個別記事の管理2013-10-31 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

酒屋の隣の銀行跡の工事がずいぶん進んでいます。デザイナーズマンションになるのだそうですが早く現物を見てみたいものです。

自社ビル隣のお屋敷の工事もまだ続いています。今年の2月ごろからやっていてまだ終わっていません。城でも建ててんのか?

近くのダイエー後地のビルもずいぶん出来上がってきました。

そんなわけで回り中工事中で騒音も半端ではありません。しかし、何十年もうるさくして近所中に迷惑をかけまくってきた当社には文句を言う資格もないのかもしれません

当社の方は風邪をひいている人が多いと言う以外は取り立てて変わったこともありませんが。先日の皇太子様の来県でお泊りになった『加賀屋』さんと、翌日昼食を取られた『しいの木迎賓館のポールボキューズさんが両店ともお得意様だったのでちょっとした話題になっていました。

当社では超一流の食材も扱っていますが、値段との兼ね合いで超下流の野菜も扱っています。それでも新鮮なものはまだ良いのですが、従食に回ってくるものはそれらが売れ残り売り物にならなくなった野菜です。

それと、最初っから売ることが想定されていないものもあります。たとえば今日社員から渡された椎茸の軸です。

以前好き嫌いの多い社員のため椎茸を使った煮物を別に作ったことがあります。辛い料理の代替え品だったかな?その時まかない婦が椎茸の軸を切り落としてなかったと言ってその社員から苦情を言われました。
「俺にこんなもん食えっていうことか?」・・・そうですけど、何か?てか、椎茸の軸食べられる所ですから。本当に硬いところは切り落としてあります。

このときは言われた義妹がまかない婦のために彼に意見をしてくれたようです。

この話前にも書きましたが、山小屋で勤めていた時魚嫌いの従業員のため山小屋奥様のかおりさんが卵焼きを焼いてあげたのです(その日の朝食のおかずがシシャモだったので)。それなのにその従業員はその卵焼きの味が気に入らないと言って食べませんでした。

その時初めて好き嫌いと言うものはわがままで醜いものだと思いました。まかない婦もその頃トマトが大嫌いで食べると吐きそうになるほどでしたが、その日以来トマトを残したことはありません。

今では美味しいと思って食べることすらあります。どんなにひどい好き嫌いでもなんとか治せるものなのだと今は思っています。

椎茸の軸でキンピラ風の佃煮を作りました。うちの社員に大好評の常備菜です。人気があり過ぎてたくさん作っても2日ほどでなくなってしまうので、常備菜にはなかなかなれませんけどね

他にも捨てられる運命の蕪の葉で煮物を作ったり、漬物を作ったりしています。いろいろやってますよ物を粗末にすることが嫌いな性分なのでね

明日は売れ残りの小ねぎを綺麗にしてスルメイカとのヌタを作ろうと思っています。

毎日有りもので料理を作ることにすっかり慣れてしまいました。この特技、素材の補給が難しかった山小屋で培った技です。人生いたるところに勉強の場がありますよね。

まあ、こんな仕事も1人ではできません。椎茸の軸を細かく裂いてくれたのは母ですし、蕪の葉を漬けてくれるのは義妹です。

支えてくれる人が居て、やりがいのある仕事がある(ある人にそんな仕事は人を雇ってさせたらどうかと言われましたが、自分の天職ではないかとすら思っているのであしからず)、まかない婦結構幸せかもしれません

そんじゃあまた明日
スポンサーサイト
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
自分の天職と思える仕事に喜んで従事できるなんて、超幸せですよ。
しかもいろいろ創意工夫しておられる様子で、仕事が創作になっていますね。
ある意味、食の芸術家です。 

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_juさん、いつもありがとうございます。
くだらんことに一生懸命になるというおかしな性格なので、今はくず野菜をどうやって社員が喜ぶ食べ物にするかがパズルのようで楽しいです。
結果的にエコ食堂になっています。

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: タイトルなし * by まかない婦
bodai_juさん、いつもありがとうございます。
大したこともしてはいませんが、無駄を徹底的に省くのが当社従業員食堂の行き方です。

個別記事の管理2013-10-30 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

3日ほど前から小さなハエが厨房にいてまかない婦をイラつかせて居ました

食べるものを扱っている場所なのでうかつに殺虫剤など使えないのが苦しいところです。昔ながらの武器『ハエ叩き』をふるって応戦しているのですが、体育の成績がバッテン付のだったまかない婦風情にやられるハエは居やしません。

それでも3日がかりの戦いの末、今朝とうとうにっくきハエを仕留めた!と、思ったのですがそっとハエ叩きの下を覗いてみるとハエの下半身だけしか残っていませんでした。

半殺し?残りの半分どこ行った?

一生懸命探してみたのですが見当たりません。ど根性で上半身だけで飛んで逃げたのでしようか?・・・ゾンビバエ?

新聞紙の上に残された下半身には二枚の羽も残っています。ハエの羽って何枚だったっけ?

とりあえずはその後御姿をお見かけしないのであの世へ昇天されたものと思われます。

もっとも半分だけになったハエがそこらを飛んでいたらまるでホラーですよね。

そう言えば明日はハロウィンですよね。この前から歯医者さんの受付がハロウィン仕様になっていたり、パン屋さんの店員さんがカボチャの被り物をしていたりして、街中にオチャメな雰囲気が漂っていて楽しいです

当社も八百屋なのですからカボチャのランタンなど作った方が良いのかも?

ハロウィンと言えば昔読んだ『黒後家蜘蛛の会』という本の中で「クリスマスとハロウィンは同じだ」と言うようなセリフがあって数学的には10進法と?進法で数字が一致すると言うような話だったと思います。その時まかない婦もその犯人と同じように数学って美しいなぁと思ったものです。

何十年も前に読んだ本ですが心に残っている話の1つです。その割には正確ではないのが残念ですがね これを機会にもう一度読んでみましょうか?うろ覚えですがたしか『家庭人』という題だったような・・・

多分まかない婦の本の部屋にまだあると思うのです。短編のひとつひとつがおもしろくて、しかも深い教養がにじみ出ていたりして昔のお気に入りのシリーズでした。ヘンリーと言う給仕さんが居並ぶ学者や作家を差し置いていつも回答にたどり着くのです。

そのあたりの水戸黄門的な「ハハァー!」って感じも良いですよね。

でも、今読まなきゃの本が山積みになっているのですが・・・良いか?過去を振り返るのも悪いものではないです。

過去と言えばまかない婦が過去に働いていた山小屋はとっくのとうに小屋締めしてしまっているのですが、そのホームページの写真があまりに素敵なのでここに勝手に載せちまいます。

蠑・蝗幃ヮ蟆丞ア祇convert_20131030182055
多分小屋主の良一さんが2階の窓辺りから撮っている写真です。顔なじみの人たちが見上げていてまかない婦の心にも届きます。素敵だと思うのはまかない婦だけかもしれませんが、心に沁みる写真です。

自分の心の何分の一かはあの場所に置きっきりになっているからこんなにも惹かれるのでしょうね。

今日も取り留めのないブログになってしまいました。半殺しにしたハエの祟りかもしれません。

それではまた明日
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

スクロールしていくと * by いっこ
ちょっと恐怖でした。
はじめに2人が重なっている所が・・・
イケメンの彫り深い顔がなおハロウィンみたいで。
ゴメン  全体見ると優しさに包まれた写真なのに、スクロールしていくと ちょっぴり怖いよ。
話題がハロウィンで、この写真だから。

個別記事の管理2013-10-29 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

今日妹がお酒の研修会へ行っているので久しぶりに酒屋の店番を長時間やっています。

お~っと、お取引先様からの問い合わせの電話です。ただそれだけでまかない婦大~パニック

片づけ好きの妹がどこに何を片づけたいのか全く予測が付きません。確か昨日持っているのを見たはずの一覧表は今いずこ?電話の向こうで多分呆れている店長さんの顔はお会いしたことが無いので分かりませんが、Y店長さんなら「注文を聞ける人に代わってください。」とおっしゃるところです。

「調べてお電話します。」と口から出たとたん、右前方重ねられたバインダーの2ページ目にそれらしき表を発見!慌てて「ありました、ありました!」

・・・どんだけパニクりゃ気が済むのか、自分でも底が知れません

底つながりのしくじりがもう一つ。

IMG_3931_convert_20131029141619.jpg
最近はまっている有川浩の「海の底」ですが、昨夜まかない婦とともに入浴した挙句湯船の底に・・・ かなりブヨってしまいました。

それにしてもこの有川浩と言う作者随分と自衛隊に詳しいのですが元隊員だったとか・・・?「海の底」の前に「クジラの彼」「ラブコメ今昔」と続けて読んだ2冊も自衛隊ものでした。

そうそう、「ラブコメ今昔」はどこかに落としてきたようです。気が付いたらカバンの口が大きく開いており、財布や手帳がバタバタ落ちたのですが本はもっと先にどこかで落として来たらしく発見することが出来ませんでした

唯一救われるのはちょうど読み終わった後だったということです

落としたのが本だけで良かったですよ。財布や携帯だったらおおごとです。まあ、まかない婦にとっては本も大切ではあるのですが・・・

しくじりや大慌てがかなり多いまかない婦です。これって歳のせい?慌てすぎると自分の名前も書けなくなることがあるのですが、これ大丈夫な事?

この先もまだまだ長そうな我が人生、しっかり自分の足で歩いて行けるのでしょうか?はなはだ心もとなきことではあります(-_-;)
* Category : お気に入り
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-28 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

今朝、母が1階から木箱入りの松茸を持ってきました。能登松茸の特上品です。

IMG_1015_convert_20131028164156.jpg
これです。しっかりした太い軸のつぼみの松茸です。この松茸当社のお得意様『加賀屋』さんが特別なお客様にお出しする品です。

今年能登松茸は大不作。最低と言われた去年以上にダメみたいです。社長の話によると生産者の高齢化で松林の管理が難しくなっているのではないだろうかとのことでした。だったら来年以降も期待は出来ないって事かしら・・・?

