個別記事の管理2014-05-31 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は早速初物のジュンサイを茹でて至福のひと時を過ごしました。

DSCF4683_convert_20140531114059.jpg
ザルに取った地物のジュンサイです。天然物のジュンサイはゼリー部分が栽培物の2倍ほどのボリュームだそうですが、実際にお目にかけられないのが残念です。

DSCF4693_convert_20140531114155.jpg
茹でて鉢に入れたジュンサイをお玉ですくってみました。プルプル感が伝わるかしら?

DSCF4696_convert_20140531114220.jpg
ジュンサイだけを小鉢に入れた写真です。

DSCF4703_convert_20140531114247.jpg
ポン酢を少し垂らしてみました。透明なところはすべてジュンサイのゼリー部分です。

DSCF4692_convert_20140531114123.jpg
昨晩のまかない婦宅の夕食です。メインはステーキのはずだったのがジュンサイに主役の座を奪われてしまいました。

サラダはパパイヤとスナップエンドウ、ブリックスナインというフルーツトマトです。ほうれん草の納豆和えは作ったものの完全に無視されていました。右奥の赤っぽいものはハジカミという魚料理などに添えられる筆生姜の削りかすを酢の物にしたものです。

味付けしていないジュンサイにこれを少し混ぜ込んだだけで味付けせずに食べたものが最高に旨かったです。

無茶苦茶高い地物のジュンサイですが、頂くことで小さな幸せを感じます。昨晩は本当に堪能いたしました。 まさに自然からの頂き物ですね。
スポンサーサイト
* Category : 食べ物
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
「じゅんさい」はあまり食べる事がないのですが、まかない婦さんがどれだけお好きなのかが伝わってきます。もしどこかで見かけたら食べてみようと思います。因みに昨日のお飲み物はどなた?

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、このジュンサイが県外に出回るとは考えにくいです。

ジュンサイは本来細かいものの方が高いのですが、こればかりは別格のようです。

ジュンサイのお供の酒は相性が良くなかったかもしれません。何せステーキに合わせて購入したものです。物はチリのコノスルというメーカーのシラーというブドウの品種で20バレルという格です。ですから名前は「コノスル シラー 20バレル」です。

ジュンサイとは合わなかったけどなかなかにおいしい赤ワインでした。

じゅんさい * by いぬこ
まかない婦さん、いぬこは一度だけじゅんさいを食べたことがあります。美味しくはなかったです。
今思えば、価格も安かったので、養殖ものとか、そういうものだったのでしょうね。
まかない婦さんが、讃歌しているので、じゅんさいを調べてみました。
水草だったのですね。昆布のような、どろどろ感が、謎の生物でした。
調べたときに、日本のほとんどの県が、絶滅危惧植物になっておりました。
まかない婦さんのは、天然ものとありましたが、絶滅危惧植物を食べられるんですか?

Re: じゅんさい * by まかない婦
いぬこさん、絶滅危惧種とは知りませんでした。どうなっているのかは分かりませんが、生産者の名前入りで出荷されているところを見ると怪しい品でもないようです。

ですが心配なのでうちの社長に聞いてみることにします。

個別記事の管理2014-05-30 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日はちょっとへこんでいます。

怒涛のように押し寄せるヘタレ野菜との戦いに白旗を上げざるを得ないようです。三箱分ほど渡された大根がようやく残り一箱になり軽く戦いに勝ったような気がしていたのですが、ついさっきまた三箱渡されました。

おでん、炒め煮、大根おろしと頑張ってきましたが所詮40人弱の従食で4箱もの大根を消費できるはずが無いような気がしています。

これでもレタスは連続で15個ほどは使ったし、新玉ねぎは二箱使い切りました。今現在レタスは追加で一箱渡され、新玉ねぎはさっき20個ほど一階から上がってきていました。

パパイアは10個以上ありましたが、デザート用に切って出してもほとんどだれも食べないので潰しに回す予定です。シチューやカレーのベースにします。

使っても使っても渡されるヘタレ野菜・・・すでにまかない婦のキャパを超えた量です。まかない婦より先に悲鳴を上げているのは冷蔵庫の野菜室です。家庭用の特大冷蔵庫を2台使っているのですが、野菜室がヘタレ野菜の重みで割れ始めています。

重いものはもう一台の冷蔵庫に入れるようにしているのですが、そんなことばかりしていると当然もう一台の方にも支障が出てくるはずです。

どうしたらよいのでしょうか?競馬場のお馬さんにでも食べていただこうかしら?レタスなんかはただで何箱もいただいたときには競馬場に持って行っているようです。

明日担当者に聞いてみることにします。

さて、ちょっと嬉しいこともありました。

DSCF4680_convert_20140530171058.jpg
ジャーン!待ちかねていた地物のジュンサイが初入荷してきました。右の大きな方が能登の宝達町の沼で採れた天然物のジュンサイです。左の方は比較するために並べてみたものですが、ゼリー部分の大きさが全く違うと思います。天然物の袋の中で水のように見えているのはほとんどゼリー部分です。

500gで売値が3500円位と異常に高いのですが、食べると幸せを感じることのできる貴重な食材です。

今年はまかない婦の大好物『石崎のトリ貝』が禁漁になってしまっているので少しさみしい思いをしていましたが、その分をこのジュンサイで取り戻したいと思っています。

調理した後のジュンサイは多分明日アップします。このジュンサイ食べる直前に茹でないと色が悪くなってしまい値半減なので先に調理するわけにはいかないのです。

でもまかない婦の写真でこの食材の素晴らしさが伝わるかしら?自信が無いけどとりあえず今晩トライしてみますね。

それではまた明日。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-29 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

金沢今日は昨日より暑いのではないでしょうか?まかない婦頭の地肌まで汗をかいています。もともと髪が薄いのにこれでは余計ぺちゃんこになって哀れな有様になりそうです。

さて、さっき酒屋に来たらまかない婦の妹がやや興奮した様子でまかない婦に話しかけてきました。

当社酒部に最近HPを見て酒や野菜の注文をして下さるようになったお客様がいらっしゃいます。その方注文されるときや商品が届いたときにFAXでお便りを下さるのです。最初は返事を出していたらしい我が妹ですが、最近はそれが出来ていないようです。

いえ、書いてはいるみたいなのですが書くとほとんどがまかない婦に対する不満になるので、さすがにこれはまずいと書いた返事を破棄しているらしいです。

今日も書いていたら2枚目に突入しそうになり読み返すと全てまかない婦に対する苦情だったので自制したようです。

我が妹はまかない婦をギロリと光る目でねめつけながら「本当は2枚どころか小説が書けそうなくらいや。」と言い捨てて何処かへ行ってしまいました。

小説でも何でも書けば?

随分と不満が溜っているようです。

そう言えば今日、当社のある社員が義妹に血圧を測ってもらっていました。義妹は元ナースだったのでいろいろと役に立つ人です。

計ってみると高血圧であることが判明したようです。
社「俺結婚してから体調悪いげんて。嫁の奴俺に一服盛っとるんじゃないかな?」
義「高血圧になる毒なんてあんまり無いやろう、塩ぐらいやわ。あんたしょっぱい料理食べさせられとるんけ?」思い当たる節も無いようで首をかしげる社員君です。

実はまかない婦なら徐々に人を不健康にすることが出来ると思います。栄養士と結婚されている皆様、どうぞお気を付けあそばせフフフ

しかし社員に対しては別に何をした覚えもありません。妹はまかない婦のことを『デブ製造機』と言いますが、デブったのはごく一部の人たちだけです。ただ、天かす丼だけは体に悪いかなぁ?と思いながらも作っちゃっています。

社員の話に戻します。

実はこの社員結婚してしばらくして会社で不満をぶちまけていました。「ワシの稼いだ給料なんに、自由にならんがが腹立つ!」と言っていました。う~ん、それは仕方がないことでしょうね。嫌なら結婚しなきゃ良かったわけです。

同じような話を取引先の方がしていたのを思い出しました。こちらはまだ結婚前・・・イヤイヤ前途多難な感じですか・・・

皆様いろいろと不満があるようですね。(~_~;) 頑張ってくださいませ・・・
* Category : 家族
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
柿市食堂は食べる人の好みや持病も考慮された野菜たっぷりメニューで社員の皆さんは幸せですね。       おまけにカウンセリングルームの役目も担ってすごいです!ストレスのガス抜きは大切ですよね。
自分流の抜き方見つけましょ!

個別記事の管理2014-05-28 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日金沢は気温がグーンと上がり、30℃ちかくまでなっているようです。室内にいるとあまり分かりにくいのですが、車を運転している社員たちは暑いと言っているそうです。

さて、昨日まかない婦の妹が出勤してきて「ケーブルテレビの番組ガイドの表紙に柿市載っとるじ?」と聞いてきました。何でうちがそんなもんに載るかね?聞いてみると『のとてまり』の写真だというのです。のとてまりって1月か2月だよ、激しく時期がずれているんですけど・・・?しかものとてまりをのせている手はわが母の手だと・・・

「すぐにわかったわ、がっ潰れた親指と数珠ブレスレットで。」その写真には覚えがあります。のとてまりの写真を撮るのに母に持ってもらい写真を撮ったのはまかない婦です。

DSCF4673_convert_20140528134405.jpg
これがその雑誌です。妹の話では表紙一面当社の写真かと思ったのですが隅っこのほんの小さな写真です。

DSCF4674_convert_20140528134431.jpg
念のため拡大しておきます。そんな人も居なかろうが万が一見たいと思う人が居るかもしれないので・・・ やっぱ居ないか・・・ 

そうじゃないかと思っていましたが、最近「金沢楽座」という通販の会社から「のとてまり」で参加してくれないかとのオファーがあり2月の旬の時期に担当して受けることにしたのです。そのためまかない婦が撮りためた写真の中から何点か送りました。

みなさん来年の2月はのとてまりよろしくねっ。

とりあえずはお中元用にも何か用意してくれと言われてはいるようです。何が良いかしら?地酒と加賀野菜のセットでも良いかもね。でも野菜って値段の変動が激しいから価格の設定が難しそうですね。

まあ、何でも可能性のある事はトライしてみなければ始まりません。夏は加賀野菜の種類も豊富な時期ですからアイテムに困ることはないと思うので。でも、誰が担当するんだろう?やっぱ、ギフト部門の人たちかな?
* Category : 柿市商店
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
「のとてまり」の記事でこちらのブログにたどりつきました。ある意味のとてまりは恩人?です(笑)。能登も頑張っていますね。  来年の新幹線開通とNHKの連ドラで「石川県」が相当賑やかになる事でしょう。柿市商店さんもお忙しくなりますね。今日無事商品が届きました。ありがとうございました。これでしばらく又楽しめそうです。次回用にまかない婦さんのお薦めの二本キープ願いますね。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、キープは承りました。

