日2階の在庫を見てきてくれたメモ書きです。明日までに足りないものの注文を出しておかねばと手に取ったのですが・・・

DSCF4718_convert_20140604142516.jpg
・・・母よ大丈夫なのか?

右上から3番目ホットケースって何?てか、オットケース?ホットケーキミックスのことか?しかも左にも書いてあるし・・・&在庫数も違ってる。

それから上から5番目フイッシユってフィッシュか?これ魚肉ソーセージのことだよね?

次のマヨネは分かるから良いけど次のケチヤ゛プって何者なんだよ?下から3番目のせん舞ってゼンマイのことか?

そして左にまた現れたフイッシユとサト・・・

このメモ見て笑った後少し怖くなっているまかない婦です。大丈夫なのか母よ?
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-03 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

金沢は今日も暑いです。暑いところへ持ってきて今日は仕事がギッチリだったので追い詰められた獣のようになってしまいました。

前日に結構仕込をしたはずなのにあまり仕事がはかどらず昼食を作り終えたのは12時ぎりぎりだったんですよ。

そんなですから、揚げ物をしているときなどキリキリになってしまい食材はひっくり返すわ、タオルかけは間違って叩き落すわで泣きたくなってしまいました。

不機嫌パワー炸裂で落ちたタオルかけを睨みつけていたまかない婦に母が厳しい声で言いました。「ヒステリーか?」

その通りですけど、何か?

タオルかけどころか本当はフリッターを作っているときフライヤーの中に自分の指を突っ込んでしまったのです。熱い、熱いと1人で騒いでいたけど、手におえない感じになっていたまかない婦は放置されていました。

まあ、ほんの一瞬だったので火傷もしませんでしたけどね。

こんな日もある、ってところです。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-02 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

金沢今日は異常に暑く、なんと33.7℃といぬう驚異の気温を叩き出しました。といっても熊谷や前橋のように暑いわけでもないので偉そうに暑かったなどと言うのはおこがましい限りです。

それでも暑さに体の慣れていない金沢人は体調を悪くする人がポツポツと見受けられます。まかない婦の妹は汗をあまり掻かないので体温調節が難しいらしく、持病の頭痛を悪化させているようです。

まかない婦は至って丈夫なたちなのでどうということもありませんが、首の後ろが「ここ冷やした方が良いですよ。」とさっきから言い立てています。

DSCF4713_convert_20140602173742.jpg
そんな訳で今日のお昼御飯は冷奴と棒棒鶏にしてみました。結構喜んでもらえたと思うのですが、あまりお代わりする人はいなかったようです。やはり少し食欲が落ちてきているのか、それとも今月が健康診断の月だからかどちらかでしようか?

まかない婦2年ほど前にインフルエンザで体重が数キロ落ちてからどうやらこうやらその体重を維持してきたのですが、ここへきて急にまた太り始めました。検診を前にして太り始めるとはさすがひねくれ者の私らしいと呆れています。

特に腹がパンパンで時々『腫れているのかしら?』と触ってみるのですが、腫れではなくデブリのようです。これではメタボ検診にひっかかるのではないかとびくびくしながら食べ続けています。

美味しいものでパンパンになったこのお腹、どうやったら少し小さくなるのかしら?

運動?いつやるの?仕事が朝の6時前から夜7時半くらいで、夜中から働いている社員のいる会社の一角でひっそりと暮らしている身では難しい話です。

食事制限?朝はヨーグルトと半切れのトースト、昼海苔巻一本、夜だけいっぱい食べるけど野菜中心の食生活でも太り続ける燃費の良さ!このエコ体質をフォルクスワーゲンなみにするのは難しい話です。

そんな訳で検診まで10日を切った今の状態、せめてこれ以上腹が腫れねば良いがと思いながらも痩せることは無理かもと思ってしまっている情けない管理栄養士です。

自分の体も管理できずに何を管理するつもりなんだか・・・

* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-06-01 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日まかない婦は栄養士会の総会に出かけていたので時間が無くかなり厳しい一日でした。しかも月末だったので更に訳が悪かったです。

それでも出かけて行った甲斐があったと思ったのは記念講演の『食事摂取基準(総論) 専門職の職業倫理』の内容が素晴らしく、久しぶりに頭の中に知識が流れ込む音を聞いたような気がしました。

そうでした、まかない婦も昔は勉強していろいろなことを知るのが大好きだったのです。

ですが一瞬昔に戻った頭脳のひらめきも今ははかなく、凡庸で怠惰ないつものまかない婦に戻っています。

さて実は昨日はまかない婦の祖父結蔵の70回忌でした。このことを知らせてくださったのは遠い親戚の方です。母にとっては従姉妹に当たるその方が知らせて下さらなければまったく気づくことすらなかったことです。

DSCF4711_convert_20140601141441.jpg
母に頼まれて大の酒好きだったという祖父のためにとっておきの日本酒をお供えしました。萬歳楽の『大吟醸古酒 白山』です。

そして昨日はまた友禅作家の叔父と3人で食事に出かけました。最初の乾杯は乾杯ではなく「献杯!」 の一声で始まりました。

昨日行ったお店はいちば館2階の口福さんです。珍しく店内は満席ではありませんでした。

IMG_1596_convert_20140601131638.jpg
付き出しのホタルイカのピリ辛煮です。先日くすの樹さんでも同じような突出しが出ていました。ホタルイカの時期は意外に長いのですが、買うお客の方が飽きてしまうので次第に売れなくなると魚屋さんに聞いたことがあります。確かに季節は春から梅雨に差し掛かっていますよね。