その割この松茸は素晴らしいですよね。つい先日1kg28万円の値が付いた能登松茸があったそうですが、それより物はずっと良いそうです。そうでしょうね、見るから立派ですもの。

この松茸は超高級品ですが、まかない婦宅でも今日能登松茸を鍋で食べようと思っています。虫食いの開きなので巨大ですがお値打ち品、弟と半分ずつにしたので母と2人で食べるのにちょうど良い量で、夕食が楽しみです

そう言えば昨日は墓参りの後久しぶりにお寿司屋さんへ行ってみました。日曜日なのにお客さんは私と母の2人のほかは予約のカップルが一組だけでした。いずこも同じですね

お寿司屋さんでは例の当社前2軒の老舗の栄枯盛衰の話になったのですが、思いもかけずもう一組のお客様から声がかかりました。
「生臭い話をどうもありがとう。」だそうです

お寿司屋さんだけに抹香臭い話よりは良かったのかもしれませんが生臭いかしらねぇ?この程度で生臭かったら当社社員たちの話だったらひっくり返ってしまうことでしょう。

そう言えば今日のお昼に妹の旦那が写真入りの一覧表のようなものを作っていました。そこに貼られた社員の写真を見てぶっ飛びましたよ。正に顔面凶器!

「あのぉ~、どこの組の方ですか?」ってなもんです。いえ、これホント!妹の旦那と自衛隊上がりのNさん、オニギリ君、当社のスター 祥ちゃんです。

う~ん、こりゃ今日の能登松茸よりも粒揃いかも・・・凄いぞ柿市商店
* Category : 柿市商店
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-27 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日10月26日はmy母と甥の誕生日でした。

いつもなら妹家族と弟夫婦らとバースデーパーティーをするところなのですが、今妹一家の飼い犬が要介護状態なのでそれどころではないのです。犬とはいえ一緒に暮らしてきた家族の一員、まして身体の大きなラブラドールなので人間並みの介護が必要です。

ゴメンネと言いながら妹は私と母の分のケーキを渡してくれました。

IMG_1011_convert_20131027134116.jpg
こんなにかわいい小さなケーキでした。

昨日食べる予定でしたがご飯を食べた後ではちょっと無理だったので今日食べることになっています。

本当は昨日母と2人でお寿司でも食べに行こうかと思っていたのですが、冷たい雨が降っていてどうしてもお出かけ気分になれませんでした。

今日はこれからこのケーキを食べ、その後墓参りに行く予定です。昨日とは打って変わり今日は良い天気です。

墓参りの帰りにはいつものホテルのラウンジで乾杯です

街中のデパートでウインドゥショッピングも良いかもしれませんね。こんな何気ない普通の日が本当にありがたいことを近頃さらに思っています。

明日も明後日もずっとずっと普通の日が続きますように

それにしてもまかない婦の手のひらに載せて「手乗りこども~!」と芸をさせていた甥が二十歳だそうです。驚きですよ

もうとてもじゃないけど手のひらには乗りません。アハハ、当たり前か?

とりあえず誕生日プレゼントのリクエスト受付中で~す
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-26 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日まかない婦はまかないの仕事を母と義妹に任せ、午後から外出しました。栄養士会の勉強会「食生活と植物油に関する講習会」に参加するためです。

まかない婦会場に着いたとたんにポカをやりました。間違えて違う会場に滑り込み、しばらく坐っていたのですがどう見ても飲食店の啓発セミナーだったので慌てて会場から出てみると、やっぱり大間違い

大体時間前に着いたはずなのに始まっていること自体がおかしいですよね。

それはさておき、最近栄養士会の勉強会に参加するたび講義の内容についていけない感をひしひしと感じるのです。でも今回の植物油の話ならば大丈夫かと参加する気になりました。会場が割と近場だったこともあるのですがね。

ところが参加してみるとやはり内容はかなり高かったです。昔生化学が大好きだったので何とかついては行けましたが、もう根っからまかない婦になってしまっているので今さら栄養士には戻れそうもありません

飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸、n-3系、n-6系、n-9系、メタボリックシンドロームと油の関係、植物油の種類とそれに含まれる脂肪酸、このあたりが今日の話題です。

今日の講義で見える油と見えない油の話が有りました。見える油とは調理に使う植物油やマヨネーズ、バターなどのことで、見えない油とは素材そのものに含まれる油のことです。たとえば肉や魚、穀類や豆類にも油は含まれています。

そして素材に含まれている油が全体の79%で調理などに使われる油は21%に過ぎません。

目に見えている油を減らすより素材に含まれる油を減らす方が摂取エネルギーを減らすことになるし、植物油からとるビタミンEも貴重です。

要するに植物油を減らすのではなく肉などの脂を減らす方が良いようですね。そしてオレイン酸と言うn-9系の脂肪酸を積極的に摂取した方が良いと言う話題もありました。

スーパーなどで油のコーナーを見ればきっと『オレイン酸リッチ』とうたった油があるはずです。見かけたら一本買ってみることをお勧めします。オレイン酸は血中の悪玉コレステロールだけを下げる働きがあるそうです。

地中海式ダイエットで有名なオリーブオイルもオレイン酸を多く含んでいます。まかない婦もここ数カ月オリーブオイルをなるべく使うようにしています。

さてさて、今日はまるで植物油メーカーの手先みたいなブログになってしまいましたね。お土産にもらったひまわり油が効いたかな?

明日は又通常モードに戻ってのブログになると思います。

そうそう、会社に帰ってきたら社員のおにぎり君が「俺のブロマイドを買わないか?」と聞いてきました。

「ハアッ?あんたのブロマイド?魔除けか?お金付けてくれても要らんわ、なんなら便所の前に貼っとくまっし。」一蹴したのに持ってきた証明写真は普段の顔よりキモかった。

絶対魔除けになるわその写真。ある意味貴重、これホントやよ!!
* Category : 栄養士
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-25 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日当社のお昼御飯は肉じゃがでした。今、ご飯を食べている人たちがすべて食べるとすると35人くらいです。その割にこの頃妙に忙しいと思っていたのですが、今日ハッと気が付きました。

1人でおかずを5人分くらい食っている社員が居るのです。そのため常におかずが激減りし、翌日の朝ご飯のおかずもなにやかやと工面しなければなりません。勿論当日のお昼御飯用のおかずも以前よりたくさん作っています。

そんなこんなで最近仕事が微妙にきつくなっています。

IMG_3919_convert_20131025164532.jpg
これ、今日の昼ご飯の肉じゃがとスクランブルエッグのサラダです。この煮物を山盛りにして3杯食べるのですから恐れ入ります(でも今日は2杯しか食ってなかったな・・・)。

どれだけ沢山ジャガイモの皮をむいても、まだ足りないような気がしてきます。卵の方は他にもガッツリ食べる人たちが居て取り鉢にいっぱいお代わり用に用意してあったものが、大さじ2杯ほどに減っていました。

肉じゃがの方はお代わり用が半分ほどに減っていて、なおかつ肉ばかりが行方不明です。スゲーですようちの社員さんたち・・・

明日は所用があって午後から外出しなければなりません。簡単なおかずが良いと思い旬の秋刀魚を買ってきて焼き魚にすることにしました。魚だとあまり減らないので、少しは余裕も出るかもしれません。

ただ、魚嫌いが多いので秋刀魚のほかにヒロズの煮物も作ります。

副菜はなんにしましようか?ふろふき大根なんかも良いかもしれませんね。

今従食の冷蔵庫は白菜やキャベツ、型抜きした人参の外側なんかでいっぱいです。調達してきたものはほとんどなく、ほぼ95%ほどは1階から上がってきたものばかりです。何を作れば一番在庫が減るのか、ここが頭の使いどころです。

大根なんか使っている場合じゃないか?白菜だよね

よし、クックパッドで検索だ!

* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-24 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

つい今しがた名古屋の叔父が帰っていきました。 叔父さん中学校の同窓会に出席するために名古屋からわざわざ来ていたのです。

来るなり会社中色々なところの不具合を直してくれました。保温プレートの断線、ミキサーの断線(これは業務用で解体が難しく結局破棄処分になりました)、ランケーブル、水漏れしていた水道、電気の切れたところ数箇所と大活躍です。

一家に一台ではありませんが一家に1人居て欲しい存在です。

特に水漏れは近々業者さんを呼ばなければならないと話していたところです。呼べば出張料から取られかなりな金額が発生します。

かなりな金額で思い出しましたが、当社ではつい最近エレベーターの保守、点検の業者を替えました。以前からこの保守点検にとてもお金がかかっていたので、社長がたまたまゴルフでそばにいた他の点検業者の社長に聞いてみたところ半額以下で請け負ってくれることになったのだそうです。

先の点検業者さんは同額に金額を下げるから続けさせて欲しいと言ってきたそうですが、社長はそれにも腹を立てたようです。要するに必要な金額の倍以上を吹っかけていたわけで25年間毎月払ってきた金額の半分は払う必要のないお金だったわけです。

その金額は計算してみると口から泡を吹いてぶっ倒れるほどです。アワワ

話があちこちに飛んで申し訳ありません。

さて、昨日の夜は名古屋の叔父と友禅作家の叔父、母とまかない婦で近江町いちば館の口福さんで食事をしました。いつもなら行きつけのお寿司屋さんへ行くのですが、昨日はたまたま定休日だったのでいちば館になりました。

まかない婦最近では叔父や叔母と一緒に行動することがぐっと増えたので(特に千葉方面では)この顔ぶれは落ち着く面子です。4人で松茸の土瓶蒸しや刺身の盛り合わせ、白子の酢の物などいっぱい食べてしかも酒もガンガン飲んだのに支払った金額が2万4千円を切っていました。

支払いは母と友禅作家の叔父がしてくれました。

働き者の名古屋の叔父が手土産に持ってきてくれた円空仏は初期のものよりずいぶん深みを増していました。叔父は仏師を目指しているのかしらん?