能登は最近本当に頑張っております。加賀野菜に対抗して能登野菜と銘打ちいろいろな野菜を出荷しています。

特に椎茸は本当にすごいです。まかない婦の一番のお勧めは椎茸をメインにした治部煮です。煮汁の浸みた巨大椎茸の食感は他にはないものです。もうそろそろ能登の沼で採れる見事なジュンサイが出てくると思います。まかない婦もこのジュンサイは楽しみにしています。

ジュンサイが出たらHPやブログには必ず載せると思うのでご期待ください。

ではではv-422

個別記事の管理2014-05-27 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日は義妹が出勤してきてくれたのでいつも通りにブログを書く仕事も出来ています。やはり3人でやっている仕事を2人でやるのはきついです。

昨日特に厳しかったのは米炊き当番の義妹が休んだので追加で米を炊くのをすっかり忘れていて大変な目に遭ったことです。とりあえず自宅の非常用持ち出し袋の中からパックのお米を4つ使い、更に近くのスーパーに飯を買いに走りました。 フー、疲れたよ・・・

さて、今日のお話は今朝の当社食堂で盛り上がっていた子供の頃の給食の話です。

A「脱脂粉乳って人間の食うもんじゃないぞ!豚のえさや!」脱脂粉乳によほどの恨みがあるらしくAさんのっけからヒートアップしています。
B「へー、そうなんですか?」
A「そやけどそれのおかげで戦後のワシら栄養失調にならんで済んだがや。」えっ、戦後って・・・確かAさんまかない婦より年下だよね?戦後ってのはおかしかないか?
A「戦後なんやて!」そっ、そうですか・・・そう言えばまかない婦も思い出しました。特にまずいとも思わなかったけどアルマイトという金属製のお椀に注がれた脱脂粉乳の表面に湯葉のような幕が張っていたのを。
A「それとぉ~、サラダの中にミカンの缶詰やリンゴの入っとるやつ、何ねんて!おかずに甘いもん入れんといてほしいわ!」

確かにまかない婦も大嫌いでした。スパゲティにミカンの缶詰とレーズンの入っている奴、昔は給食を全部食べ終わるまで勘弁してもらえなかったので午後の授業が始まっても半泣きになりながらミカンの缶詰と格闘していました。

あれって限りなく拷問に近いしつけですよね。子供って食に関しては結構保守的なものですから普段の食習慣にない食べ物は受け入れがたいんですよ。

さらにAさんは言います。
A「礼子がよーゆうとるけど、墓参りに行く度に田舎の親戚で出てくるあれ!」
すぐにわかりました。ソーメンにミカンの缶詰とチェリーの缶詰の入ったおもてなしの料理です。Aさんは妹の旦那なんですわ。

ミカンの缶詰だけでも限りなく拷問に近いのに、チェリーまで・・・ 受け入れがたい味ですが、相手がもてなし心で出してくれているのは子供ながらに分かっていたので四苦八苦しながら食べましたが、とても全部は食べられませんでした。

結果母が3人の子供の残した甘いソーメンを決死の覚悟で食べていたのです。母よすまん。 でも、あれでも精一杯善戦した結果なんだよ・・・

あー、久しぶりに昔の給食思い出しましたよ。でも給食で出されていた食パンって全然おいしくなかったような気がします。ランドセルの中でミイラ化した食パンの残骸が層を作っていました。

今、あれほどまずいパンがあるのかな?パン屋さんで買うパンはどれも美味しくてついついガツガツ食べちゃうけど給食のパンをガツガツ食べた覚えは一向にありません。

どちらにしても大昔のお話です。

あのねっ、当社には大昔の話が通じる社員がいっぱいいるんですよ。楽しいわ~ウヒヒ
* Category : 昔話
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-26 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は予定通りの一日を過ごしました。休日出番の人たちの昼ご飯が終わり、後片付けを済まして墓参りに出かけ、その後片町の真美堂さんへ行きグラスを買いました。その後はいつものリラックスタイム、東急ホテルのラウンジでカクテルとチーズのひと時です。

後は少し酔ったまま近くのデパートの『うまいものいち』をひやかしショウロンパオや出汁巻き卵などを買い求め自宅に戻りました。

毎月月末には墓参りに行くことにしています。亡き父と祖母の墓参りです。当家の墓の隣に友禅作家の叔父の家の墓があり、中には叔父の連れ合いであった優しい叔母が1人で眠っています。

昨日お参りをしながらまかない婦は叔母に話しかけました。「ねえ玲子さん、最近私たち叔父さんと一緒にしょっちゅうご飯食べに行ってるんだよ。」

優しかった叔母の笑顔が見えた気がします。誰にも優しく朗らかな人でした。

墓参りを済ますと、ぶらぶらと歩いて帰ります。菩提寺のそばに住む人たちは玄関先に植木鉢を並べている人たちが多いのです。それを見ながら歩くのが結構楽しいんですよ。

IMG_1588_convert_20140526130521.jpg
昨日はツツジやパンジー、鉄仙なんかが多かったかな?あと変わったモミジも何軒かの家でお見受けしました。このお宅のツツジがかなり見事でしたね。花ではなく枝振りですけど。

IMG_1592_convert_20140526130645.jpg
真美堂さんで買ったのはグラッバ用のグラスです。まかない婦少し違ったグラスをイメージしていました。でも頂いたグラスの大メーカー『リーデル』さんのカタログにはまさしくこの形のグラスが載っていました。でもこの大きさちょっと大きすぎませんか?もう少し小振りでも良いような・・・ これじゃちょっと飲み過ぎちゃうかも?

IMG_1590_convert_20140526130550.jpg
だってすでに東急ホテルのラウンジでマティーニを一杯飲んじゃってます。毎回微妙に変わるチーズの盛り合わせがお供です。ローストビーフサンドイッチやクロックマダムも美味しそうだったけどそれ食べたら夕ご飯が食べられなくなりそうだったのでいつものチーズにしました。今回はミモレットが妙に分厚く切ってあったのが気になりました。ヤングミモレットだったのかしら・・・?それとも大盤振る舞い?

このホテルのラウンジに通いだしてもう15年以上になりますが、昨日初めてフロアの男性スタッフの人に話しかけられました。リーデルの巨大なカタログをテーブルに広げて見ていたからです。少し打ち解けてくださるまで15年以上かかったということでしょうか?物堅いことでホテルマンとしては素晴らしいのかもしれませんね。

女性スタッフの方たちは何人か顔見知りになり親しく声をかけてくださっています。そんな小さなことも何となく嬉しいものです。

家に帰って軽めの食事を摂り、神泉の純米大吟醸のしぼりたてをいただきました。まかない婦の知っている限りでは春先の大吟醸の初しぼり(180ml)と同じものを出しているのはここだけのような気がします。大吟醸酒のしぼりたてって本当に貴重品です。

母と2人美味しくいただきました。さて、今晩は何を飲もうかしら?おかずはホタテのマリネとほうれん草の納豆和え、鶏手羽元とコンニャクの炊き合わせの予定です。やっぱり日本酒かしら・・・
* Category : 日常生活
* Comment : (6) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
大吟醸のしぼりたて、まだ求められるのですか?

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、180mlのキャンペーン品は完売しました。でも、神泉という蔵元の純米大吟醸しぼりたてという商品があって、それは180mlの神泉さんのキャンペーン品と同じ味です。

この蔵はもともと大吟醸のしぼりたてを商品化している希少な蔵です。

あと、今日案内があったのですが手取川さんが鑑評会で優秀賞を受賞した大吟醸の生酒が近々発売されます。このお酒杜氏さんと飲みに行ったとき頂いてとてもおいしかったので物が同じなら超お勧めですが、3000円以上していたと思います。

ただ、今回オーダーしていただいたお酒はもう当店からごえもんさん宅へ向かっています。もしご要望があれば次回オーダーにお答えできます。

当店は神泉さんの季節商品を高く評価しているので、「もうありません。」と言われるまで注文をかけるしつこい酒屋です。気になったらまたお声をおかけください。確か2100円ぐらいの値段だったような気がします。

ではではv-422

グラッパ * by いぬこ
まかない婦さんこんにちは。
グラッパ買ったのですね?
どうです?
グラスですが、いぬこもリーデルのグラスをネットで(この辺にはそんな洒落たもの売ってないので)見たとき、なんだか大きいような気がしました。
そこで、グラス付のを買ってみました。
形は鈴蘭の花みたいな感じのものです。
すっかり魅了されて、またまた、次は何を飲もうか?
あれこれ検索中。
いぬこには分不相応だと思いながら、また買ってしまうんだね。
あの、度数からは想像できないまろやかさが、いかんです!

Re: グラッパ * by まかない婦
いぬこさん、まかない婦もそのような形のグラスを想像していました。

現にグラスを買ったお店のご主人が近くのこだわりのバーをやっている人たちが買い求めているのはそのタイプのグラスだとおっしゃっていました。

ですがまかない婦リーデルさんに敬意を払いあのグラスを買ったのです。

グラスはともかくとしてグラッバはすごく良い香りですね。箱を開けたとたんに香ったので驚きました。まだ一本目なので何とも言えませんが、もう一本仕入れたのはマスカットが原材料のようです。ただこちらは3000円代なのでおかしいなと思っていたら裏に製菓用と書いてあったのでちょっとがっかりしてしまいました。

カタログには製菓用だなんて書いてなかったのに・・・

グラッパ * by いぬこ
まかない婦さん、製菓用と書いてあるのは、
作るプロセスで、発生するメタノールの含有量の問題だそうです。
日本の基準を超えると、日本では法律上、製菓用と書かなければいけないそうですよ。

Re: グラッパ * by まかない婦
いぬこさん、そうなんですか?