IMG_1598_convert_20140601131706.jpg
最初に梅貝のお刺身が出てきました。とっても活きが良くて美味しかったです。刺身のつまの大根のけんも手作りです。そんなところにお店のやる気が見えますよね。

IMG_1600_convert_20140601131737.jpg
のどぐろ(全国的には赤ムツ)のお刺身は脂がのってトロリとしています。

IMG_1602_convert_20140601131813.jpg
ジュンサイと生ウニの酢の物です。前日に食べた地物のジュンサイと比べてイマイチだと母が言うのでお店の人に聞こえやしないかとまかない婦はドギマギしてしまいました。しかも母はトマトが嫌い、叔父は雲丹が苦手ときています。それなりに美味しかったよ、ホントに。

IMG_1610_convert_20140601131937 - コピー
ガスエビのお刺身です。叔父はどうやらガスエビが好きみたい?でもいつも行くお寿司屋さんではガスエビは見たことないですね。すぐに鮮度が落ちてしまう厄介な食材の1つです。これは鮮度バッチリでしたよ。

IMG_1608_convert_20140601131906 - コピー
珍味の盛り合わせも頼んでみました。長芋のコノワタ和え、クルミと何かの佃煮(ごりかな?)、へしこ(魚の糠漬け)と大根おろし、ホタルイカの沖漬けです。どれも旨くて酒がすすみます。ちなみにお酒は手取川さんの大吟醸吉田蔵です。

IMG_1605_convert_20140601131839 - コピー
来店したら必ず食べるジャコと根菜の温玉サラダです。パリパリに揚がった牛蒡が香ばしくてまかない婦とその母のお気に入りです。

IMG_1614_convert_20140601141148 - コピー
蚕豆の塩焼きです。自宅でも時々まねっこして作っています。

IMG_1612_convert_20140601132006 - コピー
母の大好物加賀蓮根のハス蒸しです。思ったより簡単に作れるので自宅でも時々作っています。

IMG_1616_convert_20140601141220.jpg
フグの白子の焼き物です。

確かこの後もう一度珍味の盛り合わせをいただきました。

IMG_1617_convert_20140601141248.jpg
〆の冷たい茶蕎麦です。あまり覚えていないのですがいつもおいしいです。

というわけで70回忌の記念食事会?は終わりました。叔父はどうやらくすの樹さんに行きたかったようです。ゴメンネ、次はくすの樹さんにしようね。でも口福さんも食事は美味しいよ。飽きないようにいろんなお店に行けば楽しいぞ。

近所にもお店は続々と出来てきています。楽しいこといっぱいしようね。
* Category : 外食
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
そら豆の塩焼きは知りませんでした。家でできそうです。いつもさやをむき塩茹でのワンパターンでした。それからスーパーでジュンサイをみつけました。能登産と比べてみたいものです。まかない婦さんのお陰で気が重い毎日の食支度にちょっとした楽しみができました。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、蚕豆を目の前で焼きながら食べると楽しいと思いますよ。

そしてジュンサイなのですが天然物は絶滅危惧種に指定されているようで、生産者の名前も分かっているトレーサビリティーのしっかりした品物だと思っていたのですが心配なので今調べています。

そちらではのどぐろや赤イカなどは売っていますか?故郷の味は手に入るのでしようか?

今日も嫁さんが門前の出の社員から乾燥ワカメを沢山貰いました。門前の人たちはくれる量が半端ないです。e-351

* by ごえもん
柿市商店さんには門前の方がいらっしゃるのですね。(驚嬉笑!)  同郷です。私の実家の母は今も元気で趣味の野菜作りや山菜取り、山野草やのときりしまつつじで楽しんでいます。椎茸や筍も自家製、そしてなぜか乾燥わかめはいつもたくさん送ってきます(笑)。母が元気な間はせっせと頂く事にしています。それも親孝行だと。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、前に言ってなかったでしょうか?義妹の郷に当たる伯父夫婦が門前で暮らしております。とても良い人たちでいつも大量の何かを送ってきてくださいます。

社員の中に奥さんが門前の酒屋さんの娘だった方が居り、酒は亀泉が好きだそうです。こちらの方からも時々頂き物のおすそ分けが届きます。

* by ごえもん
まかない婦さん、門前情報in柿市は初耳いえ初見でした。二度びっくりです。土までもやさしい能登は人もやさしく女性は働き者と。例外のある事は我が夫が一番よく知っています。石川のお酒を取り寄せし始めた頃、「だからのん兵衛の家系は嫌だなあ~」と言った夫。今は殆ど自分が飲んでいます。しかも亡くなった父は確かにお酒大好きでしたが母は下戸です。柿市姉妹語録をお借りするなら「ハア~。ど~なっとらんけ!ゆっとくけど、のん兵衛の家系じゃないし!。しかも私が注文したお酒、勝手に全部飲まんといてま。」と言いたい。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、金沢弁健在ですね。でもやっぱり門前の方言とは少し違うみたいで、以前門前出身の手取川の杜氏さんと飲んだ時言葉が分からないところが結構ありました。

さほども離れてはいないのに不思議ですね。