IMG_3917_convert_20131024184220.jpg
右の色白なほうが初期の作品、左の円空仏は今回持ってきてくれたものです。

IMG_3913_convert_20131024184355.jpg
この仏様は友禅作家の叔父の家へ行く予定です。気のせいか友禅作家の叔父に面差しが似ています。

当家では叔父作の仏様が一体ずつ増えています。このままでは羅漢寺になるかも?

働き者の叔父がこのペースで仏様を彫り続ければ極楽に一番近い仏間になる日もそう遠くはない気がします。
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-23 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

先にちょっと書いたまかない飯の取材の話が本当になるようです。そのための下調べとして制作会社のディレクターの方がわざわざ東京くんだりからまかない婦の会社にいらっしゃいました。

本当にご苦労様なことです。しかも泊りがけです。

ですがまかない婦の友禅作家の叔父が言っています。何時間も張り付いて取材を受けても放映されるのはほんの数分だったりするのだと・・・

まっ、そんなところでしょうね かなり効率の悪いご商売のようで・・・

本当の取材は来月になるようですが、今回の下調べだけでも結構疲れてしまいました

いつもと同じように働いていただけなのに変ですよね?でも、知らない人と一緒にいること自体が既にプレッシャーなのでしょう。鏡を見たら目の下に隈が出来ていました。2匹の黒熊です 

その上昨日はご飯を食べに来るといっていた取引先の営業の方が結局食べに来なかったので、彼の為に張り切って作ったおかずが空振りに終わりました

熊は4匹ほどに増えた模様(@_@;) 熊牧場です。

夕方酒屋の店番をしていると、当社のオニギリ君がビールを買いがてら下調べに来ていた人の事を聞きに来ました。そして取材の話をすると嬉しそうにケタケタ笑ったので「あんた、何がそんなに嬉しいがん?」と聞いてみるとまかない婦が緊張するだろうなと、それを想像して嬉しくなったのだそうです(T_T)

「タワケモノ!」と怒鳴りつけたくなる気持ちを抑えてビールを売りました。社員でも買い物をすればお客様、まかない婦その辺りはわきまえているつもりです。

幸い今日は会社が休み!といってもまかない婦に休日はないのですが、とりあえずいつもより2時間半ばかり朝寝坊が出来るのでそれが魅力です。

しかし、下調べくらいでこんなに疲弊するとしたら本当の取材のときはどうなるのか・・・?怖っ
* Category : 出来事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: 山親爺より * by まかない婦
会社の中だけの撮影だと思っていたのですが、近江町でも撮るとのこと・・・それはちょっと・・・

個別記事の管理2013-10-22 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は当社にとって一大イベントの日、松茸ご飯が従食に出ました!5升の米に松茸は7.5kg。社長は気がふれたのかもしれません

どうも渡された松茸が異常に多いような気がしたので何キロなのか聞いてみたところ、今までまかない婦に内緒でどんどん松茸の量を増やしていたことをゲロしました。

当社のレシピでは米1升に1kgの松茸のはずです。それがいつの間に7.5kgになったのやら・・・融通の利かないまかない婦が文句を言うと思ってこっそり、こっそり量を増やしていたようです。

呆れました。ただみんなに「沢山松茸が入っていて凄いねぇ。」と言われたいためにどれだけお金を使っているのか?想像すると怖くなるので深い詮索は止めておきます

それでその松茸ご飯ですが、一番沢山食べた人は6杯です。5杯食べた人は2人、松茸ご飯3杯食べて4杯目は白飯食った人も居ます。そんなわけですからいつもなら4升5合炊いて1升5合以上余るところ、昨日は5升炊いて1升しか余りませんでした。

そんな日に限ってまるで嗅ぎつけたように来客があり、都合5人の飛び入りがあったのですが社員のドカ食いの前には飛び入りのお替り1回など可愛いものです。

いつも当日に松茸ご飯を食べられなかった人には翌日オニギリにして渡すことにしているのですが、2個のところが1個になってしまいました

5升なんて無謀だと思っていたまかない婦が浅はかでした。柿市商店恐るべし

ただ松茸を煮た汁だけは余ったのでそれでエリンギを炊き、偽松茸ご飯を作ってみましたが受けはいまいちかな?やっぱ松茸の魅力は凄いです。

ま、そんなこんないつもながらすったもんだの柿市商店でした(^_^)/~

* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-21 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

先日妹に誘われ彼女の自宅に母と2人乱入し、妹の旦那の作ったご馳走をいただきました。

彼、料理が好きでいつもいろいろと作って食べさせてくれます。この日はクックパッドで検索した鍋料理がメインでした。

『はくさいとベーコンとチーズのとろとろ鍋』多分このレシピだと思います。義弟が使ったチーズは丸ごと一個のカマンベールチーズです。見た目もインパクトがありましたが味もとってもおいしかったです。〆のリゾットまで行きつけなかったのが少々残念でしたが他にもいっぱい作ってあって食べきれませんでした。

さて、この妹の家に飼われているチョコラブのゴンが今年に入って急激に年を取り、今では介護状態です

もともと戸外で飼われていた犬ですが今はリビングに敷いた持ち手の付いたシートの上に横たわっています。ほとんど足も立たず、特にフローリングは滑るのでコルクのマットを敷き詰めてありました。

久しぶりに見たゴンはシートの上で服を着たうえ、柔らかなひざ掛けが掛けられていました。まかない婦と母がゴンに挨拶をすると尻尾を振って歓迎してくれました。

身体は大きいし見た目がいかついのですが性格の良い優しい子です。一度も人を噛んだことなどないし、吠えることすら珍しい穏やかな性格で、犬が苦手だったまかない婦もゴンだけは安心して相手をすることが出来ます。

妹はもともと犬嫌い。彼女に無断でゴンを買ってきた旦那と何年にもわたりそのネタで喧嘩していましたが、今ではゴンのためにいろいろな介護グッズを買いあさっています。いやはや変われば変わるものです

以前は「犬に服着せるなんて馬鹿か?犬には迷惑やわ!」とガミついていましたが、今ではゴンに服を着せ「似合っていてなかなか可愛い。」などとひとりごちています。自分でもその矛盾には充分気づいているようですけどね・・・

最近では犬の介護用品をカタログで色々と取り寄せていますが、そのカタログに載っている犬がみんな愛おしく見えるようです。「お空の〇〇ちゃんと言うのは亡くなった犬なんだよ。」とまかない婦に告げるその顔はいつもになく優しく見えます。

根っからの犬嫌いがこんなにやさしい飼い主になるとは、ゴンというこの犬の力ですね

ゴンは毛布にくるまれているだけでなく、ひじには褥瘡予防のサポーターをし、顎にも小さなドーナツ枕のようなものを使っていました。本当に人間と一緒ですね。

最後の時に家族に囲まれ行こうとしているゴンを見ているとまかない婦も切なくなりますが、最後の時としては幸せな方かなと思います
* Category : 家族
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-20 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

明日当社のお昼御飯は松茸ご飯です。当社にとって松茸ご飯の日はイベントでもあります。

明日は5升の飯を炊く予定ですが、そのために使う松茸は7kg以上です。

IMG_3877_convert_20131020134749.jpg
社長自らこの日のために買い付けた松茸を洗い、切ってくれました。いつもはまかない婦も手伝うのですが、今日は午前中にこの仕事をしていたので社長一人のお仕事になりました。

この先はまかない婦のお仕事です。

IMG_3881_convert_20131020134553.jpg
すでに先ほど松茸を煮てあります。当社の松茸ご飯は松茸を炊いた汁でご飯を炊き、最後に松茸を混ぜ込みます。

こうすることにより松茸にしっかりと味が残り、松茸の存在感を生かした松茸ご飯になります。

レシピを貼り付けておきますね。松茸が手に入ったらぜひこのレシピでトライしてみてください。クックパッドにのせた当社の100を越すレシピの中で一番人気のレシピです。


さて、明日の主役は松茸ご飯ですが、おかずも一応作らなければなりません。ある社員に言わすと「松茸ご飯に集中したいんだから、おかずなんか作らないでください。」だそうですが、そう言われるとますます作らねばおられません。

松茸ご飯の日は主菜は目玉焼きに決めています。松茸ご飯の上に半熟の目玉焼きをのせて食べるのもなかなかに美味しいものです

ところが、おかずを作るなと言う社員は卵を食べません、このままでは奴の思うつぼなので今日の従食で彼の大好物の車麩の煮物を作り、彼には明日この腹持ちの良いおかずを食べてもらう予定です。

ブラックまかない婦いろいろと悪いことも考えています

奇しくもお米が新米に変わったばかりです。今食べているお米は親戚から頂いた新米でそのお米をもらった翌日にその家の伯父さんが亡くなりました

父によく似ていた伯父からの最後のプレゼントのような気がしています。

さてと、用意は万端でしょうか?年に2~3回しか作らない松茸ご飯の日です。力入れて取り組みます
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-19 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

ついさっきまかない婦は歯医者に行ってきました 別に治療ではなく買いたいものがあったからです。行って、買って、戻ってで15分もあれば済むはずでした。

ところが受付で延々と時間を取っているおっさんが居たため来院した用件さえ言いだせません。どうやらおっさん次回の予約を決めかねてグタっているようです。
「ん~っ、ちょっと待って!」スマホを取り出しどこやらに電話をかけています

まかない婦には常に大切な時間です。おっさんの後ろでイライラしながら聞いているとどうやら奥さんに電話をかけているようです。

オイオイおっさん、50面下げて奥さんに相談しなきゃ予定も決めれんのかい?ハアッ?