まかない婦酒屋で働いているのに全く知りませんでした。ラベルは美しいのにどうなってんだと思いましたよ。

偏見抜きで飲んでみることにします。教えてくださってありがとうございます。e-466

個別記事の管理2014-05-25 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

最近当社の社員で結構頻繁に赤ワインを買っていく人が居ます。当社のワイン仕入れ担当はまかない婦なのでお勧めのワインが勧めるままに買われ、翌日の批評もかなり良い状態が続いているので気を良くしています。

まかない婦の求めているワインは美味しくてさほど高くなく、出来ればスクリューキャップの物です。コルクの方が高級感はありますがやはりめんどうですよね。

しかも開けてもらったコルクが途中で割れて取れなくなったり、ワインの中にコルクのカスが入ってしまったりすると深刻な喧嘩になりかねません。  まかない婦心の広い人間ではありませんので・・・

昨日のまかない婦宅の食卓でも赤ワインが登場しました。おかずがホタテのマリネと鶏腿肉のソテーだったのでワインにしてみました。

銘柄はチリのコノスルというメーカーのシラー・レゼルバで1300円程の赤ワインです。なかなかにおいしかったですよ。特にシラーというぶどうから作られるワインはまかない婦の好みの味のものが多いです。

このチリのコノスルという会社のワインは本当においしいです。特に好きなのはマルベック・ヴァラエタルという1000円程の赤ワインとゲギュルツ・トラミネール・レゼルヴァという1300円程の白ワインです。

ゲギュルツ・トラミネールだったらフランスのトリンバック社の物がとても好きなのですがこちらは3000円以上します。高くても美味しいから時々買いますけどね。

他にもスペインのビネルヒャ社のワインやアメリカのビックハウスという銘柄のワインもお気に入りです。あとはオーストラリアのドック・リッジやスペインのボルサオ社の赤ワインも良いですね。

ねっ、日本酒ばっかじゃなくってワインも飲んでますよ。ただ、ワインを飲むとコメントをを書けと厳しい妹に命令されているのでただ楽しんで飲めないところがちょっと辛いところです。

さて、今日はこれから墓参りに行き、帰りにグラッバのグラスを買ってくるつもりです。そのグラスで飲めば旨いグラッバが更に旨くなるだろうと今から期待しています。ではではまた明日
* Category :
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
お酒以外のお話かと思い読み終えた私は??。すぐにひとりでウケてしまいました。お題目の「酒」とは「日本酒」の事なのですね。

* by まかない婦
ごえもんさん、そうなんです。

ちょっとしたトリック? 書いた後まかない婦もそのおかしさには気づいていました。でも、まっ、いいか。てことで載せちまったわけです。v-290

個別記事の管理2014-05-24 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日当社のお昼御飯はカレーシチューと新玉ねぎのサラダでした。

どちらも割と評判が良かったようで、てんこ盛りにして食べている社員が結構居ました。

IMG_1584_convert_20140524134014.jpg
こんな感じですか・・・

しかもこれがアラフィフの人たちです。人たちと言っているところでお分かりだと思いますが1人ではありません。

ニッコニコのいい笑顔でてんこ盛りのお昼ご飯を食べていました。

50才前後ということはそろそろ食欲も下り坂にもなりそうに思いますが、さすが柿市商店獣の国、老いてますます盛んとお見受けしました。まあ、50歳が老いているとはあまり思ってはいませんけどね。

今日金沢は爽やかに晴れ渡り珍しく良い天気です。

当社のツバメたちも1羽は巣立ち、残りの5羽も元気に巣に戻ってきていました。ここまでくればもうほぼ大丈夫でしょう。

でも、あんな小さい巣の中に6羽もの雛が居たのかと思うと驚きです。今はみんな大きくなったので巣のかかっていた蛍光灯の傘の上で並んで羽ばたきの練習をしています。すでに飛べるのですがまだちょっと心もとない感じです。

雛を見上げる社員たちは一様にほっとした顔をしています。糞がたくさん落ちてきてややご迷惑な間借り人でしたが無事に育ったことがみんな嬉しいのです。

毎年あからさまに見せつけられる小さな命の戦いがいつも勝ち戦とは限りません。雛が2度カラスにやられた年もありましたし、親鳥の片割れが死んでしまった時もありました。

カラスも生きていかねばならないのだから仕方のないことでもあるのですが、身近に息づく小さな命が奪われるのは何とも嫌なものです。

老いてますます盛んな社員たちは芽吹いたばかりの命も大切に思ってくれているようです。

ツバメが来る家は栄えるといいます。毎年二組ほどのツバメが子育てをしますがまかない婦の父が亡くなった年とその翌年、そしてまかない婦の母がガンで入院した年はツバメはやってきましたが巣作りはせずよそへ行ってしまいました。

この家不吉だわ!と感じるのでしようかね?

とりあえず今年はまがまがしきことはないようです。ですよねっ、ツバメ君?

* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-23 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

もう月末なので来月のホームページ用に料理を作りました。取り上げた素材は加賀野菜のヘタ紫ナス、取り合わせたお酒は農口酒造さんの純米大吟醸無濾過生原酒です。

DSCF4652_convert_20140523164302.jpg
出来上がった料理はこれです。赤イカ(全国的には剣先イカと呼ばれているイカです)の小イカとヘタ紫ナスの炊き合わせです。

自分で言うのもなんですが結構おいしくできました。でも昨晩は他に食べるものがたくさんあったので半分ほどしか食べられなかったのです。

一晩置けばなお味も浸みるし今晩食べようと思っていたのですが、うっかりと当社のグリズリーに見つかりまたしてもの「持って帰る!」宣言です。

何で?誰もあげるなんて言ってないよ!

今日はそれを食べる予定だったのでろくに食材を買ってきていないのに・・・

まあ、冷凍庫の中からでも何か工面するか・・・

話は変わりますが皆さんグラッバというお酒をご存知ですか?まかない婦は酒屋なのでもちろん知っていますが今まで飲んだことはなかったのです。何せこの酒かなり高いんですわ。

ですがこのブログを通して知り合った方からとても美味しいと教えていただきまかない婦も買ってみました。

IMG_1578_convert_20140522172736.jpg
とりあえず前から気になっていたルーチェという銘柄です。500mlで12000円ほどします。まかない婦が今まで手を出さなかったわけはこの値段ですよ。

しかし、この円筒形の箱の蓋を開けたとたんに高貴な香りが立ちあがりました。なるほど、教えてくださった方も香りが素晴らしいとおっしゃっていました。

これはやっぱり専用のグラスを買うべきだと思ったのですが、我慢できずにショットグラスで飲んでみました。・・・うっ、旨い

しかしこれは本当にグラスが必要です。早速日曜日に片町の真美堂さんへ行って買ってこねば

そうそう、みなさんもし金沢にいらっしゃったら是非この真美堂さんへ行ってみると良いと思います。地下のスペースのギャラリーは圧巻です。

まかない婦と母は良いグラスが欲しいときは必ずここへ伺います。今母が目を付けている逸品があるらしく、そのグラスも見に行きたいと思っていたところなので日曜日は墓参り→真美堂→東急ホテルラウンジ→マティーニとキールに決定です

ではでは皆様、また明日

* Category : 食べ物
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-22 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日あたりから当社のツバメの雛を狙ってカラスが執拗な攻撃を仕掛けています。ツバメはチュリン、チュリンと鳴いてご近所ツバメもかき集めてカラスを集団で攻撃し追い払っていますが、カラスの奴なかなかあきらめようとはしません。

そんな訳で朝から悲鳴のようなツバメの鳴き声がここ自社ビル3階の食堂にまで鳴り響いています。頑張れツバメ!まかない婦も助勢するぞ。

さて、先日義妹がこれを使ってくれと持ってきたものがあります。

IMG_1582_convert_20140522172708.jpg
これです。ふつうのひとには分からないかもしれませんがこれは膿盆というもので手術場で摘出した臓器などをのせるものです。

ま「それって、膿盆でしょ?それをどう使えっていうの?」
義「分かったけ?私とあんたぐらいにしか分からんわいね。これ新品やし。」
ま「新品やしどうやって言うが?言っとくけど食器には使わんよ。植木鉢の下にでも敷く?」
義「そんならペインクリニックの先生にでもあげるか・・・」

・・・てことは、やっぱ食器として使うつもりだったんだ・・・

と、この話はあまりにひどいと思って妹に訴えたのです。ところが妹はまかない婦の方をギロリと睨みこう言い放ちました。 「あんたも同レベや!」

へっ?何のこと?いぶかるまかない婦に妹は言います。
「あんたかって、魚や野菜の脱水シート代わりにペットのトイレシート使っとるがいね。同じやろう!」

 う~ん、なるほど、そう言われればそうかも・・・

ちょっぴり反省したまかない婦、ネット検索して安い脱水シートが無いかと探してみることにしました。そして見つけたのです。食品の脱水シート代わりにペットのトイレシートを使っている同レベの人を・・・

やっぱりこれは調理に携わる人間の共通の思いなのでは?

そこでまかない婦ユニ・チャームのHPを開いて問い合わせのところに「安くて使い勝手のいい脱水シートを作ってください。」とお願いしておきました。あの会社なら出来るはずです。一枚10円くらいでしっかり吸水してくれるシートが欲しいよ~!

そうそう、義妹は膿盆の他にもいろいろ持ってきます。

DSCF4661_convert_20140522172802.jpg
これは今日持ってきてくれた自宅に咲いていた花だそうです。これなら文句もないのですが・・・というか見事ですよね。多分シャクヤクではないかと思うのですが違うかな?こんなんばっかならいいんだけど・・・
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-21 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

金沢今日は雨が降り、またぞろうすら寒いことになっています。

さて、昨日写真を載せた当社の子ツバメのうち一番でっかい方が巣から落っこちたらしいです。

でも少しは飛べるらしく洗濯機の上や車の上などに止まって当社の社員たちを困らせています。そんな子ツバメにも親はちゃんと餌を運んでいます。

社員たちは子ツバメがカラスにやられるのではなかろうかと心配し、見守っています。

心配と言えば取引先の方が交通事故に遭ったそうでとても心配です。軽々にブログに載せる気にもなれなかったのですが・・・仕事上の付き合いだったはずなのに一緒に飲みに行ったりしているうちに自分の中では友達に近い人たちになっているようです。勿論妹も心配していますが県外で事故に遭ったそうでどう対処すればよいのかも分からずただオロオロと心配しています。

1日も早く復帰された姿を拝見できれば嬉しいのですが・・・

このブログの始まりは当社のHPの閲覧数を揚げたいと思ったところからなのですが、その前に闘病中の親戚の人たちに楽しい気分になってもらい免疫力を上げてほしいと始めた親戚閲覧メールがそもそもの元なのです。

よく母に「おかしなことばかり書かないように。」と注意されてはいますが、むしろおかしなことしか書かないようにしているつもりです。笑って楽しい気分になってもらいたいのです。それがこのブログの芯なのですから。

そのおかしなことですが、やっと取引の始まった農口酒造さんとのことを昨日のブログに書きました。

その中で仕入れに送料がかかるのが辛いので、引き取りに行けばどうかという話になったのですが、わが妹まかない婦に向かって「おめーが取りに行けや!」と言うのです。

免許の無いまかない婦がどうやって取りに行けばよいのかと問うと「おめーの三輪車で取りに行って来い!」と言うのですが、残念ながらまかない婦の三輪車はパンクどころかタイヤのチューブがダメになっていて使用不可能状態です。

すると「リヤカー引いて行って来い!」と言うのです。直線距離ですら20kmを超えるだろうこの道のりをリヤカー引いていく自分の姿をちょっと想像してしまいました。

全くこの妹対外的にはいつもヘナチョコのくせに身内に対してはきつく当たります。外にへなへなしている分、内には全力でガブリ付いてくる野生の獣です。

中道とかほどほどといったこととはおよそ遠いところに生息する野生の獣ですか・・・

* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-20 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の夕方待望の農口酒造さんのお酒が入荷しました。

ここに至るまでの道のりの長かったことと言ったら・・・

まず、普通に電話で問い合わせをしたところ酒屋だということが信用されずけんもほろろの扱いを受け、電話をした妹の心はボッキリと折れてしまったそうです。このまま縁が無かったと諦めようかと思っていたのですが、お得意先様からの問い合わせを受け、まだ心の折れていないまかない婦が問い合わせをすることにしてみました。

まかない婦の電話の応対に出られた方は普通の方だったので心折れることもなく、お取引に至る道がようやく見えました。

酒屋であることの証明書をファックスで送るとそこから先はするするとことが進み、昨日ようやくお酒が入荷してきたのです。

IMG_1573_convert_20140520142943.jpg
当店の冷蔵庫内に並べた純米大吟醸の無濾過生原酒と本醸造の無濾過生原酒です。

ただ仕入れする窓口が今のところ代金引換の宅急便のみの扱いなので仕入れに送料がかかるのがちょっと辛いところですが、色々交渉しようとするとせっかく開いた門戸がまた閉じられてしまう恐れがあるので今のところはこのままやっていこうかと思っています。

お酒自体は飲みに行った先で何度かいただいたので美味しいことはわかっています。その点当店では特に大事なところです。

この件1つとっても世の中はなかなか思うようには参りません。

当社に毎年巣をかけて子育てしているツバメの雛を狙って最近カラスが度々訪れています。

IMG_1577_convert_20140520143012.jpg
後ほんの少しで巣立ちの出来そうなところまで大きくなった雛が何とか無事に当社から巣立てるように、社長自らシャッターをあけたり閉めたりしてカラスの攻撃から守ろうとしています。

思うようにならぬ世の中とは言えこればっかりは叶いますようにと皆で願っています。
* Category : 酒屋のお仕事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
農口酒造さんとは石川の蔵元なのですね。地産地消文化情報誌「能登」の冬号vol.14に能登の地酒特集がありました。実は2月に読んだ時この記事をスルーしました。今この特集をとても楽しく読んでいます。人間変われば変わるもの。柿市商店酒部様のお陰です。これからも美味しい石川のお酒をたくさん教えて下さいね。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、農口酒造さんはこの春から出荷の始まった新しい蔵元です。ですが酒造りのリーダーである杜氏さんは日本でも有数の農口杜氏ですのでお酒は大変な人気です。

ただ、蔵を立ち上げた方が酒造りとは遠い仕事をしてこられた方なので、まだうまく歯車がかみ合いません。てか、かなり大変です。

でも、お酒は美味しいですよ。農口杜氏は80才を超えておられるのですがお元気なようです。杜氏さんとても良い方なんですよ。けどあの社長さんは・・・

個別記事の管理2014-05-19 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

一昨日に引き続き昨日も外食です。昨日は妹家族と一緒に行きました。総勢6人です

実はゴールデンウイークにキャンプに行きそびれた甥を誘ってお寿司を食べに行ったと聞いて姪が泣いていたと聞いて、今度は寿司を食べに連れて行ってやろうと母と話していたのです。

そんな訳で近所のダイエー跡に出来た『かなざわはこまち』の中にあるすし居酒屋の『花より魚』というお店に行ってみました。

イス席とお座敷があったのですが、眺めの良い窓際の座敷席に案内されちょっとうれしい気がしたのはほんの一瞬でした。とにかく6人で座るにはスペースが小さすぎるのと、普通の座敷なので足の置き場がなく体育座りをするか足を投げ出すしかないのです。正座するのもテーブルの高さから考えると適切ではありません。

でも食べ物はどれも結構おいしかったし、値段もほどほどでファミリーで使うには良い店のような気がしました。肉も魚も寿司もサラダもあって子供も大人もそれなりに楽しめます。

では、食べた料理をご披露します。

IMG_1562_convert_20140519120301.jpg
まず、1人にひとつずつこの付き出しが出ました。見たときはウワーっと気分が上がりましたが食べてみると3つとも既製品だと分かったのでちょっとがっかりしてしまいました。とりあえず、白エビと蓮根の酢の物、筍の煮物、ひじきです。

IMG_1563_convert_20140519120327.jpg
次にたたき胡瓜とシーザーサラダが来ました。サラダの皿が巨大で付き出しを食べ終わり食器を返してからでないとテーブルにのせられません。この2品は美味しかったです。大皿も織部焼きのようで料理も映えますね。

ただ、ついていた竹箸が骨拾いのときの箸のようだと義弟が言っておりました。法事や不祝儀の多い今日この頃です。

IMG_1565_convert_20140519120351.jpg
姪の好物カキフライです。

IMG_1570_convert_20140519120457.jpg
エビマヨです。エビがでっかくて食べ応えがありました。

IMG_1567_convert_20140519120416.jpg
またしても大皿に乗って出てきたのは天ぷらの盛り合わせです。サーモンやしし唐、金時草、かぼちゃ、海老でしょうか?添えられた岩塩の粒が大きすぎて天ぷらに付きません。減塩効果バッチリです。

IMG_1571_convert_20140519120521.jpg
カニみそとカニのむき身の巻きずしです。不味くはありませんがサニーレタスは合わないような気がしました。

この他にも握りずしをいろいろ頼んで食べました。寿司にはちとうるさい金沢人ですが、けっこういけていました。ただ、日本酒の品ぞろえがちょっとがっかりだったのでこの日はシャブリで寿司を食っちゃったわけです。

それから串焼きの肉も食べたのですが写真を撮る前に物が消えてしまいました。肉の消費は素早いです。

う~ん、食べ物の味は悪くないのですが何せ席が狭くて窮屈でしたね。座敷席の方には私たちしかいなかったのにキッチキチの席というのもなんだか・・・

でも、くっつけようとしてもテーブルがかなり重そうだったから無理なのかも・・・とにかくちょっと残念な感じでした。次来るときは椅子席にしてもらうことにします。

* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-18 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日また叔父と母の3人で食事に出かけました。本当は妹家族と外食する予定だったのですがその予定が今日にずれ込み、外食難民になったところへ叔父からお誘いの電話が入ったようです。

行ったところはまたしてもの「くすの樹」さん。叔父はこの店がよほど気に入ったようです。

すでに指定席化した感のある座敷に通されお勧めの日本酒をオーダーしました。

DSCF4601_convert_20140518132122.jpg
福井のお酒『黒龍のしずく』です。

DSCF4603_convert_20140518140134.jpg
付き出しはホタルイカでした。九谷焼吉田屋釜の小皿です。

DSCF4606_convert_20140518140219.jpg
盛り合わせのお刺身に変わった魚が使われていました。八角です。ご存知でしょうか顔がワニみたいな恐ろしくギョギョギョな外見です。ですが刺身は美しく味わいは脂がのっていてまるでのどぐろ(全国的には赤ムツかな?)のようだそうです。

DSCF4608_convert_20140518140250.jpg
金時草の酢の物です。

DSCF4610_convert_20140518140315.jpg
イカの丸干しも食べました。これやっぱり日本酒ですね

DSCF4613_convert_20140518140348.jpg
私と母は茶碗蒸しを食べました。

DSCF4614_convert_20140518140427.jpg
叔父の頼んだ治部煮にはズッキーニが入っていました。

DSCF4617_convert_20140518140503.jpg
能登牛も変わらず旨いです。

DSCF4619_convert_20140518140529.jpg
出汁巻き卵もいただきました。

DSCF4621_convert_20140518140551.jpg
〆はいつもの稲庭うどんです。

次は別の店にしようと提案したのですが、叔父はここの方が良いのでしょうね。何しろ同じ寿司屋に何十年も通い続けた人です。

叔父も母も楽しそうに食事をしていました。勿論まかない婦にも楽しいひと時でした。

こんな風に楽しく食事できる今日という1日の奇跡に感謝です。幸せや健康、毎日の何気ない生活が続くことが決して当り前ではないことに気づいてしまった今ではすべてのことがありがたく感じます。

ただ、そんな殊勝な気持でいつもいるわけではないことも事実なのですが・・・でも今日は何かにありがとうと言いたいそんな気分です。ありがとう、ありがとう
* Category : 外食
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by ごえもん
まかない婦さんの外食、宴会の記事は金沢の食処の魅力満載で大好きです。写真も抜群、本当に行きたくなります。  

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさんありがとうございます。このくすの樹さんは酒の品ぞろえが良くて料理も美味しいので気に入っていますが、まかない婦より友禅作家の叔父の方がぞっこんです。

いつか金沢にいらっしゃったらここも食べ処として良いかもしれませんね。

* by ごえもん
まかない婦さん、今日のお昼のシチューのお味はどんな感じなのでしょう。凄い材料です。金沢で一番興味ある食処は柿市食堂かもしれません。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ごえもんさん、シチューの味はビーフシチューをピリ辛にしたような感じです。

カレーでもシチューでもルーが結構高いので売り物にならなくなったフルーツなどでコクを出しています。

でも今日のシチューはとろみ付けに小麦粉を使ったのですが、それがダマになってしまい社員に教育的指導を受けてしまいました。もっと慎重にやるべきでしたね。

次回、頑張ります。

個別記事の管理2014-05-17 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

当社の社長、指の腱が切れたとかで昨日手術を受けてきました。ぐるぐる巻きの包帯姿がちょっと痛々しいのですが、食欲の方は一向衰えないようです。

今朝もまかない婦宅の自宅用の冷蔵庫をあさり「こ~んな旨いもん、あるがいや。」と言って勝手に卵焼きを食べ、ノレソレとほうれん草の卵とじも食べていました。

ノレソレとはアナゴの稚魚でちょっと見白魚のようです。生でポン酢をかけて食べようと思ったのですが手を付けずに1日経ってしまったので卵とじにしてみたところ大変美味でございました。

いつもなら勝手に他人の家のおかずをあさるグリズリーにイラつくまかない婦ですが、怪我した弟が少し哀れで「何でも食べていいよ。」とつい言ってしまいました。

自宅用に作ったおかずは卵とじのほかに梅貝の煮物、蕗の煮物です。その3種類のおかずを「ワシ、全部もろてかえる。」と言うのです。もろて帰るとは頂いて帰りますと言うことでめっこめざらし当家のおかずを全部自分の家に持って行くと言うのです。あっ、卵焼きは全部食べちゃったみたいね。ほんの3切れほどしかなかったはずだから灰色熊にはおやつにもならん量でしょう。エサクレ、エサクレ

・・・あの、それでまかない婦たちは何を食べればよいのでしょうか?確かに食べても良いとは言ったけど全部持って帰っていいなんて言ってないと思いますけど・・・

まったくお前はクレクレタコラか? あっと、こりゃ歳がばれちゃうか?

まあ、そんなわけで今晩のおかずをどうしようかと、途方に暮れている今日のまかない婦でした。
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-16 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今朝出勤してきたら厨房のカウンターの上に筍がのっていました。

DSCF4595_convert_20140516122038.jpg
これです。まかない婦この筍を見て考えました。おやっ?筍山を持っているN君がまたくれたのかな?いや、でも急に貰っても今日のメニューは決まっちゃってんだけど・・・でもせっかくだし変更するか・・・

そんなことを考えながら手持ちの材料でどうやってこの筍を使おうかと考えていると社員のA君がやってきて「この筍茹でておいてもらえますか?」と言ってきました。

あっ、そ・・・そうなんだ、別に従食で使えって話じゃなかったのね・・・

頂いた筍をこんな風に料理しましたとブログに載せようかと思って写真まで取った自分が少し恥ずかしく、また哀れでした。

それにしても筍のシーズンもほぼ終わり、北限の筍と言われる地物も竹に近い筍になっているというのに今朝渡された筍は切り口も真っ白で綺麗でした。どこの筍なのかしら・・・?