まかない婦の後ろにはもう1人のお客さんが受付をしてもらうのに待っています。おっさん気配りが無さすぎです。

視線で死ぬならあんたはとっくにあの世に行ってるぜ 受付の女の人も困り切っています。

結局この人日にちを決めることが出来ず電話で知らせることになったようです。10分以上待たされたけど全く悪びれた様子もなく彼は去って行きました。

あの人本当に日本人?ヘアスタイルもかなり変だったしひょっとして外国人か?

買い物を済ませ、クリニックから出てくると大通の向こう側に先のおっさんが居てスマホで電話をかけていました。悪いけどゾッとした

色んな人が居るもんだなぁ・・・

* Category : 日常生活
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-18 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

今日義妹の従兄弟さん夫婦がいらっしゃって、手土産に美味しそうな炊き込みご飯を持って来てくださいました。

IMG_3869_convert_20131018120912.jpg
これです。銀杏と黒豆の炊き込みご飯です。これでもかというほど入っていて、まるで当社の松茸ご飯です。食べてみると黒豆と銀杏の食感の違いがはっきり分かります。なかなかおいしいものです

内緒ですが好き嫌いのほとんどない義妹が唯一これだけは嫌いだというのが銀杏です。まかない婦このごはんを見たとたん笑ってしまいそうになりました 

それにしてもまかない婦安風邪をもらってしまったらしく、大して具合が悪いわけでもないのですがうっとうしいです。会社の中でこの風邪が蔓延し50人ほど働いている会社の中で9人ほどが風邪ひきです

ある日突然のどが痛くなり、その後は咳と鼻水まったく迷惑至極の頂き物です

どうせいただくなら今日の炊き込みご飯のような貰って嬉しい物にして欲しいものです

そういえばこの炊き込みご飯をウハウハいいながら食っていたある社員が主菜の炒め物を残してきたそうです。

IMG_3868_convert_20131018164716.jpg
今日のお昼御飯のおかずです。主菜は「豚小間とエリンギ、春雨の炒め物」副菜は「人参とピーマンのツナサラダ」でした。

『食べ残し』これは柿市商店では絶対に許されないことです。 そのために主菜も副菜も返品できるようにしてあるのですから、一旦持っていったものは必ず食べてもらわねばなりません。

それでなくても社員からは貰った食費の分会社から補てんされているので都合タダで食べているわけで、食費は会社持ちです(社員以外の方からは200円いただいています。)。会社のお金で作っている食事を無駄に捨てるということは会社のお金を捨てるのと同じことです。

しかも、体調が悪かったわけでもなく副菜やご飯はお替りをしているのにの食べ残しです。まったくなっとらんですよ!もう一度同じ事をしたらお出入り禁止ですから

まあ、まかない婦がとやかく言うまでもなく母と義妹が手ひどくやっつけたようですからいいといえばいいのですが、顔を見たら一言釘を刺しておくつもりです

まともな野菜で作ればこれほどの手間もかからないのでしょうが、イカレ野菜を使い切るにはそれなり手間暇かかっています。当社のように小さな会社の社食ですから食べる人の方もある程度協力してもらわねばやって行かれません。

どうしても食べられないものまで食べろとは言いませんが、今日はこれ食べたくないとか、酢豚の中の肉だけ食べるなどの暴挙は慎んでもらわねばなりません。

そう言えば明日は当の社員の大好物お好み焼きの予定ですが、使っている肉は今日と同じものです。食べるのか君?

ほんの少しの食べ残し、それが許されない柿市商店。あまりわがままな振る舞いをすると痛い目に合わしますよ何しろ当社自慢の松茸ご飯の日が目の前に迫っています。フフフ・・・食べるのか君?
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-17 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

先日朝ご飯を食べに来たある社員を見て不審に思い聞いてみました。
ま「ねえ、あんたやけに日焼けしとるね。」
社「うん、俺焼いとるげん。」(焼いてるんだ)

どうやら日焼けサロンかどこかでわざわざ焼いているらしいです

ま「あんたそんなことして歳とったらシミだらけの汚いオジジになるよ、やめといたほうが良いんじゃない?」彼は薄っすら笑っているだけで何ともコメントをしませんでしたが本当にやめた方が良いと思います。

まかない婦も若いころは色が白くて嫌だったのでしょっちゅう日向ぼっこをして日焼けするようにしていたのですが、そのツケを今払わされているところです。

顔中シミだらけです 何せ日向ぼっこの後山小屋で働いたり、太陽ギラギラの国を旅してまわったりしていたので限度いっぱい日焼けしました。

無用に浴びた紫外線がシミだけではなく色々悪さするようです

そう言えば義妹がよくまかない婦の眉が変だと笑うのです。まるでいたずら書きをされた犬のマジックで書かれたような眉だそうです そうかもしれませんがかと言ってそり落としてしまうのも嫌でしょう?

最近ではその眉が更におかしなことになっています。右の眉が上がり左はそのまま ちょうどこんな感じです。

これは重力との戦いに負けどんどん下がってくる顔を何とか上げようと顔の右半分が思ったらしく、右半分だけ少し吊り上っているのですが、顔の左半分はもともとのんきなたちなのか垂れるがままになっています。

まかない婦自身が意識してやったことではないので今さら左も上げるとか、右を落とすとかは不可能な感じです。時とはまこと酷き悪戯をするものです

どうしようもないので義妹に笑われるがままになっています

義妹で思い出しましたが、今度の台風でまたぞろ社長室とまかない婦たちの3階厨房脇のプライベートルームが雨漏りし、大変なことになっています。確かもう漏らないように修繕してもらったはずなのに何なんでしょう?

おかげでテレビやクッションなどが水浸しになり、あわや買い替えかと焦りました。

その水浸しになった部屋を義妹と母とできれいにしてくれたのです。まかない婦1人だったら多分そのあたりはそのままになっていたでしょう。

時として気に障ることを平然と言ったりする義妹と、おとぼけの母ですがおかげでプライベートルームはきれいになりました。この調子で食堂も少しきれいにしてくれると嬉しいのですが・・・

まあ、あんまり要望が多くてもダメだと思うのでやってもらえることに感謝して次に期待をつなげます。次は食堂掃除の方よろしくねっ
* Category : 自分
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-16 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。金沢もすっかり寒くなり、まかない婦今日始めて長袖の服を着ました。気温は16℃、小雨が降っています

太平洋側では大型の台風があばれているようで行方不明の方が何人もいらっしゃるとか・・・今現在も大変な目に合っていらっしゃる方がいるかと思うと心が重くなります。みんな元気で幸せに暮らせれば良いのですが・・・

さて、深まる秋とともに秋の恵みも身の回りに増えてきました。今朝社長がいかにも嬉しそうに松茸を持ってきました。

IMG_3862_convert_20131016165620.jpg

これです。2本で1kg、特大の松茸です。大きすぎて箱の中で押され傘が割れてしまったようです。この松茸は柿市従食の松茸ご飯になる予定です

ついこの間もある社員に「今年は松茸ご飯は作らないんですか?」と聞かれました。柿市商店の長い歴史の中で松茸ご飯無しの秋があったかしら?まかない婦の知る限りではありません。年に2~3回は必ず作っているはずです。

最近ではまかない婦よりその弟である社長の方が松茸ご飯を作りたがります。周りの人たちから「凄いねぇ、松茸たくさん入っとるねぇ。」と言われるのが快感のようです

松茸ご飯を作らないのかと聞いてきた社員は少し執着しすぎの人です。何しろ松茸ご飯の日は松茸だけに集中したいからおかずは要らないだとか、朝飯も控えるだとかくだらんことばかり言います。

そんな風に画策してまで食べたいのなら自分で松茸を買って好きなだけ食べればどうでしょうか?社員なのですから格安で買うことはできるはずです。

とにかく近々催される松茸ご飯の日が少々重荷に感じられるまかない婦です

何せ前日に松茸を切り、煮付けるところまではやらなければなりません。当日はいつもなら白飯を炊くだけのところを何度もご飯を炊き、具を混ぜいつものようにおかずも作ります。世話になっている親戚とご近所にもおすそ分けします。

翌日は松茸ご飯を食べなかった社員と、中央市場での社長の知り合いの方ににおにぎりにして松茸ご飯を配ります。勿論通常業務の間を縫ってです。都合3日間余分な仕事が増えるのでまかない婦にとって松茸ご飯の日は歓迎できない催し物なのですが、社員が大喜びするのでしょうがなくやっています

しかも、どうやら風邪を引いてしまったようで体調がイマイチです。喉が痛くてなんとなく元気も出ません。出るのは鼻水ばかりですが、これも風邪のせいか花粉症のせいか定かではありません

そんなわけでどんよりモードのまかない婦、これが風邪ではなくインフルならば会社も休めるし、ひょっとしたらまた体重も減るかもの期待も高まりますが、ただの風邪じゃねぇ・・・

そろそろ来月のオリジナル料理も考えなければなりません。来月のお酒は熱燗用のお酒かしら?今日当たりも熱燗が美味しいかもしれません

よし!熱燗飲んでさっさと寝るか

ホナ、また明日

* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-15 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。今日は昨日の続きかな?

ということで千葉での法事の続報です。

成田空港にほど近い成田メモリアルパークという大墓所で法事が執り行われました

休憩所でお茶など飲みながら待っていると従妹がややひきつった顔で私に話しかけてきました。
「ねえ、あの坊さんが来た!」あの坊さんとは去年唸るような歌うようなお経を読み、裏返しに着た袈裟で叔父さん方の爆笑を誘い、笑いすぎて墓所前の丘から転がり落ちる犠牲者を出したあの坊様です。

「わざわざあの坊さんを呼んだのか?」誰かがなじるように質問しましたが、どうやら全くの偶然らしいです。しかし、集まった親戚の誰一人あの坊さんを忘れていた人はいないだろうと思われます。

IMG_0995_convert_20131014122744.jpg
メモリアルパーク内の一室で唸るお経を又聞きました。去年笑いすぎて呼吸困難に陥っていた加賀友禅作家の叔父は今年はおとなしく坐ってます。何にせよ慣れることがあるのだと妙に感心してしまいました

IMG_0996_convert_20131014122811.jpg
お墓に場所を移しもう一度唸るお経を聞きました。それにしても広大な墓所で、休憩所からも車での移動です。宗派も関係ないらしく隣の墓はキリスト教のようです。

照りつける日差しが夏のように厳しく肌がじりじりと焼けるようです 確か今、10月の半ばだよね?