筍の旬は終わりましたが金沢の台所と言われる近江町市場の魚屋さんにコゾクラが並び始めています。コゾクラって鰤のうんと小っちゃいやつですが、これが出始めると梅雨を予感させます。魚にも季節を知らせてくれるものがあるんですよね。

コゾクラは日を追うごとに大きくなります。金沢ではこの出始めの金魚より少し大きいほどのコゾクラが珍重され酢を加えただし汁で炊かれます・・・(家だけかも?)鮎より大きくなるとコゾクラとしての価値は半減してしまうのでほんのわずかの旬の味です。

まかない婦宅では昨日いただきましたが、残ったコゾクラが冷蔵庫の中で煮凝り状態になっていて昨日より美味しそうになっていました。これは社長が持って帰り今晩の酒の肴になる予定です。

お刺身とコゾクラを持っておとなしく帰るのかと思っていたらまかない婦が調理中の蕗を見て目を輝かせていました。 社長は蕗が大好物 結局蕗が炊き上がるまで待っていたようです。

ついさっきニッコニコの顔で蕗をつまみ食いしていました。あまりにわらびしい(子供っぽい)ので笑ってしまったまかない婦です。 あげますよ、どうせそんなにゃ食べられっこないんだから。

それにしても今日手を手術したとかで食べ物どころではないだろうに、よくよく食べることが好きなんだよねぇ・・・ 呆れるを通り越して少し感心しているまかない婦でした。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-15 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

昨日中央市場が休みだったので当社もお休みでした。出番の人たちの少人数の昼食も終わり、後片付けも済んだので駅中の眼鏡屋さんに出かけました。

メガネの鼻パットが取れてしまったので直してもらいに行ったのです。それはすぐに終わったので着いたばかりでしたが一緒に出掛けてきた母と2人でアイスコーヒーで一服しました。

その後大好きな本屋さんで文庫本を5冊買いこみました。近場の本屋さんは品ぞろえが悪すぎて買いたい本が無いのですが、駅付近には良い本屋さんが何軒かあります。読みたい本が見つかってかなりご機嫌です。

その後オンシーズンの靴下を買い求めました。変わったデザインの靴下がようやく買えるようになりさらに機嫌は上がります。 つい最近まで足が大きすぎてまともな靴下が無く、ず~っと男物の靴下をはいていたので靴下を買いあさる欲求を押さえられません。

それから駅に隣接して建てられているフォーラスというファッションビルに向かいました。ここでTシャツを2枚買い、遅ればせながらの母の日プレゼントにゴマ粒の半分ほどのダイヤの付いたネックレスを買いました。あんなに小さなダイヤがあるんですね。

せっかくプレゼントしたのにネックレスを付けてもらった母に向かって「そのしわくちゃの首にピッタリや。」と憎まれ口をたたいたので母はかなり気を悪くしたようでした。すんません。 まかない婦のこの口はとかく要らぬことばかりしゃべる口のようです。

この後『ビリケン・シュトック』と言うお店でサンダルを買いました。まかない婦足に難有りなので足回りは結構お金をかけています。今回のサンダルもかなり高かったのですが外反母趾のうえ足が大きく、その上踵は小さいという特殊な足ではお金のことを言っている場合ではありません。

母はその次のお店でブラウスを買っていましたし。前のお店で靴下やポチ袋なども買っていました。

しかし、母と2人の楽しいショッピングに突然の終わりが来ました。母の携帯が鳴り、葬式の名札打ちに帰らなければならなくなったのです。

しかし、時すでに6時半。お通夜は多分7時からでしょうし今から急いで会社まで帰っても間に合いそうもありません。

「社長を呼べ!」の母の一言でまかない婦はすぐに社長の携帯に電話をかけました。話を聞いた社長はしばらくぐずっていましたが、1分後には観念して「分かった。」と言ってくれました。

自分たちも急いで帰りましたが、まかない婦たちが会社に着くのとほぼ同時刻に柿市のトラックが大急ぎで出ていきました。頼む!間に合ってくれ

それにしても何かの時に呼び出されるのが社長やまかない婦たちというこの会社のシステム、何とかなりませんかねぇ?ちょっとばかし困るんですけど・・・

まかない婦たちなど墓参りやショッピングから急きょ戻ってくることはしょっちゅうですし、社長に至ってはもう一杯やっちゃっていたので義妹を運転手にしての緊急出社もたびたびです。

3ちゃん農業的な会社の経営者は結構辛いもんです。でもまあ、そのおかげで買い物なんかも出来るんですけどねぇ・・・
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-14 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

昨日行ってまいりました。すでにまかない婦と母が行くことが恒例になりつつあるマリエール・オークパインさんの2月に1度の日本料理の会です。

昨日もちょっと書きましたが、ここのお料理は美味しく手がかかっておりサービスも良いので頼まれれば必ず行くことにしています。

しかし、今回いつもと違ったことがありました。食事会が始まる前、正面にスクリーンが下りてきて突然大音響が響き渡り何やら遊園地のアトラクションの最初方に流れるような訳の分からん映像が放映されました。宇宙の中を航行するような、原子の世界に連れて行かれるような、スピードと光りにあふれ最後には鳥が飛び立つその映像の最後の方に大写しされたのが『皐月の膳』の文字でした。

   はっ?放映が終わっていつも通りの食事会が始まったようでしたが、お客はほぼ100%ひいていたと思います。

・・・あれって、何?・・・謎です。

その点を除けばいつも通りの会が始まりました。

IMG_1554_convert_20140514140106.jpg
今回はアコースティックバンドが耳慣れた曲を演奏してくれました。歌声も心地よいです。

IMG_1542_convert_20140514135900.jpg
テーブルの真ん中には色とりどりのカーネーションです。そう言えば母の日が過ぎたばかりですよね。

IMG_1538_convert_20140514135815.jpg
前菜のお膳です。赤い花は金蓮花と言う花だそうで食用だと言うので食べてみました。特に旨くも不味くもありません。お膳の料理は美味しかったですよ。

IMG_1539_convert_20140514135836.jpg
お膳の横に添えられていたてまりのような器のふたを開けると雲丹の入った茶碗蒸しでした上を新玉ねぎのすり流しが覆っています。優しくやわらかいお料理です。

IMG_1544_convert_20140514135925.jpg
お刺身が出てきました。この中トロ抜群においしくて口の中でとろけました。小さな青い鉢に入っているのはアナゴの刺身だそうで初めて食べました。悪くありません。

IMG_1548_convert_20140514135949.jpg
白湯スープ仕立てのつみれです。キムチが入っているのが珍しいですね。こっそり汁まで飲み干してしまいました。

IMG_1551_convert_20140514140012.jpg
揚げ物はソフトシェルシュリンプの天ぷらとアーモンド揚げ、ホタルイカも可愛い揚げ物になっています。抹茶塩が付いていましたがレモンだけで充分でした。

IMG_1553_convert_20140514140035.jpg
お口直しのシャーベットです。カチンコチンに固まっていてなかなか食べられませんでした。

IMG_1556_convert_20140514140130.jpg
肉料理は和牛のステーキとパリパリの皮に包まれた豚肉でした。クレソンが立派でしょ?

IMG_1557_convert_20140514140153.jpg
ご飯とお吸い物です。

IMG_1559_convert_20140514140220.jpg
デザートは緑色の葛のシートに黒蜜ときな粉をかけてフルーツを巻いて食べろと言う話ですが、シートを持ち上げるのさえやっとなのにどうやってそんなことが出来るのかと、ようやく打ち解けて話をし始めた同卓のお客同士で「無理だろう?」「無理ですわ。」と話が弾みはじめました。

しかし和んだころにコーヒーが注がれ食事会はお開きになりました。

この日まかない婦は最初に聞いた冷酒の銘柄がイマイチ気に入らなかったので白ワインで始めたのですが、やっぱり料理が日本酒を呼んでいたので冷酒に切り替えました。肉料理の前に赤ワインに切り替わったので丁度良い配分になりました。でもこの赤ワイン、ライトタイプだったなぁ・・・ミィディアム程度の物は欲しいところでしたが・・・まあ、飲み放題なので贅沢も言えません

相変わらずの行き届いたサービスでしたし、気持ちよく食事を終え家路についた2人でした。

* Category : 宴会
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-13 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日金沢はかなり暑い感じになっています。毎日のように気温や天候が激変するので断言し辛いのが少々苦しいところです。

さて、今日まかない婦は母と2人で外出することになっています。お取引先の『マリエール・オークパイン』さんの食事会に行ってくれと社長に頼まれたからです。

この食事会にはもう何度も行っていますが、料理もおいしいし飲み物もバラエティーに富んだものを揃えていて、しかもお客さんの飲み物が少なくなるとすかさずオーダーを取りに来てくださるので本当に気持ちよく食べたり飲んだりできます。

それは良いのですが、数日前から母がこの食事会のチケットを探しています。

探しているということはおしなかしたのか?(無くしたのか?)

 嫌な予感におびえながら問いただすと、「いや、これだけ探してもないのだから受け取っていないのだと思う。」と言うのです。

今晩行かなければならない食事会のチケットの話ですよ・・・

まかない婦に尻を叩かれてようやくチケットをくれていない弟である社長に聞きに行かせると、弟は弟で「あんたに渡したがいね!」と、母に食って掛かります。
「渡した!」
「もろとらん!」(もらってない!)
「渡したって!」
「だって無いげんもん!」

水掛け論ですか・・・

結局2人とももう一度探してみると一階の事務所から問題のチケットが発見されました。

「ほーら、やっぱりくれとらんかったやろぅ?」
「なーん、渡したけどあんたほっちゃらかしにしてあったさけ、とりあえず片づけたんやわいね。」(いいや、渡したのに置きっぱなしになっていたからいったん片づけたんだよ。)

これだけ聞いているとどうも母の旗色が悪いようですが、我が弟この手の度忘れがかなり多く、その上いつも相手を非難するのでまるっと信用するのもいかがなものかと・・・

さてさて、どちらの言い分が正しいのでしょうか?どちらも自分が正しいと言って譲りません。2人とも最近物忘れが多くて甲乙つけがたい感じなのです。

まあ、物が出てきたからもうどうでも良いんだけどね。

あのねっ、来月の検診の時に2人とも脳ドック受けたらどうかな?おかしなことになっているなら早めに手を打った方が良いと思うんだけど・・・

ちなみにまかない婦は脳ドックを予約しました。最近の飲み会途中のただ事ではない記憶のすっぽ抜けに不安を感じているからです。何でもキチキチ早めに手を打つまかない婦、あの2人と同じ血が流れているのが少し不思議ではあります。

それでは、今晩も外食にGOです。
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-12 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日当社ビルの正面巨大シャッターの全面改修工事が決行されました。かなり大掛かりな工事でしたよ。