お経が終わり、休憩所へ戻ったのですが弟が「何やあの坊さん、袈裟がボロボロやったぞ!」と呆れていました。坊さん今年もやってくれました


お坊様と別れて 今度は名取亭という料理屋さんへ向かいました 一周忌の時もここでご馳走をいただきました。

昨日の晩に引き続き今日もご馳走攻めです。千葉の叔父さんは私たちをイカメシ状態にして食っちまう気かもしれません・・・

IMG_0998_convert_20131014122901.jpg
とりあえず叔母さんの写真を飾り、御供え物も並べてみました。

IMG_0997_convert_20131014122835.jpg
弟は手土産に松茸を持参しました。4本で1kgですからかなり大きいです。松茸好きの浅草の親戚が早速チェックを入れていました。

IMG_1000_convert_20131014122924.jpg
みんなで献杯して会食が始まりました。鮎の塩焼きが立派ですが、大きすぎて食べにくいです。

IMG_1002_convert_20131014122948.jpg
松茸の土瓶蒸しです。気温は高くてもやっぱり秋なんですね

IMG_1004_convert_20131014123018.jpg
揚げ物です。

IMG_1006_convert_20131014123043.jpg
ステーキ丼が出て来ました。あれっ?カルビ丼だったかな?肉がかなり生っぽかったのでまかない婦の妹一家なら大喜びしたことでしょう。何しろステーキ用の肉を叩いてユッケにして食ったという剛の者です。

IMG_1008_convert_20131014124540.jpg
デザートのメロンとお菓子です。

とにかく2日続けてのご馳走攻めで消化が追いついていません。くっ、苦しいです・・・

食うだけ食って食い逃げし、成田の飛行場でまた何やら食ってしまった金沢組。まかない婦2kgほど太ってしまいました

この体重どうしても戻さねばなりません。なぜなら喪服のウエストがかなりきつきつになっているからです。2年前のインフルエンザ前の体型に戻ればコーギーも真っ青のツチノコ状態です。それだけは何としても阻止せねばなりません。

今日からダイエット!!いや待てよ、もうかなり頑張ってるけど体重減るか・・・? お先真っ暗、絶望的・・・

こうなりゃインフルエンザアゲインか?とりあえずは食鬼が出動しないように飲みすぎ用心火の用心ってことで・・・


* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-14 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

親戚の法事出席のため昨日一日ブログはお休みしました。毎日読んでくださっている方がもしもいらっしゃるならごめんなさい

まっ、多分そんな人はまかない婦の親戚だけだと思うので、あまり問題はないとは思うのですが・・・

さてさて、それではそのご法事の様子などお知らせしようと思います。

幸いなことに午後3時のフライトだったので、会社のお昼御飯は作っていくことが出来ました。

IMG_3855_convert_20131014153604.jpg
これです。揚げただけのシュウマイと、ザザッと作ったひじきの煮物です。そんなものでも作っていかないよりはマシでしょう。ひじきが嫌な人のために作ったモヤシのお浸しも茹でるだけ。とことんとんの手抜きおかずです。

午後1時少し前に武蔵が辻からバスに乗り、小松飛行場へ向かいました。今回一緒に行ったのは友禅作家の叔父と、柿市を退職した叔母、母とまかない婦の4人です。弟の社長は松茸のハイシーズンと連休、同窓会が重なったので当日朝直接メモリアルパークに来ることになりました。

小松空港で軽く食事を摂りました。

IMG_0973_convert_20131014121921.jpg
菊姫の大吟醸はワイングラスで出てきました。お供はニシンザル蕎麦。他の3人は生ビールと和風ラーメン、温かいニシン蕎麦で乾杯です。

バスに乗り込む前から共通の財布にそれぞれ一万円ずつ入れてもらいました。今後、この財布から食事代や交通費、など払っていきます。その方が楽なので何人かで出かけるときは必ず共通の財布を作ります

菊姫の大吟醸をいただいたまかない婦は他の3人よりちょっと得したかも?そんなこともひっくるめてOKの出ている共通財布です。

小松-成田便は人気のフライトですが、飛行機が小さいのがちょっと・・・ まあ、仕方のないことなのですが・・・

夕方5時には成田ビューホテルに着きました。千葉の叔父と名古屋の叔父はすでにチェックインを済ませ、私たちを迎えてくれました。

その日の夕食は中華のコース料理です

IMG_0975_convert_20131014121945.jpg
主催者の千葉の叔父です。おーい、叔父さん。去年までの飲みほの居酒屋とはかなり違いますね?

IMG_0976_convert_20131014122008 - コピー
「俺はもともと上品なんだ。」とシャレをぶちかまし私たちを煙に巻こうとする叔父ですが、確かに部屋も立派でした。

IMG_0977_convert_20131014122032.jpg
飲みほのまっ暗闇の居酒屋から突然のカクテルグラスに盛り付けられた前菜です。海老のマンゴーソース、ホタテのマリネ、栗、黒豆、焼き豚など、サーモンのゼリー寄せ、クラゲのいくら和えなどです。

IMG_0980_convert_20131014122056.jpg
ふかひれのスープ煮です。

IMG_0981_convert_20131014122119.jpg
3種の点心です。

IMG_0984_convert_20131014122141 - コピー
牛ヒレ肉と鮑のソテーです。

IMG_0987_convert_20131014122232 - コピー
揚げ魚の一皿です。

IMG_0990_convert_20131014122621 - コピー
お食事はチャーハンでした。

IMG_0991_convert_20131014122648.jpg
餃子のスープもついています。

IMG_0993_convert_20131014122716.jpg
デザートはどれでも好きなものを食べていいそうですが、何を勘違いしたのか千葉の叔父は全種類制覇を目指しています。

オイオイ叔父さん、確か糖尿病だったんじゃなかったっけ?

友禅作家の叔父もあれやこれや食っちゃってます。そんでもって残してます

酒もたらふく飲んだので、お支払いは6万円を超えていました。払おうとする千葉の叔父の手に友禅作家の叔父とmy母がお金をねじ込んでいました。

もぎ取るよりは良いけど、ねじ込むのも上品とは言えません。仕方のないこと、もともと全員が八百屋の出です。

この日この後も名古屋の叔父の部屋でビールを飲み、行きつけの寿司屋で作ってもらったバッテラをみんなで食っていました。どんだけ飲むねん?食べるねん?

みなさんお忘れかもしれませんが、本番のご法事は明日。今日はまだ前夜祭に過ぎません。

てか、法事に前夜祭って有りか?

はちきれそうになってる自分の腹を見つめ、考え込んでしまっているまかない婦でありました

続きは又明日
* Category : 出来事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-12 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日酒屋取引先の営業の方がいらっしゃっり、もうじき転勤で金沢を離れるとおっしゃったそうです。大変熱心に来てくださっていたので、この方に担当が替わってからそちらの会社との取引は増えたと思います。

その方が「もう一度お姉さんの作ったカレーが食べたかった。」とおっしゃったとか・・・?まかない婦にとってこれ以上の誉め言葉はないのではないかと思います

そういえば2度ばかり当社従食部で食事をしていかれました。勿論200円は払ってもらいましたけどね

この方以外にも取引先の銀行員さんや宅急便のお兄さん、蔵元の社長さんまで当社の従食を食べてくださいました。本当に嬉しいことです

妹に言わすとまかない婦はかなり強引に色々な方に「当社の従食を食べに来てくれ。」と誘うのだそうです。強要ですか・・・友人の山ちゃんに言わすと恫喝の域までいっているらしいです

そんなたちの悪いまかない婦に誘われ食事をしに来たものの、度重なると「会社の福利厚生でやっている食堂なので、これ以上だと入社してもらう事になる。」と、新たな脅しをかけて人の心をもてあそぶ黒いまかない婦です

それでもまた食べたいと言っていただくのは嬉しいです。最後にもう一度食べたいと言われ、どんなおかずにしようかと迷ってしまいます。残念ですがカレーは候補からは遠いです。

なぜなら揚げ油を替えたばかりなのでたまねぎを素揚げするのが残念だからです。たまねぎの素揚げは揚げ油にかなりのダメージを与えます。

近々松茸ご飯の日があるようなので、それにあたれば言うことないのですがねぇ・・・

とにかく何か良い方向に考えておきます。来週一週間のうちに食べに来てもらわねば・・・

次から次と色々な課題を与えられ、仕事に追いまくられているまかない婦は幸せなのかもしれません。

とりあえず今は千葉の法事でとんでもないことが起こらないように気を引き締めていこうと思っています
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-11 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

千葉への出発を明日に控え、やっとタイムスケジュールを手に入れました。小松から成田の便は法事の場所へ行くには便利ですが、金沢から小松飛行場までのバスの便がいまいちです。

無用に待ち時間が長く、仕事を抱えたまかない婦には微妙にプレッシャーです。とにかく明日の献立は素早くできるもの これで決まりです。

な・の・に・・・友禅作家の叔父がバス停に29分前に行き、待つと言っています。・・・なんで?30分近くもただボーっと坐っているのもったいなくないですか?それだけあればクックパッドのごはん日記くらいは入力できますよ

まかない婦の親戚の人たちはこういった人(時間よりかなり先から準備する人)のことを『せきじん』と言います。せきじんとは急ぐ人というような意味です。これって方言かしら?