IMG_1536_convert_20140512151404.jpg
こんな感じで何時間もかかっていました。

シャッターの上げ下ろしに実に不気味な音がするので見ていただいたのですが、シャッターを巻き取るロールの歯車部分が磨り減っていつドカンと落ちてきても不思議ではない状態だったらしいです。

修理に100万円以上かかるらしく社長は渋っていました。彼にすれば一刻も早くよその広い場所に移転したいのだから気持ちは分からなくも無いのですが、知っていてもし事故が起こったら韓国のセウォル号と同じじゃないですか?それだけは勘弁してくれと母が強く訴えていました。

本当に人の命はお金には代えられません。

韓国の人たち悲しいでしょうね。ちょうど日本の3.11と同じなのではないでしょうか?あの頃私達も喪に服するような時が長く続きました。それにしても毎日のように遺族の人たちの感情を逆なでするような情報が小出しに出てきて、あれでは心底たまらないだろうと思いながら見ています。

さて、当社の話に戻ります。

シャッターはどうやら直ったようですがやはり築26年、いろいろなところに不都合が出てきています。まかない婦の働く厨房でもグリストラップの金属部分が破損していて、鉄板を持ち上げたり籠を引き上げたりするのにかなり力が居る状態です。

排気のダクトもどうやらまともではないようでそのため作業場の温水器を使うことが出来ません。

休憩室の換気扇はようやく治してもらったので、今では焼き肉をしても非常ベルが鳴り響くことは無くなりました。あの時は本当に泣けてきましたよ。

強風の時にまくれ上がり、風にはためいていた自社ビル前の店舗のシャッターといえば、風が吹かないことを願うだけ状態ですし、その建物内の風を防ぐための間仕切りカーテンは見るも無残な有様になっています。

建物ばかりではなくその中で働く社員もかなりガタがきている人が見受けられます。ある女性社員は一日腰に手を当て働いていました。腰痛が半端ないことになっているようで彼女と社長とで代わりばんこに近所のペインクリニックに通っているようです。

今日のお昼御飯中にもある社員が歯が取れたとか言っていましたし、腰痛はもとより腱鞘炎やばね指なども当社の職業病のようです。

自社ビルもその中で働く人たちも半壊れ状態です。 大丈夫なのか柿市商店?・・・あまり大丈夫ではないような・・・

* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-11 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

今日は母の日ですね。まかない婦『お出かけ命』の母のため昨日母の日ディナーをプレゼントしました。

場所は近江町いちば館のラ・クック・ミニヨンというフランス料理のお店です。フランス料理と言ってもさほど高くはないので割と気軽に利用できるお店です。

まかない婦と母はミニヨンコースという前菜とメイン料理を選べるコースにしました。1人3090円ですが母は少しグレードの高いメイン料理をオーダーしたのでプラス820円、つまり3910円のコースになりました。

それにしても高い感じはしませんよ。

IMG_1517_convert_20140511135337.jpg
まず飲み物ですが、いつも通りまかない婦は赤ワインです。これはロバートモンダヴィのカベルネ・ソーヴィニヨンです。母は生ビールを飲んだ後ワインに移行します。

じつはチリのワインをオーダーしたのですがフルボトルが無いとかでハーフを薦められ「それでは足りません。」ときっぱりと宣言してこちらのワインに変更しました。

IMG_1519_convert_20140511135407.jpg
母の前菜は大皿一杯のシーザーサラダです。シーザーサラダは母の好物ですがこのお店のシーザーサラダには卵が入っていないようです。卵の無いシーザーサラダは母の好みからは少し外れますが皿や彩がとてもきれいだったのでご機嫌は上々でした。母の嫌いなミニトマトはまかない婦が頂きました。

IMG_1521_convert_20140511135437.jpg
こちらがまかない婦の前菜、リードヴォーと加賀野菜のグラタン、才巻海老添えです。前菜にしてはちょっと重かったかな?太胡瓜がグラタンに入っているのをはじめてみましたが彩もきれいですね。

IMG_1522_convert_20140511135500.jpg
カボチャのスープはとってもおいしかったです。

IMG_1525_convert_20140511135522.jpg
小さなパンが出てきました。とても全部は食べきれなかったのですが残った分をお願いして母が持って帰りました。少しずうずうしいような気もしましたが、みんな暖かくされていたので残されても使いまわしはできないだろうし私がコックさんでも持って帰りたいと言ってもらう方が嬉しいと思ったので・・・

IMG_1527_convert_20140511135553.jpg
まかない婦のメインデッシュフランス産鴨肉のローストです。美味しかったですよ。

IMG_1528_convert_20140511135621.jpg
母のメインデッシュは仔羊でマスタードが利いていたそうです。「美味しいわ~。」と言いながら食べていました。

IMG_1530_convert_20140511135645.jpg
デザートはピスタチオのアイスでした。美味しかったけどちょっと冷凍がきつすぎてなかなか食べれませんでした。

IMG_1532_convert_20140511135708.jpg
レトロなカップでコーヒーが出てきました。

こんだけ飲み食いして11,535円。決して高くはないですよね。

何より母が「幸せだわ~。」と言いながら楽しそうに食事をしていたのがまかない婦にもしみじみ嬉しいひと時でした。

母の日本番の今日の日には金沢烏鶏庵の母の日バージョンのカステラでお茶をしました。

DSCF4585_convert_20140511142131.jpg
おかあさん、ありがとう。出来るだけまともなままで長生きしてください。
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-10 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

最近暖かい日とうすら寒い日が交互に訪れ身体がついていきません。社員の中にも体調を壊している人が何人もいるようですが、とりあえず今日は暖かな日です。

さて、最近まかない婦は週に2~3回蕨のあく抜きをしています。1回で1kgの蕨をあく抜きしているのですが、昔と違って灰が無いので炭酸を使ってのあくぬきです。

しかし、こんなにしょっちゅう扱っているのに自分ではほとんど食べていないことに微妙な理不尽さを感じています。まかない婦実は蕨が結構好きだったりするので・・・

今扱っている蕨は地物の能登産のものですが、少し前はつくばの栽培物でした。

筑波の蕨はさすがに栽培されているだけあって長さ、太さも揃っていて幅広のテープで結束してあるのでいかにも日本の農作物といった理路整然としたたたずまいです。

ところが能登の蕨は不揃いで一束ずつを輪ゴムで止めてあります。このままあく抜きや茹でる作業をすると輪ゴムの当たっていたところがへこみ、調理する人をがっかりさせます。

自宅なら輪ゴムの後の付いた蕨の酢の物もありでしょうが、料理屋さんは絶対にこの輪ゴムの後を嫌がるはずです。

そのことを社長に言ってみました。すると「田舎の父ちゃんと母ちゃんがする仕事や、仕方ないやろう?」だそうです。

オイオイ、仕入れする八百屋の社長がそんなこと言っててどうすんの?改善点があるのなら生産者に言ってあげるのも八百屋の仕事ではないのでしょうか。父ちゃんと母ちゃんに言ってくれよ社長。

そうすれば商品価値も上がるし、使う料理人さんも喜ぶと思うぞ。

不揃いな能登の蕨は実は栽培物より美味しそうに見えたりしてまかない婦も食べたい思いが日増しに高まっていきます。

ですが一晩かけてあく抜きをしても2~3日は水さらしを続けないとえぐみが抜けきりません。そのあたりが結構厄介なところです。

取引先はほとんど当日あく抜きをしたものを持って行っているのでその先お客さんが美味しく食べてくださっているのか少し心配をしているまかない婦です。

その中で今一番蕨を買ってくださっているお客様だけは水さらしも数日かかることを分かっていらっしゃるので、さらした蕨が注文で出たらすぐその日に次の蕨のあく抜きにかかります。それでも間の無い日もあったりしてあくの抜けきっていない蕨がもらわれていくとき少々心配しているまかない婦です。

ああ、なんかどうしても蕨が食べたくなったので今から会社の冷蔵庫へ侵入し、自宅用の蕨を調達してきます。

ほんならまた。
* Category : 柿市商店
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

わらび * by N子
そうなんですよね。友達にわらびをもらったは良いが、実は蕨の灰汁抜きがいまいちわからなくて。しかも有るとおもった重曹がお湯を沸かしてからない事が判明。あわてて炭酸水をぶっ込んで一晩さましておいたけどエグッ!と思いもう終わったかとおもいながらベーキングパウダーでも大丈夫かと思い(この段階でもまだ重曹を買いにいかない私も私だ。)再度一度煮立て、さまして水にさらしておいたんですが、、そのときもエグッ!もうダメかと思いながら絶対ダメになるまで冷蔵庫に託しとこうと思い、、3日後の今日ちょっと食べてみたら見事に灰汁が抜けてました。おいしくいただきましたよ。しばらくおく事が大事なんだね。世の中はまだまだ知らない事がいっぱい。。

Re: わらび * by まかない婦
N子さん、ベーキングパウダーでも良いと思います。ただ、お掃除用と食用は不純物などが違うと思うのであくまで食用の物を使うことをお勧めします。

入れる量はわらび1kgにつき小さじ1とか2Lのお湯に小さじ1とかいろいろあるようですが入れすぎないことがポイントのような気がします。

まかない婦の経験ではその後入れ物を代えて水洗いした蕨を流水で3日ほどさらすとようやくあくが抜ける気がします。流水と言ってもちょろちょろ程度しか出しませんよケチですから。

そんな感じです。まかない婦も今水さらし中です。じゃね。v-222

蕨了解 * by N子
ありがとう〜
どっちかというとやっぱり3日くらいさらすのが肝なんですね。流水ではなかったけど抜けました。
でも季節のものはおいしいですよね。


Re: 蕨了解 * by まかない婦
N子さん、まかない婦も山菜は大好きです。今頃赤城では美味しい山菜料理が食べられるのでしょうね。

最近は近所の武蔵が辻がにぎやかになってきたので近場へ行くことが増えました。先日久しぶりに遠出したお寿司屋さんで凄いことが有ったのですが、さすがにブログには書けません。

ブログにかけないえぐいネタ結構ありますよね。

昨日は菜花を鉄板焼きで食べました。(本当は鉄板出すのが面倒なのでフライパンで代用しています)行者にんにくもすきなのですが食べると苦情が出るので我慢しています。

最近はウルイもよく食べています。八百屋なので冷蔵庫を覗くといろんなものが有るのでそれだけは楽しいです。

またいつかそんなものを食べ酒を飲みましょう。ではではe-463

個別記事の管理2014-05-09 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっきブログを書き終えたのですが、話の内容がひど過ぎてアップできません。恐ろしいことです。

そんな訳で今日は何か軽いお話にしておきます。

今日、柿市商店ではギフト用のカタログを新しくするための写真撮影がありました。4階の籠盛り部は写真スタジオのようになっています。

そのスタッフの人たちの内お2人とオブザーバーとして参加していた退職した叔母が急に当社従食のお昼御飯を食べることになりました。

良かったよ、今日はたまたま多めにおかずを作っておきました。

DSCF4578_convert_20140509173716.jpg
これ、今日の当社のお昼ご飯です。主菜は「薄切り大根と豚コマの炒め煮」です。こう見えても結構人気のあるおかずなんですよ。既に女子社員の2人から作りかたを聞かれました。

薄切りにした大根に軽く塩をして脱水させ、炒めて金平風の味付けをした肉の中に水気を絞って投入し、炒め合わせます。汁が出てくるのでこれを片栗でとじ、今日はわさび菜をトッピングしました。

ただこのおかずじゃいやだと社長が言うので「小あじの焼き南蛮漬け」も作りました。

副菜はありあわせのもので3種類作り、どれか1つを食べてもらいました。ブロッコリの芯とツナのサラダ、ズッキーニとツナのサラダ、アボカドのマヨネーズ和えです。

まかない飯の本道を行く料理です。大根は注文のキロ数にあわせるために出たきれっぱしや売れ残りが使われています。ブロッコリの芯も普通の人は食べないかもしれませんが当社では貴重な食材です。ズッキーニは生産農家の方にいただいたもの、アボカドは熟しすぎて売り物にならなくなったものです。汁物と主菜のトッピングに使ったわさび菜は少し黄色くなってしまい売り物にならなくなったものです。サニーレタスもご同様。

ねっ、凄いでしょう?