考えてみれば叔父や伯母たちはみんな『せきじん』です

以前友禅作家の叔父宅の法事があった時、他の叔父様たちはまかない婦宅にお泊りしていました。そして明らかに早すぎる時間に「もう寺へ行こう。」と言いだし、叔父たちに引きずられるようにまかない婦も寺へ向かいました。

するとその時に限って墓の掃除が済んでおらず、無用に早く行ったために墓掃除をする羽目に陥ってしまいました。すべて『せきじん』のなせる業です

丁度良い時間というものがあると思うまかない婦です。多分弟も同じだと思います。お互い仕事を抱える身ですからタイムイズマネー時間は大切です。

そう言えば昨日叔母が来ていましたが、「もう準備万端。今すぐにでも出発できる。」と言っていました。どんだけ前からたった一泊の外出のための用意をしているのか・・・?ある意味うらやましいです。

1日留守にするので、仏間の花がこれ以上見苦しくならないように今度は3つのアレンジを2つに組みなおしてきました。これが一番やらなきゃならない仕事だったかな?

アレンジを組み直し、3階厨房に戻ると後始末がまだ中途半端に放り出されています。これってどういうこと?

もー知らんぞ!
* Category : 家族
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by やまねこ
わたくし、金沢生まれ金沢育ちですが『せきじん』という言葉は知りません。
どんな漢字を宛てるのかも見当がつきません。
強いて言えば、「せく(急く)人=せきじん」という意味でしょうかねぇ。

Re: タイトルなし * by まかない婦
やまねこさん、字をあてるとすればそれだと思います。

やまねこさんもご存じないのであれば、まかない婦の親戚の中だけの言葉なのかもしれませんね。

個別記事の管理2013-10-10 (Thu)
こんにちは、まかない婦です。

待ちに待った新しいフードプロセッサーが届きました

IMG_0964_convert_20131010181240.jpg
クイジナートというメーカーのDLC-10PROという業務用の機種で、ボールの大きさは1.9Lです。

でも思っていたよりずっと小さくて正直がっかりしています 物を見ずに買うということがいかにリスキーか思い知らされました。

それでもこれでようやく安心して作業が出来ます。実は今日も割れたフープロで玉ねぎなどを刻んだのですがいつ真っ二つに割れてしまうのか非常に不安でした。明日からは思う存分使えるのでそこはありがたいです。

とりあえず使ってみようと思いスライサーを使って野菜を薄切りしサラダを作ってみました。憧れのジェイミー・オリバー風のサラダです。

IMG_0963_convert_20131010181204.jpg
隼人瓜と蕪、胡瓜を薄切りにし、レモンを絞ってミントとブルーベリーを散らし、お刺身用のホタテ貝柱も散らしました。彩が少しさみしいけど当家の場合母がトマト嫌いなのでしょうがないところでしょうか?

後は食べる直前にオリーブオイルを振りかければもっとジェイミーに近づけると思っています。

それにしてもスライサーの切れ味は抜群でした。これなら今まで苦労していた赤南瓜のスライスも楽勝でしょう。今後が楽しみです

なんて言いながらも、未練がましくロボクープのフープロなんかを見ているまかない婦です。

あきらめの悪~いところはまかない婦の短所でも有り長所でもあります。諦めが良かったらワードも使えないままだったでしょうし、柿市のホームページも途中でポシャっていたことでしょう


話は変わりますが今日、遠い昔に当社で働いていた人が昔の写真を持ってきてくれました。

IMG_0970_convert_20131010183158.jpg
これ、昔の営業車です。乗っているのは今の社長で、この頃すでに運転が出来ます。まかない婦隣に乗せられほんの数メートルのドライブをしたことがありますキャー!

IMG_0968_convert_20131010183234.jpg
このころはそれなりに可愛かった社長です。近所のおばさんには健ちゃんが来ると勉強にならんから来ないでくれと厳しく言い渡されていました。

IMG_0966_convert_20131010183300.jpg
まかない婦と社長、それに亡くなった祖母です。社長はいつものおふざけ、まかない婦は「お前に食わせるタン麺はねぇ!」的な情けない顔をしています。

あまりに懐かしかったのでつい載せてしまいました。他にも千葉の叔父の若いときの写真や千葉の従姉妹が祖母に背負われているお宝写真があったので、今週末の千葉の法事に持っていこうと思っています。

従姉妹が赤ちゃんの時の写真なのに顔がぜんぜん変わっていないので金沢では大うけです。幸せなひと時が写真の中に残っていて嬉しくなりますよ。

今日は昔の社員さんのお陰で良い一日になりました。明日も良き日であれば良いがと願うまかない婦であります
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: 山親爺より * by まかない婦
ご紹介ありがとうございます。美人姉妹は絶対NGです。

個別記事の管理2013-10-09 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

金沢今この時点で大風が吹いています 晴れてはいるのですが大風です。

しかもフェーン現象で気温が上がり32℃以上になっています。じっとしていても汗が流れてきますが、もう10月も半ばですよね?おかしくないですか?

この風で前回尾瀬へ行ったときのことを思い出しています。あの時も台風が来るとかで酷い天気でした。雨風の中歩き出そうとしていたまかない婦を沢山の人が呆れてみていました

翌日は何とか雨は降りませんでしたがやはり大風でした。ススキがあんなふうに風に躍らせれるのを見たのは初めてです。なんだか尾瀬ヶ原自体が大きな生き物で、そのタテガミが風にもてあそばれているように見えました。

IMG_0844_convert_20130902183146.jpg

そう言えば友人のすーちゃんはこの連休にも山に行くようです。まかない婦は千葉の法事に行くので今回は行けません。残念です

でも今年も2回尾瀬に行けたので良かったです。特に前回のパエリア祭りで大工の棟梁と2人、かぶりつきでベリーダンスを見たのは楽しかった。何年かぶりで会えた友人との料理の連携も良かったです。

古い友人たちとは安心して仕事をシェアできて働きやすいです。

山で働いていたその数年が今のまかない婦にとっても財産です。経験と友人と、今につながる山小屋の人たち。

電気もない山小屋の屋根裏でヘッドランプやランタンをともして宴会をやったことも、酔って梯子を踏み外したこともみんな大切な思い出です。

そう言えば、昨日久しぶりに取引先の望岳苑の支配人さんがいらっしゃったのですが、あの立派なお宿に乾燥室があるのですね 山小屋では乾燥室は重要な設備ですが、望岳苑さんのお客様に乾燥室を使う方がいらっしゃるのでしょうか?

濡れた登山靴や衣類を乾かすのに乾燥室は無くてはならない設備でしたが、今は山道具のスキルも上がり昔ほど必須の設備ではなくなってきたようにも思います。

現にまかない婦の登山靴もゴアテックスなのでひどい土砂降りの中歩いても足が濡れることはありません。雨具もゴアテックスなので同様です。山道具の進歩は目を見張るものがあります。

今まかない婦が気になっているのは機能性のタイツです。足上げをサポートする機能があるようなのですが、さすがにタイツで山に行くのは見た目てきにどうかと・・・ そこまで思い切りは良くないので・・・

この連休が終わば山の秋も一時に終わり、尾瀬も小屋締めの時期です。また来年、その先も行ける限りは行き、弥四郎小屋の一員として迎えてもらえる自分でありたいと願うまかない婦でした。
* Category : 山小屋
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-08 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

医者に行ってもどうにもならないのではないかといぶかる家族をしり目に、整形外科へ行ってきました。もう一カ月以上も右の手首が傷んで仕事に支障をきたしています

どうにかなるかならんかは行ってみなけりゃ分かりません。受付時間締め切りの少し前に行き、待ち時間を少なくする作戦です。

ですが、いつも混んでいる整形外科にほとんど患者さんが居なかったのでまかない婦持参の本をゆっくり読む間もありませんでした。問診して、レントゲンを撮り、挙句のお話は
医者「う~ん、手首の炎症ですね。」

はっ?アンチャンそんなこと改めて言われなくても分かってるよ。
医「なるべく手首を使わないようにしてください。今のお仕事ずっと続けられるつもりですか?」
オイオイ、手首がちょっとばかし痛いからって仕事辞める奴居るか?今そんなご時勢か?大体利き手を使うなって、それじゃ仕事にならんじゃろう?

あまりにも若いお医者は言わずもがなのことしか言えず、大量の湿布薬を処方してお茶を濁しました。何か画期的な解決法を期待して仕事中に来院したのに、徒労感だけが残りました

すぐ医者に行くまかない婦をあざ笑う家族の笑い声が聞こえるようです。アハハハハハハハ

いえいえ、それどころではありません。早く帰って働かねば!無駄にした時間を思うとイライラしましたが、一度は診察を受けなければならなかったのです。

それが世の中の決まりだからです

とりあえず出来ることはしようと思い、整体院で教えてもらった腱鞘炎に効くツボを押し過ぎて、ひょっとしたら手首より痛くなっています。いつもやり過ぎな感じで突っ走るまかない婦であります。

1つだけ良かったことは薬局で出してもらったジェネリックの湿布薬が意外と良い感じで、きちんと貼りついていながら効き目もあるように思います。たくさんもらったので弟や義妹の手首にも貼っています。

なぜか3人とも手首が痛んでいるのです。まかない婦以外はそんなことぐらいで医者に行く奴は居ないようですが・・・

とにかく当分は湿布薬に不自由はしなくて済みそうです

まっ、そんな感じで~す

* Category : 健康
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
どの箇所であれ、おかしいと思ったら医者へ行く、
これは誰にも恥じることではないと思います。
その結果、自分の期待に外れることがあってもそれはそれで仕方がないと思います。
どのお医者さんも「神の手」を持っているわけじゃありませんから。
医者に診てもらったことは無駄にはならないと思います。





Re: タイトルなし * by まかない婦
とにかく医者に行ったので気が済みました。

何にしろできることがあるのにやらない事が性に合いません。

とりあえずはこれで良しということで、次に進みます。

個別記事の管理2013-10-07 (Mon)
こんにちは、まかない婦です。

昨日整体に行ってきました。普段だと一回50分くらいの施術なのですが、昨日のまかない婦の状態があまりにひどかったので無料で延長して施術をしてくださいました。

首を前に倒したり左右に振ると左の背中がピキーンと傷むのです 「なんでこんなことになったのですか?」と聞かれ、思い当たる節もないと答えたのですがまかない婦の頭の中に「なぜ?why?」の問いが薄っすらと残りました。

そして帰宅後、ふと分かったのです。あれだ!