こんな感じでまかないの仕事も頑張っております。明日は新たまねぎが傷んだそうなのできれいにしてそれでサラダを作る予定です。新キャベツの売れ残りも渡されていますので主菜のフライの付け合せにします。

そんじゃ、また明日。
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-08 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

金沢今日は爽やかに晴れ渡った良い天気です。天気の悪いことの方が多いこの街ではこんな天気の日はそれだけで嬉しくなります。

さて、今朝の柿市商店従業員食堂でのお話です。

昨日のお昼御飯のおかずチャプスイが残っていたので朝ご飯のおかずとして温めて出してありました。おかずばっかり5人分ほど食べるある社員が昨日は休みだったので結構残ってしまっています。

今日は取っておいたウズラ卵もプラスして好きなだけ食べてもらうことにしようと思っていました。それでウズラ卵をプラスしようとして待っていたら、チャプスイをよそっていた社員が
「そんなにじっと見なくても卵は1個しか取りません。」と言うので
「いえ、卵を投入しようと思って待っているんです。」と言うとそのあたりにいた社員たちが急に活気づきました。

「よし、そんなら卵をたくさん食べよう。オイみんな、卵野郎が来る前に卵を食べようぜ!! 」
「な~ん、大丈夫!卵野郎は今日は上がってこんし。」昨日のブログで書いたウズラ卵ばっかりかっさらう社員のことを他の人たちも苦々しく思っていたみたいですね。その卵野郎今朝は忙しくて朝食を食べには来られないようです。

それにしてもみんなやっぱりわかっていたんだ・・・朝食のテーブルは楽しそうに盛り上がりみんなウズラ卵たっぷりのチャプスイを食べながらひと時卵野郎の話題で盛り上がっていました。

「あの卵野郎異常やぞ!白~なるほど卵ばっかり取っていくがや。」へ~、良くご存知で・・・
「戦いや!!」オイオイ、どんな戦いねんて?
「あいつ悪気は無いんやろうけど人の気持ちを汲み取ることが出来んがや。」
「ある意味勇気がある。」とつぶやいたB君はできれば自分もやりたいが・・・の想いが言外ににじみ出ていました。

おしなべて社員達の卵野郎への評価はあまり芳しくは無いようです。

まあ、当社には卵野郎ばかりではなく肉野郎や菜っ葉野郎、チーズ野郎など様々な野郎がいらっしゃるので卵野郎ばかりを責めるのもどうかとは思うのですが・・・

まあ、そんな柿市商店の平和で楽しい朝ごはんのひと時でした
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

グラッパ * by いぬこ
まかない婦さん、お久ぶりです。
グラスが割れて届いたり、色々あったりで、遅くなしましたが、グラッパの感想です。
文字数が決まっているので、一度には書けないかもですが、結論から言うと、どっぷりはまりました。
まず、香が良い。飲むというより、嗅ぐという楽しみが五割くらいかしら。(
私だけのケチなの見方かも)
もちろん、味もおいしいです。
ぱっと目(舌)には、ウイスキー的ですが、奥が深いのです。
味わうほどに、様々な味や香りが出てきます。
音楽に例えると、一つの歌の中に、ファラセットの部分もあり、ユニゾンもあり、アカペラも、スキャットもありです。
その中の、たとえば、チョコレートの味だけ感じたいと思えば、それができる素晴らしいものでした。
そのまま飲むのですが、50度なにの、ウイスキーのようなアルコールのチクチク感がまるでないのです。
なので、お酒をいい加減飲んで、そのあと、ウーロン茶にするのも寂しいときに、これはGoodであります。
デザートのお酒というだけのことはありました。
私はタバコはダメですが、嗅ぎタバコって、こういう感じかしらと思いました。
いぬこは、ウイスキーは、水で割るのは嫌いなのですが、そのままだと、ちょっと胃にこたえます。
その点、これは、もう最高です。
ほんの少しで、楽しめるので、アルコールの摂取を少なくできるので、身体にもよいかと思います。
もう、着いた日からはまり、困っています。
毎日でも飲みたい!
でもお安くないので、自分を甘やかさないようにしていますが、、、。
以上、その辺の安ウイスキーと、30年もののスコッチの差がまるで感じない、いぬこからのご報告でした。
追伸

香を楽しむのに、時々鼻に入りそうになるいぬこです。

Re: グラッパ * by まかない婦
いぬこさん、本当にお久しぶりです。

今日は貴重な情報ありがとうございます。まかない婦も早速試してみたくなりました。

グラスはどんなものを使うのでしょう?なんだかはまってしまいそうでちょっと怖いですね。

グラッパ * by いぬこ
是非試してください。
グラスは、グラッパ用のグラスです。
ワイングラスをものすごく、小さくした感じ。
香を嗅ぐのに、良い形です。

Re: グラッパ * by まかない婦
いぬこさん、了解しました。

さっそく試してみようと思います。ありがとう。

個別記事の管理2014-05-07 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

ゴールデンウイークも過ぎたというのにあまり暖かくなりませんね。それでも今日は晴れていいお天気ですが、朝の気温は8℃だったそうです。

さて、当社の酒屋でまかない婦は飲料の仕入れを任されています。結構気を付けてはいるのですが時として期限切れになってしまう場合があります。特に季節商品は要注意です。

つい最近も紙パックのジュースが数本賞味期限切れになりました。仕方がないので100円で売っていたところを50円にして売ることにしました。当然仕入れ値を割っていますが50円でも売れれば良しとせねばなりません。

ですが当社の社員の中にこの半額の飲料を狙っている人が居ます。時々飲料の冷蔵庫の前で「50円にならないかな~。」などと言ってみたり、隅っこに置いてある飲料を「これって50円じゃないの?」と聞いてきたりしています。

今回も50円になったジュースを嬉しそうに飲んでいました。

ですが先日妹がまかない婦に言うのです。
妹「A君、50円のジュースを40円にしてくれって言ってきてんて。」
ま「ダメやろう。」
妹「勿論ダメやって言うたわいね。そしたら金が足りんて言うてきてんけどダメやて言うたら、シブシブ500円玉出してんて。」
「何や、金あるがいね!」
妹「そうねんて。セコイわ!」

まだ若いのに徹底的にセコイですわ。将来どんなおっさんになるのか怖い気がします。

まあ、凄いおっさんはたくさんいますけどね、当社の場合・・・

そうそう、今日の当社のお昼御飯『チャプスイ』っていう料理だったんですけど、この料理に入っているウズラ卵をだれがどのくらい食べるのかを3階厨房チームは厳しく監視しています。

なぜなら常識外れにウズラ卵ばっかりかっさらう卵泥棒がこの料理の時には出現するからです。だって卵が好きだから・・・

一番ひどかったのは後3人ほどいるのに鍋の中からウズラ卵を1つ残らずかっさらい、本当にただの1個も残さず独り占めして食べてしまった奴が居たことです。ほとんど同時刻に食事をしに来た他の2人は1個もウズラ卵の無い八宝菜を食べていました。

同じテーブルで自分ひとりウズラ卵で真っ白になった八宝菜を食べていて悪いとも思わないのかとあまりの鈍感さが怖く思えました。

ウズラ卵の入ったおかずの時はそんなあさましい有様を見せつけられることが分かっているので厨房チームは少しブルー入ってしまいます。

オイ、かっさらい男、あんたがどれだけウズラ卵を取ったかカウントしてますよ、こっちはね。今日は15個食べたそうですね。さぞかし美味しかったことでしようよ。 セコビーッチ!!

あくなき戦いの続く柿市従業員食堂。カウントする方もされる方も限りなくセコイ感じがしませんか?小さな会社の小さな小さなけち臭い戦いです。 
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-06 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は友禅作家の叔父とまかない婦、その母の3人で食事に出かけました。名鉄エムザ裏のくすの樹さんです。

この店に先日3人で行ったときに叔父がかなり気に入っていたので昨日は多分このお店になるだろうと思っていました。まかない婦もこの店がかなり気に入っているのですが、酒の品ぞろえが良すぎるのでついつい飲み過ぎになりまたぞろ記憶喪失になって母にどやしつけられるのではないかと、ただただそれが恐ろしいのです。

でも、勿論叔父が行きたいというなら行きます。望むところだ!!

というわけで行ってまいりました。

IMG_1489_convert_20140506123921.jpg
付き出しは自家製の胡麻豆腐です。トロリとやわらかく結構な御味でした。農口酒造の純米大吟醸生酒がまだあったので一合頂きました。

IMG_1491_convert_20140506123954.jpg
ホタルイカの酢味噌和えです。先日来た時にはこの器にもずく酢が入っていました。プリプリのホタルイカは多分富山県産です。

IMG_1493_convert_20140506124026.jpg
お刺身の盛り合わせです。見るから美味しそうでしょう?