IMG_3832_convert_20131007121309.jpg
これです。妹がかかりつけの整体院から買ってきた『カッサ』という器具です。マッサージをするための道具なのですがこれで凝ったところをマッサージすると石なのに痛くなく、かなりいい具合なのです。

そこで数日前妹に凝った背中をマッサージしてもらいました。

骨も折れよとばかりカッサでまかない婦の背中をこすりまくる妹・・・「ここまでやっても痛くないとはあんたの背中はかなりひどいな。」こすり過ぎで妹の方が疲れて止めてしまいました。

その時は気持ちが良いと思っていたのです。ですが激しくこすられた背中は実はかなりのダメージを受けたようでした。

思えば翌日です。背中が痛んで身動き取れなくなりペインクリニックに駆け込んだのは・・・

大馬鹿者の姉が馬鹿者の妹に頼み、自ら引き起こした悲劇&不始末だったわけです

そう言えば以前妹のこのカッサを借りたとき、いつもカチカチの首をこすって翌日擦り傷のようになっていました。ちゃんと当て布をして使い、特にやり過ぎた感もなかったのにです・・・

恐るべし黒カッサ、お前には未知なる力が宿っているようですね

黒カッサの呪いで背中が痛く首もよく回らないまかない婦、背中と手首に湿布を貼り、首にはやたら目立つテーピングをされ、ぎこちない動きはポンコツロボットって感じです。

ま、ポンコツでもアンポンタンでも働かなくてはならないので何とか頑張っています。そんな訳ですわ・・・
* Category : 健康
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-06 (Sun)
こんにちは、まかない婦です。

昨日は右手首の腱鞘炎と背中の痛みで仕事もあまりはかどらず、なのに今日いらっしゃるお坊様の月経のため花や菓子などの用意をしなければなりませんでした

特に花はつい先日父の祥月命日に頂いたアレンジが枯れまくって大変見苦しいことになっていました。この5つのアレンジフラワーをすべて解体して枯れた花や葉を綺麗に取り除き、新しいアレンジフラワー3個に組み立てなおしました。

この作業におよそ2時間かかっています疲れたよパトラッシュ・・・

この後酒屋の店番を交代し、店を閉めて帰ってくるころには自宅の夕食を作るのがすっかり嫌になっていました。もともと素材もあまり揃っていません。

そんなわけで母をそそのかし外食することにしました。こんな時近くに飲食店街があることがいかほどありがたいか・・・

お寿司屋さんといちば館で迷いましたが、母はどうやらいつものカフェ・アルコさんへ行きたいようです。まかない婦としてはひやおろしを飲みながらの和食がいいなと思っていました。

カフェ・アルコに最初に行きましたが、披露宴の2次会貸し切りパーティーのようです。可愛いドレスを着た花嫁さんらしい人が幸せそうに笑っていました

というわけで外食先はいちば館2階の口福さんに決まりました

行ってみると満員というわけではなく小上がりの感じの良い席に通されました。

早速生ビールと吉田蔵の大吟醸を注文してお食事開始です

IMG_0943_convert_20131006132340.jpg
付き出しです。多分カワハギだと思うのですがレモン醤油で味付けしてありました。下には昆布が敷いてあり、菊花や茗荷を散らすなど手間も材料費もかかっています。どこかの店のマカロニとは違いますね。

IMG_0946_convert_20131006132501.jpg
このお店に来たら必ず注文するジャコと根菜の温玉サラダです。胡麻ドレッシングとカリカリに揚がった牛蒡が絶品です。

IMG_0947_convert_20131006132627.jpg
本日のお勧め品の中から塩煎り銀杏を頼みました。なかなかにおいしかったです。

IMG_0950_convert_20131006132753.jpg
梅貝のお刺身です。美味しいのですが減塩醤油に慣れてしまっているまかない婦の口には浸け醤油がしょっぱく感じられます。減塩醤油の方が素材の味を楽しめます。

IMG_0951_convert_20131006132939.jpg
岩海苔入りの卵焼きです。母が卵焼き好きなのでオーダーしました。まかない婦の飲み物は吉田蔵から馬井の吟醸酒に代わっています

本当はひやおろしをと思っていたのですが、たまたまこのお店では池月のひやおろししかなく、本当に昨日飲んだところだったので止めておきました。これが手取川か奥能登の白菊あたりなら飛びついて飲んだのですが・・・

IMG_0953_convert_20131006133059.jpg
松茸の土瓶蒸しが出てきました。まかない婦宅の土瓶より一回り小さく、ツルも付いていません。ツルが付いていると火にかけるときいちいち外さなければならないのでこの形の方が合理的です。

IMG_0954_convert_20131006133223.jpg
土瓶の中には松茸、甘海老、銀杏、鱈、鶏肉、三つ葉などが入っていました。家ではポン酢で食べましたがこちらでは付いていたスダチを絞っていただきました。小さい器ですが結構食べごたえがあります。出来れば百合根などが入っていると良かったなどと思いました。

子供のころは百合根が嫌いで茶碗蒸しの中に入っているとヒステリーを起こしていたのに変われば変わるものです。年齢を重ねた今ではこうした季節感を感じさせる素材に敏感になっています。歳とることもあながち悪いことばかりではありません

IMG_0956_convert_20131006133349.jpg
最初にオーダーしたものは全部いただいたので追加でサイコロステーキと〆の蕎麦を頼みました。肉料理も旨いです。

IMG_0959_convert_20131006133519.jpg
〆の茶蕎麦は本来なら温かい方が良いのですが、冷たい茶蕎麦の腰が強い食べごたえにはまっています。寒くても冷たい方をオーダーするまかない婦と母のお気に入りです。

食べて、飲んで、満足して帰宅しました。ただ隣の部屋で飲んでいたグループの大さわぎがちょっと気になりましたが、飲みの席では仕方のないこと、咎めるのも無粋ですよね。

外食のおかげで気持ち的に癒され、疲れも少し取れたような・・・今日はこれから整体に行って身体の方を整えていただくことになっています。

休み明けには元気に働けそうなそんな気がしています。それではまた明日バイナラ!

* Category : 外食
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-05 (Sat)
こんにちは、まかない婦です。

今日久しぶりに近所のペインクリニックに行ってきました。右手の手首と左の肩甲骨辺りが無茶苦茶傷んで仕事にもならないので勤務時間中でしたが行ってきました。

久しぶりにお会いした先生は大病されたそうですがちっとも痩せてはいませんでした。

でも思ったよりお元気そうです。いざと言う時頼りになる先生が開業してなければまかない婦路頭に迷ってしまいます

とりあえず今日は首と肩甲骨周りに神経ブロックの注射を打っていただいたのですが、手首は多分腱鞘炎だろうから整形外科へ行った方が良いと勧められました。

注射を打ちながら先生まかない婦の首や肩が「硬いな」と小さくつぶやいています。カッチカチですから・・・

そう言えば前回来た時も背中が痛いと訴えたのですがまかない婦の背中を見るなり「これは帯状疱疹だから皮膚科に行け。」と言われました。まかない婦あまりもうからない患者のようです。

それにしても手首の痛みはここ一ヶ月ほど続いています。でも義妹に「それは更年期障害だ。」と言われ、ふ~んそんなもんかとあきらめていたのに違うのかよ

だったらもっと早くに医者に行って楽になりたかったよ・・・

炒め物をするときやカボチャを切るとき、大きな中華なべを洗うときなど使い物にならない右手の変わりに色々な部位を使って何とか忍んできたまかない婦です。中華なべを洗うときはポヨ腹に柄を食い込ませ、おなかの脂肪で鍋を押し付けて洗っていたのです。

「無残やな 兜の下の キリギリス」

そうそう、言うの忘れていましたが左はもう何年も前から肩が痛いのでした。痛い事が日常になっているので忘れていたんです。

まかない婦満身創痍です。

歳をとるって凄いことですよ。本当に未知との遭遇です深くて暗い川に「row and row」と漕ぎ出していくのです。たった1人で・・・スリリング

一応明日は整体の予定が入っているのですが、神経ブロックでも痛む背中に整体がどれほど効果があるのか危ぶんでいるまかない婦です。

とりあえずは行きます。約束ですから。

効果の程はまた後日、ホナ
* Category : 健康
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by bodai_ju
手首の痛みと更年期障害と関係あるんかなぁ?
女性の更年期障害はわかりませんが(当たり前です)、こういう症状は整形外科など、それ専門の病院で診てもらった方が良いんじゃないでしょうか。
痼疾化すると面倒だと思いますよ。
お大事に。

Re: タイトルなし * by まかない婦
ありがとうございます。義妹が元看護婦なものでうかうかと信用し、一月も放置していました。

早速整形外科へ行こうと思っています。義妹も左手の手首が痛いそうで私の症状が良くなれば医者へ行くと言っております。v-407

個別記事の管理2013-10-04 (Fri)
こんにちは、まかない婦です。

まかない婦の仕事のうち大半を占めている調理の仕事でフードプロセッサーにとてもお世話になっています。今使っているものは先代まかない婦であった祖母にその息子に当たる名古屋の叔父がプレゼントしたものです。

残念ですが祖母は一度も使っていませんでした。ですがまかない婦は随分と便利に使わせていただきました

ところがとうとうこの方も寿命が尽きるようです。

IMG_0941_convert_20131004164613.jpg
ガラスのボール部分にぐるりと亀裂が入り、1部は欠けています。いつポロリと上下に別れても全く不思議ではありません。

買い替えの時ですね

便利には使ってきましたが、容量が小さいところが気にはなっていました。もっと大きければ1度で済む仕事を何回もしなければならないのは時間がもったいないです。

そこでふと思ったのが料理家ジェイミー・オリバーが使っていたフープロです。刻んだりつぶしたりのほかに切る操作もできるようで。あっという間に美しいサラダを作っていました。

まかない婦もあんなフープロが欲しいものだと思いましたが、多分無茶高いのだろうと思います。

それでも自分なりに調べてみるとクイジナートのDLC-190Jというフープロに行き当たりました。これだと切る操作もでき、容量は1.9Lです。値段も1万7千円程とまずまずと言ったところ・・・

ただこれは業務用ではないのでこのタイプの業務用だとDCL-10PROというモデルになり容量は同じなのですが価格は5万円ほどになってしまいます。今まで10年以上も小さなフープロでやってきたのですから家庭用でも良いか?と思っているまかない婦です。

心はほぼ決まったので社長にOKをもらってさっさと購入するつもりです。そうしなければ不便な思いをする日が近いことは間違いありません。かなりきわどいことになっています。

転ばぬ先の杖。まかない婦買い込んだ杖もどきは備品としてたくさん持っています。たとえばそれは冷水器の変わりのジャグ。ご飯の保温ジャーもスタンバっています。スタンバりながら商品として古くなってしまっているのが気がかりですが、壊れたその日にすぐ使えるようにとついつい用意してしまいます。

ハンドソープや使い捨てのマスクは山ほどあります。以前サーズ騒ぎの時に用意し、新型インフルの時に少しは使いましたがまだまだたくさん残っています。使う日が来なければその方が良いのですが一応の用意です。

勿論鳥インフルが新型インフルに変異すればあのマスクで防ぎきれるものではありませんが、無いよりはマシでしょう

備品の海で溺れそうになってしまっているまかない婦ですが 新しいフードプロセッサーを想像すると少しだけ幸せな気分になります

早く買ってもらおうっと。ワクワク


そうそう、酒屋の隣の工事がとうとう始まりました。

IMG_0939_convert_20131004164746.jpg
デザイナーズマンションが建つことになったらしいです。『ファースト・K近江町』と仮の名前が告知されています。

自社ビル隣のお屋敷の改築工事は2月からずっと続いていてまだ終わりが見えません。ダイエー後のビル建設も佳境に入っています。

騒音の中で暮らすまかない婦と当社社員はジリジリと追い詰められるような感じです。建築ラッシュの中、見上げた空は澄んで青い秋の空です。

雪が降る頃マンションが建ち上がるらしいです。 柿市商店はどうなっていくのかな?変わらず混沌の海でもがき続けるのでしょうか?

会社の力になれる時間ももうそんなには多くありません。何かするなら早くして欲しいと思う今日この頃のまかない婦でした。
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-02 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

数日前またテレビの制作会社の方から電話が入りました

どうやらまかない飯取材の話はまだ立ち消えにはなっていないようです。やめておいた方が良いと親切に忠告してくれた方もいたのですが、少しでも会社のためになることならトライするべきではないだろうかと考えています。

まだまだ本決まりになった話でもないので問題にするのも時期尚早と言ったところですか・・・

それなのにこのブログに書いちゃってるのは実はちょっと笑っちゃう出来事があったからです

その制作会社の方どうやらこのブログも見ていらっしゃるようなのです。それで先日「そんな話が有っても実現するとは限らない。騙されないぞ。」と書いたブログも見られたらしく「騙しませんから。」と見事に切り返され、思わず笑ってしまったまかない婦です。

わざわざ東京くんだりから金沢の、しかも当社のまかない飯を見に来るというのですからご苦労様なことです。そんな価値有りか?

それにしても不思議だわ!いったい何人の人がこんな個人的な日記もどきを見ているのでしょう?会社のHPにひっつけてあるからかしら?

ブログを始めた動機も会社のHPのビューを上げるためだったのですが、最近ではここでいろいろ吐き出すことで自分のガス抜きになっているような気がしています。

とかくガスの貯まりやすい性格です

まかない婦にとって次の大きなイベントは千葉のご法事に叔父様方をお連れすることです。久しぶりに皆が集えばどんな恐ろしいことが起こるのか少々心配ではありますが叔父や従妹に会えるのは楽しみなことではあります。

千葉の49日の法要前日には酔った挙句従妹が救急車に乗る羽目に陥りましたし。まかない婦の祖母の葬儀の際には酔ったまかない婦がはだしのままタクシーで帰宅し社員にダメ出しをされるという哀しい出来事がありました

普通の家では起きないようなことが易々と起こってしまうまかない婦宅とその親戚です

さすがに千葉での一周忌の時は49日の衝撃が強かったのでみんなおとなしくしていましたが、あれから一年・・・また獣化してしまう可能性が高いとまかない婦は見ています。

今度も穏便に事が済むよう心して千葉へ向かおうと思うまかない婦でありました。

追記
今日T1グランプリというお漬物のコンテストを開催しているところからメールが入っていました。去年ここの人に勧められて応募したまかない婦のレシピを今年も応募するようにというお誘いです。

???何で?去年は地区大会にも選ばれなかったと思うけど・・・それにそのレシピの主役の赤かぼちゃ、開催する1月にはどこさがしてもないと思うけど・・・

まっ、良いか?どうでもしてください。せっかくなのでこのレシピも貼り付けておきます。赤かぼちゃの時期ももう終わりです。今が作る最後のチャンスかも・・・?レッツ、トライ!





* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-02 (Wed)
こんにちは、まかない婦です。

今日金沢は曇ったり晴れたりを繰り返していますが、ムシムシと暑苦しい感じです。それでも自販機ではホットのコーヒーが売り切れ、移り変わった季節をそんなところでも感じさせられています。

さて、当社従業員食堂ではおかずをチョイスしてもらうことがたびたびあります。それは社員たちの食べ物の好き嫌いのためであったり、持病の管理のためであったりします。

特に副菜はこまごまと従食用に回されてきたイカレ野菜をやっつけるために3種類くらいからチョイスということはしょっちゅうです。今日も副菜は3種類の中からのチョイス。主菜は糖尿の人と万年ダイエットの社長だけ別のおかずです。

IMG_3821_convert_20131002133038.jpg
主菜は揚げ出し豆腐だったので別おかずの人たちは煮奴にしました。副菜の素麺は糖尿の人には不向き。椎茸嫌いもダメですね。イカと小ねぎのヌタはネギが嫌いな人にはNGです。ツナとごぼうのサラダはツナ嫌い、マヨネーズ嫌い、トマト嫌いの人にひっかかります。

結局こうやって何種類かつくるとうまく回ることが多いのですが、好き嫌いの多い人はあれもこれもダメだったりするので特別に作ることもありますね。

そんなことはしょっちゅうなので別に気にもなりませんが、つい最近頭に来たことがあります

その日は魚料理だったので魚嫌いの人たちのために別のおかずも用意されていました。あるベテラン社員が主菜を二皿持っていってしまい、義妹が注意すると「その代りそっちは要らん。」と副菜を突っ返してきたというのです。

「違うやろ!!」そんなことをされたらメインのおかずが無い人が出かねません。

言っても聞かないその社員は以前に誰かからもらったコロッケをほかの社員が食べないように牛のような涎を振りかけ汚染して取られないように予防したという猛者です。

しかし真の強者は、涎をかけているところを見ながらせせら笑ってそのコロッケを喰った社員です。ケ・モ・ノの世界キャー!

あな恐ろしや柿市商店 主菜を2つ持っていったことなど小さな話です。そう言えば今日副菜が1つ足りませんでした。・・・だれか2つ持ってったか?

何でもありありの柿市商店は何が起こるか予測のつかない危険地帯です

ハラハラドキドキ 楽し~ですよ・・・ ホホホホホホホホホ
* Category : 柿市従業員食堂
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2013-10-01 (Tue)
こんにちは、まかない婦です。

昨日の栗爆弾で厨房のガス台はひどいことになりました

ガス台掃除担当の義妹は文句も言わずに掃除をしてくれましたが、綺麗になったところをブログにアップしてくれと言うので一応載せておきます。

IMG_3791_convert_20130930163459.jpg
これが栗爆裂直後

IMG_0938_convert_20131001140451.jpg
こっちは掃除した後です。いつもお掃除ありがとうございます。私の不始末で余分に働かせることになり申し訳ありません。

さてさて、綺麗になった厨房で今日も調理に励むまかない婦です

今日はこんな変わった食材を渡されました。

IMG_3805_convert_20131001140609.jpg
バターナッツ・スクワッシュというかぼちゃです。以前にも一度調理したのですが、今日はそのときのレシピの応用でサラダにしました。

これがそのレシピです。


今日は薄切りにして味噌マヨネーズで味付けしました。本道であるまかないの仕事はかなり頑張っています

あっ、北海道の従兄弟から『山親父』が届きました。

IMG_3804_convert_20131001140542.jpg
必ず入っているちび熊がこれで5頭になりました。ちょっとしたクマ牧場です。

丁度今、近くのデパートで北海道展をやっているのですが、山親父は売っていません。なぜこんなにも旨いものが北海道展から締め出されているのか、理解に苦しみます

お礼の電話をかけてみましたがお話し中でつながりませんでした。少しホッとしている自分が居ます

従兄弟とはいえ今までほとんど話したこともなかった方に自ら電話するのは気の重い、マックス小心者のまかない婦です。

おばさんになれば強くなれるという神話はすでに崩れ去りました。もうすっかりおばさんになっていて、おばあさんへと移行しようとしている今この時でさえ強さと無縁のまかない婦であります。

ただ、大好きな山親父を送ってくれた従兄弟にはどうしてもお礼を言わなければと強く己を戒める今日のまかない婦、こんな小さなことでグダグダしている自分に今日もまた呆れています。

* Category : 食べ物
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

Re: お電話ありがとうございます。 * by まかない婦
本当に亡くなった方が結んでくださる縁というものがあると感じています。

これからもどうぞよろしくお願いします。次の機会も当家の客間をご利用ください。