IMG_1495_convert_20140506124055.jpg
金時草の酢の物です。黄色いのはエディブルフラワーですが食べるの忘れていました。金時草だけではなくボウフの軸のようなものが入っていて美味しかったです。叔父は刺身と酢の物が好物です。

IMG_1496_convert_20140506124121.jpg
ハマグリの酒蒸しです。この汁が美味しいから飲みたいと母が言っていたらご主人が呑水を持ってきてくださいました。親切です。

IMG_1498_convert_20140506124148.jpg
まかない婦も聞いたことの無いお酒があったので注文してみました。富山の羽根屋の純米吟醸酒です。

IMG_1501_convert_20140506124214.jpg
このお店の嬉しいサービス、お酒が変わるたびに色々なグラスを持ってきてくださり好きなものを選ばしてくれます。酒飲みの心を鷲づかみにするサービスです。叔父は今日プレミア焼酎を飲んでいますが、器に惹かれて日本酒もチョイ飲みしています。

叔父の飲んでいるのは『農家の嫁』と言う焼酎です。「オレ、農家の嫁を貰おうかな。」と叔父が言ったのでなんとなくうけてしまいました。 農家の嫁を貰うのかよ

IMG_1503_convert_20140506124240.jpg
こんか鰯です。糠付けの鰯で石川県ではポピュラーな食べ物です。これ日本酒にぴったりのつまみです。でも、こんなに綺麗に焼いてあるの始めて見ました。気のせいかお味も上品でございました。

IMG_1507_convert_20140506124339.jpg
ハス蒸しもいただきました。これも郷土料理ですが母の好物です。

IMG_1504_convert_20140506124306.jpg
茄子の田楽です。これは多分『加茂茄子』だと思います。

IMG_1511_convert_20140506124429.jpg
赤西貝のお刺身です。大きく写っていますが器は小さな盃です。でも結構入っていました。これって自宅で作るのは結構大変なお刺身です。殻を割ったら中からヤドカリが出てきたことがあって凄く損した気がしました。

IMG_1509_convert_20140506124404.jpg
福井のお酒『梵の純米大吟醸』です。本当に酒の品揃えは素晴らしく、しかも北陸3県のお酒で揃えてあるところが憎いです。石川のお酒もいろいろ有ったのですが、それは自分の店で買えるので今日はあえて他県のお酒を飲んでいます。

IMG_1512_convert_20140506124501.jpg
ここでお肉も食べました。これがまた旨かったです。

IMG_1514_convert_20140506124526.jpg
最後の締めは稲庭うどん。今回は最後まで正気を保てたようです。

叔父は3人でのみに行くのをとても楽しみにしていてくれるようで従兄弟にどこへ行くのかと聞かれ「今日は割り勘会だ。」と言って出てきたらしいです。割り勘だからお互い気軽に声をかけられます。

また行こうねっ!!
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-05 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

1日まじめに働いて、夜遊ぶ事にしたこのゴールデンウイーク、予定通り昨日はダイエー跡に出来たかなざわはこまちに初めて足を踏み入れました。

ピッカピカの出来立てのビルの中には当社青果部のお客様が結構あります。その中の一軒『メグ金沢』さんへ母と2人で行ったわけです。

本当のところは恐る恐るといったところでしょうか、まかない婦もともとそんなに強気な人間ではありません。

席に案内されると窓際の眺めの良い席でした。お客さんの入りは8割といったところでしょうか、ゴールデンウイークの割には混んではいませんでした。まだあまり知られていないのかしら・・・?

せっかくなのでオープニング記念のコース料理にしました。前菜とスープはビュッフェ形式で何回取りに行ってもかまわないようです。ですがあさましくとり過ぎると本来のメインデッシュの前に力尽きる恐れがあります。

まかない婦の3人の伯母様たちは千葉の法事の際、ホテルのバイキングで取り過ぎて食べきれなくなりこっそり包んで持ち帰るという大変見苦しい真似を2回もやっちゃってました。my母が何度も注意したそうですが3人とも聞き入れなかったそうです。

それってかなりのマナー違反ですよね。まかない婦の母は結構旅慣れているのでそのあたりはちゃんとできているようです。

IMG_1472_convert_20140505122935.jpg
ということでこれが母の前菜です。グリーンサラダとイベリコ豚のパテ、クスクスとショートパスタです。

IMG_1477_convert_20140505123030.jpg
こちらがまかない婦の前菜。母と同じなのはイベリコ豚とクスクスですが他に野菜のピクルスとポテトのグラタン、ブロッコリと筍のパン粉和え?です。ピクルスがとてもおいしかったし、クスクスは初めて食べたような気がしますがチキンライスのようなお味でした。

奥に見えるのはトマトスープです。食べ放題と言ってもあんなに小っちゃいデミタスカップでは何倍も飲むわけにもいかんと思えるのですが・・・

IMG_1475_convert_20140505123005.jpg
いつものように母は生ビールを頼み、まかない婦は赤ワインをオーダーしました。お店のお勧めでオーストラリアの『ローズマウントのカベルネ・ソーヴィニヨン』です。グラスはブルゴーニュワイン用でしょうか?素敵なグラスでした。

IMG_1478_convert_20140505123053.jpg
このパスタが素晴らしくおいしかったです。シーフードのクリームパスタだそうですがこの一品のためだけでもここに来たかいがありました。

IMG_1481_convert_20140505123206.jpg
母のメインデッシュ『仔牛のグリル』です。

IMG_1482_convert_20140505123232.jpg
まかない婦は『オージービーフのヒレステーキ』をいただきました。

IMG_1484_convert_20140505123304.jpg
飲み物は2人ともコーヒーにしました。

IMG_1486_convert_20140505123326.jpg
デザートのチーズケーキです。

量も丁度良く、コースで2800円とリーズナブルな割に食器類にも席にも高級感がありました。スペースも広くとってあって居心地も良かったです。たくさん食べたい人は前菜が食べ放題みたいですからそれもカバーできそうですね。

素敵なお店が近所にオープンして嬉しいまかない婦とその母ですが、惜しむらくはわが街武蔵が辻に深夜まで営業しているお店が無いことです。そこだけ少し物足りなさを感じています。

さて、今晩は多分友禅作家の叔父と3人で和食のお店に行くことになりそうです。どこへ行こうかと迷えるほどお店が増えてきて楽しいですよ。

ではでは・・・
* Category : 外食
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

人生初コメント * by ごえもん
生まれて初めてコメントさせて頂きます。
最近まかない婦さんのブログにはまり、石川の日本酒にはまり晩酌し始めました。パソコンも一本指打法です。これからも楽しく拝見させて頂きます。因みに純大手取川吉田蔵 旨いですねえ~。ありがとうございました。

Re: 人生初コメント * by まかない婦
ごえもんさん、吉田蔵の純米大吟醸無濾過生原酒の方では?火入れされたものとはまた味わいが違います。

まかない婦はもちろん無濾過生原酒が好きです。

これからもよろしくお願いします。

個別記事の管理2014-05-04 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日久しぶりにお寿司屋さんへ行ってみました。日中はずっと仕事なので夜はなるべく外食してこのゴールデンウイークを楽しく過ごそうという作戦です。

丁度甥がひょっこりと閉店間近の酒屋に顔を出しました。妹家族はキャンプに行っているのですが、彼だけは学園祭で遅くなったので居残り組だったらしいです。

その学際の帰りに荷物を酒屋にあずかってくれと顔を出したので彼も誘って母と3人でお寿司屋さんに向かいました。

しかし、行ってみるとお店はかなり混んでいます。顔を出して聞いてみると何とか座れるとかで歓迎してくださいました。このお店に来たのは何か月ぶりだったでしょうか?

でも、なんとなぁ~く嫌な予感がしました。確か何年か前にもこの3人でこのお寿司屋さんに来て、満員で坐ったはいいけど何十分もお預け状態で甥がキレそうになったのです

そして、嫌な予感とはたいてい的中するものです。思った通りお預け状態のまかない婦たち。ようやく出てきた付き出しの小さな小さなホタルイカを甥と2人で分けて食べ飢えをしのいでおりました。母がホタルイカ嫌いなので私たち2人に分けてくれたのです。

甥は「イカの握りずしが食べたい。」と言っていたのですが、他のお客さんたちが注文するのでイカの切り身がどんどん小さくなっていきます。ピンチ!!

「すいません、この子の分のイカとっておいてもらえますか?」せっぱつまって頼み込んだまかない婦に「イカはまだありますから。」との返事が返ってきました。 そっ、そうですか・・・

そして数年前にはキレかかっていた甥が「僕のことは気にしないで良いから。」とまかない婦をなだめるのです。この子も大人になったものだと嬉しく思いました。

その後少し余裕が出来たらしく、切り分けられた卵焼きの次にイカの握りが2貫甥の前に並べられました。赤西貝、梅貝、赤貝、ウニ、白貝、車エビ、アナゴ、かっぱ巻きと立て続けに出てきた鮨は待たされた分余計においしく感じられました。甥はこの他にも中トロとしめ鯖の握りも食べていました。

鮨は美味しかったけど忙しさのあまりイラついている若主人が気になって落ち着かない思いをしました。

こんな日に来たのが悪かったとは思ったけどしばらくまた足が遠のきそうな気がしています。鮨は美味しかったんだけどねぇ・・・
* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-03 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日の金沢は曇っていてうすら寒く今にも雨が降りそうです。お昼御飯には温かい蕎麦を用意しました。

さて、先日突然の膝痛に襲われたまかない婦ですが今は何事もなく過ごせています。あのまま杖を突かねば歩けない毎日が訪れたのかとビビりましたが、とりあえずは大丈夫なようです。

でもまあ、時間の問題ですか・・・

でもよく考えたらまかない婦すでに杖を持っています。登山用のトレッキングポールです。しかもダブルストック同好会(まかない婦が勝手に作った同好会で、山歩きででトレッキングポールを2本使っている人はすべて会員とみなしています)なので2本もあります。

考えてみたら年とって突く杖がモンベルっていうのもちょっとかっこよくないですか?

なぁ~んて、そんなことを考えているまかない婦でした。
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2014-05-02 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

明日から当社も3連休、本当の意味でのお休みはこれからです。ですが6日の日は営業なんですよ。商売柄4連休というわけにはいかないようです。

それでも3日分の野菜を納入しなければならないので社員はみな必死でした。昨夜まかない婦が酒屋を店じまいして本社に帰るとビルは電気が煌々と点いておりまだ帰宅していない社員が何人か居たのですが、夕食を済ませた母が自室に戻ろうと1階に下りるとすでに出勤してきた社員が居たそうです。

「24時間働けますか?」というCMが昔ありましたよね。当社は多分昨夜人の途切れることが無かったのだと思います。

今日も食事をしに3階まで上がってこれない人のために朝昼合せて60個ほどおにぎりを作り1階まで運びました。

こんな時、日本人のソールフード『オニギリ』は頼もしい味方です。

朝はもちろんお昼御飯でさえ10人ほどは食べに来られなかったようで、とりあえずのおにぎりが役に立ってくれたであろうことを願っています。

今、戦いすんで日が暮れて、ようやく当社も平静さを取り戻していますが、3日分の野菜を大型トラックに積み切れず結局2台走らせたところもあったようで、「皆さんご苦労様。」といたわってあげたい気分です。

ですがどうですか、世の中の景気は?ある社員によると温泉場も3日は満館だけど他の日はまだ余裕があるとか・・・?

近くの近江町市場にしてもそんなに混んではいなかったし、デパ地下も同様でした。やっぱり消費税の値上がりが響いているのかしら?

まかない婦と妹の2人で営業している酒屋はこの後11日の日曜日まで休みなしの予定なのですが、そこまでしてはたしてお客様が入るのか?年々しょぼくなる休日の営業に心に少し寒い風が吹いています。

とりあえず仕事は山積みなので暇というわけにはならないとは思うのですが・・・
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |